ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
ゴールドカードとは?年会費から限度額、付帯サービス、特典まで解説

クレカの基礎知識

ゴールドカードとは?年会費から限度額、付帯サービス、特典まで解説

ゴールドカードとは?年会費から限度額、付帯サービス、特典まで解説

ゴールドカードは、一般カードよりも付帯サービスや特典が充実しています。空港ラウンジの利用サービスや付帯保険の内容が充実しており、プライベートだけでなくビジネスシーンでも役立ちます。
かつては会員となるためのハードルが高いイメージがあったゴールドカードですが、現在は年会費無料のカードもあり、所有しやすくなっています。
用途に合った、自分にぴったりのゴールドカードを見つけるためには、各カードの付帯サービスや特典を見極めることが大切です。そこで今回は、ゴールドカードの年会費や限度額のほか、代表的な付帯サービスや選び方のポイントなどを解説します。

ゴールドカードの特徴とステータス

まずは、クレジットカードにおけるゴールドカードの位置づけについて見ていきましょう。
ゴールドカードは、年会費無料のクレジットカードをはじめとした一般的なステータスのカードよりも高いグレードのカードとなります。ゴールドカードよりもさらにグレードが高いクレジットカードは、「プラチナカード」や「ブラックカード」です。
ゴールドカードの券面は、その名のとおりゴールドに輝くものが多く、高いステータス性を示すことができるでしょう。

付帯サービスや特典はカード会社によって異なりますが、ゴールドカードには一般的に次のような特徴があります。

  • 空港ラウンジを利用できる
  • ショッピング保険が付帯されている
  • 提携先の一流ホテルへ、割引価格で宿泊できる
  • 付帯保険に海外・国内旅行傷害保険がある

なお、ゴールドカードよりもランクが上のプラチナカードは、年会費がさらに高額となり、付帯サービスおよび特典も充実しています。クレジットカードの高いステータス性や付帯サービスの充実度を重視したい場合は、プラチナカードの所有を視野に入れることもおすすめします。

ゴールドカードの年会費・利用限度額・還元率はどのくらい?

クレジットカードを選ぶ上での比較ポイントとしては、年会費やポイント還元率があります。また、利用限度額もクレジットカードを日常的に使う上では必ずチェックしたいところです。
ここからは、ゴールドカードの年会費や利用限度額、ポイント還元率について見ていきましょう。

ゴールドカードの年会費はどのくらい?

カード会社によって異なりますが、ゴールドカードの一般的な年会費は5,000円前後から35,000円前後になります。一般カードよりも付帯サービスが充実している分、年会費も高くなる傾向があります。
なお、最近は低年会費のゴールドカードも登場しており、気軽に発行することができるものもあります。ゴールドカードを持ちたいけれど、年会費の高さがネックという場合は、こうした低年会費のゴールドカードを探してみるといいでしょう。

ただし、基本的にクレジットカードの付帯サービスの充実度は年会費の高さに比例するため、年会費が安いゴールドカードは一般的な年会費のゴールドカードに比べて特典内容は劣ることは押さえておきましょう。
また、ゴールドカードによっては「年間◯万円以上のご利用で年会費無料」や「ネット経由の申し込みで初年度年会費無料」など、条件つきで年会費の割引制度が受けられるものもあります。お得にゴールドカードを利用できるため、こうした割引制度もチェックしてみることをおすすめします。

三井住友カード ゴールドの場合、通常年会費は11,000円(税込)ですが、インターネットからお申し込みいただいた人は、初年度年会費無料となります。さらに、WEB明細書を利用したり、お支払い方法を指定したりすることで、翌年度以降は最高4,400円(税込)まで年会費割引が適用されます。
また、三井住友カード ゴールドは、家族カードが1人目まで年会費無料となります。2人目以降の年会費は1,100円(税込)です。家族カードのお申し込みは、本カードを発行した後に、別途行います。

ゴールドカードの利用限度額は?

