電子マネーとクレジットカードの違いは?

クレカの基礎知識

電子マネーとクレジットカードの違いは?

電子マネーとクレジットカードの違いは?

近年はクレジットカードだけではなく、電子マネーによるキャッシュレス決済を利用される方も増えています。ここでは、電子マネー決済とクレジットカード決済の違いや、使い分けるポイント、相互利用するメリットについてご紹介します。

電子マネー決済の特徴

まずは、電子マネー決済の特徴や、代表的な電子マネーの種類をご紹介します。

大手流通会社やIT会社などが発行する電子マネー

電子マネーを発行しているのは、次のような大手流通会社やIT会社、交通会社です。多くの電子マネー発行会社が、自社グループ以外でも電子マネーを使えるようにすることで、シェアの拡大を競っています。

  • au(au WALLET)
  • docomo(iD)
  • JCB(QUICPay)
  • JR東日本(Suica)
  • イオングループ(WAON)
  • セブン&アイ・ホールディングス(nanaco)
  • 楽天(楽天Edy)

電子マネーにはプリペイドタイプとポストペイタイプがある

電子マネーは、お金をチャージして使う「プリペイドタイプ」と、利用分だけ請求される「ポストペイタイプ」の2種類に分けられます。
プリペイドタイプで代表的な電子マネーは、WAONや楽天Edy、Suicaなどで、特定の店舗で電子マネーを利用するとポイントの還元率が高くなることがあります。
ポストペイタイプは、docomoのiDなどが挙げられます。利用分がクレジットカード会社から後日請求されます。クレジットカード決済と似ていますが、暗証番号の入力などの必要がなく、タッチだけで決済が完了するメリットがあります。

クレジットカード決済の特徴

続いて、クレジットカード決済の特徴について見ていきましょう。

世界中で使用でき、決済時点では引き落とされない

クレジットカードにはVisa、Mastercardなどのブランドがあり、国際ブランドであれば、海外のお店で使用することができます。
また、プリペイドタイプの電子マネーと異なり、クレジットカードは決済の時点では料金は引き落とされません。

決済時は暗証番号の入力やサインが必要

ポストペイタイプの電子マネー決済と異なり、クレジットカード決済は暗証番号の入力やサインをする必要があります。ただし、金額によって、一部の店舗ではサインレスのケースもあります。

どちらの決済方法がいいの?

電子マネーとクレジットカード、どちらの決済方法がいいとは、一概に決められません。
例えば、クレジットカードを使って電子マネーにチャージした場合、チャージ時点でクレジットカードのポイントが貯まり、電子マネーを使った時点で電子マネーのポイントが貯まる。つまり、2回ポイントを貯めることが可能なケースもあります。
ですが、電子マネーのチャージをしても、すべてのクレジットカードでポイントがつくわけではありません。また、あらゆるお店で電子マネーが使えるわけでもありません。
ですから、電子マネーとクレジットカードの組み合わせを考慮し、シーンに応じて使い分けたほうがいいでしょう。

クレジットカード一体型電子マネーという選択肢も

クレジットカード一体型電子マネーも登場しています。三井住友カードの場合「三井住友カードiD」があり、年会費や発行手数料は無料で発行できます。
一体型カードであれば、電子マネーiDで貯めたポイントと、クレジットカード利用で貯めたポイントを合計できますので、ワールドプレゼントの景品交換をするときに高い景品を選ぶことができます。また、キャッシュバックの特典が受け取れたりするメリットがあります。また、紛失・盗難による不正利用も、クレジットカード同様に会員保障制度で守られています。

今回の記事のまとめ

電子マネー決済の特徴

  • 電子マネーは大手流通会社やIT会社、交通会社が発行している
  • 電子マネーは、au WALLET、iD、QUICPay、Suica、WAON、nanaco、楽天Edyなどがある
  • 電子マネーは、お金をチャージして使うプリペイドタイプと、利用分だけ請求されるポストペイタイプの2種類がある
  • ポストペイタイプは、利用分をクレジットカード会社から後日請求される「後払い型」と即時引き落としの「デビット型」がある
  • プリペイドタイプで代表的な電子マネーは、特定の店舗で電子マネーを利用するとポイントの還元率が高くなる
  • ポストペイタイプはクレジットカード決済と似ているが、暗証番号の入力など必要なくタッチだけで決済が完了する

クレジットカード決済の特徴

  • 国際ブランドのクレジットカードであれば、海外でも使用可能
  • クレジットカードは決済の時点では、料金は引き落とされない
  • クレジットカード決済は暗証番号の入力やサインが必要だが、一部の店舗によってはサインレスのケースもある

どちらの決済方法が良いの?

  • 電子マネーとクレジットカードの両方のポイントが貯まる場合もある
  • 電子マネーのチャージをしても、すべてのクレジットカードでポイントがつくわけではない。
  • あらゆるお店で電子マネーが使えるわけではないので、電子マネーとクレジットカードをシーンに応じて使い分ける

クレジットカード一体型電子マネーという選択肢も

  • クレジットカード一体型電子マネーもある
  • 「三井住友カードiD」は、年会費や発行手数料は無料
  • iD利用分とクレジットカード利用分を合算してワールドプレゼントのポイントが貯まるので高い景品と交換するときに便利。また、キャッシュバックの特典が受け取れたりする
  • 紛失・盗難による不正利用も、会員保障制度で守られている

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みから選び方までクレカの基礎知識を徹底解説!