法人カード活用ガイド
法人カードの裏話
有料Zoomの支払いは法人カードがおすすめ

法人カードの裏話

有料Zoomの支払いは法人カードがおすすめ

有料Zoomの支払いは法人カードがおすすめ

オンライン会議ツールZoom(ズーム)が大きく普及しました。誰でも気軽に利用できるのが特徴ですが、無料版だと利用時間の制限があり、ビジネス上では有料版Zoomを活用しているケースが多いでしょう。

有料版Zoomの支払いは、法人カードを利用することがおすすめです。Zoomの基本的な利用方法を紹介しながら、法人カードでの支払いにどのようなメリットがあるのかを解説します。

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

Zoomとは?

Zoomは、オンライン上でミーティングやセミナーを開催できるツールです。アメリカのZoom Video Communications社が提供していて、「誰でも簡単に使える」というのが最大の特徴になります。
Zoomを利用するには、インターネット環境に接続したパソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイスが必要になります。デバイスにZoomのアプリをインストールして利用できますが、アプリがなくてもブラウザからZoomに参加することができます。Zoomの環境が整ってさえいれば、会社のオフィスだけではなく、自宅や外出先からもミーティングやセミナーに参加できるのです。

Zoomは、多人数が参加するミーティングでも動作が安定しています。またZoomでは、画面共有で資料を見せながら話すことや、チャット機能で質問や会話をすることができます。

有料版Zoomでできるようになること

Zoomは無料版と有料版があり、利用できる機能の違いがあります。有料版Zoomだとできることについて、確認していきましょう。

3人以上の利用でも時間制限なし

まず大きな違いが、Zoom利用の時間制限の有無になります。無料版では、参加者が2人までは時間制限なしで利用できますが、3人以上になると、40分で強制終了になってしまいます。有料版は、3人以上の利用でも時間制限がありません。そのためビジネスで利用する上では、有料版Zoomを検討することになるでしょう。

録画データをクラウドに保存ができる

Zoomには録画機能がありますが、無料版ではパソコンで録画操作をして、録画データをダウンロードして保存することになります。有料版だとパソコンに加えて、スマートフォンやタブレットでも録画操作ができ、そのままZoomのクラウド上に保存しておけます。

ウェビナーが開催できる

有料版では、Zoomウェビナーを開催することができます。ウェビナーとは、「ウェブ」「セミナー」を組み合わせた造語です。ウェビナーではパネリストの画面だけが映り、参加者の画面は映りませんが、テキストで質問することができます。

有料版Zoomの支払い方法は?

有料版Zoomの利用料金は、オンライン上で支払うことになります。どのように支払うのか、順を追って確認していきましょう。

アカウントを作成する

Zoomアカウントを持っていない場合は、Zoom公式サイトで氏名やメールアドレスを入力して、アカウントを作成します。すでにアカウントがある場合にはサインインします。

3つのプランから選択する

有料版Zoomには、小規模チームに最適な「プロ」、中小企業向けの「ビジネス」、大企業向けの「企業」といった3つのプランがあります。利用料金や同時接続人数、時間制限の条件などが違いますので、3つのプランから選択しましょう。
なお、月払いか年払いかを選ぶことができ、年払いですと割引があります。どのくらいの利用期間になるのかを想定して、月払いか年払いかを決めることをおすすめすます。

■Zoom3つのプランの違い

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

Zoomのプラン 月払い 年払い 同時接続人数 時間制限
プロ 2,000円 20,100円 最大100名 無制限(3名以上30時間)
ビジネス 2,700円 26,900円 最大300名 無制限(3名以上30時間)
企業 お問い合わせ 27,000円 最大500名 無制限(3名以上30時間)
  • ※2021年1月6日(水)時点

詳細は以下Zoomのプランと価格ページでご確認ください。

  • 別ウインドウで「Zoom」のウェブサイトへ遷移します。

支払い方法を選択する

支払い方法は、クレジットカードかPayPalが選択できます。

・クレジットカードで支払い

クレジットカードを選択すると、クレジット会員番号や名義、セキュリティコードといった必要情報の入力を求められます。すべて入力したら、支払い方法が登録されます。

なお、個人事業主・法人代表者向けの「三井住友ビジネスカード for Owners」なら、手軽に発行できます。ぜひ三井住友ビジネスカード for Ownersの利用をご検討ください。

・PayPalで支払い

PayPalを選択すると、PayPalのサイトに移動しますので、手続きを進めてください。

有料版Zoomの支払いは法人カードがおすすめ

企業で有料版Zoomを利用するのであれば、法人カードでの決済がおすすめです。Zoomの利用料金だけではなく、出張旅費や備品代、接待費など、会社での支払いを法人カードで一本化すれば、経費管理がシンプルになります。さらに法人カードのなかには、ポイント付与されることもありますので、Zoom利用料金を支払うことでポイント還元されることがあります。

Zoomの支払いで使える!三井住友カードの法人カード

有料版Zoomはクレジットカードでの決済ができますが、対応している国際ブランドは4種類。そのうちDISCOVERは日本国内では発行されていませんから、使えるブランドは実質的にVisa、Mastercard、American Expressの3種類だけです。
三井住友カードの法人カードなら、VisaとMastercard、いずれかに対応していますので、問題なく利用できます。