クレジットカードの利用限度額とは、そのカードの所有者が使うことのできる上限金額のこと。基本的にゴールドカードの場合は、一般カードよりも利用限度額が高めに設定されています。利用限度額が200万円以上に設定されているゴールドカードも珍しくありません。

ただし、低年会費のゴールドカードは、利用限度額も低くなる傾向があるので、年会費の安さだけでなく、利用限度額も必ず確認するようにしましょう。

ゴールドカードのポイント還元率

ゴールドカードのポイント還元率は、一般カードと大きく異なることはありません。しかし、ゴールドカードによっては、一般カードにはないポイント還元率アップサービスが利用できたり、特定の店舗やサービスでお得に買物ができる特典が付帯していたりするケースもあります。
こうしたゴールドカードならではの特典を上手に利用することで、一般カードよりもポイント還元率をアップさせたり、お得に買物したりすることができるでしょう。

ゴールドカードを持てる条件は?

ここからは、ゴールドカードを持つために必要な条件や、審査基準について見ていきましょう。

何歳からゴールドカードを作れる?

かつては、ゴールドカード発行にあたっての年齢条件があり、20代でゴールドカードを持つことは難しいとされていました。しかし、最近は年齢の条件が下がってきたり、そもそも年齢制限を設けていなかったりするゴールドカードも登場しており、昔よりもゴールドカード会員の間口が広がっています。20代でもゴールドカードを発行することは十分に可能になっています。
三井住友カードでも、20代専用のゴールドカードが用意されています。三井住友カード プライムゴールドは、満20歳以上30歳未満の人が申し込みできます。受けられるサービスは通常の三井住友カード ゴールドと同様で、年会費は5,500円(税込)と通常の半額です。

年収はどのくらい必要?

審査基準はカード会社によって異なるため一概にいうことはできませんが、最近はゴールドカード発行のための年収の目安も大幅に下がってきているようです。ゴールドカードの年収目安が下がっている背景には、プラチナカードやブラックカードといった、よりステータス性の高いクレジットカードが登場したことで、ゴールドカードの位置づけが下がったこともあるようです。

勤続年数はある程度の年数が必要

ゴールドカードの入会審査では、ある程度の勤続年数があるかどうかが見られるといわれています。勤続年数の長さは、安定的な収入の指標ともいえます。勤続年数が長いほど、収入も安定していると判断されやすくなるでしょう。

クレジットヒストリーは遅延・滞納厳禁

ゴールドカードだけでなく、どのクレジットカードの入会時でも審査されるのがクレジットヒストリーです。クレジットヒストリーに遅延や滞納の履歴があると、ゴールドカードの審査は落ちやすくなってしまいます。
いくら勤続年数が長く、安定的な収入があるとしても、クレジットヒストリーに遅延や延滞の履歴がある場合、返済能力が低いとみなされてしまうためです。

ゴールドカードの5つのメリット

ゴールドカードを持つことで、具体的にはどのようなメリットが得られるのでしょうか。
ここでは、ゴールドカードならではの5つのメリットをまとめました。

ゴールドカードとは?年会費から限度額、付帯サービス、特典まで解説

1 ステータスの高さを示せる

一般カードよりもグレードが高いゴールドカード。ゴールドの券面で高級感のあるデザインのものが多く、どのようなお店でも、支払い時には物怖じせず提示できるでしょう。ステータスの高さを示したいという人におすすめです。

2 利用限度額が高い

ゴールドカードは基本的に、一般カードよりも利用限度額の上限が高く設定されています。利用限度額に余裕を持たせることで、月々のクレジットカードのご利用金額が高くなりそうな人や、海外でも利用限度額を気にせずクレジットカードを使いたい人も、安心して使うことができるでしょう。

3 ポイントを貯めやすい

ゴールドカードの多くは、一般カードとポイント還元率は大きく変わりません。しかし、標準的なポイント還元率だとしても、ゴールドカード会員だけが利用できるポイント還元率アップサービスや、年会費割引制度などを活用すれば、効率的にポイントを貯めたり、お得にお買物を楽しんだりすることも可能です。

