ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
節約に役立つクレジットカードの使い方。カードと現金どっちがお得?

クレジットカードの裏話

節約に役立つクレジットカードの使い方。カードと現金どっちがお得?

節約に役立つクレジットカードの使い方。カードと現金どっちがお得?

最近では世界的にキャッシュレス化が進んでおり、クレジットカード利用者は年々増えています。
クレジットカードは、お会計のとき現金よりも楽に支払うことができ、さまざまな特典がつくという大きなメリットがあります。

ポイントやマイルなど、クレジットカードをうまく活用することで、日々の生活費の節約につなげようとする方も少なくありません。

実際に、現金とクレジットカードではどちらがお得になるのでしょうか?
今回は、クレジットカードで節約できない人の特徴から、現金と比較したクレジットカード利用のメリットデメリットまで解説します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードで節約できない人の特徴

「節約しようにもなかなかできない」や「節約しているつもりでも、目に見えた結果が出ない」など、思うように節約できない方は少なくないでしょう。
クレジットカード払いをしていると、ついつい使いすぎてしまう傾向がありますが、実はそれだけが節約できない原因ではなく、節約できない人にはいくつか特徴があります。
その特徴を下記にまとめました。

ポイントの活用ができていない

マイルを貯めて旅行したり、貯まったポイントで欲しいものを購入したり、クレジットカードのポイントはきちんと使えばとてもお得なものです。
しかし、ポイントをしっかり活用できていない方は意外に多く、期限切れで失効してしまうことも少なくありません。
特に、複数枚のカードを使用している場合は、ポイントの有効期限がばらばらなために、「たくさんポイントが貯まっていたのに、ポイントの交換を忘れてしまう」というケースも多くなります。

また、頻繁に使用するカードとサブカードの使い分けがうまくできないと、貯まったポイントが分散することになるのでポイントが効率的に貯まりづらくなります。

できるだけ使用するカードをひとつに集約し、集中的にポイントを貯めていくことで、効率よくポイントを貯めることができ、節約にもつながりやすくなります。

ポイントは、商品券やマイルと交換したり、お店で現金の代わりとして使用したり、カード会社によって利用できるシーンが異なります。メインのカードを決める際は、「貯めたポイントをどんなシーンで利用したいか」も考慮しておくと良いでしょう。

年会費がかかるカードを使っている

クレジットカードの種類によっては年会費がかかるものもあります。
金額はクレジットカードの種類によっても異なり、数千円~数万円まで、ある程度の幅があります。もちろん年会費が高いことによるメリットもありますが、節約を第一に考えるのであれば、年会費が無料、または低額のカードを選ぶのもひとつの方法です。

「年会費が比較的高いカードを使用していて、付帯サービスを活用できていない」という方は、年会費無料のものに切替えることをおすすめします。

浪費癖がある

クレジットカードを利用すれば、現金を持ち合わせていなくても、手軽に決済をすることができます。基本的には利用額があとから引き落とされるため、計画的な利用ができていないと、想定以上に使いすぎてしまうこともあるでしょう。

もとから浪費癖がある、という方については、とくに注意が必要です。
節約のためには「必要なものを必要なときに購入する」という意識を持つことや、「カードを利用するシーンをある程度決めておく」などの方法が有効です。

また、計画的な利用をするためには、家計簿アプリなどを活用して、収支の流れを把握しておくこともおすすめです。

クレジットカードと現金、どっちが節約できる?

クレジットカードと現金、どっちが節約できる?

クレジットカード払いは、ポイントが貯まることや、計画的な支払いができる点で、現金払いにはないうれしいメリットがあります。
もしクレジットカードを使いすぎてしまうという方は、固定費だけでもクレジットカード払いにするとポイントが毎月貯まって節約につながりやすくなります。

また、家計簿をつけるのが続かない、という方も、クレジットカード払いならWeb上で利用明細が確認できるため、収支の流れを把握しやすくなります。こまめにWeb明細を見ることで節約意識が高まり、不要な出費を抑えることにもつながるでしょう。

クレジットカード払いのメリット

クレジットカード払いには、節約に役立つさまざまなメリットがあります。
なかでも大きなメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  • 使う度にポイントが貯まる
  • 計画的な支払いができる
  • お得な特典がある
  • ネットでの買物がスムーズになる
  • 海外旅行でも節約できる

