ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
リボ払いとは?3つの支払い方式とメリット・注意点について

クレカの基礎知識

リボ払いとは?3つの支払い方式とメリット・注意点について

リボ払いとは?3つの支払い方式とメリット・注意点について

クレジットカードの支払い方法のひとつに、「リボ払い(リボルビング払い)」があります。リボ払いは、毎月の支払い額が一定になる支払い方法ですが、そのしくみが複雑でよく分からないという人もいるでしょう。リボ払いについてきちんと理解した上で、支払い方法を選択することが大切です。
そこで今回は、リボ払いのしくみや3つの支払い方式の違いのほか、メリットや注意点などについて詳しく解説します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

リボ払い(リボルビング払い)とは?

リボ払いとは、支払った件数や金額にかかわらず、毎月の支払額が一定になる支払い方法です。クレジットカード特有のものではなく、銀行のカードローンや消費者ローンにもリボ払いがあります。
リボ払いにすると、支払い金額は自分で設定することが可能です。「つい使いすぎてしまった」「突然大きな出費があった」など、月単位で使用した金額が増えても、リボ払いなら毎月の支払い金額が変わることはありません。

ただし、リボ払いによる支払いは、実際に使用した金額の残高がなくなるまで続きます。毎月の支払い金額を少額に設定すると、その分支払い回数が増えることになり、それに応じて手数料も上がっていくので注意が必要です。
なお、カード会社によっては、「繰上返済」によって利用残高の一部または全額を返済することができます。自分の経済状況を踏まえて、リボ払いを活用しましょう。

■リボ払いのしくみ

リボ払いのしくみ イメージ

リボ払いの3つの支払い方式

リボ払いの支払い方式は、「定額方式」「残高スライド方式」「定率方式」の3つに大きく分けられます。ここでは、それぞれの支払い方式の違いについて見ていきましょう。

定額方式

定額方式は、毎月あらかじめ設定した支払い金額を支払っていく方法です。「元利定額方式」と「元金定額方式」があります。

・元利定額方式

元利定額方式は、手数料を含めて支払い金額を一定にする方式です。毎月一定の支払い金額の中に手数料も含まれており、利用残高が少なくなると、支払い金額に占める元金が多くなるしくみとなっています。

・元金定額方式

元金定額方式は、手数料とは別途、毎月一定の支払い金額を設定する方式です。利用残高に応じて、手数料を上乗せしていきます。

残高スライド方式

残高スライド方式は、利用残高に応じて、毎月の支払い金額が変動する方式です。例えば、「利用残高が10万円以下の場合は毎月の支払い金額は1万円」で、「10万~20万円の場合は2万円」というように、利用残高によって毎月の支払い金額をスライドさせていきます。この場合、もし5万円の買物をして、さらに3万円の買物をしたとしても、ご利用金額は合計8万円となるため、毎月の支払い金額は1万円となります。

定率方式

定率方式は、利用残高に対して、一定の割合(定率)を掛けて支払っていく方法です。利用残高が多いと毎月の支払い金額も大きくなり、利用残高が減るにつれて、支払い金額も減っていきます。残高スライド方式と同じように、毎月の支払い金額が少ないほど、「支払い期間(回数)が延びる=手数料額も増える」しくみです。
定率が低いと元金も減りにくくなるため、思うように返済が進まないこともあります。

三井住友カードで選べる3つのリボ払い

ここでは、三井住友カードで選べる3つのリボ払いについて、簡単にまとめました。

・お買物時にお店で選択する「リボ払い」

会計時に「リボ払い」を選択する方法です。

・お買物の後からリボ払いに変更する「あとからリボ」

「あとからリボ」は、お買物の後にリボ払いへ変更することができます。すべての利用分、一部の利用分も「今月は使いすぎてしまった」という場合に便利です。あとからリボの申し込みは、三井住友カードのサイトあるいは電話で申し込みすることができます。

・いつでも自動的に「マイ・ペイすリボ」

「マイ・ペイすリボ」は、毎回リボ払いを選択または変更するのは面倒という人におすすめのサービスです。三井住友カードのサイトから申し込みしておくことで、支払いが自動的にリボ払いとなり、支払い額は自由に増額・減額することができます。

・三井住友カードでリボ払いを利用するなら「RevoStyle」がおすすめ

リボ払いを多く利用される方には、リボ専用カードで年会費が永年無料の三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)がおすすめです。RevoStyleの手数料率は実質年率9.8%です。ご利用金額200円(税込)につき2ポイント付与されるため、通常カードの2倍おトクにVポイントが貯まります。またリボ払いの手数料が発生した請求月は、上乗せ1倍分のVポイントをプレゼント! Vポイントは、景品との交換ができたり、他社のポイントプログラムに移行したりできます。

リボ払いと分割払いの違いとは?