4 付帯保険が充実している

多くのゴールドカードに、海外・国内旅行傷害保険や、ショッピング保険といった保険が付帯されています。これらの保険は一般カードに付帯されているものもありますが、補償内容や補償額も、ゴールドカードのほうが一般カードよりも手厚くなるケースが多いです。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

5 さまざまな特典・付帯サービスがある

ゴールドカードは、一般カードにはない優待特典やサービスが付帯されていたり、特定のお店でのお買物で割引サービスを利用できたりするものも多いです。
具体的な特典やサービス内容はさまざまありますが、各カード会社が割引制度や優待サービスを拡充させ、ゴールドカードならではのメリットを用意しています。

特典・付帯サービスの内容は、自分にぴったりのゴールドカードを選ぶ上で大切なポイントにもなるため、どのようなサービスを利用できるのかは必ずチェックしましょう。

ゴールドカードの特典・付帯サービスとは?

ゴールドカードには、空港ラウンジの利用サービスをはじめとした、一般カードにはない特典や付帯サービスがあります。海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯されていたり、特定のお店でのお買物での割引サービスがあったりします。ここでは、代表的なゴールドカードの特典および付帯サービスについてより詳しくご紹介します。

空港ラウンジを利用できる

多くのゴールドカードに、主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスが付帯しています。フライトまでの待ち時間を、ラウンジでゆったりとリラックスして過ごせるため、プライベートでもビジネスでも飛行機を利用する機会の多い人には魅力的なサービスといえるでしょう。
ラウンジ内では、無料Wi-Fiを利用できたりフリードリンクを飲めたりと、さまざまなサービスが受けられます。また、ほとんどの場合、同伴者も無料または有料で入場することができます。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯されている

ゴールドカードには、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯されています。ゴールドカードに付帯しているおもな補償対象としては、次のようなものが挙げられます。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用
  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

有名レストランやホテルの割引特典がある

ゴールドカードによっては、有名レストランや宿泊施設をお得に利用できたり、演劇やコンサートなどのチケットの優先予約サービスを利用できたりするものもあります。これらの特典も、一般カードにはないゴールドカードならではの魅力といえるでしょう。
ほかにも、ポイントアップ制度や、特定の店舗での割引サービスなどがあります。

ゴールドカードを所持する上での注意点

一般カードにはない、さまざまなメリットがあるゴールドカードですが、所持するにあたっていくつか注意すべきポイントもあります。ここでは、ゴールドカードのデメリットともなりうる、2つの注意点を確認しておきましょう。

年会費に注意

ゴールドカードは、一般カードよりも特典や付帯サービスの内容が手厚い分、年会費がかかり、サービスの質が高いほどその金額も高くなります。
ゴールドカードの付帯サービスである、空港ラウンジ利用サービスや割引特典などの利用頻度の高い人であれば、年会費が少々高くても支払う価値はあるでしょう。一方、付帯サービスや特典の利用シーンが少ない人は、コストに対して利用価値が見合わない可能性が高いため、注意したいところです。
また、ポイント還元率が高いゴールドカードだとしても、年会費が高額だと元を取ることは難しいため、還元率の高さだけを優先することにもご注意ください。

ゴールドカードによってスペックもさまざま

各カード会社からさまざまな種類が登場しているゴールドカードですが、すべてのゴールドカードに同じようなスペックがあるというわけではありません。中には、一般カードとほとんど変わらないようなスペックのゴールドカードもあるため、慎重に選ぶことが大切です。

基本的には、低年会費のゴールドカードや、入会条件・審査の甘いゴールドカードは、付帯サービスや特典内容の充実度が一般カードとほとんど変わらなかったり、ゴールドカードでも空港ラウンジの利用ができなかったりと、スペックが劣る傾向となります。反対に、年会費が高額で、入会審査もそれなりに厳しいゴールドカードの場合は、ステータス性が高く、付帯サービスや特典の内容も非常に手厚い傾向があります。
このように、同じゴールドカードでもスペックの差が生じるため、ゴールドカードに求めるスペックの高さに応じて、自分にぴったりのカードを見極めるようにしましょう。