ここからは、それぞれどのように節約につながるのかを具体的に見ていきましょう。

使う度にポイントが貯まる

多くのクレジットカードには、利用額に応じてポイントが貯まる「ポイントサービス」があります。
貯まったポイントは、支払いに充てる、商品券やマイル交換、他社ポイントへの変換などさまざまなシーンで利用することができます。

ポイント付与率はカードの種類によっても異なりますが、一般的には0.5~1%程度が平均的です。
貯まったポイントを活用することで結果的に節約につながることは、現金払いにはない大きなメリットといえます。

計画的な支払いができる

クレジットカードで支払った場合、自分が使ったカードの利用明細を確認することができ、毎月の支出を把握することができます。
普段現金を使っていて収支の管理をしっかりとしていない場合、その月にいくら使ったのかが把握できず、支出が増えてしまうことも多いでしょう。特に自分で記録しなくても明細で手軽に支出が見られることは大きなメリットです。

また、クレジットカードの場合、毎月の引き落とし日が決められているため、複数の支払いを一度のタイミングにまとめることができ、キャッシュフローの明確化にもつながります。

以上の理由から、クレジットカードの活用は計画的な支出管理がしやすく、節約にもつながりやすくなります。

お得な特典がある

前述したポイントサービス以外にも、クレジットカードにはお得な特典がつく場合があります。
例えば、有名レストランやホテルの割引特典、手厚い旅行保険やショッピング保険の付帯、さらには空港ラウンジの無料利用や、海外での会員専用ラウンジの利用など、お得な特典は数多くあります。

カードのランクや種類によって特典は異なりますが、割引特典などは特に節約につながりやすいため、カードを活用した節約を目指すのであれば特典のチェックも欠かさずしておきましょう。

ネットでの買物がスムーズになる

最近では、大手ショッピングモールやECサイトなど、インターネット上で買物をすることが当たり前になっています。
そんなとき、オンラインショッピングにクレジットカードを登録しておくと、買物が簡単かつスムーズにできるようになります。
また、銀行振り込みや後払いのように手数料がかかることがありませんので、クレジットカード払いにした方がお得に買物ができるケースもあります。

海外旅行でも節約できる

海外旅行に行く際、日本円を外貨に両替してから海外へ出かける方がほとんどですが、日本円から外貨に両替するときに手数料がかかります。
この手数料は現金で両替するよりも、クレジットカードの為替換算手数料のほうが安くなる場合がほとんどのため、無駄な出費を抑えることができます。
また、海外で買物した場合でも支払いが日本とそう変わらず簡単であるため、海外旅行に行くときは、クレジットカードの利用が非常におすすめです。

節約したい人におすすめのクレジットカード

節約したい人におすすめのクレジットカード

節約のためにクレジットカードを作ろうと思っている方に向けて、ポイントが貯まりやすく、節約の助けになる三井住友カードを3つピックアップしました。
使う方のライフスタイルに合わせたカードを取り揃えており、旅行などの非日常な場面から、普段のお買物などの日常的な場面まで、さまざまなシーンでご活用いただけます。

コンビニをよく使うなら「三井住友カード(NL)」

コンビニエンスストアでのお買物が多い方は、三井住友カード(NL)がおすすめです。
三井住友カード(NL)はポイント還元率は最大5.0%と大変お得なカードです。
通常のポイント還元率0.5%に加えて、三井住友カード(NL)なら、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用で、今後いつでも通常ポイントに加えて、ご利用金額200円につき2%(※1)ポイントが還元されます。
更に三井住友カード(NL)の特典として、ポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※2)を利用することで、+2.5%(※1)のポイントが還元されますので、合計で5%(※1)のポイント還元となります。
電子マネーも利用可能ですので、サインレスでスマートにお買物をすることができます。

  • ※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。
    ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
  • ※2 一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。
  • ※1・2ともに、詳細はホームページをご確認ください。

18歳~25歳の初めてのカードなら「三井住友カード デビュープラス」

初めてクレジットカードを作るなら、三井住友カード デビュープラスがおすすめです。
三井住友カード デビュープラスは、ポイントがいつでも2倍で、年に1度でも利用があれば年会費が無料になります。
また、入会後3ヵ月はポイントが5倍になりますので、卒業旅行や海外留学の多い学生時代に1枚持っておくと効率よくポイントを貯めることができます。

クレジットカードで節約生活を送るコツ!

