ビジドラ起業家の経営をサポート

Powered by 三井住友カード

財務

エンジェル投資家とは?支援を受けるためのポイントを解説します

エンジェル投資家とは?支援を受けるためのポイントを解説します

従来、新規のベンチャー企業経営者が資金を調達しようと思えば、金融機関から融資を受けるか、ベンチャーキャピタル(ベンチャー企業に対してアグレッシブな投資を行う投資ファンド)の出資を受けようとするとのが一般的でした。
しかし近年では、「エンジェル投資家」からの出資を望むベンチャー企業経営者が増えています。
ここでは、エンジェル投資家の特徴に加え、その出資を受けるメリットやリスク、出資を受けるためのポイントについて解説します。

目次
ベンチャー企業に手を差し伸べるエンジェル投資家
エンジェル投資家から支援を受けるメリットとリスク
エンジェル投資家から支援を受けるためのポイント
投資を受けるために必要なのは人間力
三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!
三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!

特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

ベンチャー企業に手を差し伸べるエンジェル投資家

エンジェル投資家とは、創業間もないベンチャー企業に投資する個人投資家のこと。創業直後はまだ何の実績もなく、資金調達が難しい時期でしょう。その困難な時期に手を差し伸べてくれる、天使のような存在だとされたことが、名前の由来といわれています。
では、エンジェル投資家とは、いったいどのような人物なのでしょうか。エンジェル投資家の投資の目的や、資金供給元の代表例であるベンチャーキャピタルや銀行との違いについても解説します。

人物像と目的

エンジェル投資家は個人投資家であり、その多くは引退した企業家や実業家です。
彼らの投資は、もちろん慈善事業ではありませんが、完全に金銭的利益が第一というわけでもありません。出資する代わりに支援した企業の株式を取得し、その企業が大きく成長した暁には、大きな利益を得ることを第一の目的とする人もいれば、次世代の優秀な起業家育成や社会の課題を解決するビジネスの担い手を支援したいとの思いから、投資を行っている人など、目的はさまざまです。

ベンチャーキャピタルとの違い

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルは、「出資する代わりに企業の株式を取得するための投資を行う」という点では共通しています。
しかし、ベンチャーキャピタルは2億~3億円規模の大口投資が主流なのに対し、エンジェル投資家の投資は数百万~2,000万円前後と比較的少額の場合が多いこと、個人であるエンジェル投資家のほうが組織であるベンチャーキャピタルに比べ、出資の可否が決まるまでの判断期間が短いこと、ベンチャーキャピタルは経営への関与を求める場合が多いのに対し、エンジェル投資家は比較的少ないといった点で異なります。

金融機関との違い

金融機関が行うのは「融資」ですので、融資を受けた企業は将来、受けた融資額に利子をつけて金融機関に返さなければなりません。一方、エンジェル投資家が行うのは「投資」ですので、企業はお金を投資家に返還する義務は負いません。その代わり、エンジェル投資家は企業の株式を取得します。

エンジェル投資家から支援を受けるメリットとリスク

エンジェル投資家は、ただ資金を提供するだけではなく、経営者としての経験や豊富な人脈を活かして、起業家をサポートしてくれることが多い存在です。エンジェル投資家の支援を受けることで、ベンチャー企業経営者としては次のようなことが期待できます。

<エンジェル投資家の支援を受けるメリット>

  • 充実した資金の獲得
  • 起業家として経験豊富なエンジェル投資家のアドバイスがもらえる、知恵を貸してもらえる
  • エンジェル投資家のコネクションや人脈を活用して、ビジネスをサポートしてもらえる

ただ、エンジェル投資家にもさまざまな人がおり、ベンチャーキャピタルのように経営に積極的に関わろうとしたり、投資の見返りに高い株の所有率を求めてきたりする人もゼロではありません。このような人だった場合、次のようなリスクが発生します。

<エンジェル投資家の支援を受けるリスク>

  • エンジェル投資家が経営に口を出すようになり、思ったような経営ができなくなる
  • 投資の見返りとして株の所有率を高くされた場合、創業者の持ち株比率が低いため、経営が安定しない

エンジェル投資家から支援を受けるためのポイント

実際にエンジェル投資家から支援を受けるには、出会うことはもちろん、自身の事業の魅力をプレゼンテーションして「出資の価値あり」と認めてもらう必要があります。ポイントとなるのは次の3点です。

ポイント1 出会いを作る

どんなに優れたビジネスプランがあっても、まずエンジェル投資家と出会わないことには話が始まりません。マッチングセミナーに出席することもいいですが、ニュースなどを通じて情報を集め、これはと思う人に直接メールを送ってコンタクトをとるのも有力な方法です。まずは、エンジェル投資家とつながりを持つことから始めましょう。

ポイント2 プレゼンテーション力を磨く

エンジェル投資家に認めてもらうには、将来性のある魅力的なビジネスプランとそれを伝える力が必要不可欠です。事業を行う目的、社会に与える影響、それらを達成するためのビジネスプラン、事業の将来性や収益性、投資によって投資家は何を得られるのかなどを簡潔にまとめ、伝える力が問われます。
日頃から周囲の人たちなどを相手に練習を重ね、プレゼンテーション力を鍛えておくことをおすすめします。

ポイント3 起業家自身の人物像を分析する

まだ実績のないベンチャー企業が出資を受けるには、ビジネスプランと同等かそれ以上に創業者がどんな人物かが重視されます。体力や行動力、強い意志、粘り強さなど、創業者に求められる資質は数多くありますが、「人から応援したいと思われるのはどんな人か?」を考えることがヒントになります。

投資を受けるために必要なのは人間力

エンジェル投資家の支援を受けるには、「私は、この魅力的なビジネスプランを実行できるだけの人間だ」と、しっかりと示す必要があります。
決して簡単な道ではありませんが、得られるメリットは非常に大きなものなので、プレゼンテーション力を磨き、ぜひ挑戦してみてください。

2019年8月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

監修:Gemstone税理士法人
監修:Gemstone税理士法人

港区の会社設立支援、税理士法人。Big4出身の公認会計士、税理士、元上場企業経理部長、大手ベンチャーキャピタル出身者などで構成され、スタートアップ支援に力を入れる。

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

お得なキャンペーン

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!

    新規ご入会&ご利用キャンペーン

    三井住友ビジネスカードfor Owners
    法人カード新規入会&ご利用キャンペーン
    最大30,000円分プレゼント!

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

音声をONにしてご視聴ください。

選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

音声をONにしてご視聴ください。

選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

  1. 法人カードをつくる トップ
  2. 法人カード活用ガイド
  3. ビジドラ~起業家の経営をサポート~
  4. 財務
  5. エンジェル投資家とは?支援を受けるためのポイントを解説します