ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
クレジットカードは何枚持ちが理想?あなたの適正枚数を決める方法

おすすめのカードと作り方

クレジットカードは何枚持ちが理想?あなたの適正枚数を決める方法

クレジットカードは何枚持ちが理想?あなたの適正枚数を決める方法

こんな人に
おすすめ!

  • ステータス重視でクレカを選ぶ方、
    ポイントや還元率を重視する方

クレジットカードは、それぞれ用途や付帯サービスの内容が異なることから、複数枚所有する人も少なくありません。クレジットカードを持つなら何枚くらいが理想的なのか、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。
利用状況の管理や年会費の負担を抑えつつクレジットカードを活用するためには、メインのクレジットカードと、サブのクレジットカードを使い分ける2枚持ちがおすすめです。

今回は、クレジットカードを複数枚持つことと、枚数を絞ることのメリット・デメリットや、クレジットカードの選び方についてご紹介します。

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードは何枚まで持てる?

そもそもクレジットカードは、1人何枚まで所有することができるのでしょうか。
クレジットカードを持つにあたっては、原則として枚数に上限はありません。クレジットカードの発行審査に通過できれば、何枚でもクレジットカードを持つことができます。

クレジットカードの平均所有枚数は?

クレジットカードの発行枚数は、一般社団法人日本クレジット協会の2020年の調査結果によると、2億9,296万枚です。これを成人人口(※)で考えると、日本人1人あたりのクレジットカード平均保有枚数は2.8枚という計算になります。おおよその目安になりますが、クレジットカードを2枚以上持っている人が一定数いると考えられるでしょう。

  • ※総務省統計局「人口推計」2020年3月1日(日)時点の20歳以上の総人口1億505万人

■クレジットカード発行枚数調査結果(調査回答社数253社、2020年3月末時点)

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード種類 カード発行枚数
クレジットカード全体 2億9,296万枚
家族カード 2,290万枚
法人カード 1,037万枚
  • ※別ウインドウで「一般社団法人日本クレジット協会」のウェブサイトへ遷移します。

例えば、普段使いのメインカードと、海外利用やポイントといった目的に合わせたサブカードのように使い分けている人も多くいます。クレジットカード会社が単体で発行している「プロパーカード」と、クレジットカード会社と企業などが提携して発行している「提携カード」を1枚ずつ持っていれば、両方の異なる特徴を活かした特典やサービスを受けることができます。

また、個人事業主は、仕事用の法人向けクレジットカードを1枚、プライベートで使用するものを1枚というように、2枚持ちで使い分けている人がいると考えられます。

クレジットカードの枚数によるメリット・デメリット

クレジットカードの適正枚数を考えるにあたって、複数枚所有する場合と1枚に絞り込む場合、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

■クレジットカードの複数枚所有と1枚のみ所有を比較

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
複数枚所有 1枚のみ所有
メリット ・クレジットカードごとに異なる特典や割引サービスを受けられる
・加盟店によってブランドを使い分けることができる
・クレジットカードが破損したり磁気不良が起こったりしたとき、代わりのクレジットカードがある
・暗証番号や利用金額、ポイントなどの管理がしやすい
・年会費を抑えることができる
・盗難や紛失のリスクが減る
デメリット ・暗証番号や利用金額、ポイントなどの管理が難しい
・クレジットカードの年会費を枚数分、支払わなければならない
・盗難や紛失のリスクが増す
・クレジットカードが破損したり、磁気不良が起こったりしたときに、支払いができなくなってしまう

比べてみると、クレジットカードの1枚のみ所有は心許ないところがあるものの、多く持ちすぎればリスクが増すことが分かります。
「国内や海外への出張が頻繁にある」「クレジットカードを使うのは公共料金の支払い程度」「普段の買物とは別に、よく行くスーパーでは割引を受けるために特定のクレジットカードを使っている」など、1人ひとりのライフスタイルによって適正枚数は異なりますが、最低限自分で管理できる枚数に絞り込んだほうがいいのは間違いないでしょう。

また、クレジットカードを1枚も持っていない現金主義の人の場合、本来受けられるはずのサービスや特典を逃していることがあります。さらに、信用取引の履歴が一切蓄積されないままだと、いざクレジットカードを作ろうと思ったときに「与信の判断がつきにくい」と判断されてしまう可能性もあります。

