ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

クレカの基礎知識

クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

VisaやMastercardなど、クレジットカードには「国際ブランド」と呼ばれるブランドがあります。国際ブランドといえば「世界5大ブランド」が代表的ですが、具体的にどのようなものをいうのでしょうか。
今回は、クレジットカードの国際ブランドの特徴や、ほかのブランドとの違いについてご紹介します。

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会&ご利用で
最大8,000円相当プレゼント!

  • ※特典のVポイントは、付与月+6ヵ月後末までとなります。
  • ※最大8,000円相当は、「最大5,000円相当のVポイント」と「Vポイントギフトコード3,000円分」の合算金額になります。

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末までにプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードの国際ブランドとは?

まずは、クレジットカードの国際ブランドとほかのブランドとの違いについて見ていきましょう。

国際ブランドは世界で使えるカードブランド

国際ブランドは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。国際ブランドごとに独自の決済システムネットワークを保有しており、ネットワークの使用ライセンスを各カード会社に発行しています。例えばVisaブランドと提携する三井住友カードを保有している場合、Visaのアクセプタンスマーク(ロゴマーク)がある加盟店の支払いで利用できます。

クレジットカード会社と国際ブランドの違い

国際ブランドとは別に、カード会社があります。三井住友カードも、日本のカード会社のひとつです。カード会社は国際ブランドではないので、このまま海外では使用することができません。そこで、カード会社は、国際ブランドと提携することで利用可能な場所を広げているのです。
つまり、VisaやMastercardなどの国際ブランドのマークが入っていれば、どこの会社のクレジットカードであるかに関係なく、海外のVisaやMastercardの加盟店での買物に利用することができます。

クレジットカードの国際ブランドのシェア率は?

日本におけるクレジットカードの国際ブランド別シェア率

出典:イプソス株式会社「2020年キャッシュレス大規模調査」

出典:イプソス株式会社「2020年キャッシュレス大規模調査」

クレジットカードの国際ブランドのシェア率は、どのようになっているのでしょうか?
市場調査コンサルティング会社イプソスが2020年に実施した調査によると、日本で利用されたクレジットカードの国際ブランド別シェア率は、Visaが50.8%と高い数値となっています。Visaに次いでJCBが28.0%、そしてMastercardが17.8%と続く結果になっています。
なお、三井住友カードでは、VisaおよびMastercardの取り扱いがあります。

世界5大ブランドのクレジットカードの特徴

ここからは、クレジットカードの世界5大ブランドについて、それぞれの特徴を見ていきましょう。

Visa

Visa

Visaは、知名度・シェア率が高い、国際ブランドです。使用できる国や地域、店舗の数のいずれも、世界トップを誇ります。特に海外では、Visaはアメリカ方面に強いといわれています。Visaはクレジットカードを発行しているわけではなく、ライセンスを提供しています。

Mastercard

Mastercard

Visaに次いで、世界的に有名な国際ブランドがMastercardです。Mastercardは、ヨーロッパ方面に強いといわれています。Mastercardも、Visaと同様にクレジットカードを発行しておらず、ライセンスを提供しています。

JCB

JCB

JCBは日本生まれの国際ブランドです。海外での日本人サポートが充実している点が魅力で、ハワイや韓国、台湾、グアムなど、日本人に人気の観光地へ訪れる際に持っていると特に重宝します。

American Express

American Express

ハイステータスな国際ブランドとして人気が高いAmerican Express。一流ホテルやレストランなどから日常で利用できる地域のお店やコンビニエンスストア、オンラインショッピングまで、さまざまな優待サービスを受けられるほか、空港ラウンジを利用できるなど、質の高い特典やサービスに定評があります。

Diners Club

Diners Club

世界で初めて登場した多目的型クレジットカードがDiners Clubで、ステータスの高さに定評があります。グルメやトラベル&エンターテインメントなどにおける優待サービスが充実しています。

決済カードブランドとT&Eカードブランドの違いとは?