ゴールドカードの選び方

ゴールドカードの選び方

各カード会社からさまざまなゴールドカードが登場しており、年会費や具体的な特典・付帯サービスの内容もさまざまです。
ゴールドカードを選ぶ際は、どのようなポイントを基準にすべきなのでしょうか。ゴールドカードを比較する際にチェックしたいポイントを見ていきましょう。

ライフスタイルから考える

海外へ旅行や出張で行く機会が多い、国内のレストランを利用することが多い、ネットショッピングを頻繁に利用するなど、クレジットカードを使うシーンは人によってさまざまです。そのため、ライフスタイルによっておすすめのクレジットカードも変わってきます。
例えば、飛行機を頻繁に利用するのであれば空港ラウンジを利用でき、マイルを貯めやすいゴールドカードがおすすめです。まずはライフスタイルを振り返った上で、用途に応じた特典やサービスを利用できるゴールドカードを探してみましょう。

年会費を支払ってもサービスに満足できそうか

一般カードよりも、高めの年会費が設定されているゴールドカード。その年会費に見合った特典やサービスを利用できるかどうかも考えてみましょう。最近は低年会費のゴールドカードや、条件つきで年会費割引制度を利用できるゴールドカードも登場しているため、年会費を抑えられるサービスにも注目してみるといいでしょう。

なお、クレジットカードの年会費は、安いほど使い勝手の良さや付帯サービスの質も下がる傾向があるため、年会費とサービス内容のバランスを比較することも大切です。

特典内容から選ぶ

ゴールドカードの特典内容は、特定の条件を満たすことで効率的にポイントを獲得できたり、優待・割引サービスを受けられたりと、カード会社やカードの種類によってさまざまです。
例えば、空港ラウンジなら、カード会社によって利用できる空港や同伴者の利用料金が異なります。海外旅行保傷害険も、特に利用機会の多い「傷害治療」と「携行品損害」の補償内容を比較してみることが大切です。飛行機遅延や手荷物紛失を補償する保険は、どのクレジットカードにも付帯しているわけではありません。
ほかには、レストランや宿泊施設などの割引もカード会社ごとの違いがあります。カード会社によって提携している飲食店や宿泊施設が異なるため、利用できる割引サービスも変わってきます。レストランやホテルの割引サービスを利用したい場合は、どのような施設が割引対象となっているのかも確認してみましょう。

試しに持ってみることもおすすめ

ゴールドカードの付帯サービスについて実際の使い勝手を知りたい場合は、まずは試しに持ってみることをおすすめします。ゴールドカードの利便性の高さや、年会費に対する満足度は、実際に使ってみないと分からないことも多いためです。まずは1年間、気になったゴールドカードを使ってみてはいかがでしょうか。一般カードで十分と感じた場合は、更新前に解約してしまえば、翌年以降の年会費の負担はありません。

ゴールドカードの申し込み方法

ゴールドカードを新規で申し込む方法について、三井住友カードの場合を例にご紹介します。クレジットカード発行までの流れと、手元にカードが届いた際に確認すべきポイントをチェックしていきましょう。

1. 申し込み内容を入力する

まずは、三井住友カードのサイトから、オンライン申し込みで氏名、生年月日などの必要事項を入力します。次に、お支払い口座を設定します。
インターネットからの申し込みであれば、最短翌営業日でカードが発行され、約1週間でクレジットカードが届きます。

<申し込みに必要なもの>

運転免許証(お持ちの人のみ)、金融機関の通帳やキャッシュカード

なお、三井住友カードでは次のいずれかに該当する場合、クレジットカード発行期間が最短翌営業日とならないため、ご注意ください。

  • 19時30分以降のお申し込みの場合
  • 未成年の人のお申し込みの場合
  • オンラインから金融機関を設定されていない場合
  • キャッシングをご希望の場合
  • 交通系ICカード付きのクレジットカードをご希望の場合
  • 25歳未満の学生の人で、PiTaPaカードを同時にお申し込みの場合
  • お客様のカード発行のお申し込みの直前または直後に土日・祝日が連続する場合
  • その他、お客さまのお申し込みに不備などがあった場合