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

「三井住友ビジネスカード for Owners」は、個人事業主および法人代表者向けの法人カードです。

<特徴>

  • 申し込みの際に登記簿謄本、決算書が不要で個人の与信をベースに審査するため、創業1年未満でも発行できる
  • キャッシング機能を利用できる
  • リボ払い・分割払いなどの多様な支払い方法ができる

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカード ゴールド

「三井住友ビジネスカード」は、中小企業向けの法人カードです。1枚の三井住友ビジネスカードにつき、複数枚のETCカードを発行できます。

<特徴>

  • 経費管理と資金運用の効率化に貢献できる
  • カード返済なら指定口座から自動引き落としされるため、複数の支払いがある場合、手数料および支払いの手間を削減できる

三井住友コーポレートカード

三井住友コーポレートカード

三井住友コーポレートカードは、大企業向けの法人カードです。会社一括型であれば1枚の三井住友コーポレートカードにつき、複数枚のETCカードを発行できます。

<特徴>

  • 法人カードでの支払いを「会社全体」「部事業所別」「個人別」の3つに分類することができるため、経費予算管理の簡素化に貢献できる
  • 利用額の決済は、翌月または翌々月の1回払いが可能な「マンスリークリア方式」を利用できる
  • カード使用者ごとに利用枠を設定できる

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード ゴールド

三井住友ビジネスカード

三井住友コーポレートカード

三井住友コーポレートカード

対象 個人事業主、法人代表者向け 中小企業向け 大企業向け
クラシック(一般)カード ゴールドカード プラチナカード ビジネスクラシック(一般)カード ビジネスゴールドカード ビジネスプラチナカード クラシック(一般)カード ゴールドカード
年会費 本会員1,375円(税込)
インターネット入会で初年度無料
本会員11,000円(税込)
インターネット入会で初年度無料
本会員55,000円(税込) 使用者1名1,375円(税込) 使用者1名11,000円(税込) 使用者1名55,000円(税込) 1会員目 1,375円(税込) 1会員目 11,000円(税込)
  • ※追加会員のカードの年会費については商品ページをご確認ください
  • ※追加会員のカードの年会費については商品ページをご確認ください
  • ※追加会員のカードの年会費、ゴールドカードの個別決済方式については商品ページをご確認ください
カード限度額 ~150万円 ~300万円 原則200万円~ 原則20万~150万円 原則20万~300万円 原則150万~500万円 貴社全体の総限度額に加え、カード利用者ごとに利用枠を設定することができます
  • ※本会員(個人事業主、法人代表者)が弊社発行の個人カード利用枠を合算
  • ※1回払いでのご利用となります
入会資格 満20歳以上の個人事業主、法人代表者の方
  • ※プラチナカードは満30歳以上の個人事業主、法人代表者の方
法人のみを対象
  • ※カード使用者は20名以下が目安となります
法人のみを対象
  • ※カード使用者は20名以下が目安となります

よくある質問

Q1:オンラインツールZoomとは?

Zoomは、オンライン上でミーティングやセミナーを開催できるツールで、「誰でも簡単に使える」ということが最大の特徴になります。Zoomの環境が整ってさえいれば、会社のオフィスだけではなく、自宅や外出先からもミーティングやセミナーに参加できます。

Q2:Zoom無料版と有料版では、何が違う?

有料版では時間制限がないことのほか、最大500人まで同時にミーティングに参加することができ、録画画像をクラウド保存できるなど、管理機能が大きく強化されています。

Q3:有料版の支払い方法は?

有料版Zoomの支払いは、クレジットカードまたはPayPal払いで、オンライン上の手続きとなります。利用できる国際ブランドは、Visa、Mastercard、American Express、DISCOVERになります。

Zoomを活用して、さらにビジネスを広げよう

オンラインの会議ツールZoomが普及したことで、ビジネス上の新たなコミュニケーションの形が定着しつつあります。さまざまな機能が追加される有料版Zoomを活用して、ビジネスの可能性を広げていきましょう。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2021年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

今回の記事のまとめ

Zoomとは?

  • オンライン上でミーティングやセミナーを開催できるツールのこと
  • 環境が整っていれば、会社のオフィスだけではなく、自宅や外出先からもミーティングやセミナーに参加できる

有料版Zoomでできるようになること

  • 3人以上の利用でも時間制限なし
  • 録画データをクラウドに保存ができる
  • ウェビナーが開催できる

Zoom有料版の支払い方法は?

  • アカウントを作成する
  • 「プロ」「ビジネス」「企業」の3つからプランを選択する
  • 支払い方法としてクレジットカードかPayPalを選択する

有料版Zoomの支払いは法人カードがおすすめ

  • Zoomの利用料金をはじめ、会社での経費の支払いを法人カードで一本化すれば経費管理がシンプルになる
  • ポイント付与される法人カードなら、Zoom利用料金を支払うことでポイント還元される

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング