ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

クレカの基礎知識

クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

VisaやMastercardなど、クレジットカードには「国際ブランド」と呼ばれるブランドがあります。国際ブランドといえば「世界5大ブランド」が代表的ですが、具体的にどのようなものをいうのでしょうか。
今回は、クレジットカードの国際ブランドの特徴や、ほかのブランドとの違いについてご紹介します。

クレジットカードの国際ブランドとは?

まずは、クレジットカードの国際ブランドとほかのブランドとの違いについて見ていきましょう。

国際ブランドは世界で使えるカードブランド

国際ブランドは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。
例えば、Visaブランドと提携している三井住友カードを保有している場合、さまざまな世界中の国や地域で支払いに使うことができます。また、決済だけでなく、クレジットカード優待の割引や特典、付帯保険による補償なども、日本国内と同様、海外でも受けられます。

ほかのブランドとの違い

国際ブランドとは別に、日本にはニコスカード(NICOS)などといったクレジットカードのブランドがあります。これらのブランドは国際ブランドとは異なり、海外では使用することができません。そこで、これらのクレジットカード会社は、国際ブランドと提携することで利用可能な場所を広げているのです。
つまり、VisaやMastercardなどの国際ブランドのマークが入っていれば、どこの会社のクレジットカードであるかに関係なく、海外のVisaやMastercardが使える店舗で利用することができるのです。

クレジットカードの国際ブランドのシェア率は?

クレジットカードの各国際ブランドのシェア率はどのようになっているのでしょうか?

Nilson Reportが2015年に実施した調査によると、利用されたクレジットカードの国際ブランド別シェア率は、Visaが56%と高い数値となっています。Visaに次いでMastercardが続く結果になっています。
なお、三井住友カードでは、Visa、Mastercard、どちらのブランドも取り扱っています。

■クレジットカードの国際ブランド別シェア率

クレジットカードの国際ブランド別シェア率

出典:『Purchase Transactions on Global Cards in 2015』The Nilson Report(2016)

代表的な国際ブランド(世界5大ブランド)の特徴

ここからは、世界5大ブランドそれぞれの特徴について見ていきましょう。

Visa

Visa

Visaは、知名度・シェアともに世界No.1の国際ブランドです。使用できる国や地域、店舗の数いずれも、世界トップを誇ります。特に海外では、Visaはアメリカ方面に強いといわれています。Visaはクレジットカードを発行しているわけではなく、ライセンスを提供しています。

Mastercard

Mastercard

Visaに次いで、世界的に有名な国際ブランドがMastercardです。Mastercardは、ヨーロッパ方面に強いといわれています。Mastercardも、Visaと同様にクレジットカードを発行しておらず、ライセンスを提供しています。

JCB

JCB

JCBは日本生まれの国際ブランドです。海外での日本人サポートが充実している点が魅力で、ハワイや韓国、台湾、グアムなど、日本人に人気の観光地へ訪れる際に持っていると重宝します。

American Express

American Express

ハイステータスな国際ブランドとして人気が高いAmerican Express。一流ホテルやレストランなどから日常で利用できる地域のお店まで、さまざまな優待サービスを受けられるほか、空港ラウンジを利用できるなど、質の高い特典やサービスに定評があります。

Diners Club

Diners Club

世界で初めて登場した多目的型クレジットカードがDiners Clubで、ステータスの高さに定評があります。グルメやトラベル&エンターテインメントなどにおける優待サービスが充実しています。

決済カードブランドとT&Eカードブランドの違いとは?

