法人カードの詳細を見る
法人カード活用ガイド
法人カードの基礎知識
法人カードで社員用追加カードは無料で発行できる?メリットや審査・注意点も解説
  • 法人カードの基礎知識

2024.05.14

法人カードで社員用追加カードは無料で発行できる?メリットや審査・注意点も解説

法人カードで社員用追加カードは無料で発行できる?メリットや審査・注意点も解説

法人カードは代表者の支払いや税金の納付だけでなく、従業員による経費支払いに利用することができます。従業員の出張の機会が多い企業や、経費の支払いで立て替え払いが発生する企業では、追加カードの活用が便利です。
ここでは、法人カードで追加カードを発行するメリットや審査の有無、発行時の注意点について解説します。
※本記事の内容は三井住友カードの審査基準について明言するものではなく、一般的な情報として記載しています。

三井住友カード ビジネスオーナーズ新規入会&ご利用で最大10,000ポイントプレゼント! 三井住友カード ビジネスオーナーズ新規入会&ご利用で最大10,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

追加カードとはどういうもの?

クレジットカードには、メインカードに加えて追加カードを発行できるものがあります。カードの種類によって発行できるものは異なりますが、ETCカードや家族カード、電子マネーなど種類はさまざまです。
法人カードにも、メインの法人カードに追加して発行できるカードがあります。これは、一般的なクレジットカードでいう「家族カード」のようなもので、従業員でも名義人であれば利用することができます。追加カードを付与された従業員は、出張などでかかる経費の支払いや備品の購入などを法人カードで決済することができるため、個人のカードや現金で経費を立て替える必要がなくなり、とても便利です。

また、数は多くありませんが、法人カードでも家族カードの発行に対応しているものもあります。家族経営などで「家族に追加カード」を持たせたいという場合は家族カードの利用が便利でしょう。
ただし、事業用とプライベートの支出を混同してしまわないように注意が必要です。

追加カードの名義人は使用する社員に

法人カードの追加カードは、使用する従業員の氏名で発行されます。法人カードであっても社名で発行されるわけではないため注意が必要です。
したがって、従業員が追加カードの利用でサインをする際も、名義人の名前でサインを行います。

なお、カードの名義は従業員の氏名であっても、利用代金を引き落とす口座は法人名義の口座です。追加カードの利用代金もすべてまとめて1つの口座から引き落とされるため、経費の管理がしやすいメリットがあります。

追加カードの発行は審査不要

法人カードの追加カードを発行する際は、基本的に審査が不要です。これは、メインの法人カードを発行する際に、すでに審査が行われているためです。
そのため、追加カードを付与する従業員個人に関する審査が行われることはありません。

ただし、カード会社によっては、従業員個人の口座から個別で引き落とされる追加カードもあります。この場合は、従業員個人の審査を行ったうえでカードの発行可否が判断されます。

追加カード発行にかかる費用は?

追加カードの発行にかかる費用は、カードの種類によってさまざまです。発行手数料がかかるところもあれば、発行枚数ごとに年会費がかかるものもあるため、事前によく確認しておきましょう。
なかには、発行手数料や年会費が無料の法人カードもあります。特に、年会費はカードを保有する限りかかり続けるコストであるため、発行前にきちんと確認しておくことが大切です。

例えば、三井住友カード ビジネスオーナーズのパートナー会員は年会費が永年無料です。

追加カードの発行方法は?

