Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

マネー&ライフ

実家暮らしなのに貯金ができないのはなぜ?無理なくお金を貯めるコツ

実家暮らしなのに貯金ができないのはなぜ?無理なくお金を貯めるコツ

1人暮らしの人と比べて、家賃や生活費の負担が少ない実家暮らしの人は、貯金をしやすいといわれています。しかし、実家暮らしでも貯める意識を持って計画的にお金を使わなければ、貯金をすることはできません。
実家を出るとなったときや、将来大きなお金が必要になったときのためにも、貯金の癖をつけておくことが大切です。そこで今回は、実家暮らしの人が貯金をすることができない原因を解説したうえで、貯金を成功させるコツをご紹介します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

    実家暮らしで貯金ができない理由とは?

    2015年に発表された国立社会保障・人口問題研究所の資料「第15回出生動向基本調査」によると、18~34歳のうち、未婚で親と同居している人は男性で72.2%、女性で78.2%(学生含む)です。2000年代以降、親と同居している人は男性で約70%、女性で約75%前後と高い割合で推移しています。実家暮らしは家賃がかからず、生活費も家族と折半できるというメリットもあるため、働き始めてからも実家暮らしを続ける人は多いようです。

    社会人の貯金の目安は、毎月の収入の1~2割程度といわれています。しかし、1人暮らしよりも生活費を抑えられる実家暮らしなら、貯金に回せるお金をもっと増やせるはず。それにもかかわらず、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)」では、20代の45.2%が、一切貯蓄がないという結果が出ています。実家暮らしでも貯金ができていない人は意外と多いようです。
    実家暮らしで家族と生活費を折半しているにもかかわらず貯金ができていないことには、いったいどのような理由があるのでしょうか。

    無計画にお金を使っている

    生活費にあまり困らない実家暮らしの人は、自由に使えるお金が多いゆえに、無計画に出費をしてしまう人が少なくありません。1人暮らしであれば家賃や食費などを考慮しなければならないため、衝動買いもある程度抑えられますが、家計を把握しきれていない実家暮らしの場合、衝動買いしやすくなります。
    ただし、自由にお金を使えるのは、同居している家族に収入があったり、親の蓄えがあったりするからこそ。ゆくゆくは、自分の収入で生活を支えられるようになる必要があります。

    貯金の目標を立てていない、貯金の習慣がない

    貯金の習慣がなければ、お金は貯まりません。「もしお金が余ったら貯金しよう」などと考えていると、毎回お金を使いきってしまい、いつまで経っても貯金が増えない可能性があります
    また、目標額と達成するための期間を設定しておかないと、度々足りないお金を貯金から補填して、貯金額を減らしてしまうこともあるでしょう。

    収支を把握していない

    毎月の給料は明細や通帳で確認できますが、収支を把握できていないとお金の流れが分かりません。「貯金しようにも余剰のお金なんてない」という人もいるでしょう。毎月計画的に貯金をするためには、自分の収支を知ることが大切です。
    毎月何に対していくら使っていて、どれくらいのお金が手元に残るのかを把握してください。節約すべきところを洗い出して、貯金ができる生活設計をしましょう。

    実家暮らしの人が貯金をするには、浪費を見直して節約を

    実家暮らしの人が貯金をすることができない、おもな原因を見てきました。貯金ができない大きな原因は、浪費といえるでしょう
    貯金ができるようにするには、浪費をやめて節約しなくてはなりません。続いては、実家暮らしの人が貯金に成功するためのポイントを見ていきましょう。

    貯金の目標額と期間を考える

    まずは、貯金の具体的な目標額と、達成するまでの期間を決めましょう。「◯年でいくら貯金をする」という目標を決めたら、毎月いくら貯金に回し、ボーナス月はいくら足せるかといったことを検討します。
    例えば、「5年間で500万円貯金をする」場合、1年にどの程度貯めるかシミュレーションをすると、以下のようになります。

    <5年間で500万円貯金をする場合>

    • 毎月の貯金額7万円:7万円×12ヵ月=84万円
    • 年2回のボーナス月は+8万円:8万円×2回=16万円
    1年間の貯金額


    この貯金を5年間続けると、500万円の貯金を達成できます。

    これはあくまで目安のシミュレーションでシンプルな例ですが、毎月いくら貯金に回すべきか、分かりやすい目標を立てることが貯金の第一歩です。
    貯金のサイクルに慣れてきたら、貯金期間に昇給などで収入がアップする可能性や、大きな買物をする予定などの要素もシミュレーションに加えると、より具体的な目標額を決めやすくなります。

    定期預金や財形貯蓄を利用して強制的に貯金をする

    自分の意思だけで貯金が難しい場合は、強制的に貯金ができる環境を利用する方法があります。勤務先の会社で財形貯蓄制度や企業型確定拠出年金などの制度を利用できれば、毎月の給与から貯蓄分が天引きされて支給され、自動的に貯金をすることができます。
    また、給与振込用の口座に自動積立口座を用意しておくことでも、強制的に積み立てることができます。引き出しの際には、通常と違った手続きが必要となるため簡単に引き出せず、貯金が継続しやすいといえるでしょう。

    自分の収支を把握する

    貯金をするためには、自分の収支を把握することも欠かせません。家計簿をつけるなどして収支を把握し、目標貯金額を決めましょう。何に使いすぎているか確認して節約するためにも、家計簿は役立ちます。

    また、家計管理にもおすすめの支払い方法がクレジットカードです。現金払いの場合、レシートを保存しておいたり、ATMから現金を引き出したりする手間がかかって、家計管理が面倒になってしまいがちです。クレジットカード払いをメインの支払い方法にすれば、手持ちの現金を気にせず手軽にキャッシュレス決済ができますし、支払い履歴も明細にまとめられます。家計管理もぐっと楽になるでしょう。

    まだクレジットカードを持っていない新社会人におすすめなのが、18~25歳限定でお申し込みができる「三井住友カード デビュープラス」です。通常200円(税込)で1ポイントのところ、デビュープラスならいつでも2ポイント獲得でき、入会後3ヵ月間はポイントが5倍になります。さらに、指定店舗での利用の場合はポイントが5倍(※)となり、効率的にポイントが貯められます。

    • 一部、ポイント付与対象とならない店舗、およびポイント5倍にならない場合があります。
      詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。

    家計管理に役立つ三井住友カードのVpassアプリ

    三井住友カードの「Vpassアプリ」は、クレジットカードの利用金額やポイント残高だけでなく、銀行口座残高やプリペイドカード残高もまとめて確認することができます。
    家計管理機能も備えており、自身の金融機関と連携すれば毎月の収支を簡単にチェックできます。キャッシュレス関連の収支を、このアプリ1つで管理できるようになるため、貯金に向けて毎月の収支を把握できるようになりたい人にもおすすめです。

    • 家計管理機能は、Moneytreeのアカウントをお持ちいただくことでご利用いただけます。

    毎月の収支を見直して計画的な貯金を始めよう

    今は実家暮らしでお金に困っていなくても、将来に備えて貯金をしておくことは大切です。まずは、自分のお金の使い方を見直して毎月の収支を把握し、貯金の計画を立てましょう。
    収支を見直すためには、支払い履歴をまとめられるクレジットカードの活用がおすすめです。現在はクレジットカードを所持していない人も、家計管理や本格的な貯金を始めることを機に、クレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

    • 2020年7月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

    この記事を見た人におすすめの記事

    人気ランキング

    人気ランキング

    キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

    詳細を見る

    • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
    • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
    • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

    新社会人・20代の社員におすすめ!

    新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。