複数枚のクレジットカードは異なる国際ブランドで持つのがおすすめ

クレジットカードを複数枚所有する場合は、異なる国際ブランドで所有することをおすすめします。
例えば、VisaとMastercardの両方のクレジットカードを持っていれば、海外などでMastercardが使えない店舗だったとしても、もう1枚のカードで対応できます。
各国際ブランドの強みを踏まえて、上手に使い分けられるよう組み合わせるといいでしょう。

三井住友カードはVisaとMastercardのデュアル発行が可能

三井住友カード(※)では、同じ種類のクレジットカードで異なる国際ブランドのカードを2枚発行できる「デュアル発行」ができます。

デュアル発行は、2枚のクレジットカードを個別に持つよりも、2枚目のクレジットカードの年会費が割引されるためお得です。さらに、獲得したポイントが合算されるため、ポイントの管理の手間も省けます。

三井住友カードでデュアル発行をご希望の場合は、お申し込み時にカードブランドを選択する際、「VISAカードとマスターカード(2枚)」をお選びください。すでにVisaまたはMastercardのクレジットカード会員の方は、お持ちのカードと同一カード名で、異なるカードブランドをお選びのうえお申し込みいただければ、自動的にデュアル発行となります。

  • ※デュアル発行の対象とならないカードがあります。(例:三井住友カード(NL)、三井住友カード(CL)、三井住友カード プラチナプリファードなど)

メインカードとサブカードはどのように決める?

クレジットカードの枚数を絞り込むときは、「クレジットカードを持つ目的」によってメインとなるクレジットカードを決め、目的に対して足りないと思われる部分をサブのクレジットカードで補うという考え方が大切です。
続いては、複数枚のクレジットカードを所有する場合のメインカード・サブカードそれぞれの選び方について見ていきましょう。

メインカードの選び方

メインのクレジットカードを選ぶ際には、自身の目的に合ったカードかどうかを確認しましょう。なぜクレジットカードを持ちたいのか、おもな用途と合わせて考えてみるのです。

ステータス性が欲しいのか、マイルを貯めて海外旅行をしたいのか、大手スーパーやデパートでお得に買物がしたいのか、目的によって選ぶべきクレジットカードを絞ることができます。

メインのクレジットカードでおすすめしたいのが、「三井住友カード(NL)」です。
券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料。また、ポイント還元率が最大5%なのもメインカードにしたい点です。

三井住友カード(NL)の特典として、ポイント還元率が最大5%!

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
通常ポイント セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用 さらに
左記店舗でVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※2)を利用
利用金額200円(税込)につき
0.5%還元
利用金額200円(税込)につき
+2%(※1)加算
利用金額200円(税込)につき
+2.5%(※1)加算

例えば、対象のコンビニで月5,300円分をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用した場合

利用金額200円(税込)単位でポイントが付与されるため、5,300円分の利用の場合、対象となる金額は実質5,200円。付与されるポイントは260ポイントになります!

arrow arrow

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
5,200円÷200円=26ポイント 5,200円×2%=104ポイント 5,200円×2.5%=130ポイント
  • ※1 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※2 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
    また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し、お支払いただく場合があります。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

サブカードの選び方

サブカードを選ぶときは、「メインのクレジットカードの弱点を補うことができるか」という視点で、メインのクレジットカードとまったく特徴が異なるものを選びたいところ。メインのクレジットカードにはないサービスや特典が付帯しているものを、サブカードに選んでみてもいいでしょう。

例えば、ステータス性を重視して、銀行系クレジットカードの代表格「三井住友カード」をメインのクレジットカードに選んだとします。この場合、2枚目のカードとしておすすめは、よく行くスーパーやガソリンスタンドのクレジットカードのほか、ポイント還元率を重視したクレジットカードとなるでしょう。

クレジットカードを複数枚持つ場合の注意点

最後に、クレジットカードを2枚以上所有する場合の注意点をご紹介します。

クレジットカードの利用状況をこまめに確認する

複数枚のクレジットカードを無計画に使うと、合計利用額が予想より高額になってしまう可能性も。こまめに各クレジットカードの利用状況を確認して、使いすぎないように注意することが大切です。
三井住友カード発行のクレジットカードであれば、1回のログインで複数のクレジットカードの利用状況を確認できる「おまとめログインサービス」をご利用いただけます。

