クレジットカードの「名義人」に関するさまざまな疑問を解決!

クレカの基礎知識

クレジットカードの「名義人」に関するさまざまな疑問を解決!

クレジットカードの「名義人」に関するさまざまな疑問を解決!

クレジットカードの「名義人」とは、クレジットカードの持ち主のことです。
ここでは、「名義人の登録が求められた場合はどのように入力すべき?」「名義人以外もクレジットカード使用してもいい?」「クレジットカードの名義人と引き落とし口座の名義人は違っても使用できる?」といった、「名義人」に関するさまざまな疑問について解説します。

クレジットカードの「名義人」の入力を求められた場合の対応

クレジットカードの名義人は、クレジットカードを使用する権利者として名前を登録している人を指す言葉です。
インターネットネットショッピングで決済方法としてクレジットカードを選択すると、カード番号などとともに、クレジットカードの名義人の入力が求められます。名義人には、商品を使用する人や購入した商品を贈る相手の名前ではなく、必ずクレジットカードの持ち主の名前を入力するようにしましょう。
このとき、項目名が「名義人」と漢字で表記されていることもありますので、つい漢字で入力してエラーになってしまうケースが多いようです。しかし、実店舗でするサインと異なり、インターネットショッピングの名義人の場合、半角ローマ字での入力が基本です。もし、名義人の入力でエラーが出る場合は、漢字やひらがなで入力していないかを確認しましょう。
書類に記入する場合は、クレジットカードに刻印された名義人の表記がローマ字ならローマ字で、カタカナならカタカナで記入します。

クレジットカードの「名義人」以外がクレジットカードを使用することはできる?

「日常の買物に利用するようにと、夫名義のクレジットカードを渡されている」「海外に行く子供に、親名義のクレジットカードを持たせた」などという話を聞いたことはございませんか?このようなケースであれば、名義人以外がクレジットカードを使用してもいいのでしょうか。

結論からいうと、クレジットカードを名義人以外が使用することは、たとえ家族であっても禁じられています。クレジットカードが送付されてきたときに同封されている約款にも「クレジットカードの名義人以外の使用を禁じる」旨が明記されているはずです。
三井住友カードの会員規約にも、「カードの所有権は当社に属し、カード及びカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できないものとします」と記載
されています。

決済の場面で「名義人本人であるかどうか」を問われていた際、もし嘘をついていたことが分かれば、利用停止処分や強制解約になる可能性があります。悪質であり常習的であると判断されれば、詐欺罪に問われることもあるでしょう。たとえ名義人が「使っていい」と許可していたとしても同じです。また、自分名義のクレジットカードを他人に貸与し、万が一不正利用されるなどのトラブルに発展したとしても、補償の対象にはなりません。このことも、会員規約として「違反に起因してカード及びカード情報が不正に利用された場合、本会員は、そのカード利用に係る債務についてすべて支払いの責を負うものとします」と記載されています。

クレジットカードの名義人と口座の名義人が違う場合

「クレジットカードの名義人は妻だが、利用料金は夫の口座から引き落としたい」といったように、クレジットカードの名義人と口座名義が違っても契約は可能なのでしょうか。

原則として、クレジットカードの名義人と口座の名義人は同一でなければなりません。ただし、「同姓の配偶者のみ」「同姓の家族のみ」など、条件付きで可とされる場合もあります。しかし、家族以外の人の口座や子供の口座、親の口座、姓が異なる場合などは不可とされることが多いでしょう。この判断は、支払い口座に設定している金融機関によって異なります。何らかの事情で、どうしてもクレジットカードの名義人と異なる名義の口座から利用料金を引き落としたいというときは、指定金融機関に直接問い合わせてみましょう。

家族カードの名義人

クレジットカードの本会員の家族のために発行され、家族も本会員と同様のサービスを受けられるのが「家族カード」です。この家族カードの名義人は誰になるのでしょうか。

家族カードの名義人は、本会員ではなく家族カードに刻印されている本人です。家族カードの所有者が名義人のサインや入力を求められたら、本会員の名前ではなく自分の名前を書きましょう。なお、ご家族会員の方は本会員と生計を同一にする家族でなければならないため、結婚や離婚で姓が変わっても名義変更はできません。別途審査を受けて、新しくクレジットカードを作りましょう。

名義にまつわるトラブルには要注意!

クレジットカードの名義人にまつわるトラブルは多く、中には裁判に発展するケースもあります。クレジットカードを使用する前に約款や会員規約にしっかり目を通し、約束事を守って正しく利用しましょう。

クレジットカードのお申し込みはこちらから

今回の記事のまとめ

クレジットカードの「名義人」の入力を求められた場合の対応

  • 「名義人」とは、クレジットカードの権利者として名前を登録している人
  • ネットショッピングなどで名義人の入力が求められたら、商品を使用する人ではなく、クレジットカードの名義人の名前を入力する

クレジットカードの「名義人」以外がクレジットカードを使用することはできる?

  • クレジットカードを名義人以外が使用することは、たとえ家族であっても不可

クレジットカードの名義人と口座の名義人が違う場合

  • クレジットカードの名義人と口座の名義人は原則同じ。判断は金融機関ごとに異なる

家族カードの名義人

  • 家族カードの名義人はカードに刻印されている家族本人

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

三井住友カードのスペシャルコンテンツ

  • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。

  • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!