クレジットカードをお申し込みの際は、カードを使いたいタイミングまでに確実に入手できるよう、申し込みも余裕を持って行うことをおすすめします。

2. 入会審査に通ればカードが発行される

クレジットカードの発行には、各カード会社による所定の審査に合格する必要があります。基本的にはカード会社から、審査内容が開示されることはありません。
三井住友カードの場合、「審査状況照会」ページから、審査状況や結果を確認することができます。また、インターネット入会の場合は、審査結果をメールにてご連絡いたします。

3. 自宅にカードが到着する

入会審査に通ったら、ご自宅にクレジットカードが到着します。お手元にカードが届いたら、お名前のローマ字表記の確認をした上で、裏面にサインをしましょう。

・ローマ字表記の確認

券面に記載されている氏名のローマ字表記に、間違いがないか確認します。パスポートを持っている人は、パスポートのローマ字表記と同じかどうかもチェックしましょう。これは、海外でクレジットカードを利用する際に、パスポートの提示を求められるケースがあるためです。パスポート上の表記とクレジットカードの表記が異なる場合、クレジットカードが利用できないこともあります。

・裏面にサインをする

新規のクレジットカードが届いたら、裏面へのサインも忘れずにしてください。加盟店でクレジットカード決済をする際、電子サインを求められることもありますが、サインすることでカードの所有者本人であることを証明でき、不正利用の防止にもなります。

現在持っているカードからアップグレードする場合

新規でゴールドカードを申し込むほかに、現在お持ちのクレジットカードをゴールドカードへ切替えて、アップグレードさせるという方法があります。
クレジットカードには、カードの老朽化防止やセキュリティ対策のために、有効期限が設けられています。クレジットカードの有効期限が近づくと、カード会社から新しいカードが郵送されるケースが一般的ですが、有効期限内にカードの種類を切替えるための申請をすることができます。

詳しくはこちから

三井住友ゴールドカードの特徴

最後に、三井住友カードの発行する3種類のゴールドカードの特徴をご紹介します。
お得な年会費割引制度や各種サービスが充実しているため、ゴールドカードへの切替えを検討されている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドは、インビテーション制(招待制)ではなくお申し込み制ですので、幅広い人にご所有いただけます。年会費は11,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度は無料となります。
また、主要空港のラウンジサービスや、一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス、最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険、最高300万円までのショッピング保険など、受けられるサービスも充実しています。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールドは、満20歳以上30歳未満の人のみお持ちいただける、20代専用のゴールドカードです。受けられるサービスは通常の三井住友カード ゴールドと同様でありながら、年会費は5,500円(税込)と通常の半額になります。20代の人にも、充実のサービスとステータス性の高さの両方をご提供します。
三井住友カード ゴールドと同様、インターネットからのお申し込みで、初年度年会費は無料となります。また、海外・国内旅行傷害保険も付帯するため、安心して旅行をお楽しみいただけます。なお、満30歳になった後は、最初の更新で自動的に三井住友カード ゴールドにランクアップします。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

三井住友カードのプラチナとプラチナプリファードとは?

三井住友カードのハイステータスカードには、三井住友カード ゴールドのほかにも三井住友カード プラチナがあります。さらに、「三井住友カード プラチナプリファード」も新たに登場しました。
ハイステータスカードを持ちたい人は、それぞれのカードの特徴を比較したうえで、ご自身にぴったりのものを選ぶことをおすすめします。

三井住友カード プラチナの特徴について

ゴールドカードよりもさらにランクが上がる三井住友カード プラチナは、年会費が高額となりますが、それに伴って付帯サービスおよび特典が充実しています。クレジットカードを持つにあたって、特にステータス性や付帯サービスの手厚さを重視したい人は、プラチナカードも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

三井住友カード プラチナは、インビテーション(招待)不要で申し込むことが可能です。なお、お申し込み対象は「満30歳以上で、安定継続収入のある人」となっています。
総利用枠は原則300万円から。年会費は本会員55,000円(税込)で、ご家族会員の方は無料でご利用いただけます。

三井住友カード プラチナプリファードはどんなカード?

