クレジットカードの審査で在籍確認や本人確認はある?

クレジットカードの裏話

クレジットカードの審査で在籍確認や本人確認はある?

クレジットカードの審査で在籍確認や本人確認はある?

クレジットカードを申し込む際、その審査のひとつとして「在籍確認」というものがあるのをご存知でしょうか。いわゆる「本人確認」のことで、申込者の勤務先にクレジットカード会社から電話が来るときがあります。ではなぜ、このような確認が必要なのでしょうか?今回は、クレジットカードの審査における在籍確認について、詳しく解説していきます。

在籍確認がいやでなかなかクレジットカードを申し込めない・・・という方、ぜひご一読ください。

在籍確認とは?

「在籍確認」というのは、クレジットカードを作成する際に、クレジットカード会社が申込者の勤務先などへ、本人確認のために在籍を確認することです。

一般的にクレジットカードを申し込むには「安定した収入」があり、返済能力があることが大前提ですが、残念ながら架空の勤務先などを偽って申し込みをするケースが想定されます。そうした事態を未然に防ぐためにも、申し込み時に申告した勤務先などに偽りがないかどうかを事前に確認する必要があります。

在籍確認は必ずあるもの?

では、実際にクレジットカードを作成する場合には、必ず在籍確認が行われるのでしょうか。会社に電話がかかってくることに何となく抵抗がある方などは、在籍確認のないクレジットカード会社へ申し込みたいと考えるかもしれませんが、一般的なクレジットカード会社では在籍確認は行われます。

ただし、お申し込み状況やお申し込みのサービスによって在籍確認の有無や内容は異なります。例えば、すでにほかのクレジットカードを利用している場合です。

勤務先の企業名や電話番号、運転免許証番号、利用履歴、返済履歴などが「個人信用情報機関」という場所に集められているため、新たに別のクレジットカードを作成する場合でも、申込書に記載した内容とその情報を照合することができれば、在籍確認が行われないこともあります。ただし、以前クレジットカードを作ったときとは勤務先などの情報が変更になっている場合は、在籍確認が行われます。

在籍確認の電話ではどんなことを質問される?

自分の勤務先にクレジットカード会社から電話がかかって来るというと、誰でもついつい身構えてしまうものです。しかし、そんなに身構える必要はございません。ほとんどの場合、名前、生年月日、住所などの基本的な情報について質問されるだけだからです。

上記のとおり、お申し込み状況やお申し込みのサービスによって在籍確認の有無や内容は異なります。

在籍確認の電話で自分が出られなかった場合は再度確認の電話がくる?

営業職などで会社にいることが少ない方などは、在籍確認の電話に出ることがなかなか難しいものです。その場合には必ずしも本人が出る必要は無く、本人が会社に在籍していることが確認できれば、自分以外の方が電話対応した場合でも在籍確認が完了する場合もあります。

在籍確認は簡単に済むものです。電話がかかって来ても、慌てずに落ち着いて対応すれば問題ございません。在籍確認がおっくうでクレジットカードをなかなか申し込めないという方、ぜひご参考ください。

クレジットカードのお申し込みはこちらから

今回の記事のまとめ

在籍確認とは?

  • クレジットカード申込の際の審査方法のひとつ
  • 方法は勤め先に本人確認の電話をする
  • 一般的に行われる審査(※実施の有無と方法は場合による)
  • 電話では生年月日など、簡単な質問がされる
  • 在籍していることが確認できれば基本的に問題なし

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

三井住友カードのスペシャルコンテンツ

  • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。