国際ブランドは、決済機能の利便性の高い「決済カードブランド」と、旅行やエンターテインメント分野におけるサポートが充実している「T&Eカードブランド」(トラベル&エンターテインメントカード)に大きく分けられます。
決済カードブランドは、VisaやMastercardにJCBが該当します。T&Eカードブランドは、American Express、Diners Clubです。利用目的を意識して国際ブランドを選んでもいいでしょう。

■ブランド種別 国際ブランドの特徴

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
ブランド種別 国際ブランド 特徴
決済カードブランド Visa ・シェア率世界No.1
・海外(特にアメリカ方面)に強い
Mastercard ・Visaに次ぐ世界のシェア率
・海外(特にヨーロッパ方面)に強い
JCB ・安心の日本人サポート
・付帯サービスが充実
T&Eカードブランド American Express ・ステータスが高い
・付帯サービスの質が高い
Diners Club


クレジットカードのデュアル発行について

原則、1枚のクレジットカードに対して国際ブランドは1つとなります。そのため、複数の国際ブランドを使い分けたい場合は、クレジットカードを複数枚所有しなくてはなりません。

しかし、クレジットカードを複数枚持つとなると、カードごとに発行のための審査を受けたり、年会費を負担したりする必要があります。そのうえ、クレジットカードのポイントも分散してしまうため、管理が面倒だという人もいるでしょう。
その手間や年会費を軽減できるサービスが、「デュアル発行」です。

デュアル発行のメリット

デュアル発行とは、同じクレジットカードで異なる国際ブランドのカードを2枚発行できるサービスのこと。
デュアル発行では、クレジットカードが個別に発行されるのではなく、片方がサブカードやセカンドカードとして発行されるため、個別に持つよりも年会費などが優遇されるというメリットがあります。
また、デュアル発行されたクレジットカードは、それぞれ獲得したポイントが合算されますから、ポイントの管理も楽になります。
デュアル発行は2枚同時に発行できたり、すでに同じカード会社のクレジットカードを所有している場合に追加でサブカードを発行できたりと、申し込み方法はカード会社によってさまざまです。

三井住友カードではVisaとMastercardのデュアル発行が可能

三井住友カードの場合、VisaとMastercardのデュアル発行が可能です。

デュアル発行をご希望の場合は、お申し込み時にカードブランドを選択する際、「VISAカードとマスターカード(2枚)」をお選びください。
なお、すでにVisaまたはMastercardのいずれかのクレジットカードをお持ちの場合は、お持ちのカードと同じ種類のカードで、異なるカードブランドをお申し込みいただくと、自動的にデュアル発行となります。
三井住友カードのデュアル発行では、2枚目のクレジットカードの年会費が割引となります。カードを複数枚所有し、メインカードとサブカードとで使い分けたいという場合は、ぜひご活用ください。

国際ブランドの特徴を把握しておこう

クレジットカードは国際ブランドごとに強みがありますが、利用できる店舗数で考えると、VisaかMastercardを持つことを検討してみましょう。特に、海外でクレジットカードを利用する場合は、VisaとMastercardしか対応していない店舗も多いため、強みを発揮します。
国際ブランドそれぞれの特徴を把握した上で、自分に合った国際ブランドをお選びください。

  • ※2020年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント 新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

三井住友カード プラチナプリファードは「キャッシュレスプラン」および「本キャンペーン」の対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

1 2020年5月1日(金)時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日(金)時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日(金)以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む

2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

今回の記事のまとめ

クレジットカードの国際ブランドとは?

  • 国際ブランドは世界で使えるカードブランドのこと

国際ブランドごとのシェア率は?

  • Visaが50%超と高いシェア率を誇る
  • Visaに次いでMastercardが続く

国際ブランドそれぞれの特徴

  • Visa:シェア率世界No.1、アメリカ方面に強い
  • Mastercard:ヨーロッパ方面に強い
  • JCB:日本生まれの国際ブランド
  • American Express:ハイステータスな国際ブランド
  • Diners Club:優待サービスが充実

決済カードブランド、T&Eカードブランドの違い

  • 決済カードブランド:決済機能の利便性が高い
  • T&Eカードブランド:旅行やエンターテインメント分野におけるサポートが充実

クレジットカードのデュアル発行

  • デュアル発行なら、同じカード会社から異なる国際ブランドのカードを2枚発行できる

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みや選び方などクレカの知識を徹底解説!

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!