医療費をクレジット払いするメリットとは?

クレジットカードの裏話

医療費をクレジット払いするメリットとは?

こんな人に
おすすめ!

  • ポイントや還元率を重視する方

医療費をクレジット払いするメリットとは?

医療機関へかかると、ちょっとした治療や検査を受けただけでも、結構な費用がかかってしまうもの。ましてや、急な手術やそれに伴う入院などが必要になった場合には、突然の出費にあわててしまう方も多いでしょう。

近ごろはクレジットカードが利用できる医療機関も多くなってきていますので、クレジットカードで決済するというのも方法のひとつです。そこで今回は、クレジットカードで医療費を支払うことのメリットについて、詳しく解説していきたいと思います。

クレジットカードで医療費は支払える?

もちろん、クレジットカードの種類によっては利用できなかったり、小さな病院では対応していなかったりするところもありますが、総合病院や大学病院などではほとんどのところで、一括もしくは分割での支払いができます。治療費や入院費などをクレジットカードで支払いたいと考えている方は、あらかじめかかりつけの病院にクレジットカード決済ができるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

医療費をクレジットカードで支払うメリット

では、実際に医療費をクレジットカードで支払うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

ポイントが貯まる

医療費をクレジットカードで支払うと、ショッピングなどでクレジットカード払いをしたときと同様に、利用額に応じてポイントが付与されます。貯まったポイントはマイルや商品券と交換して利用することができます。これは大きなメリットのひとつでしょう。

大金を持ち歩かずにすむ

高額な医療費を支払わなくてはいけないときでも、クレジットカード払いであれば大金を持ち歩く必要がございません。また、リボ払いや分割払いを利用することで、高額な医療費の負担を減らすこともできます。

手元にお金がないときでも医療費を支払える

夜間に救急外来にかかったときなど、お金をATMから引き出す時間がない場合でもクレジットカード払いなら安心して医療費を払えます。

支払い時間を短縮できる

現金で支払う場合、お札を数えたり、小銭を数えたり、お釣りを受けとったり、工程が増えて時間がかかりがちですが、クレジットカード払いであれば、そういったわずらわしい時間は短縮することができます。

クレジットカードで医療費を支払っても控除の対象になるか?

クレジットカードで医療費を支払っても控除の対象になるかについてですが、もちろん控除の対象になるので安心してください。ただし、返済の際の金利は控除の対象になりません。

高額な医療費を支払う場合

出産や急な手術など、クレジットカードの限度額を超えるほどの高額な医療費が発生してしまった場合、限度額を一時的に引き上げる「一時増枠」を利用することができます。三井住友VISAカードの場合は、満20歳以上であればインターネット上でお申し込みができます。

ただし、前回の引き上げ終了から間もない場合には、電話でのお申し込みになります。お申し込みをして即時に利用枠の引き上げができるケースもあれば、状況によっては電話での再度お申し込みが必要になるケースも。お申し込みは、利用予定日の1週間前までに必ずクレジットカードの名義人が行うようにしましょう。

病気やケガといった事態は、いつ家族や自分の身に降り掛かるのか予測できないものです。いざというときのために、クレジットカードを用意してみてはいかがでしょうか。

今回の記事のまとめ

クレジットカードで医療費は支払える?

  • 多くの病院でクレジットカード決済ができる
  • 「一時増枠」を利用すれば、高額の医療費も支払える

医療費をクレジットカードで支払うメリット

  • ポイントが貯まる
  • 大金を持ち歩かずにすむ
  • 手元にお金がないときでも医療費を支払える

クレジットカードで支払っても医療費は控除の対象になるか?

  • 現金払いでもクレジットカード払いでも医療費は控除の対象になる
  • ただし、返済の際の金利は控除の対象にならない

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。