ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
通販のクレジットカード決済と代引き、それぞれのメリット・デメリット

クレジットカードの裏話

通販のクレジットカード決済と代引き、それぞれのメリット・デメリット

通販のクレジットカード決済と代引き、それぞれのメリット・デメリット

通信販売の決済方法にはさまざまな種類がありますが、注文してすぐに荷物が届く決済方法としてはクレジットカード決済と代金引換(代引き)の2種類があります。これらの決済方法には、どのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、それぞれの決済方法の特徴について、メリットとデメリットも併せて見ていきましょう。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

通販利用時の決済方法

通信販売の決済方法には、「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「銀行振込」「代金引換(代引き)」などがあります。すぐに商品を届けてほしい場合は、ATMやコンビニへ行く手間のかからないクレジットカード決済か、代引きを選ぶ方が多いでしょう。

まずは、それぞれの決済方法の特徴を見ていきましょう。

クレジットカード決済の特徴

クレジットカード決済の場合、通販サイトの購入画面でクレジットカードに関する情報(クレジットカード番号や有効期限、名義人氏名、セキュリティコードなど)を入力するだけで決済が完了します。
よく利用する通販サイトであれば、支払いに使うクレジットカード情報を登録しておくことで、スムーズに買物を進めることができます。

代引きの特徴

代引きは、販売業者の代わりに配送業者が商品代金を集金するサービスです。そのため、通販サイトやATMで支払いをする必要がなく、商品が届いた時点で配送業者に代金を支払う形となります。支払いは、現金の場合が多いのですが、通販会社と配送業者の契約によってはクレジットカードや電子マネーが利用できるケースもあります。
代引きの場合、送料とは別に配送業者に支払う「代引き手数料」が発生しますので、支払総額が増えてしまいます。

クレジットカード決済のメリット・デメリット

クレジットカード決済の場合、クレジットカードのポイントが貯まりますし、各種手数料がかからないこともメリットです。その反面、通販サイトでクレジットカードに関する情報を入力する際のセキュリティ面が不安です。
ここでは、クレジットカード決済のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

クレジットカード決済のメリット

基本的に手数料は発生しない

クレジットカード決済であれば、基本的に代引き手数料や銀行振込手数料のような料金が発生することがありません。金銭的なメリットは、通販をよく利用される方であるほど支出の差につながります。

クレジットカードのポイントが貯まる

通販のクレジットカード決済でも、クレジットカードのポイントが貯まります。結果的に、現金決済よりもお得に買物ができる決済方法といえるでしょう。

保険で商品の破損や盗難が補償される

クレジットカード会社のショッピング保険によって、商品の破損や盗難が補償されるメリットがあります。三井住友カードの場合は、「お買物安心保険」があります。

  • ※三井住友カード(NL)はお買物安心保険の付帯はありません。

ただし、保険の対象となる商品や期間は、クレジットカード会社やクレジットカードの種類によって異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

クレジットカード決済のデメリット

通販サイトによっては個人情報が漏洩するリスクも

通販サイトによっては、入力したクレジットカード情報や個人情報が漏洩し、不正利用につながるリスクもゼロではありません。クレジットカード決済を行う場合は、データ入力画面が暗号化されるページかどうかなど、セキュリティ性の高い安全なサイトであるかを確認し、情報を入力しましょう。
三井住友カードの場合、三井住友カード会員向けインターネットサービス「Vpass」に登録しておけば、ネットショッピング認証サービス「Visa Secure」や「Mastercard SecureCode(マスターカードセキュアコード)」を利用でき、「Vpassパスワード」または「ワンタイムパスワード」の入力によって、より安全なインターネット決済ができます。

支払い能力以上に使ってしまう可能性も

クレジットカード決済の場合、実際の支払い能力以上に使ってしまう可能性もあります。使い過ぎが心配であれば、あらかじめ利用可能枠を低く設定しておくこともおすすめです。

代引きのメリット・デメリット

代引きの場合は、決済や入金後に商品が届かないトラブルを回避できますが、手数料がかかりますし、手元に現金を用意しなければいけません。それでは、代引きのメリットとデメリットを見ていきましょう。

代引きのメリット

決算後に商品が届かないトラブルを回避

実際に手元に商品が届いた時点で決済を行う代引きであれば、決済・入金後に商品が届かないというトラブルを回避することができます。大手通販サイトであればそのようなリスクは低いですが、個人間で取引を行うオークションサイトなどの場合は、商品が届かないトラブルも考えられます。利用するサイトによっては、代引きを選択したほうが安全であるといえるでしょう。

代引きのデメリット

代引き手数料が発生する

代引きでは、代引き手数料が発生します。通販をよく利用される方であるほど、手数料の負担が大きくなってしまいます。

現金を用意しておかなければならない

代引きは現金決済が一般的であるため、荷物が届いても現金がないと後日配達となってしまいます。そのため、事前に現金を用意しておく必要があります。

クレジットカードのポイントのような特典が得られない

代引きでは、クレジットカード決済のようにポイントが貯まるといった特典が得られません。また、クレジットカードの保険もありません。

通販用に一枚クレジットカードを持っておくと便利

クレジットカード決済と代引き、それぞれにメリット・デメリットがあることがお分かりいただけたと思います。三井住友カードでは、年会費無料の三井住友カード(NL)がありますので、現金の用意ができないとき、代引きが使えない通販サイトの時などの備えとしてご検討ください。

  • ※2019年5月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

通販利用時の決済方法

  • 通信販売の決済方法には、「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「銀行振込」「代金引換(代引き)」などがある
  • すぐに商品を届けてほしい場合は、クレジットカード決済か代引きを選ぶ
  • クレジットカード決済は、通販サイトでクレジットカードに関する情報を入力するだけ
  • 代引きは、商品が届いた時点で配送業者に代金を支払う
  • 代引きの支払いは現金の場合が多いが、クレジットカードや電子マネーが利用できるケースもある
  • 代引きの場合、送料とは別に配送業者に支払う「代引き手数料」が発生する

クレジットカード決済のメリット・デメリット

  • クレジットカード決済は、代引き手数料や銀行振込手数料のような料金が発生しない
  • 通販のクレジットカード決済でも、クレジットカードのポイントが貯まる
  • クレジットカード会社のショッピング保険によって、商品の破損や盗難が補償される
  • 入力したクレジットカード情報や個人情報が漏洩し、不正利用につながるリスクがある
  • 三井住友カードの場合、ネットショッピング認証サービス「Visa Secure」や「Mastercard SecureCode」で安全なインターネット決済が可能
  • クレジットカード決済の場合、実際の支払い能力以上に使ってしまう可能性がある

代引きのメリット・デメリット

  • 決済・入金後に商品が届かないというトラブルを回避することができる
  • 代引き決済では、代引き手数料が発生する
  • 代引きは現金決済が一般的であるため、事前に現金を用意しておく必要がある
  • クレジットカードのポイントが貯まったり、商品の破損や盗難が補償されたりすることがない

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】