追加カードの発行方法も、カード会社によって異なります。オンラインで申し込みができるものや、電話で申し込みができるものなどさまざまです。

また、一度に複数枚の追加カードを発行したい場合は、枚数分の手続きが必要となる場合もあります。
三井住友カードの場合、追加したい枚数分のお手続きが必要になるのは同じですが、WEBサービス「Vpass」より、その場で簡単にお手続きしていただくことができます。

追加カードのメリット

法人カードで追加カードを発行することには、経費の管理を簡略化できたり、ポイントが集約されたりなど多くのメリットがあります。それぞれ見ていきましょう。

追加カードのメリット

経費の管理を簡略化できる

法人カードの追加カードは、経費の支払いを一本化できるメリットがあります。

例えば、これまで従業員が立替えていた備品の購入費や出張費などを追加カードで決済すれば、法人名義の口座からまとめて引き落とすことができます。立替払いの場合は、後から清算手続きが必要となるため、従業員・経理部双方にとって大きな事務負担となることも少なくありません。

その点、追加カードでは決済後の清算手続きが不要となり、経費管理の手続きが簡略化できます。従業員に金銭的な負担をかけずに済むのも大きなメリットです。
また、経理部では、利用明細にてカードを使った日時や金額を確認することができます。「どの部署でどれくらいの経理を使っているのか」ということを把握しやすくなるため、経費削減の取り組みにも役立てられます。

ポイントが貯まりやすくなる

追加カードは、ポイントが貯まりやすくなるのもメリットのひとつです。
法人カードは、異なるカード会社のものを複数持つ方法がありますが、その場合はポイントが分散されてしまい、なかなか効率よくポイントを貯めることができません。
追加カードによって利用するカードを一本化すれば、同一のポイントが還元されるため、無駄なくポイントを貯めることができます。
貯まったポイントは、キャッシュバックやマイルへの交換など多くの使い道があり、自社のニーズに合わせて活用できるのも嬉しいメリットです。

カードの特典やサービスが追加カードでも利用できる

法人カードには多くの特典やサービスが付帯されていますが、それらの特典は追加カードでも同様に利用できることが一般的です。

例えば、空港ラウンジサービスが付帯されている法人カードでは、出張が多い従業員に追加カードを付与することで空港での待ち時間を有意義に過ごすことができます。旅行傷害保険が付帯されているカードであれば、出張中の万が一の事態に備えられるのも大きなポイントです。

ガバナンスが強化される

社内のガバナンスを強化できるのも追加カードのメリットのひとつです。

追加カードで決済した支払いは利用明細で確認でき、「いつどこで誰が利用したか」ということが可視化されます。これにより、従業員の不正な支払いや経費の私的流用の防止につなげることができます。

追加カードを作るときの注意点

法人カードで追加カードを発行する際は、発行枚数や年会費などに注意が必要です。それぞれ詳しく確認していきましょう。

追加カードを作るときの注意点

発行枚数には上限がある

法人カードの追加カードは、自由に何枚も発行できるわけではありません。発行枚数には上限が定められており、その範囲内でカードを付与する従業員数を決める必要があります。

追加カードを付与する従業員は、「出張回数が多い従業員」や「備品の購入を行う部署の従業員」など経費を使う機会が多い従業員から選ぶとよいでしょう。取引先との会食の機会が多い役員向けに発行しておくのも便利です。
まずは、発行枚数の上限を確認したうえで、追加カードを何枚発行するか検討してみましょう。

発行枚数に対応した年会費が必要

追加カードの中には、発行枚数に応じて年会費がかかるものがあります。発行枚数が多くなるほど保有コストが大きくなるため、本当に必要な部署や従業員をピックアップして追加カードを付与することが大切です。

ただし、法人カードにかかる年会費は経費として計上することができます。経費計上は税負担の軽減にもつながりますので、「必要な部署には積極的に追加カードを付与する」というのもひとつの方法です。

一方、「なるべく保有コストを抑えたい」という企業は、年会費無料の法人カードを利用するのもよいでしょう。

基本的に使い回しはできない

前述したとおり、法人カードの追加カードは、利用する従業員の名義で発行されます。そのため、カードを利用できるのは名義人本人のみです。
名義人以外の人が使用するとカード会社の規約違反となり、使い回しが発覚した場合はメインの法人カードごとすべて利用禁止となる場合があります。

なかには、カードの券面に会社名が記載されているものもありますが、その場合も利用できるのは名義人本人のみとなります。たとえ同じ部署の従業員であっても、カードの使い回しはできないため充分注意しましょう。

