ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
クレジットカード決済で加盟店が支払う手数料はいくら?消費者との違いは?

クレジットカードの裏話

クレジットカード決済で加盟店が支払う手数料はいくら?消費者との違いは?

クレジットカード決済で加盟店が支払う手数料はいくら?消費者との違いは?

クレジットカード決済可能な店舗は、クレジットカード会社に手数料を支払っています。
キャッシュレス決済が多くの消費者に受け入れられ、店舗側としては顧客サービスにつながり、より多くの顧客を獲得できる見込みがあるからです。
しかし、小規模のカフェや個人経営の店舗がクレジットカード決済を導入する際に、課題となるのが手数料かと思います。

そこで今回は、「クレジットカード決済にかかる手数料のしくみ」や「クレジット決済を導入することで店舗にはどのようなメリットがあるのか」など、クレジットカードの手数料についてご紹介していきます。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカード決済にかかる手数料

ここではクレジットカード決済にかかる「消費者がクレジットカード会社に支払う手数料」、「加盟店がクレジットカード会社に支払う加盟店手数料 」「通販サイトが決済代行会社に支払う手数料」の3つの手数料のしくみについて図を使って解説していきます。

消費者がカード会社に支払う手数料

クレジットカード会社からの請求を一括で支払う場合には手数料は発生しません。
しかし、3回以上の分割払いやリボ払いなどを利用する場合にはリボ払い・分割払い手数料が発生することがあります。
リボ払い・分割払い手数料はクレジットカード会社やカードの種類によって異なるため、手数料がどのぐらいかかるのか、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

加盟店がカード会社に支払う手数料

加盟店がカード会社に支払う手数料

消費者がクレジットカード会社に支払う手数料がリボ払い・分割払い手数料だとすると、加盟店が支払う手数料は、加盟店手数料です。
クレジットカードによる支払いの流れは以下のとおりです。

  • 消費者による商品の購入
  • クレジットカード会社による、消費者への請求→入金
  • 加盟店によるクレジットカード会社への請求→入金

3の段階で、加盟店手数料が差し引かれた金額が入金される形となります。
加盟店が支払う手数料はお店の規模や業種などによって異なりますが、3%台が中心といわれています。
なおクレジットカード利用の多い大型店になるほど、加盟店手数料の利率は低くなる傾向があります。

通販サイトが決済代行会社に支払う手数料

通販サイトが決済代行会社に支払う手数料

通販サイトの場合、決済代行会社を通してクレジットカード会社と契約を結ぶケースが多く、クレジットカード会社の加盟店手数料相当分と、決済代行会社の利用手数料を支払っています。
クレジットカード会社と直接契約する手段もありますが、多種多様なクレジットカードでの支払いに対応するためには、複数のカード会社1社ずつと契約手続きをする必要があるため、膨大な手間と時間がかかってしまいます。
このような負担をカットしてくれるのが、「決済代行会社」です。
決済代行会社は、複数あるクレジットカード会社と通販ショップの間に入り、契約をひとまとめにし、消費者が商品を購入した代金を一括で通販サイト運営者に入金します。
「決済代行会社」を利用することで、手数料はかかりますが、複数のクレジットカード会社と個別にやりとりすることなく契約を結ぶことができるのです。

手数料分のメリットはある?加盟店がカードを導入する理由

手数料分のメリットはある?加盟店がカードを導入する理由

クレジットカード決済を導入することにより、加盟店や通販サイトは現金払いではかからなかった手数料がかかります。
加盟店にはデメリットしかないように見えるクレジットカード決済ですが、それでもクレジットカード決済を導入するお店が増えているのには、理由があります。
ここからは、クレジットカード決済を導入するお店が増えている理由となる4つのメリットを紹介していきます。

利用者が増える

キャッシュレス決済が推進され、クレジットカードはライフスタイルのなかでは欠かせないものになりつつあります。クレジットカードの発行数も年々伸びており、現金を持ち歩かない人も増えてきました。
そのため、消費者がお店を選ぶ基準として「クレジットカード決済が導入されているか」が重視されるようになってきているのです。
また、日本には多くの外国人観光客が訪れています。
外国人観光客は、クレジットカードで支払いできるお店のなかから行先を選ぶ傾向があるため、クレジットカード決済ができることは来客を増やすチャンスにつながります。