節約のためにカードを利用したいけど、なかなかうまくいかない…、そんな方も多いでしょう。
実は、クレジットカードを利用して上手に節約をするためには、5つのちょっとした「コツ」があります。
ここからは、それぞれのコツを具体的に紹介します。

固定費はクレジットカードが断然お得!

電気代や新聞代、電話代といった固定費をクレジットカード払いに変えるだけで、効率的にカードのポイントを貯めることができます。
例えば毎月3万円の固定費があり、それをクレジットカードで支払った場合、支払額の0.5%のポイントが付与されるクレジットカードであれば、毎月150円分のポイントが貯まります。
それを1年間に換算すると年間1,800円分のポイントが付与されることになり、そのポイントを活用すれば、ちょっとした節約につなげることもできるでしょう。
ただし、電気代やガス代、水道代に関しては、口座振替で割引される会社もあるので、クレジットカード払いと口座振替、どちらがお得か比較してから支払い方法を決めるのがおすすめです。

よく使うお店でクレジットカードを決める

「ネットショッピングをよく利用する」や「コンビニやスーパーをよく利用する」など、頻繁に利用するシーンに合わせて、クレジットカードを選ぶのもおすすめです。

特定のネットショップの利用頻度が多い場合は、そのショップを最もお得に利用できるポイント還元や割引特典などを提供しているカードを選ぶと良いでしょう。
また、ネットショップなどでの利用頻度が少なく、コンビニやスーパーなどで利用したい場合は、ポイント還元率の高いカードを選ぶのがおすすめです。
また、貯まったポイントがどのお店で利用できるのかというのもチェックしておく必要があります。

年会費がかからないクレジットカードを選ぶ

前述したとおり、クレジットカードの種類やランクによって年会費がかかるカードとかからないカードがあります。
節約を目的としているのであれば、年会費がかからないクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
年会費が高いクレジットカードはポイント還元率が高かったり、充実した特典が付いていたりすることが多いですが、年会費無料のクレジットカードの中にもお得なカードは多くあります。
目的や利用シーンに合わせてクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

ポイントは忘れず活用する!

クレジットカードを使用したときに付与されるポイントは忘れず活用すると節約になります。せっかくポイントが貯まっていても、使わないと意味がありません。
ポイントには、有効期限があるので、しっかり管理していないと、たくさん貯まっているポイントを失効してしまったり、商品券や金券などと交換できずに損をしたりしてしまいます。どのカードに、どれだけポイントがあるのか、有効期限も一緒に把握しておくと良いでしょう。

クレジットカードを還元率で選ぶ!

クレジットカードの種類やランクによって、ポイント還元率が異なります。
一般的なポイント還元率は0.5%ほどですが、1.0%以上の還元率となっているものもあり、そういったクレジットカードを選ぶことで、お得感が増し、節約にもつながるでしょう。
また、通常のショッピングでは0.5%ですが、特定の利用方法で通常の2倍や3倍、さらには5倍になるというカードもあります。

クレジットカードを活用して節約しよう!

ポイントや付帯サービス、キャッシュフローの明確化など、節約につながるメリットが多くあるクレジットカード。
しかし、お得なサービスも活用しなければ無駄になってしまいますし、節約にもつながりづらくなってしまいます。
上手に節約できないという方は、ポイント、付帯サービス、年会費などを改めて確認し、徹底的に活用してみてはいかがでしょうか?

  • ※2020年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

計画的な支出管理には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードで節約できない人の特徴

  • ポイントの活用ができていない
  • 年会費がかかるカードを使っている
  • 浪費癖がある

クレジットカード払いのメリット

  • 使う度にポイントが貯まる
  • 計画的な支払いができる
  • お得な特典がある
  • ネットでの買物がスムーズになる
  • 海外旅行でも節約できる

節約したい人におすすめのクレジットカード

  • 三井住友カード(NL):日常使いにおすすめのスタンダードなカード
  • 三井住友カード デビュープラス:初めてのクレジットカードにおすすめのカード

クレジットカードで節約生活を送るコツ!

  • 固定費はクレジットカードが断然お得!
  • よく使うお店でクレジットカードを決める
  • 年会費がかからないクレジットカードを選ぶ
  • ポイントは忘れず活用する!
  • クレジットカードを還元率で選ぶ!

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!