クレジットカードのリボ払いと分割払いは、どちらも月々の支払い金額を一定に設定できるという点が同じです。一見、同じような支払い方法に思えますが、実際の支払いのしくみや手数料を比較してみると大きな違いがあります。それぞれの特徴や、上手に使い分けるためのポイントを見ていきましょう。

分割払いとは?

分割払いは、支払い回数を自分で設定できるしくみとなっています。選べる支払い回数は決められており、手数料は支払い回数や利用金額に応じて変わってきます。

リボ払いと分割払いの手数料の違い

リボ払いと分割払いの手数料のしくみは、大きく異なります。
まず、リボ払いの場合は「利用残高」の合計に対して手数料が発生します。一方、分割払いの場合は、「1件ごとの明細」に対して手数料が発生するのです。
例えば、2万円と3万円の商品を購入した場合、リボ払いでは合計金額の5万円に対して手数料がかかりますが、分割払いの場合は2万円と3万円の金額それぞれに手数料が発生する、ということになります。

■分割払いとリボ払いの違い

分割払いとリボ払いの違い イメージ

リボ払いと分割払いは、うまく使い分けることがポイント

リボ払いと分割払い、どちらがお得なのか疑問に思う人もいると思います。
分割払いはお買物それぞれの利用金額に手数料がかかるのに対して、リボ払いは支払い後の利用残高に対して手数料が発生します。そのため、支払い回数などの状況によっては、リボ払いのほうが支払い総額を抑えられる場合もあります。また、資金に余裕のあるタイミングに繰上返済をすることで、リボ払いの手数料負担を軽減させることも可能です。

リボ払いと分割払いの違いを踏まえて、長期的に判断した上で、無理のない支払い方法を使い分けていきましょう。

リボ払いの3つのメリット

毎月の支払い金額をあらかじめ指定できるリボ払いですが、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、リボ払いの3つのメリットについてまとめました。

リボ払い3つのメリット

1 家計管理がしやすい

リボ払いの大きな特徴のひとつが、月々の支払い金額を一定にできるということ。そのため、クレジットカード関連の家計管理がしやすくなります。
毎月支払い金額が異なると、家計管理でも支払い金額を把握した上で記録する必要がありますが、リボ払いで金額を固定してしまえば、その手間がかかりません。

2 大きな支出があっても対応できる

リボ払いであれば、支払い時に現金がなくても、必要な商品やサービスを購入することができます。支払い金額は利用残高として積み重なりますが、毎月の支払いはあらかじめ自分で設定した金額と、月々の利用残高に応じて発生する手数料を支払うことになります。

3 都合のいいときに、いつでも繰上返済ができる

リボ払いでは、必ずしも定額の支払いをしなくてはならないわけではありません。都合のいいときに、いつでも繰上返済をすることができます。
例えば、ボーナスや臨時収入が入った月に繰上返済をして支払い額を増やせば、返済期間も短くなり、手数料を抑えられます。後程詳しく解説しますが、繰上返済は口座引き落とし、ATM、振り込みなどからお支払いいただけます。

三井住友カードでリボ払いを利用するなら「RevoStyle」がおすすめ!

通常カードの2倍おトクにVポイントが貯まります。またリボ払いの手数料が発生した請求月は、上乗せ1倍分のVポイントをプレゼント!