このように、今までは現金払いにしか対応していなかった店舗がクレジットカード加盟店になると、来客数の増加が見込めるというメリットがあるのです。

利用単価が上がる

クレジットカードは手元にお金がなくても商品を購入できるため、予算よりも高価なものを購入しやすくなる傾向があります。
そのため、クレジットカード決済による購入単価は、現金での購入単価よりも高くなる傾向があります。
支払いのタイミングは消費者の希望に合わせて1回払い、分割払い、リボ払いなどを自由に選ぶことができるので、「今月はお金に余裕がないので我慢しよう」といったことがなくなるため、販売機会を逃しづらくなります。
消費者にとっては、クレジットカードは使いやすく、限度額さえ把握していれば高価な商品も購入できるので、自然と高額商品が売れやすくなります。

現金管理の手間がかからない

クレジットカード決済を導入すると、現金のやり取りが減るので、現金の数え間違いや偽造紙幣を預かってしまうリスクを減らすことができます。

レジ集計などのレジ管理の手間も減るので、人件費削減にもなり、ほかの業務に時間を使えます。
店舗が忙しいときも、クレジットカード決済なら、会計時のお客さまの待ち時間を大幅に減らすことができ、レジの負担も軽減されます。
また、現金の着服や、店舗が強盗などに襲われても現金が少ないので、大損失にはなりません。

団体客が増える

飲食店の場合、クレジット決済の導入は団体客の増加につながります。
会社などの送別会など、団体での支払いにはクレジットカード決済がとても多いのです。
団体客は高額な支払いになることが多い傾向にあるため、幹事がひとまとめにクレジットカード決済をするケースが多いのです。
また、クレジットカードのポイントを目当てとする幹事も多く、クレジットカード決済が可能な飲食店から会場を選ぶということは少なくありません。

クレジットカード利用の手数料とは

ここでは、「消費者がクレジットカード会社に支払う手数料」と「加盟店が支払う手数料」と「通販サイトが支払う手数料」3つの手数料を説明していきます。

消費者がクレジットカード会社に支払う手数料

クレジットカードの利用者が支払う手数料は、分割払いにした場合とリボ払いにした場合の大きく分けて2つありますが、リボ払い・分割払いともカード会社や同じカード会社でもカードの種類によって、手数料の計算方法や手数料率は異なります。
消費者が支払う手数料は、分割払い2回までなら手数料はかかりません。手数料をかけずに分割払いをしたい場合は、1回払いまたは、2回払いを選択しましょう。

加盟店がクレジットカード会社に支払う加盟店手数料

加盟店側は消費者の支払い回数に関わらずクレジットカード会社に手数料を支払う必要があります。
クレジットカード決済による手数料は店舗の業種や規模によって決まります。

加盟店の手数料の割合は、加盟店とクレジットカード会社とそれぞれの契約になるため、一律に手数料の割合が決まっているわけではありません。

通販サイトが決済代行会社に支払う手数料

通販サイトが決済代行会社に支払う手数料は、それぞれの決済代行会社により決済金額に対するパーセンテージが変わります。
クレジットカード決済の場合は、加盟店手数料(3%台が中心)と決済代行手数料が必要となり、ネットショップ側の業種や規模によって異なります。

クレジットカードの「手数料上乗せ」とは?

クレジットカードの「手数料上乗せ」とは?

クレジットカードの加盟店手数料は、加盟店がクレジットカード会社に支払うものです。
そのため、加盟店が消費者に決済手数料を負担させることは契約違反となります。
この消費者に手数料を負担させる行為は「手数料上乗せ」と呼ばれており、発覚した場合は加盟店から除外されてしまいます。
ただし、これはクレジットカード会社の規約違反であり、法律上で規制されていることはないため、法律違反ではありません。

手数料について知って安全なキャッシュレスライフを!

クレジットカード決済には、1.消費者がクレジットカード会社に支払う手数料2.加盟店がクレジットカード会社に支払う加盟店手数料3.通販サイトが決済代行会社に対して支払う手数料の3種類があります。
クレジットカード決済を導入することで、どうしても手数料はかかってしまいますが、来客数の増加が見込めることや、高額商品が売れやすくなったりするメリットもあるため、ぜひ導入をご検討ください。

  • ※クレジットカードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。
     また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2020年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードの手数料は以下の3種類

  • 消費者がクレジットカード会社に支払う手数料
  • 加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料(加盟店手数料)
  • 通販サイトが決済代行会社に支払う手数料

お店が加盟店手数料を支払う理由

  • 利用者が増える
  • 利用単価が上がる
  • 現金管理の手間がかからない
  • 団体客が増える

クレジットカードの「手数料上乗せ」はクレジットカード会社の規約違反

  • 法律上で規制されていることはないため、法律違反ではない

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!