国際ブランドは、決済機能の利便性の高い「決済カードブランド」と、旅行やエンターテインメント分野におけるサポートが充実している「T&Eカードブランド」(トラベル&エンターテインメントカード)に大きく分けられます。

決済カードブランドとT&Eカードブランドの違い

決済カードブランドは、VisaやMastercardが該当します。T&Eカードブランドは、American ExpressやDiners Clubです。JCBは、決済カードとT&Eカードの2つの特徴を押さえた事業展開をしています。国際ブランドは、クレジットカードの利用目的を吟味しながら選ぶといいでしょう。

決済カードブランドの特徴

決済カードブランドであるVisa、Mastercardは、世界中に広がる電子決済ネットワークで、世界各地の商取引を迅速に決済させています。世界のシェア率が高く、海外でも使い勝手の良い点が特徴です。なお、Visa、Mastercardの運営管理会社は、クレジットカード発行業務を行っていません。両ブランドのクレジットカードは、それぞれのブランド運営元から発行ライセンスを受けたクレジットカード発行会社から発行されています。
なお、JCBはクレジットカードの自社発行を行っている点が特徴です。

T&Eカードブランドの特徴

T&Eカードブランドと呼ばれるAmerican ExpressやDiners Club、そしてJCBは、旅行会社やホテル、レストラン、レジャー施設といった旅行やエンターテインメント関連での活用に重きを置いた加盟店ネットワークを構築しています。
T&Eカードブランドの自社発行カードは、他社と比較して年会費が高い傾向がありますが、海外旅行傷害保険などの各種付帯保険が充実しています。旅行やエンターテインメントを楽しみたい人にとって、T&Eカードブランドは持っておきたい1枚といえます。

■国際ブランドのブランド種別と特徴

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
ブランド種別 国際ブランド 特徴
決済カードブランド Visa ・世界で知名度・シェア率が高い
・海外(特にアメリカ方面)に強い
Mastercard ・Visaに次ぐ世界のシェア率
・海外(特にヨーロッパ方面)に強い
T&Eカードブランド American Express ・ステータスが高い
・付帯サービスの質が高い
Diners Club
決済カードブランド&
T&Eカードブランド
JCB ・安心の日本人サポート
・付帯サービスが充実

VisaとMastercardが選べる、三井住友カードのおすすめカード

決済カードブランドであるVisaとMastercardは、世界中に電子決済ネットワークを広げており、世界のシェア率が高いブランドです。三井住友カードであれば、海外でも使い勝手が良いVisaとMastercardから選ぶことができます。三井住友カードのなかでもおすすめのカードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスの「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。

クレジットカード情報はスマートフォンでVpassアプリをダウンロードすれば、簡単・安全に確認できますので、ネットショップでの買物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

三井住友カード(NL)

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用で最大6,500円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
年会費永年無料のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
永年無料 通常:0.5%
最大:5%
~100万円
カードの特徴
  • 即時発行可能!最短5分
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大5%還元
    さらに、家族ポイントに登録すれば、最大10%還元
    ※特典付与の条件は、必ず三井住友カードのHPをご確認ください。
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • Vpassアプリでカード情報を確認
詳細を見る

三井住友カード(NL)

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用で
最大6,500円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
年会費永年無料のナンバーレスカード!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
永年無料 通常:0.5%
最大:5%
~100万円
カードの特徴
  • 即時発行可能!最短5分
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大5%還元
    さらに、家族ポイントに登録すれば、最大10%還元
    ※特典付与の条件は、必ず三井住友カードのHPをご確認ください。
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • Vpassアプリでカード情報を確認
詳細を見る

三井住友カード ゴールド(NL)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレスのカードです。また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があります。

三井住友カード ゴールド(NL)

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用で最大8,000円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
年間100万円のご利用で翌年以降年会費が永年無料(※1)のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
5,500円
(年間100万円のご利用で翌年以降永年無料(※1))
家族カード:無料
通常:0.5%
最大:5%
~200万円
カードの特徴
  • 即時発行可能!最短5分
  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイント還元(※1)
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大5%還元
    さらに、家族ポイントに登録すれば、最大10%還元(※2)
  • 宿泊予約・空港ラウンジサービス
  • 最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険(※3)
  • ※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのHPをご確認ください。
  • ※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのHPをご確認ください。
  • ※3 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

三井住友カード ゴールド(NL)

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用で
最大8,000円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
年間100万円のご利用で翌年以降年会費が
永年無料(※1)のナンバーレスカード!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
5,500円
(年間100万円のご利用で翌年以降
永年無料(※1))
家族カード:
無料
通常:0.5%
最大:5%
~200万円
カードの特徴
  • 即時発行可能!最短5分
  • 年間100万円のご利用で毎年10,000ポイント還元(※1)
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大5%還元
    さらに、家族ポイントに登録すれば、最大10%還元(※2)
  • 宿泊予約・空港ラウンジサービス
  • 最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険(※3)
  • ※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのHPをご確認ください。
  • ※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのHPをご確認ください。
  • ※3 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する方におすすめです。