三井住友カードなら、あとからリボを利用できる

三井住友カードの「あとからリボ」は、「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」のいずれかの支払い方法でクレジットカードを利用した後に、リボ払いへと変更できるサービスです。すべてのお買物のご利用分と、一部のご利用分どちらでもリボ払いに変更することができます。
会計時は大丈夫と思って1回払いや2回払いを選択しても、後日「今月は使いすぎてしまった」というときもあるでしょう。あとからリボは、このようなときに役立つサービスです。

なお、あとからリボには申し込み期限があり、支払い口座に指定している金融機関によって、申し込み期限が異なります。金融機関一覧よりご確認ください。

【タイミング別】リボ払いの注意点

クレジットカードの作成時から受け取り時、利用時、利用後までのタイミング別に、リボ払いに関する注意点をまとめました。

カード作成時

クレジットカードは、オンライン申し込みだけでなく、最近ではデパートやスーパーなどの特設ブースでもすぐに申し込めるようになっています。その手軽さから、リボ払いをはじめとした支払い方法や手数料についてよく理解しないまま申し込んでしまう可能性もあるでしょう。
まずは、どのような支払い方法で、どのようなメリットとデメリットがあるのか、カード会社の案内をよく読んで、納得した上で作成するようにしましょう。

カード受け取り時

クレジットカードの申し込み後、審査に合格すると自宅にクレジットカードが届きます。現物の確認と合わせて、同封されている書類にもしっかりと目を通しましょう。
届いたクレジットカードには、あらかじめ有効期限や利用限度額が設定されています。カード会社やクレジットカードの種類によって有効期限や利用限度額も変わってくるため、お手元に届いたカードがどれくらいの範囲内で使えるのか、必ず確認しましょう。

また、届いたクレジットカードを実際に使う前に、支払い方法についても一通りチェックしておきましょう。
1回払いやリボ払いのほかにも、分割払いやボーナス一括払いなど、支払い方法にはいくつかの種類があります。お買物の際、クレジットカードを提示すると毎回支払い方法について聞かれますから、それぞれの支払い方法の特徴やしくみを把握しておくといいでしょう。
リボ払いについては、カード会社によって月々の支払い金額の設定方法や手数料率が異なるため必ず確認しましょう。

カード利用時

クレジットカード利用時は、手元から現金が消えないということもあり、つい使いすぎてしまいやすいため注意が必要です。特にリボ払いの場合は、月々の支払い金額を一定に抑えられる反面、利用残高が膨らんで支払い期間が長期化しやすく、手数料の負担も大きくなってしまいます。無計画なショッピングは避けるよう、自己管理を徹底しましょう。

カード利用後

カード利用後は、必ず利用明細を確認しましょう。カード会社から郵送される利用明細やウェブサイトで確認することができます。当月の利用状況と合わせて、リボ払いの利用残高と実際に支払った手数料を必ずチェックしましょう。
リボ払いは利用残高がある限りは支払いが続く上、新たにリボ払いでお買物をする度に利用残高が増え、支払いも長期化します。そのため、リボ払いを利用しても、「毎月◯円しか引き落とされないから大丈夫」ときちんと確認せずにいると、利用残高と手数料が膨れ上がり、思わぬ負担が生じてしまうリスクがあります。リボ払い利用分の支払いが完了するまでは、支払い状況の確認と合わせてカードの利用回数を制限するなどして、使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。

リボ払いに変更する方法

ここでは、クレジットカードの支払い方法をリボ払いへと変更する、4つの方法をご紹介します。

事前登録型(マイ・ペイすリボ)

事前登録型は、「1回払い」の利用分が、自動的にリボ払いになります。そのまま1回払いで支払いたい場合は、事前登録を解除することも可能です。

店頭選択型

店頭選択型(利用時選択型)は、お買物をする際に、店頭でリボ払いを選択する方法です。店舗によってはリボ払い非対応のところもあるため、特に高額なお買物をする場合などは、あらかじめリボ払いに対応しているかどうかを確認してみましょう。

あとからリボ型

あとからリボ型は、クレジットカード利用後に、リボ払いへ変更する方法です。各カード会社の案内に従って、インターネットや電話から変更手続きを行います。「今月は予定よりも使いすぎてしまった」というときや、突然の出費などで支払いが難しいときに便利です。

リボ払い専用カード型

カード会社によっては、リボ払い専用のクレジットカードを発行しているところもあります。リボ払いの実質年率がほかのクレジットカードよりも低いものや、ポイント還元率が高いものもあるため、リボ払いの利用頻度が高い人におすすめです。

リボ払いの手数料はどのくらいかかる?