なお、三井住友カードのパーチェシングカードやビジネスパーチェシングカードの場合、部署名義や利用用途に応じた名義設定ができるため、複数名での利用が可能となっています。

利用ルールを決めておく必要がある

法人カードには社内のガバナンスを強化するメリットがあるものの、従業員による不正利用のリスクがあることは留意しておかなければなりません。従業員に追加カードを付与する際は、社内で利用ルールをしっかりと決めておくことが大切です。
例えば、利用できるシーンを限定したり、カードを使わないときは管理者がまとめて保管したりするなど、従業員が経費以外の支払いに利用できないようなしくみを作るとよいでしょう。
また、従業員による経費の私的流用を防ぐためには、定期的に利用明細を確認することも有効です。

追加カードが作れるおすすめの法人カード

三井住友カードには、個人事業主向け、中小企業向け、大企業向けの追加カードが作れるカードが揃っています。その中からおすすめカードをご紹介します。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

法人代表者、個人事業主(副業・フリーランスを含む)の方向けの法人カードです。カードランク別に一般カード、ゴールドカードの2種類があります。
ベンチャーやスモールビジネスシーンに必要な経費管理の一元化といった法人カード機能とともに、ビジネスユースでのご利用もお得になるポイント還元や年会費無料(ゴールドは条件あり)などの特典も付帯します。
スタートアップ企業やフリーランス、副業で活躍される方のビジネスを後押しする、利便性とメリットを兼ね備えています。

副業用クレジットカードにおすすめ!

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード
ビジネスオーナーズ(一般)

年会費:永年無料

限度額:~500万円

※所定の審査有り

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~1.5%

三井住友カード
ビジネス
オーナーズ(一般)

副業用クレジットカードにおすすめ!

三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費
国際ブランド
限度額
ポイント還元率
永年無料
visa/masterロゴ
~500万円
※所定の審査有り
0.5%~1.5%

新規入会&ご利用で※

キャンペーン情報

新規入会&ご利用で※

最大8,000円相当プレゼント!

最大8,000相当
プレゼント!

実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

登記簿謄本・決算書

提出不要

個人カードと2枚持ちで

ポイント
最大

1.5%還元※1

発行まで

最短3営業日※2

※1

ポイント付与対象となるご利用の条件など、詳細・最新情報はホームページでご確認ください。

※2

金融機関サイトで口座振替設定が完了した場合に限ります。

あらゆるビジネスシーンでサポート!

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

三井住友カード
ビジネスオーナーズ ゴールド

年会費:5,500円

※条件達成で翌年以降永年無料

限度額:~500万円

※所定の審査有り

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~1.5%

三井住友カード
ビジネス
オーナーズ ゴールド

あらゆるビジネスシーンでサポート!

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
年会費
国際ブランド
限度額
ポイント還元率
5,500円
※条件達成で翌年以降永年無料
visa/masterロゴ
~500万円
※所定の審査有り
0.5%~1.5%

新規入会&ご利用で※

キャンペーン情報

新規入会&ご利用で※

最大10,000円相当プレゼント!

最大10,000相当
プレゼント!

実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

年間100万円のご利用※1

毎年10,000ポイント還元

翌年以降年会費永年無料

個人カードと2枚持ちで

ポイント
最大

1.5%還元※1

発行まで

最短3営業日※2

※1

ポイント付与対象となるご利用の条件など、詳細・最新情報はホームページでご確認ください。

※2

金融機関サイトで口座振替設定が完了した場合に限ります。

三井住友ビジネスカード

中小企業向けの法人カードで、経費管理と資金運用の効率化を目的としています。今まで以上に、経理事務・経費を合理化できます。またカード決済なら指定口座から自動引き落としされるので、支払い手数料を削減できます。カード使用者は20名以下が目安です。

事務処理の軽減、経費の削減・見える化ができる!

