バーチャルカードとは?種類や支払い方式、メリットから選び方まで徹底解説

  • バーチャルカードとは?種類や支払い方式、メリットから選び方まで徹底解説

    2024.02.07

バーチャルカードとは?種類や支払い方式、メリットから選び方まで徹底解説

バーチャルカードはオンライン決済に特化した支払い手段のひとつです。ここでは、種類や支払い方式、メリットから選び方まで分かりやすく解説します。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

バーチャルカードとは?

バーチャルカードとは、バーチャルクレカとも言われており、その名のとおり「仮想クレジットカード」という意味で実物のプラスチックカードは発行されません。物理的なカードを持ち歩く必要がないためカード情報漏洩のリスクが低く、オンライン上の決済に優れているのが特徴です。

三井住友カードには「三井住友VISAバーチャルカード」があります。Visaに加盟しているインターネット通信販売加盟店、インターネットサービスプロバイダ利用料金の支払いに利用できますが、実店舗での利用はできません。

バーチャルカードの種類

バーチャルカードにはいくつかの種類があります。種類とそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

前払い方式(プリペイド)

購入・チャージした金額分を買い物や課金に利用できます。現在、バーチャルカードではプリペイド方式が主流です。契約時の審査が不要なものや、即時発行できるものが多いのは魅力ですが、その代わり、一般のクレジットカードのようにポイントが貯められないものもあります。

後払い方式(ポストペイ)

後払い(ポストペイ)とは、クレジットカードの決済から支払いまでの流れと同様で、利用金額を後日まとめて銀行口座から引き落とす方式です。プリペイドとは違い、ポストペイ式のバーチャルカードは入会時に審査があることがほとんどです。また、クレジットカードと同じくポイントが貯められます。

クレジットカードとバーチャルカードの違い

クレジットカードとバーチャルカードの違いのひとつは「形状」です。一般のクレジットカードはプラスチック製の物理的なカードがありますが、バーチャルカードではプラスチックカードはありません。

もうひとつは「支払い方法」です。バーチャルカードでは、クレジットカードと違いプリペイド式のものが多いです。ポストペイ式のものはクレジットカードと同様、契約時に審査があり、利用金額も後日まとめて口座から引き落しで支払います。

三井住友カードなら、「三井住友カード(CL)」がプラスチックカードの発行がないカードレスタイプになります。こちらは、バーチャルカードと同様に実物のカードはありませんが、クレジットカードなので実店舗でも利用できます。

バーチャルカードのメリット

次に、バーチャルカードのメリットについて見ていきましょう。

 バーチャルカードのメリット

発行が簡単

バーチャルカードはオンライン上で発行されるので、一般のクレジットカードよりも申し込みの手間、カード発行までの時間が省けます。また、プリペイド式のバーチャルカードでは審査がないものがほとんどで、カード番号だけが発行されるため即日利用できるものもあります。

オンラインショッピングに最適

オンラインショッピングやネット通販などを利用する際も、特に海外通販では、決済方法がクレジットカード決済しか選べないケースがあります。代金引換や銀行振込みでは手数料が多くかかることもありますので、カード払いでお得な買い物がしたい人にバーチャルカードはおすすめです。

オンラインショッピングやアプリ課金の中でも非自動更新サブスクリプションサービスなど、継続的な支払いではなく一度だけ決済する際の利用に向いています。

また、前払い式のバーチャルカードであれば、買いすぎてしまう心配もなく、無駄使い対策に有効です。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


プラスチックカードがないカードレス

物理的なカードがないので、財布のスペースを取ることがなく、持ち運ぶ必要もありません。キャッシュレスでスマートな生活スタイルを好む人に向いているといえるでしょう。また、物理的なカードの発行がないことは、プラスチック製品を削減することにもなります。近年重大化しているプラスチック問題に対応し、普段の生活の中で環境に配慮できることもメリットです。

