ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
新幹線のチケット・切符購入ならクレジットカードがおすすめ!利用の流れと注意点

おすすめのカードと作り方

新幹線のチケット・切符購入ならクレジットカードがおすすめ!利用の流れと注意点

こんな人に
おすすめ!

  • ポイントや還元率を重視する方

新幹線のチケット・切符購入ならクレジットカードがおすすめ!利用の流れと注意点

出張や旅行でよく使われる新幹線のチケットは、乗車券のほかに特急券が必要なので、長距離移動が多いとかなり費用がかかります。乗車する回数が多ければ負担も大きくなるため、クレジットカードの利用を考える人も多いでしょう。
そこで、新幹線のチケットをクレジットカードで購入する際の流れやメリット、注意点をまとめました。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

新幹線チケットの購入にクレジットカード払いをおすすめする理由とは?

新幹線のチケットは、長距離になったり、往復券にしたりするとかなり高額になりますので、手元に現金がなくても購入でき、利用額に応じてポイントが付与されるクレジットカード払いがおすすめです。
分割払いにしたいときやキャンセルしたいときは不便な面もありますが、メリットのほうが遥かに多くあります。詳しいメリットについては、本記事でご紹介していますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

新幹線のチケットの購入方法

新幹線のチケットを購入できるのは、以下で紹介する6つの方法が一般的です。ほとんどの場合、クレジットカードでの支払いができますが、一部の旅行代理店と金券ショップではクレジットカードが使えないこともありますので、購入前に確認するようにしてください。

(1)みどりの窓口

最も一般的な手段として、JRの駅にある「みどりの窓口」で購入する方法があります。駅員が対応してくれますので、購入の手順がわからなかったり、料金などに関して聞きたいことがあったりする場合におすすめです。

(2)駅の券売機

駅の券売機でも、新幹線のチケットを購入することができます。通常の切符を購入する券売機と別に設置されている、指定席券売機を選びましょう。

(3)インターネットサイト

JR東日本の「えきねっと」やJR西日本の「e5489」といったインターネットサイトでも、切符の購入ができるようになっています。切符を購入するためだけに駅に行く時間がないという人は、スマホやPCで購入できるインターネットが便利です。また、独自の割引サービスを受けられることもあります。ちなみに、この方法で購入したチケットは、みどりの窓口や券売機で受け取ることができます。

(4)電話予約

JR西日本の「トクトクきっぷ」やJR九州の新幹線チケットは、電話予約することもできます。もちろん、クレジットカードで支払うことができます。

(5)旅行代理店

JR系はもちろん、JTBなどの大手旅行会社でも新幹線の切符を取り扱っています。みどりの窓口や券売機同様、基本的に定価販売です。

(6)金券ショップ

金券ショップでも、新幹線の切符が販売されています。ただし、有効期限が設定された回数券のばら売りがほとんどですので、すべての区間のチケットがあるわけではありません。また、自由席回数券の場合は改札をそのまま通れますが、指定席回数券の場合は、駅の窓口で座席指定を受ける必要があります。

新幹線チケットをクレジットカードで購入することのメリット

クレジットカードを使えば、手元に現金がなくても購入できます。インターネットサイトを利用すれば、どこからでも購入できるので時間短縮にもなるでしょう。また、新幹線のチケットを購入できる券売機はクレジットカードに対応していますので、行列しがちな窓口販売(のストレス)を避けることもできます。

しかし、クレジットカードで購入する最大のメリットは、やはり「ポイントやマイルが貯まる」という点でしょう。通常、ポイントやマイルは支払った金額に応じて付与されますので、新幹線のチケットのように比較的高価な買物をするとたくさん貯まります。出張が多い方や、旅行や帰省で毎回新幹線を使う方であれば、現金払いよりずっとお得であるといえるでしょう。

新幹線チケットをクレジットカードで購入する場合の注意点

新幹線のチケットをクレジットカードで購入する際、気を付けなければならない点もあります。

まずは、一部のJR系クレジットカードで購入する場合を除いて、原則として決済の際に「分割払い」や「リボ払い」を選択できないということです。分割払いを前提にクレジットカード払いを選択すると、決済時に困ることになりかねません。
なお、三井住友カードの「あとからリボ」は、決済後に支払い方法を「1回払い」から「リボ払い」に変更できる便利なサービスです。インターネット上でご利用明細を確認しながら、お支払い予定の金額のすべてをリボ払いにするか、一部をリボ払いにするか選ぶことができますので、資金(支払い口座)状況に合わせて支払い予定を調整することができます。

ほか、注意したいこととして挙げられるのは、キャンセル時の支払いが面倒ということです。通常、キャンセルした乗車券の料金はそのまま現金で払い戻されますが、クレジットカード経由で購入した場合は、いったんクレジットカード会社に払い戻されてから、ほかの利用料金と相殺という形で払い戻されます。すぐに現金が手元に戻るわけではなく、ある程度の時間が必要ということを覚えておきましょう。

新幹線チケットをクレジットカードで購入する流れ

改めて、新幹線のチケットをクレジットカードで購入する際の流れを確認しておきましょう。
みどりの窓口の場合は、窓口のある駅に行き、チケット購入の意思を伝えてクレジットカードで決済すれば完了です。
券売機の場合は、指定席券売機を設置している駅に行き、タッチパネルの案内に従って乗車駅や下車駅、指定席・自由席などを選択して支払います。このとき、クレジットカードの暗証番号が必要になります。ちなみに、JR東日本では暗証番号が登録されていないクレジットカードは使用できません。
インターネット予約の場合は、案内に従って必要事項を入力した後、支払い方法としてクレジットカードを選択しましょう。手続き終了後に表示される予約番号を控えておき、都合のいいときにみどりの窓口や券売機でチケットを受け取ってください。

  • ※2018年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

新幹線のチケットはクレジットカードで購入できる

新幹線のチケットの購入方法は6パターンで、ほとんどの場合クレジットカードが使用できる

  • みどりの窓口:購入の手順や料金などで聞きたいことがある場合に便利
  • 駅の券売機:新幹線のチケットを購入する券売機は、通常の切符を購入する券売機と別に設置
  • インターネットサイト:独自の割引サービスを受けられることもある
  • 電話予約:JR西日本の「トクトクきっぷ」やJR九州の新幹線チケットは電話予約可能
  • 旅行代理店:大手旅行会社でも新幹線の切符を取り扱っている
  • 金券ショップ:回数券のばら売りなので、すべての区間のチケットがあるとは限らない

新幹線チケットをクレジットカードで購入することのメリット

  • 手元に現金がなくても購入できる
  • インターネットサイトを利用すれば時間短縮にもなる
  • 券売機はクレジットカードに対応しているので窓口販売に並ぶ必要がない
  • ポイントやマイルが貯まる

三井住友カードの「あとからリボ」なら、分割払いへの変更も容易

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】