三井住友ビジネスクラシック (一般)カード

三井住友ビジネスクラシック
(一般)カード

年会費:使用者1名 1,375円(税込)

2名から1名につき 440円(税込)

限度額:~500万

国際ブランド:visa/masterロゴ

ワールドプレゼント:1,000円につき1ポイント

お申し込み対象:法人専用

事務処理の軽減、経費の削減・
見える化
ができる!

三井住友ビジネス
クラシック(一般)カード

三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費
国際ブランド
限度額
ワールドプレゼント
お申し込み対象
使用者1名 1,375円(税込)
2名から1名につき440円(税込)
visa/masterロゴ
~500万
1,000円につき
1ポイント
法人専用
チェックマーク

おすすめポイント

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

複数枚発行可能
ETCカード

海外旅行傷害保険

最高

2,000万円

※ 

事前に旅費などを当該カードでクレジットカード決済いただくことが前提です。

事務処理の軽減、経費の削減・見える化ができる!

三井住友ビジネスゴールド

三井住友ビジネスゴールド
カード

年会費:使用者1名11,000円(税込)

2名から1名につき 2,200円(税込)

限度額:~1,000万

国際ブランド:visa/masterロゴ

ワールドプレゼント:1,000円につき1ポイント

お申し込み対象:法人専用

事務処理の軽減、経費の削減・
見える化
ができる!

三井住友ビジネスゴールド
カード

三井住友ビジネスゴールド
年会費
国際ブランド
限度額
ワールドプレゼント
お申し込み対象
1会員目 11,000円(税込)
2名から 1名につき2,200円(税込)
visa/masterロゴ
~1,000万
1,000円につき
1ポイント
法人専用
チェックマーク

おすすめポイント

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

複数枚発行可能
ETCカード

海外・国内旅行傷害保険

最高

5,000万円

※ 

傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでのクレジット決済有無により最高補償額が異なります。

あなたのビジネスにプラチナカードの信頼を!

三井住友ビジネスクラシック (一般)カード

三井住友ビジネスプラチナ
カード

年会費:使用者1名55,000円(税込)

2名から1名につき 5,500円(税込)

限度額:一律上限なし

国際ブランド:visa/masterロゴ

ワールドプレゼント:1,000円につき1ポイント

お申し込み対象:法人専用

あなたのビジネスに
プラチナカードの信頼を!

三井住友ビジネス
プラチナカード

三井住友カード プラチナカード
年会費
国際ブランド
限度額
ワールドプレゼント
お申し込み対象
使用者1名 55,000円(税込)
2名から1名につき 5,500円(税込)
visa/masterロゴ
一律上限なし
1,000円につき
1ポイント
法人専用
チェックマーク

おすすめポイント

プラチナ会員の方限定
付帯サービスの充実

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

海外・国内旅行傷害保険

最高1億

三井住友ビジネスパーチェシングカード

中小企業向けの、原板不発行型の法人カードです。
広告費・システム利用料への支払いにご活用いただくことで、精算業務の効率化にお役立ていただけます。
なお、三井住友ビジネスパーチェシングカードは、プラスチックカードが発行されないため、紛失・盗難のリスクもありません。

年会費無料の購買専用カード

三井住友カード パーチェシングカード

三井住友ビジネス
パーチェシングカード

年会費:永年無料

限度額:原則20~200万円

国際ブランド:visa/masterロゴ

お申し込み対象:中小企業向け

年会費無料の購買専用カード

三井住友ビジネス
パーチェシングカード

三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費
国際ブランド
限度額
お申し込み対象
永年無料
visa/masterロゴ
原則20~200万円
中小企業向け
チェックマーク

おすすめポイント

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

部署名義や
支払い科費目名義など
任意の名義で発行可能

複数枚発行可能
ETCカード

三井住友コーポレートカード

カード使用者が多い大企業向けの法人カードです。出張費や交際費などを「会社全体」「部事業所別」「個人別」の3段階に分類し、経費予算管理を簡素化できます。また、旅行傷害保険や買い物保険が付帯されており、ゴールドカードでは全国の主要空港ラウンジをご利用いただけます。

  • ※三井住友コーポレートカードにはポイント還元サービスはありません。

ガバナンス強化で管理業務の効率化と経費削減が実現!