セキュリティ面に優れている

バーチャルカードのカード番号は必要な時に随時発行でき、不要になったら番号を削除することができるものが主流です。カード番号の変更が容易なので情報漏洩や不正利用の防止に役立ちます。また、カードレスという特徴からカード自体の盗難・紛失の心配がないのもメリットといえるでしょう。

クレジットカードと連携して利用可能

バーチャルカードとクレジットカードを連携させることができるタイプの場合、連携すると、利用限度額を超過させないように管理することができます。

また、オンラインショッピングで利用する際には「初めて利用するサイトはバーチャルカードで」、「長く利用歴がありポイントも貯めたいサイトはクレジットカードで」、などとシーンによって使い分けることも可能になります。

バーチャルカードを使えば、普段使用しているクレジットカードの番号を入力しなくて済むため、万が一の時の不正利用のリスクが軽減できるでしょう。海外サイトでのネットショッピングなどにも向いています。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


バーチャルカードのデメリット

物理的なプラスチックカードがない、バーチャルカードならではのデメリットもあるので注意しましょう。

 バーチャルカードのデメリット

実店舗では利用できない

バーチャルカードは基本的にオンライン決済が使用目的と想定しています。そのため、実店舗でのショッピング、特にプラスチック製のクレジットカードにしか対応していない店では使用できません

一方で、三井住友カードが発行する「三井住友カード(CL)」は、物理的なプラスチックカードはありませんが、バーチャルカードではなくクレジットカードの分類となりますので、実店舗での支払いでも利用可能です。

さらに三井住友カード(CL)なら、対象のコンビニ・飲食店でスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うと、ご利用金額の合計200円(税込)ごとに通常のポイント分を含んだ7%ポイント還元されます。プラスチックカードは不要だけど実店舗でも利用したい、という方にはおすすめのカードとなっています。

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

iD、カードの差し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

支払えないものもある

バーチャルカードの中でも特にプリペイド式のカードには、支払いに使えないものがあります。公共料金や、アプリ課金の中でも自動更新のサブスクリプションなど、継続して引き落としが発生する支払いには利用できない場合が多いです。

ネットワーク障害時に弱い

バーチャルカードはオンライン決済に特化している分、ネット環境、電波状況に左右されやすいところが懸念点です。電波環境が悪い程度であれば場所の移動やWi-Fi使用などでしのげますが、通信事業者の問題などで大規模な通信障害が起きた際などは復旧まで時間・日数がかかる場合もあります。ネットワーク障害が理由であっても、支払いが遅れてしまうとクレジットヒストリーに傷が付くことにもなってしまうため注意しましょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


バーチャルカードの選び方

ここからは、バーチャルカードの選び方を見ていきましょう。

 国際ブランドを確認する

バーチャルカードも一般のクレジットカードと同じで、VisaやMastercardという国際ブランドが付与されます。ショッピングに利用することを主な使い道と考えている人は、加盟店の多さやよく利用するサイトで使える国際ブランドかどうかが選ぶポイントとなるでしょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


支払いのパターンを確認する

プリペイド(前払い)式やポストペイ式(後払い)がありますので、どの支払い方法がよいか、自分のスタイルに合ったバーチャルカードを選びましょう。ただし、支払い方式によって、審査の有無や発行までの日数に差が出ることがありますので注意が必要です。

 年会費や維持費を確認する

バーチャルカードも一般のクレジットカードと同じように、初年度の年会費無料のものや、条件達成によって翌年度の年会費が無料になるものなど、さまざまです。

また、使いたい時に発行でき、使わない期間はカード番号を削除できるタイプのバーチャルカードは、未使用期間も維持費が必要な場合がありますので注意しましょう。維持費は少額である場合がほとんどですが、期間が長くなるとまとまった金額になる可能性もあるため注意が必要です。

利用額の上限を確認する

プリペイド式のバーチャルカードであれば、前払いした金額が利用限度額になります。ポストペイ式の場合は一般のクレジットカードと同様、利用上限額が設定されているため、その限度額で問題ないか、確認してから申し込むようにしましょう。

