クレジットカードは何歳から何歳まで作れる?申し込み時の年齢制限について

おすすめのカードと作り方

クレジットカードは何歳から何歳まで作れる?申し込み時の年齢制限について

クレジットカードは何歳から何歳まで作れる?申し込み時の年齢制限について

オンラインショッピングや海外旅行など、さまざまな場面で活躍するクレジットカード。近年急速に普及した電子マネーの決済に使われることも多く、日常生活に欠かせない存在になりつつあります。オンラインショッピングでは決済方法がクレジットカードに限定されているケースもあり、必要に迫られてクレジットカードのお申し込みを検討している人もいるのではないでしょうか。

ここでは、「クレジットカードは何歳から作ることができるのか」や「クレジットカードのお申し込みに年齢制限はあるのか」などについてご紹介します。

クレジットカードのお申し込みは18歳以上から

クレジットカードは、利用者に対する信用に基づき、利用代金をクレジットカード会社が一時的に立て替える後払いのシステムです。従って、利用者は立て替えてもらった代金を、きちんと支払うことができるだけの安定した収入と立場を確立していなければなりません。クレジットカード会社も、信用が担保できない相手にお金を貸して、貸し倒れになるのは避けたいからです。

そのため、多くのクレジットカード会社では、クレジットカードのお申し込みをする際の年齢制限として、金融的な信用という観点から、「高校生を除く18歳以上」と定めています。18歳未満の人は、たとえ中学卒業後すぐに社会人として働き始めていたとしても、支払い能力が基準に満たないと判断され、クレジットカードを作ることはできません。これは、みずから社会的な責任を負うことができるひとつのラインとして、「18歳」という年齢が広く認知されているためだと考えられます。

ただし、未成年の場合、クレジットカードのお申し込みには、18歳以上であっても親権者の同意が必要です。クレジットカードを使用するということは、利用者とクレジットカード会社とのあいだに契約が結ばれるということですが、民法では「未成年者がクレジットカードを使用して契約を結んだ場合、親権者はその契約を撤回して無効にできる権利を持つ」と定めています。ですから、クレジットカード会社は、あらかじめ親権者の同意を得るようにしているのです。未成年者がクレジットカードを申し込む場合、入会申込書に親権者の情報を記入して、署名・捺印してもらう必要があります。

学生には「学生カード」がおすすめ

基本的に18歳以上であれば、大学・短期大学・専門学校・専修学校などの学生はもちろん、派遣社員や契約社員、アルバイトといった雇用形態を問わず、社会人の方、主婦の方もクレジットカードを持つための最低条件はクリアしていることになり、お申し込みができます。

ただし、学生がクレジットカードを申し込む場合、未成年者と同様に親権者の同意をもらったうえで審査に通る必要があります。学生の多くは親権者の庇護のもとで生活しており、金銭的にも親権者の収入に支えられていることがほとんどだからです。

個人では安定した収入がないと判断されやすい学生には、学生のために作られた「学生カード」があります。

学生カードは、収入が少ない学生向けのため、利用限度額は低めに設定されています。また、原則的にクレジットカードを使ってお金を借りる、キャッシングをすることはできません。キャッシングの枠を設けている一部の学生カードでもその限度額は非常に低く、だいたい10万円程度です。一般的なクレジットカードに比べて利用の幅は制限されますが、社会人になればほぼ自動的に一般カードに切替えられますので、先々の生活を見据えて作っておくのもおすすめです。

また、高校生を除く18~25歳の方は、「三井住友VISAデビュープラスカード」もあります。未成年の方は親権者の同意が必要ですが、初年度年会費が無料でいつでもポイント2倍、プライムゴールドカードに自動でランクアップできますので、初めてのカードには最適です。

クレジットカードの年齢制限の上限は?

ここまで、クレジットカードを新規に申し込む場合の年齢の下限について見てきました。では、お申し込みの年齢に上限はあるのでしょうか。

元気な高齢者が増えた今、年齢を重ねても第一線で働き続けて安定した収入を得ている人はたくさんいますが、年をとればどうしても健康面のリスクが高まります。
そのため、クレジットカードを申し込む年齢の上限を「65歳から70歳」のあいだに設定しているクレジットカード会社が多いようです。お申し込みの際に求められる条件をほぼクリアしていたとしても、年齢がネックになって審査に通りにくくなることはあると考えられます。

なお、定年を迎えて年収が減れば利用可能枠も減る可能性がありますが、すでに持っているクレジットカードが使えなくなるということはございません。

自分に合った1枚を選んで、計画的なご利用を

クレジットカードを作ることができる年齢は、18歳以上から65歳くらいまでであることをご紹介しました。クレジットカードを作りやすいのは20代から40代後半までの働き盛りといわれる世代ですが、若年層をメインターゲットとする「三井住友VISAデビュープラスカード」など、学生カードも存在しています。
また、配偶者や親が主契約者となって、ほぼ同じ機能を持ったクレジットカードを家族のために発行することができる「家族カード」も、審査に通りにくい人は検討してみるといいでしょう。

クレジットカードを作ることができる年齢になったら、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選択し、計画的に賢く利用するようにしましょう。

  • ※本記事でご紹介した内容は、必ずしも弊社の審査条件を示すものではなく、所定の審査がございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードお申し込みの年齢制限

  • お申し込みは高校生を除く18歳以上から
  • 未成年の場合は親権者の同意が必要
  • 学生には、限度額を低めに設定した「学生カード」がおすすめ
  • 上限は65歳から70歳のあいだに設定しているクレジットカード会社が多い

自分に合った適切な1枚を計画的に利用することが大切

  • 若年層なら「三井住友VISAデビュープラスカード」などの学生カード
  • 審査に通りにくい場合は、配偶者や親が主契約者となって発行される家族カード

この記事に出てくるクレジットカード

  • デビュープラス
    デビュープラス
    18~25歳限定
    いつでもポイント2倍!

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。