三井住友コーポレートカード(一般)

三井住友コーポレートカード
(一般)

年会費:1会員目 1,375円(税込)

以降1会員につき440円(税込)

【上限】 33,000円(税込)

限度額:ご入会時にご相談

国際ブランド:visa/masterロゴ

お申し込み対象:法人専用

ガバナンス強化で管理業務の効率化と経費削減が実現!

三井住友コーポレートカード
(一般)

三井住友コーポレートカード(一般)
年会費
国際ブランド
限度額
お申し込み対象
1会員目1,375円(税込)
以降1会員につき440円(税込)
【上限】 33,000円(税込)
visa/masterロゴ
ご入会時にご相談
法人専用
チェックマーク

おすすめポイント

利用額限度額を適切に
管理・設定が可能な
マンスリークリア方式

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

各種手続きが
Web上で完結
カード管理者Web
<SMCC Biz Partner>

ガバナンス強化で管理業務の効率化と経費削減が実現!

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

三井住友コーポレートカード
(ゴールド)

年会費:1会員目 11,000円(税込)

以降1会員につき2,200円(税込)

【上限】 33,000円(税込)

限度額:ご入会時にご相談

国際ブランド:visa/masterロゴ

お申し込み対象:法人専用

※ 

個別決済方式の場合、1社あたり33,000円(税込)、61名以上追加会員ごとに550円(税込)がかかります。

ガバナンス強化で管理業務の効率化と経費削減が実現!

三井住友コーポレートカード
(ゴールド)

三井住友コーポレートカード (ゴールド)
年会費
国際ブランド
限度額
お申し込み対象
1会員目 11,000円(税込)
以降1会員につき2,200円(税込)
【上限】 33,000円(税込)
visa/masterロゴ
ご入会時にご相談
法人専用

※ 

個別決済方式の場合、1社あたり33,000円(税込)、61名以上追加会員ごとに550円(税込)がかかります。

チェックマーク

おすすめポイント

利用額限度額を適切に
管理・設定が可能な
マンスリークリア方式

経費精算システムへの
利用明細データ
連携が可能!

各種手続きが
Web上で完結
カード管理者Web
<SMCC Biz Partner>

三井住友パーチェシングカード

企業における仕入れやシステム利用料の支払いなど、企業の購買活動専用の法人カードで、特定の加盟店での決済に限定した利用ができます。
なお、三井住友パーチェシングカードは、プラスチックカードが発行されないため、紛失・盗難のリスクもありません。

広告費やクラウド利用料など購買専用の不発行型カード!

三井住友カード パーチェシングカード

三井住友パーチェシング
カード

年会費:1会員目 1,375円(税込)

以降1会員につき440円(税込)

【上限】 33,000円(税込)

限度額:カードごとに設定

国際ブランド:visa/masterロゴ

お申し込み対象:法人専用

広告費やクラウド利用料など
購買専用の不発行型カード!

三井住友
パーチェシングカード

三井住友カード パーチェシングカード
年会費
国際ブランド
限度額
お申し込み対象
1会員目1,375円(税込)
以降1会員につき440円(税込)
【上限】 33,000円(税込)
visa/masterロゴ
カードごとに設定
法人専用
チェックマーク

おすすめポイント

利用額限度額を適切に
管理・設定が可能な
マンスリークリア方式

カード単位や
契約単位で
利用先を限定可能

部署名義や
支払い科費目名義など
任意の名義で発行可能

追加カードを利用して社内業務の簡素化と時間効率を高めましょう

立替え払いや金額の大きな支払いが多い企業は、従業員に追加カードを付与することで、支払いが一本化されるメリットがあります。また、経費の利用が可視化されることで、社内のガバナンスが強化されるのも大きなポイントです。

社内の業務負担を軽減して生産性を向上するためには、法人カードの追加カードを活用することを検討してみましょう。

よくある質問

Q1.追加カードを発行するメリットは?