ポイント還元の有無を確認する

プリペイド式のバーチャルカードではポイント付与がない場合が多いです。ポストペイ式であればポイントが貯められる場合がほとんどですまた、カード会社によって還元率が違いますので確認するようにしましょう。

 バーチャルカードを検討の方におすすめの三井住友カード

バーチャルカードの発行を考えている人におすすめの、デジタルファーストな三井住友カードをご紹介します。

お申し込みから決済、利用状況の管理まで、すべてをスマートフォンからの操作で完結できるのが大きな特徴。カード番号・有効期限といったカード情報の確認や利用状況の管理は、Vpassアプリから可能です。Vpassアプリは生体認証ログインにも対応しているため、なりすましや不正利用を防ぎ、安心・安全にご利用いただけます。

スマホ一台で身軽にお買い物

スマホ一台で身軽にお買い物


三井住友カード

(CL/カードレス) 

三井住友カード(CL) 三井住友カード(CL)

三井住友カード

(CL/カードレス) 

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短101

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 即時発行ができない場合があります。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード(CL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)

年会費が永年無料で、ポイント還元率の高さが特徴のクレジットカードです。全4色のプラスチックカードのほかにカードレスタイプも選ぶことができます。カードレスタイプなら、スマートフォンでクレジットカードの利用が可能です。

事前チャージ不要でLINE Payにてお支払いができるチャージ&ペイ(※1)の利用で5%(※2・3)、通常のクレジット利用で0.5LINEポイントが還元されます(※4・5)。

チャージ&ペイはLINE Pay加盟店とPayPay加盟店(※6)でお支払いができるので、幅広いシーンでご利用いただけます。

スタンダードタイプとカードレスタイプは重複してお持ちいただくことはできません。

※1: LINE Payの支払い方法にチャージ&ペイを設定する必要があります。

※2: 5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象となりません)。

※3:5%還元のLINEポイントの付与上限は500ポイント/月となります。

※4:一部のお支払いは対象となりません。

※5: ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへのカード情報登録が必須となります。

※6: PayPayのQRコードを読み取る支払い方法のみとなります。

チャージ&ペイでLINEポイント5%還元!

チャージ&ペイでLINEポイント5%還元!


Visa LINE Pay

クレジットカード(P+)

Visa LINE Pay クレジットカード(P+) Visa LINE Pay クレジットカード(P+)

Visa LINE Pay

クレジットカード(P+)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~5%

限度額

原則10~80万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

LINE Pay加盟店でのチャージ&ペイご利用イメージ

LINE Pay加盟店での

チャージ&ペイご利用で

LINEポイント 1

5%還元

LINE Pay加盟店・PayPay加盟店でのお支払いイメージ

LINE Pay加盟店・

PayPay加盟店

でのお支払い 2

事前チャージ不要

Visa加盟店でのご利用イメージ

Visa加盟店でのご利用で

LINEポイント 3

0.5%還元

※1 コード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象。上限500ポイント/月まで。オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。

※2 ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントにカードのご登録が必要です。

※3 一部対象となりません。

※  特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

モバイル総合金融サービス「Olive(オリーブ)」で口座や決済をまとめて管理

Oliveは三井住友フィナンシャルグループが提供するモバイル総合金融サービスです。専用アカウント(Oliveアカウント)を作成することで、1つのアプリで口座・決済・証券・保険・ローンなどをまとめて管理できます。

1つのアプリでまとめて管理できるOlive

Olive にはOlive 専用アプリが特にないため、「三井住友銀行アプリ」または三井住友カードの「Vpassアプリ」のどちらからもアクセスが可能です。

アプリやカード、サービスが増えて把握が難しくなったキャッシュレスを1つにまとめ、管理や適切な使い分けを助けてくれます。

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

Visaで世界初!(※)フレキシブルペイ機能搭載のカード「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveアカウントを作成すると、クレジット・デビット・ポイント払いを切替えできる「Oliveフレキシブルペイ」が発行されます。後払いの「クレジットモード」、カード支払いと同時に口座から即時引き落とされる「デビットモード」、貯まったVポイントで支払う「ポイント払いモード」の3つの支払い機能が一体となり、三井住友銀行のキャッシュカードとしても機能するオールインワンカードです。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