リボ払いを利用すると手数料が発生することは知っていても、実際どのくらいの手数料がかかるのかは分からないという人もいると思います。ここでは、リボ払いにおける手数料の基本的なしくみについて確認していきましょう。

リボ払いで発生する手数料

リボ払いを利用すると、月々の支払い金額に対して手数料が発生します。手数料が上乗せされる分、最終的な支払い総額は1回払いなど手数料のかからない方法で支払った場合よりも高くなります。
クレジットカードの種類によっては、設定されている実質年率が異なります。これから新たにクレジットカードを作りたい人や、リボ払いを検討している人は、実質年率がいくらに設定されているのか、事前にカード会社のウェブサイトなどから確認しましょう。
1回払いや2回払い、ボーナス一括払いといった支払い方法では、手数料が発生しないケースがほとんどです。一方、リボ払いや3回以上の分割払いのように、支払いを複数回に分ける場合は手数料がかかります。

支払い方式による、月々の支払額の違い

リボ払いの支払い方式のうち、元利定額方式と元金定額方式では、毎月の支払金額の考え方が異なります。元利定額方式の場合は、手数料と元金の「合計額」を定額で支払います。一方、元金定額方式は、毎月支払う元金が定額となり、利用残高に応じて別途手数料が上乗せされるのです。
ご利用のクレジットカードの返済方式は、基本的にカード会社の提供するオンライン会員サービスなどから確認できます。もし分からない場合は、直接カード会社へ問い合わせることをおすすめします。

リボ払いの繰上返済の方法

リボ払いの手数料負担に困ったときや、利用限度額の上限に達してしまったときのために知っておきたいのが、クレジットカードの繰上返済です。
繰上返済とは、指定の口座引き落とし日よりも早いタイミングで、ご利用金額を支払う方法です。支払い期限を早めて返済することで、リボ払いの手数料負担を軽減したり、クレジットカードの利用限度額に余裕を持たせたりすることができます。
ここでは、繰上返済のメリットや、その手順について解説します。

繰上返済のメリットは手数料負担を減らせること

リボ払いでは、自分であらかじめ設定した一定の金額と、利用残高に応じた手数料を毎月支払っていきます。このリボ払いの利用残高に対して繰上返済を使うことで、手数料負担を減らすことができます。資金に余裕のできたタイミングで繰上返済をすることで、手数料のかかる利用残高を減らせるため、支払いの負担を抑えることができるのです。

繰上返済の方法

繰上返済には、カード会社の口座へ直接振り込む方法と、銀行やコンビニのATMから入金する方法があります。
口座振込の場合、カード会社へ問い合わせ、振込先の口座番号を知る必要があります。指定の口座へ振り込めば繰上返済は完了です。なお、金曜日の夕方に振り込むと、入金処理完了のタイミングが翌営業日(月曜日の午前中)となる可能性もあります。

また、銀行やコンビニのATMから入金する場合は、原則リボ払いのみの対応となります。入金手順はまず、ATMにリボ払いで利用しているクレジットカードを挿入し、暗証番号を入力します。その後、画面の案内に従って繰上返済を選択し、支払い金額を入力すれば完了です。

クレジットカードを使う買物の中でも、手数料の発生するリボ払いは、特に計画的なご利用を心掛けることが大切です。リボ払いの手数料負担や利用限度額の上限で困ってしまう前に、繰上返済を活用して、資金に余裕を持たせるようにしましょう。

リボ払いの手数料負担を軽減するには一括返済がおすすめ

リボ払いの手数料負担を軽減するための対策として、一括返済を活用する方法も把握しておきましょう。一括返済は、通常の支払日に利用残高をすべて支払う方法になります。ここでは、一括返済のメリットや、リボ払いから一括返済への変更方法をご紹介していきます。

一括返済のメリット

ボーナスや臨時収入などで資金に余裕ができた場合、リボ払いの利用残高を一括返済することで、その後かかるはずだった手数料を支払う必要がなくなり、負担を大きく抑えることができます。
リボ払いの手数料は、日割りで発生します。つまり、完済までの期間が長いほど、手数料も高くついてしまうのです。返済途中で一括返済をして、支払い期間を短縮することで、手数料を安く抑えられることになります。

リボ払いから一括返済に変更するには?

