Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

1人暮らしに必要な物とは?新生活を始める前に知りたい必需品リスト

1人暮らしに必要な物とは?新生活を始める前に知りたい必需品リスト

社会人になるのをきっかけに、初めての1人暮らしを始める人は少なくありません。1人暮らしを始める際には、どこに住むか、どんな部屋に住みたいかなど物件に目が行きがちですが、日々の生活に必要な物をそろえることも重要です。特に、初めての1人暮らしであれば、必要な物の数は膨大でしょう。これからの生活のために初期費用は抑えたいものですが、事前にしっかり準備しておかないと、必要ない物を用意したり、買い忘れたりしてしまうかもしれません。
今回は、1人暮らしに必要な物をそろえる前に考えておくべきことと、必要な物のリストをご紹介します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

    1人暮らしを始める前に考えるべきこと

    実際、1人暮らしに必要な物を買いそろえる前に、自分にとって必要な物が何か考えなければいけません。とはいえ、初めての1人暮らしで何が必要なのか、分かる人は多くないでしょう。
    まずは、必要な物を見極めるために重要なことをご紹介します。

    生活スタイルを想像する

    1人暮らしで必要な物をそろえるには、まず、どのような生活を送りたいのか想像してみましょう。
    1人ひとりの生活スタイルによって、必要な物は異なります。例えば、自炊をしないなら大きな冷蔵庫や調理器具は必要ありませんし、コインランドリーを利用するなら洗濯機は必要ないでしょう。どうしても椅子に座って食事したい人と、気軽に床に座りたい人の購入する家具も違います。

    サイズをきちんと測る

    初めての1人暮らしで重要なことは、部屋の各所のサイズを測ることです。お気に入りの家具や家電が見つかっても、そのサイズが合っていなければ、部屋に置くことすらできないかもしれません。
    置く場所と家具・家電の採寸だけでなく、コンセントの位置や入口のサイズなども、購入する前に調べておきましょう。

    最初からすべてそろえない

    最初から必要な物を、すべてそろえようとしないことも大切です。1人暮らしをスタートしてみなければ、必要かどうか分からない物も少なくありません。自炊しない想定でも料理に興味が出たり、節約のために自炊を考えたりした場合、そのときに必要な物を考えても遅くはないでしょう。先にそろえると引越しの荷造りが大変だったり、使わない物で部屋が圧迫されたりすることになりかねません。

    スケジュール別・1人暮らしで必要となる物

    1人暮らしに必要な物は暮らしてみないと分からないこともあり、一気にそろえようとするとお金もかかってしまいます。では、何がすぐ必要で、何なら後で用意してもいいのか分からない人もいるかと思います。そこで、1人暮らしで必要な物を、スケジュール別にまとめました。

    これだけはそろえたい!引越し当日に必要な物リスト

    まずは、引越し当日から使う物をそろえましょう。生活を始めてからのことは考えられても、意外と引越し当日のことは忘れがち。慌てて余計な物を買ったり、手当たり次第にダンボール箱を開けたりしないため、引越しまでに用意しておきましょう。
    すぐに使う物として当日の手荷物にまとめるか、すぐ使うと目印をつけたダンボール箱などに入れておくと便利です。

    ■引越し当日に必要なもの

    照明器具 照明器具がないと夜間は何もできませんから、必ず用意しましょう。物件によって備わっているかどうかが違いますので、物件の内覧や契約の際に、照明器具の有無は必ず確認しておいてください。ない場合は、日中に取り付けましょう。
    カーテン 夜間に明かりをつけると、外から室内が丸見えになってしまいます。引越しまでに窓のサイズを測り、カーテンを用意しておきましょう。少なくとも、リビングと寝室のカーテンは引越し当日から必要です。防犯のためにも、照明器具同様に明るいうちに取り付けてください。
    布団一式 最低限、寝る場所は確保しなくてはなりません。ベッドは引越し当日になくても生活できますが、布団一式は必ず準備しておくべきものです。
    タオル 入浴や洗面以外でも何かとタオルは使うものですから、複数枚用意しておくといいでしょう。
    スマートフォン・充電器 今や生活必需品といって過言ではないスマートフォン。充電器も忘れずに用意しておきましょう。
    翌日着る服 意外と忘れがちなのが、翌日着る服です。服がなければ買物に行くこともできなくなってしまうので、下着も含めて数着はストックを用意しておきます。
    洗面・入浴用具 入浴用のシャンプーや石鹸、歯磨きセットなども、引越し当日から必要な物。ドライヤーもひとまとめにしておくといいでしょう。銭湯を利用する場合でも歯磨きセットは必要ですから、忘れずに準備してください。
    トイレットペーパー トイレットペーパーは引越し当日から必ず使いますから、1ロールだけでも必ず用意しておきます。引越し当日は何かとホコリが出るものなので、ちょっとした掃除にも使えるトイレットペーパーが便利です。

    このほか、人によっては荷ほどきのためのハサミや軍手、家具を組み立てる工具、スリッパなども、引越し当日に必要でしょう。引越しではゴミがたくさん出るので、掃除用具やゴミ袋も当日までに準備してもいいかもしれません。