なお、三井住友カードの「Vpassアプリ」は、カードの利用状況や残高がいつでも確認できます。さらに、VpassアプリとMoneytreeを連携すれば、クレジットカードおよび金融機関の収支を確認できる「家計管理機能」が利用できるようになります。カードも銀行も、ポイントも電子マネーも、これ一つで管理できます。また、カードを使う度に通知が届くので、不正利用があってもすぐに気が付くことができます。

クレジットカードの年会費を確認する

クレジットカードを複数枚持つ場合は、各カードの年会費についてもよく確認しておきましょう。年会費が永年無料なのか、初年度のみ無料なのかなどはクレジットカードによって異なるため、翌年以降の維持費も大きく変わってきます。

紛失、盗難リスクに備える

クレジットカードの所有枚数が増えるほど、紛失や盗難のリスクが高くなってしまいます。複数枚所有する場合は、いっそう紛失や盗難に注意すべきといえるでしょう。
なお、複数枚所有するクレジットカードを三井住友カード発行のカードに統一すれば、被害に遭ったときに一括で対応できますので、紛失や盗難に備えることができます。

三井住友カードのおすすめのメインカード

ここでは、三井住友カードが発行しているクレジットカードの中から、おすすめしたいメインカードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードです。クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズに。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、ポイントを貯めるにはおすすめのカードです。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるのでおすすめです。加えて、入会後3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどお得なクレジットカードです。
満18歳~25歳であれば初年度の年会費は無料。翌年度以降も年1回のご利用で、年会費1,375円(税込)が無料となるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。
※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。
また、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

・新規入会&利用特典40,000ポイント

ご入会月(切替え月)の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

・継続特典最大40,000ポイント

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント(最大40,000ポイント)

・外貨ショッピング利用特典+2%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント

  • ※海外でのご利用のみ対象

・プリファードストア(特約店)+1~9%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント

  • ※これらの特典を受けるには一定の条件があります。詳細は以下ホームページをご確認ください。
下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

初年度年会費 無料 無料 33,000円(税込)
翌年度以降年会費 永年無料 1,375円(税込)
条件により無料
※前年1回以上の利用で無料
33,000円(税込)
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=2~5ポイント貯まる
※5ポイント貯まるのは入会後3ヵ月間です
100円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満18歳~25歳の方
(高校生は除く)
原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カードのスマートフォンアプリ「Vポイント」は使いやすい

三井住友カードをご利用している方におすすめしたいのが、スマートフォンアプリ「Vポイント」(以下、「Vポイント」アプリという)です。「Vポイント」アプリを活用すると、Vポイントを1ポイント=1円で、ネットショップでもリアル店舗でも、買物に利用できるようになります。
また、リアル店舗や一部自動販売機でも、Visaのタッチ決済、またはiDに対応していればアプリで買物ができますので、多くの場面で活用できます。特定のネットショップや店舗に縛られることなく、幅広い利用ができるのです。アプリ内で、クレジットカードあるいは三井住友銀行から、残高のチャージもできます。

不要なクレジットカードを見極めて、適正枚数を維持しよう

クレジットカードは結婚や出産、転居といったライフスタイルの変化に応じて選び直すことで、不要なクレジットカードを見極めて適正枚数を維持することができます。
「メインのクレジットカードに大手スーパーの提携クレジットカードを設定した後、転居してあまり行かなくなったにもかかわらず持ち続けている」というような場合は、見直しのためにクレジットカードの棚卸をすることをおすすめします。自分の今の生活にとって、お得になるクレジットカードだけを持つよう心掛けましょう。

よくある質問

Q1:クレジットカードは何枚持ちが理想?

クレジットカードは、メインのクレジットカードと、サブのクレジットカードを使い分ける2枚持ちがおすすめです。利用状況の管理や年会費の負担を抑えつつ、クレジットカードを活用することができます。

Q2:クレジットカードは何枚まで持てる?

クレジットカードを持つにあたっては、原則として枚数に上限はありません。クレジットカードの発行審査に通過できれば、何枚でもクレジットカードを持つことができます。

Q3:メインカードとサブカードはどのように決める?

まずは、クレジットカードを持つ目的によって、メインとなるクレジットカードを決めることをおすすめします。目的に対して足りないと思われる部分を、サブのクレジットカードで補いましょう。

  • ※「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。
  • ※2021年7月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

2枚目以降のお申し込みにも
三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!