1枚4役「Oliveフレキシブルペイ」

3つの支払い機能(クレジット・デビット・ポイント払い)の切替えは、アプリ上でボタンをスライドするだけ。持ち歩くカードも1枚にまとまるのでお財布がかさばりません。

スライドで簡単に機能の切り替えができるOliveフレキシブルペイ

Oliveフレキシブルペイは券面にカード番号・有効期限・セキュリティコード、そして口座番号が表記されていないナンバーレスカード。セキュリティ面がより強固になり、安心・安全です。カード情報はアプリから簡単に確認できます。

Oliveアカウントは一般・ゴールド・プラチナプリファードの3つのランクからお選びいただけます。

  一般 ゴールド プラチナプリファード

デザイン

一般 一般 一般

(全3色)

(全2色) (全2色)

年会費

永年無料

5,500円(税込)

※年間100万円以上の利用で

翌年以降永年無料

33,000円(税込)
継続特典 -

年間100万円利用で

10,000ポイント付与

※1

年間100万円利用ごとに

10,000ポイント付与※1

(最大40,000ポイント)

ポイント還元・キャッシュバック率

クレジット

モード

0.5% 0.5% 1%

デビット

モード

0.5% 0.5% 1%

ポイント払い

モード

0.25% 0.25% 0.25%
付帯保険 ランクに応じた選べる無料保険
その他 - 空港ラウンジ

空港ラウンジ、

特約店ポイントアップなど

1:対象取引や適用条件などは、ホームページをご確認ください。

上記は、各サービスの一部を抜粋したものです。Oliveフレキシブルペイの詳細については、以下をご参照ください。

利用シーンをクレジットカードと分けて、バーチャルカードを便利に使おう!

バーチャルカードは、利用目的がオンライン決済に決まっている方にはセキュリティ面でのメリットが多く、比較的発行手続きも簡単で便利なカードです。管理もウェブ上で行うことができます。

バーチャルカードが利用できない実店舗でのショッピングや公共料金などの支払いにはクレジットカード、オンライン決済にはバーチャルカードと使い分けるといった工夫をすれば、快適で安心な利用ができるでしょう。

よくある質問

Q1.バーチャルカードとはどのようなカードですか?

バーチャルカードとは、その名のとおり実物のプラスチックカードが発行されない、仮想のカードのことを言います。物理的なカードを持ち歩く必要がないためカード情報漏洩のリスクが低く、オンライン上の決済に優れているのが特徴です。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.バーチャルカードはクレジットカードと比べてどのような点がメリットですか?

実物のプラスチックカードがないので、持ち運びの手間や紛失のリスクがないことがメリットです。ほかにも、オンライン上でカード番号が発行されるのでお申し込みからカード発行までの時間がとても短いことも利点です。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.バーチャルカードにはショッピング以外でも便利な機能がありますか?

オンラインショッピングのほかにも、バーチャルカードにはあらかじめ利用金額の上限が設定できる機能があるので使いすぎ防止に役立ちます。また、クレジットカードと連携している場合でもオンライン決済や海外旅行時などに実際のクレジットカードの情報開示は必要なく安全です。

詳しくは以下をご覧ください。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。

「LINE」「LINE Pay」はLINEヤフー株式会社の商標または登録商標です。

QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

PayPayは、PayPay株式会社の登録商標または商標です。

2024年2月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

セキュリティも充実!安心安全な三井住友カードがおすすめ!

セキュリティも充実!

セキュリティも充実!

安心安全な三井住友カードがおすすめ!

安心安全な三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。