カード会社によって異なりますが、リボ払いから一括返済に変更するには、インターネット上で変更手続きを申し込む方法か、カード会社へ電話で申し込む方法があります。また、一括返済を行う際は、「口座引き落とし」「銀行振込」「ATMによる支払い」の、3つの方法から選べるケースがほとんどです。

一括返済の際に注意したいのが、申し込み期限です。カード会社によっては申し込み期限が設けられており、この期限を過ぎてしまうと、一括返済が翌月の取り扱いになってしまうケースがあります。
また、カード会社によっては、手数料の計算方法が違うケースもありますので、どのようになっているのか事前に確認しておきましょう。

三井住友カードの一括返済の申し込み方法

三井住友カードのリボ払いを一括返済したい場合は、インターネットの会員専用ページからのお申し込みか、電話でのお申し込みからお選びいただけます。支払い方法は、口座引き落とし・銀行振込・ATMの3つから選択可能です。なお、リボ払いで発生する手数料は、支払い日当日まで日割り計算されます。

また、一括返済の支払い日がいつになるのかは、事前に確認しておくといいでしょう。振込手数料などは自己負担となります。手数料の日割り計算も考慮すると、ご希望の日時に返済しやすい銀行振込や、ATMによる支払いがおすすめです。
リボ払い利用時の金銭的な負担を抑えられるため、資金に余裕ができた際は検討してみてはいかがでしょうか。

三井住友カードでリボ払いを利用するなら

三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)

三井住友カードには、リボ専用カードの「三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)」があります。年会費は永年無料となります。
三井住友カード RevoStyleは実質年率9.8%となります。また、リボ払いの手数料が発生した請求月は、上乗せ1倍分のVポイントをプレゼントします。

リボ払いを活用して上手にクレジットカードを使おう

毎月の支払い金額を固定できるリボ払いは、急な出費があったときや、使いすぎてしまった月には便利な支払い方法です。その一方で、リボ払いには所定の手数料が発生することも忘れてはなりません。支払い期間が長期化しそうな場合は、利用残高や支払い状況をこまめに確認しつつ、無理のない返済ができるよう、繰上返済や一括返済などを行うこともおすすめします。
リボ払いのしくみをきちんと理解した上で、月々のやりくりや家計管理に活用してみてください。

  • ※2020年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

計画的な支出管理には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

リボ払い(リボルビング払い)とは?

  • クレジットカードの利用金額を問わず、毎月一定の支払い金額に設定できる支払い方法
  • リボ払いの利用には手数料が発生する

リボ払いの3つの支払い方式

  • 定額方式は毎月あらかじめ設定した支払い金額を返済する方法
  • 残高スライド方式は利用残高に応じて毎月の支払い金額が変動する方法
  • 定率方式は利用残高に対して一定の割合(定率)を掛けて支払う方法

三井住友カードの3つのリボ払い

  • お買物時にお店で選択する「リボ払い」
  • お買物の後からリボ払いに変更する「あとからリボ」
  • いつでも自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」

リボ払いと分割払いの違い

  • 分割払いは支払い回数を設定でき、支払い回数や利用金額によって手数料が変動する
  • リボ払いと分割払いは、支払い回数などに応じて上手に使い分ける

リボ払いのメリット

  • 家計管理がしやすい
  • 大きな支出があっても対応できる
  • 都合のいいときに、いつでも繰上返済ができる

【タイミング別】リボ払いの注意点

  • クレジットカード作成時は、リボ払いの要件や手数料率に納得した上で申し込む
  • カード受け取り時は、有効期限や利用限度額を確認する
  • カード利用時は無計画な買物は避け、自己管理を徹底する
  • カード利用後は利用明細を確認し、利用残高と支払った手数料をチェックする

リボ払いに変更する方法

  • 事前登録型は「1回払い」の利用分が自動的にリボ払いになる方法
  • 店頭選択型はお買物をする際に店頭でリボ払いを選択する方法
  • あとからリボ型はクレジットカード利用後にリボ払いへ変更する方法

リボ払いの手数料のしくみ

  • リボ払いでは、月々の支払い金額に対して手数料が発生する

リボ払いの繰上返済の方法

  • 繰上返済とは、指定の口座引き落とし日よりも早く利用金額を支払う方法
  • 繰上返済を使えば、利用残高を減らせるため手数料負担を抑えられる

リボ払いの手数料負担を軽減するには一括返済がおすすめ

  • 一括返済することで、その後かかるはずだったリボ払いの手数料を支払う必要がなくなる
  • 一括返済は「口座引き落とし」「銀行振込」「ATMによる支払い」の3つの支払い方法から選べる

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みや選び方などクレカの知識を徹底解説!

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!