身近なクレジットカード大国!韓国のクレジットカード事情

クレジットカードの裏話

身近なクレジットカード大国!韓国のクレジットカード事情

身近なクレジットカード大国!韓国のクレジットカード事情

日本に近くて行きやすい外国であることから、旅行先として人気の韓国。韓国ドラマやアーティストなどをきっかけに、料理や美容法などに魅せられて訪れる人も少なくありません。
身近な外国である韓国は、実はクレジットカード大国です。個人商店の少額決済でも、問題なくクレジットカードを使うことができます。「これから韓国へ行きたい」という人も、「何度も行っている」という人も、知っておきたい韓国のクレジットカード事情についてご紹介します。

韓国のクレジットカード普及率が高い理由

韓国では、個人消費の拡大を目的とした経済政策の一環、また小売り店の脱税防止施策のひとつとして、1999年頃から政府主導でクレジットカードの利用を推進してきました。利用額に応じたキャッシュバックや、領収書に宝くじをつけるといった特典が功を奏し、国民の多くがクレジットカードで支払いをするようになったといわれています。

現在の韓国は、キャッシュレス化も進んでいます。2018年4月に経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」によれば、2015年における「各国のキャッシュレス決済比率の状況」では、韓国が89.1%と堂々の1位となっています。この数値には、デビットカードでの支払いも含まれるため、すべてがクレジットカードでの支払いではありませんが、韓国では、クレジットカードやデビットカードを利用したキャッシュレス化が進んでいることがうかがえます。

韓国でクレジットカードを利用できる場所

韓国では、1999年以降、クレジットカード利用推進策を推進しており一定の年商を超えるショップに対しては、クレジットカードの取り扱いを義務化しています。そのため、デパートやスーパー、コンビニ、タクシーはもちろん、小さな個人商店でもクレジットカードを使える可能性があります。ですから、ほとんどの場所で、数百円単位でもクレジットカードが利用できると考えていいでしょう。
例外は、クレジットカード決済の導入が義務化されていない年商の低いお店です。著名な観光地以外の市場や屋台などを利用する場合は、現金払いになる可能性を考えて、ある程度の現金を持っていくことをおすすめします。

日本円建てで支払う方法もある

一般的に、海外でクレジットカードを利用した場合、決済は現地通貨建てになります。しかし、ハワイや韓国といった観光客が多い国では、旅行者の自国通貨で決済できるDCC(Dynamic Currency Conversion)サービスが導入されており、日本円建てでも支払うことができます。
ただし、日本円建てでの支払いは、金額がわかりやすいということや為替変動によるリスクがないというメリットがある反面、為替手数料がかかるので注意が必要です。

韓国で主流なのは銀聯カード

韓国では、Visa、Mastercardといった、国際ブランドのクレジットカードを利用することができます。
また、近年特に利用シーンを拡大しているのが「銀聯カード」です。銀聯カードは、中国人民銀行の主導で設立された中国銀聯が運営するクレジットカードで、中国国内では非常によく使われているカードです。

韓国では、中国人観光客がもたらす経済効果に期待して、銀聯カードの市場も急拡大しています。今や、韓国で最も利用しやすいカードは銀聯カードであるといってもいいほどです。韓国に旅行するなら、メインのカードのほか、サブとして銀聯カードを1枚持っていくとより安心です。

三井住友カードでは、「三井住友銀聯カード」を発行しています。

三井住友銀聯カード

年会費、新規発行手数料無料。高校生を除く満18歳以上の方が入会可能。パンダと地図の2種類のデザインから選べます。

韓国へ行くならクレジットカードは必須

海外旅行全般にいえることですが、現金(日本円)を現地通貨に両替すると、思いのほか手数料がかかります。通貨によっては10%もの手数料を取られることもありますので、できる限りクレジットカードで買物をしたほうが無駄な出費を抑えられるのです。
特に、ほぼすべてのショップでクレジットカードが利用できる韓国では、クレジットカード払いがおすすめです。銀聯カードのほか、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードなどを選び、旅行中の買物をお得に上手に楽しみましょう。

  • ※2018年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

お買物や旅行でのご利用には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント 新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

三井住友カード プラチナプリファードは「キャッシュレスプラン」および「本キャンペーン」の対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

1 2020年5月1日(金)時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日(金)時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日(金)以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む

2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

今回の記事のまとめ

韓国でクレジットカードを利用できる場所

  • デパートやスーパー、コンビニ、タクシーなど、年商240万円以上の年商を持つショップで使える

日本円建てで支払う方法もある

  • 旅行者の自国通貨で決済できるDCCなら、クレジットカードの支払いで日本円建ても可能
  • 円建てでの支払いは金額がわかりやすく、為替変動によるリスクはないが手数料がかかる

韓国で主流なのは銀聯カード

  • 韓国では、Visa、Mastercardといった、主要国際ブランドが使える
  • 銀聯カード市場も急拡大しているので、サブとして銀聯カードを1枚持っておくと安心できる
  • 三井住友カードでは、「三井住友銀聯カード」を発行している

韓国へ行くならクレジットカードは必須

  • 現地通貨に両替すると手数料がかかるので、クレジットカードで買物をしたほうが出費を抑えられる
  • 韓国への旅行は、銀聯カードのほか、海外旅行保険が付帯しているものなどを選ぶ

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みから選び方までクレカの基礎知識を徹底解説!

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!