三井住友カード プラチナプリファード

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用※で最大50,000円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
ポイント還元率特化型のプラチナカード
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
33,000円
家族会員:無料
通常:1%
最大:10%
~500万円
カードの特徴
  • ご入会&利用特典で最大40,000ポイントプレゼント
  • 毎年、前年100万円のご利用ごとに
    10,000ポイントプレゼント(最大40,000ポイント)
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間500万円までのショッピング補償
  • 特約店の利用で獲得ポイントが+1~9%還元
詳細を見る

三井住友カード プラチナプリファード

キャンペーン情報
新規入会&タッチ決済ご利用※で
最大50,000円相当プレゼント
※詳細はHPにてご確認ください。
おすすめポイント
ポイント還元率特化型のプラチナカード
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
33,000円
家族会員:
無料
通常:1%
最大:10%
~500万円
カードの特徴
  • ご入会&利用特典で最大40,000ポイントプレゼント
  • 毎年、前年100万円のご利用ごとに
    10,000ポイントプレゼント(最大40,000ポイント)
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間500万円までのショッピング補償
  • 特約店の利用で獲得ポイントが+1~9%還元
詳細を見る

三井住友カード(NL)・三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大5%!

対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)を利用すると、ポイント還元率が最大5%になります。
例えば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、はま寿司、ドトールコーヒーショップなどで月5,300円分をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用した場合ご利用金額200円(税込)につきVポイントが1ポイント付与されるため、5,300円分の利用の場合、対象となる金額は実質5,200円。Vポイントは260ポイント貯まります!

ポイントエリア1

ポイントエリア2

※商業施設内にある店舗など、一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。
※ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。
※タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いいただく場合には、通常のポイント分を含んだ2.5%還元迄となりますのでご了承ください。
なお、「Apple Payで」「 Google Pay™ で」とご申告、または「Apple Pay」のボタンを選択されると、iDでのご利用となる場合があります。その場合のお支払い分は、通常のポイント分を含んだ2.5%還元迄となりますのでご了承ください。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

国際ブランドの特徴を把握しておこう

クレジットカードは国際ブランドごとに強みがありますが、利用できる店舗数で考えると、VisaかMastercardを持つことを検討してみましょう。特に、海外でクレジットカードを利用する場合は、VisaとMastercardしか対応していない店舗も多いため、強みを発揮します。
国際ブランドそれぞれの特徴を把握したうえで、ご自分に合った国際ブランドをお選びください。

よくある質問

Q1.クレジットカードの国際ブランドとは?

国際ブランドとは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。国際ブランドごとに独自の決済システムネットワークを保有しており、ネットワークの使用ライセンスを各カード会社に発行しています。
例えば、Visaと提携している三井住友カードを保有している場合、Visaのアクセプタンスマーク(ロゴマーク)がある加盟店の支払いで利用できますよ。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.クレジットカードの国際ブランドのシェア率は?

日本で利用されたクレジットカードの国際ブランド別シェア率は、イプソスが2020年に実施した調査によると、Visaが50.8%と高い数値となっています。Visaに次いでJCBが28.0%、Mastercardが17.8%という結果になっています。
なお、三井住友カードは、VisaおよびMastercardの取り扱いがあります。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.国際ブランドの世界5大ブランドとは?

国際ブランドの世界5大ブランドは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubになります。
Visaはアメリカ方面で、Mastercardはヨーロッパ方面で使える場所が多いといった点が特徴です。JCBは日本生まれで、カードの種類が豊富なため、ニーズに合った1枚を選ぶことができます。なお、American Expressはハイステータスなイメージがあり、Diners Clubは優待サービスが充実しているといった特徴があります。

詳しくは以下をご覧ください。

  • ※Apple、Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
  • ※ Google Pay は Google LLC の商標です。
  • ※「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※2022年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。
初心者マーク
スラッシュ スラッシュ

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

スラッシュ スラッシュ

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会&ご利用で
最大8,000円相当プレゼント!

  • ※特典のVポイントは、付与月+6ヵ月後末までとなります。
  • ※最大8,000円相当は、「最大5,000円相当のVポイント」と「Vポイントギフトコード3,000円分」の合算金額になります。

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末までにプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事

    • あなたのタビをサポートします。海外旅行準備・持ち物ガイド【タビサポ】

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • あなたのタビをサポートします。海外旅行準備・持ち物ガイド【タビサポ】

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。