三井住友カードのハイステータスカードには、新たに登場したプラチナカードである三井住友カード プラチナプリファードもあります。三井住友カード プラチナプリファードは、通常のポイント還元率が1.0%と、ゴールド・プラチナよりも高く設定されています。「使えば使うほどおトクになる」という特徴を備えた、従来のステータスカードとは異なる価値が魅力のクレジットカードです。
また、三井住友カード プラチナプリファードには、「4つのスペシャルリワード」をご用意しています。

・新規入会&利用特典にて40,000円相当のポイント還元

ご入会月の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用で40,000ポイントをプレゼントいたします。Vポイントは他社ポイントやマイレージにも交換可能。

・継続特典にて最大40,000円相当のポイント還元

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼントいたします。
2年目以降も継続してご利用いただく場合、毎年、前年のカードご利用金額100万円(税込)ごとに10,000ポイント、最大で40,000ポイントをプレゼントいたします。

・カード利用時のポイント還元率が1.0~最大10.0%

三井住友カード プラチナプリファードは、通常のポイント還元率1.0%に加えて、特定の店舗では還元率が最大9.0%まで加算される特徴があります。宿泊予約サイト「エクスペディア」や「Hotels.com(ホテルズドットコム)」では還元率が合計10.0%になるほか、大手百貨店やタクシー、高速道路(ETC)、カフェ、コンビニエンスストアなど、幅広い利用シーンで還元率アップの特典を受けられます。

・外貨ショッピング利用で3%のポイント還元

海外旅行先や海外ECサイトで三井住友カード プラチナプリファードを利用した場合は、合計3%のポイント還元となります。なお、外貨での取引に限定されますのでご注意ください。

  • ※これらの特典を受けるには一定の条件がございますので、必ずこちらをご確認ください。

プラチナプリファード・プラチナを比較!

ここでは、三井住友カードのプラチナプリファード・プラチナのハイステータスカードを表で比較してみました。カード選びの参考にしてみてください。

■三井住友カード ハイステータスカードの比較

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
比較ポイント プラチナプリファード プラチナ
年会費 本会員 33,000円(税込) 55,000円(税込)
家族会員 無料(上限なし) 無料(上限なし)
ポイント 還元率 1.0% 0.5%
有効期限 4年間 4年間
ボーナスポイント なし あり
ポイント優遇 新規入会&利用特典
継続特典
外貨ショッピング利用特典
プリファードストア(特約店)
日常利用5倍
選択制加盟店
トラベル コンシェルジュ なし あり
国内空港ラウンジ 無償(同伴者有料) 無償(同伴者1名含む)
プライオリティ・パス なし あり(条件付き)
旅行傷害保険 5,000万円 1億円
航空便遅延保険 2万円 4万円
お買物安心保険 500万円 500万円
ホテル優待 なし ・アップグレード無料
・スイート半額
グルメ優待 なし ・コース料金1名無料
・ワインセレクション
プレゼント ギフトカード なし 利用額の0.5%還元
商品・サービス 6,000円/会員
会員限定イベント 数十名×年10回
スポンサーイベント USJ 優先パス/日
太平洋マスターズ 入場券・食事券
宝塚 貸し切り公演SS席確保

よくある質問

Q1:ゴールドカードの年会費はどれくらい?

ゴールドカードの一般的な年会費は、5,000円前後から35,000円前後。一般カードよりも付帯サービスが充実する分、年会費も高くなります。
また「年間◯万円以上のご利用で年会費無料」「ネット経由のお申し込みで初年度年会費無料」など、条件付きで年会費の割引制度が受けられることが多いです。

Q2:ゴールドカードを持てる条件は?