法人カードで追加カードを発行すると、経費の支払いを一本化できるメリットがあります。これまで従業員が立替え払いを行っていた支払いも法人口座からまとめて引き落とせるため、経費に関する業務負担を軽減することができます。
また、ポイントが集約されることや付帯サービスが利用できること、ガバナンスが強化される点も追加カードのメリットです。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.追加カード発行の時に必要な条件や審査期間は?

法人カードの追加カードは、審査不要で発行できることが一般的です。ただし、発行できる枚数には上限が定められていることが多いため、申し込む前にはあらかじめ上限枚数を確認しておくとよいでしょう。
また、追加カードの年会費もチェックしておきたいポイントです。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.発行された追加カードは誰でも使用できますか?

法人カードの追加カードは、従業員の個人の氏名で発行されるため、名義人以外が使用することはできません。カードの券面に会社名が記載されているものもありますが、その場合も利用できるのは名義人本人のみとなります。

詳しくは以下をご覧ください。


  • 2024年5月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

この記事をシェアする

  • はてなブログ
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン

三井住友カードの法人カード

個人事業者・法人代表者の方

中小規模企業の方

大規模企業の方

経営者の皆さまを
あらゆるビジネスシーンで
サポート

  • 登記簿謄本・決算書
    提出不要!

  • ポイント
    最大1.5%還元!※1

  • 条件付きで
    年会費永年無料!※2

  • ※1対象の三井住友カードと2枚持ちした場合
  • ※2一般カードは条件無し

キャンペーン情報

三井住友カードビジネスオーナーズ 新規入会&ご利用で最大10,000円相当のVポイントプレゼント!

経費管理と資金運用を効率化!
中小企業向けのビジネスカード

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 充実の付帯サービスで、
    国内外の出張を
    サポート

  • 経費の見える化で
    ガバナンス強化!

キャンペーン情報

三井住友カードビジネスオーナーズ 新規入会&ご利用で最大10,000円相当のVポイントプレゼント!
  • ※三井住友ビジネスパーチェシングカードは、キャンペーンの対象外です。

ガバナンス強化で
管理業務の効率化と経費削減を実現!

  • 利用額限度額を適切に
    管理・設定が可能な
    マンスリークリア方式

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 各種手続きが
    Web上で完結

その他
おすすめコンテンツ

ビジドラ

担当者が知っておきたい
バックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

三井住友カードの法人カード

個人事業者・法人代表者の方

中小規模企業の方

大規模企業の方

経営者の皆さまを
あらゆるビジネスシーンで
サポート

  • 登記簿謄本・決算書
    提出不要!

  • ポイント
    最大1.5%還元!※1

  • 条件付きで
    年会費永年無料!※2

  • ※1対象の三井住友カードと2枚持ちした場合
  • ※2一般カードは条件無し

キャンペーン情報

三井住友カードビジネスオーナーズ 新規入会&ご利用で最大10,000円相当のVポイントプレゼント!

経費管理と資金運用を効率化!
中小企業向けのビジネスカード

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 充実の付帯サービスで、
    国内外の出張を
    サポート

  • 経費の見える化で
    ガバナンス強化!

キャンペーン情報

三井住友カードビジネスオーナーズ 新規入会&ご利用で最大10,000円相当のVポイントプレゼント!
  • ※三井住友ビジネスパーチェシングカードは、キャンペーンの対象外です。

ガバナンス強化で
管理業務の効率化と経費削減を実現!

  • 利用額限度額を適切に
    管理・設定が可能な
    マンスリークリア方式

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 各種手続きが
    Web上で完結

その他
おすすめコンテンツ

ビジドラ

担当者が知っておきたい
バックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

人気の記事ランキング

Loading...

新着記事

Loading...
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。