    少しずつ集めたい生活に必要な物リスト

    引越し当日には必要なくても、生活を始めると必要になる物はたくさんあります。家具や家電は、購入してから配送までに時間がかかる場合があるため、余裕を持って準備しておきましょう。
    中には、設置場所を考えて選ばなければならない家具や家電もありますから、自分の生活に必要な物をリストにまとめ、焦らずよく検討してからそろえることをおすすめします。

    ■少しずつ集めたい生活に必要な物

    冷蔵庫 自炊しないにしても、冷蔵庫は何かと必要な家電です。1人暮らしの冷蔵庫は100L以上あれば良いとされますが、あまり買い置きしない人や自炊しない人なら、それ以下でもいいでしょう。
    冷蔵庫は、放熱のために壁から少し離して設置するため、設置スペースは冷蔵庫本体の幅や高さの+10cmとして考えてください。また、冷蔵庫は右開き、左開きなど商品によって扉の開き方が異なります。置く場所と扉の開き方を考慮して選びましょう。
    洗濯機 洗濯機は、1人暮らしの場合5.0~6.0kg程度の容量があると良いとされています。容量や機能によって値段に大きく差が出ますから、自分にどのような容量・機能が必要かよく考えて選んでください。また、ドラム式洗濯機や乾燥機などは、スペースや入口のサイズの関係で、予算が許しても置けない可能性があります。入口や置くスペース、搬入経路の寸法は要チェックです。
    コインランドリーを利用するなら洗濯機は必要ありませんが、ハンガーは何かと利用するので用意しておきましょう。
    電子レンジ 電子レンジは横開きタイプと縦開きタイプがあるため、設置場所に合わせて選びましょう。電子レンジで調理もする予定ならオーブンレンジがおすすめですし、温める以外に使わないのであれば、単機能レンジで十分です。なお、庫内フラット式は過熱のむらが少なくスペースを有効活用できますが、ターンテーブル式のほうが価格は安い傾向があります。
    炊飯器 炊飯器を選ぶとき、まめに炊飯する場合は3合炊き、まとめ炊きしたりお弁当を作ったりする場合は5合炊きがおすすめです。最近は電子レンジでご飯が炊ける炊飯器や、ご飯が炊けるお弁当箱なども販売されていますし、鍋でもご飯は炊けますから、必要に応じて自分に合ったタイプを選んでください。
    掃除機 掃除機は従来のキャニスター型のほか、スティック型、ハンディ型、自動で掃除するロボット型があります。収納スペースが限られる場合は、スティック型やハンディ型だと場所を取りません。カーペットやラグを敷かず、フローリングの部屋であれば不要と考える人もいますが、掃除機でしか取れないホコリもあります。1人暮らしを始めてすぐに購入しなくても、いずれは用意することをおすすめします。
    テレビ 若年層を中心にテレビを持たない家庭も増えていますので、テレビは1人暮らしに必須ではないかもしれません。購入して視聴する場合には受信料を支払うことになりますから、サイズや置き場所だけでなく、今後の料金を考えて必要かどうか判断してください。
    テーブル テーブルは、床に座って生活するのか、ソファなどを購入するか、椅子に座って生活するかを考えて高さを選ぶ必要があります。1人暮らしでも、ある程度広さのある部屋ならダイニングセットが置けますし、広さに余裕がない場合は、脚がたためるテーブルだとスペースを有効活用できるでしょう。
    ゴミ箱 ゴミ箱は部屋の数に合わせて複数用意しておくといいでしょう。どこに置くかによって蓋が閉まる物、分別できる物、中身が見えにくい物など、選ぶポイントが変わります。置く場所も考えてから購入するといいでしょう。
    調理器具 自炊をする際は、最低限、包丁、まな板、鍋、フライパン、菜箸はそろえておきましょう。ボウルやざる、おたま、フライ返しはなくても料理はできますが、いずれはそろえたいもの。料理初心者であれば、ピーラーや計量カップも用意したほうが良いでしょう。
    食器 食器はまずは茶碗、皿、どんぶりを用意すれば生活できます。始めは紙皿や紙コップ、割り箸などでも生活できますが、グラスやマグカップ、箸、スプーン、フォークなども追々そろえましょう。

    意外と必要な物が多い1人暮らしは、しっかり準備しておこう

    1人暮らしに必要な物をご紹介しましたが、毎日ワイシャツを着るならアイロン、パンが好きならトースターと、人によってはさらに必要な物が増えます。本当に必要な物をそろえるために、自分の生活スタイルを考えて計画的に買物してください。

    「必要な物があるのに手持ちがなくて買えない」「貯金が一気になくなるのが不安」という人もいるでしょう。そのようなときは、クレジットカードの分割払いを利用することで、1回の支払い負担を軽減でき、ポイントの還元が受けられます。
    新社会人におすすめのクレジットカードは、18~25歳までを対象とした「三井住友カード デビュープラス」です。通常の「三井住友カード」の2倍のポイントが貯まり、26歳以降は「三井住友カード プライムゴールド」にランクアップできる特典がついています。
    まだクレジットカードを持っていない人は、1人暮らしを始める機会に検討してみてはいかがでしょうか。

    • 2020年5月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

    この記事を見た人におすすめの記事

    人気ランキング

    人気ランキング

    キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

    詳細を見る

    • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
    • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
    • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

    新社会人・20代の社員におすすめ!

    新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。