ゴールドカード発行のための年齢や年収の条件は下がってきています。20代でもゴールドカードを発行することは十分に可能です。ただし、ある程度の勤続年数とクレジットヒストリーは重視される傾向があります。特に、クレジットヒストリーに遅延や延滞の履歴がある場合、返済能力が低いとみなされてしまうためご注意ください。

Q3:ゴールドカードのメリットは?

一般カードよりもランクの高いゴールドカードは、ステータスの高さを示せる点が魅力。また、利用限度額の高さやポイントの貯めやすさ、海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険といった付帯保険の手厚さも、ゴールドカードのメリットといえるでしょう。
さらに、一般カードにはない優待特典が付帯されていたり、特定店舗でのご利用で割引サービスを利用できたりするゴールドカードも多いです。

Q4:ゴールドカードの選び方は?

ゴールドカードを選ぶ際には、ご自身のライフスタイルを振り返り、利用頻度の高い店舗や利用に応じた特典・サービスを利用できるカードを探してみましょう。年会費に見合った特典やサービスを利用できるかどうかを検討することも大切です。

自分にとってベストなゴールドカードを選ぼう

ステータス性が高く、一般カードよりも付帯サービスや特典内容が手厚いゴールドカードは、ビジネス・プライベートともに役立つシーンも多いでしょう。ただし、一般カードと比べて年会費が高くなるため、支払うコストに対してサービス内容が本当に自分のライフスタイルに合っているかをよく考えて選ぶことが大切です。
ゴールドカードによっては、お得にお買物を楽しめる割引特典や、年会費割引制度を利用できるものもあるため、こうしたサービスもチェックしつつ、自分のニーズにぴったりのカードを探してみましょう。

  • ※2020年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

ハイステータスな一枚を求めるあなたに。
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント 新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

三井住友カード プラチナプリファードは「キャッシュレスプラン」および「本キャンペーン」の対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

1 2020年5月1日(金)時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日(金)時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日(金)以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む

2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

今回の記事のまとめ

ゴールドカードの特徴は?

  • ゴールドカードは一般カードよりも優待サービスが充実している
  • 付帯保険に海外・国内旅行傷害保険があり、一般カードよりも補償額が高い
  • 空港ラウンジを利用できる
  • 提携先の飲食店や宿泊施設をお得に利用できる付帯サービスも

ゴールドカードの年会費・利用限度額・還元率

  • ゴールドカードは年会費が発生するものが多い
  • ゴールドカードは一般カードと比べて利用限度額は高め
  • ゴールドカードによってはポイント還元率アップサービスが利用できるものもある

ゴールドカードを持てる条件

  • 年齢制限を設けていないゴールドカードも登場している
  • 低年会費のゴールドカードもある

ゴールドカードのメリット

  • ステータスがあることを示せる
  • 利用限度額が高い
  • ポイントを貯めやすい
  • 付帯保険が充実している
  • さまざまな特典・付帯サービスがある

ゴールドカードのおもな特典・付帯サービス

  • 空港ラウンジを利用できる
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 航空機遅延補償
  • 有名レストランやホテルの割引・優待特典

ゴールドカードの選び方

  • ライフスタイルから、用途に応じた特典やサービスのあるゴールドカードを選ぶ
  • 年会費を支払ってもサービスに満足できそうか
  • 特典内容から選ぶ
  • 各カード会社のゴールドカードのサービス内容を比較してみる
  • 気になるゴールドカードは試しに1年間持ってみることもおすすめ

ゴールドカードの申し込み方法

  • 新規で申し込む方法と現在持っているカードからアップグレードする方法がある
  • 新規で申し込む場合はネット申し込みが利用しやすい

三井住友カード プラチナプリファード

  • 新規入会&利用特典にて40,000円相当のポイントをプレゼント
  • 継続特典にて最大40,000円相当のポイントをプレゼント
  • カード利用時のポイント還元率が1.0~最大10.0%
  • 外貨ショッピング利用でポイント還元率が3%

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みや選び方などクレカの知識を徹底解説!

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!