ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
結婚式の支払いにクレジットカードは使える?メリットや限度額引き上げの方法を解説

おすすめのカードと作り方

結婚式の支払いにクレジットカードは使える?メリットや限度額引き上げの方法を解説

結婚式の支払いにクレジットカードは使える?メリットや限度額引き上げの方法を解説

監修: 遠藤佳奈子
監修:遠藤佳奈子

新卒で大手式場に入社、2009年独立。フリーウエディングプランナーの先駆者としてホテル・式場にとどまらない、さまざまな施設での結婚式を手掛ける。組数を絞り1組のクオリティを重視し創り上げるトータルコーディネートウエディングは新郎新婦だけでなく会場からも評価され、婚礼業の委託を受ける会場も複数。ラグジュアリーウエディングの第一人者として書籍・コラム監修やセミナーなど幅広く活動する。

結婚が決まったとき、いくらお金がかかるのか気になる方は多いでしょう。結婚式場、指輪、新婚旅行など、結婚するにあたっては、さまざまな費用がかかります。
「ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ」によると、挙式、披露宴・ウエディングパーティを合わせた金額の平均(全国・推計値)は、292万3,000円です。大きな出費なので、「支払い方法はどうしたらいいの?」など、不安に感じる方も多いでしょう。

今回は、結婚式の費用をクレジットカード払いにする方法、結婚にかかる費用などを詳しく解説します。お金の不安を解消して、楽しい新婚生活をスタートしましょう。

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

結婚式の費用はクレジットカードで払える?

結婚式の費用は、クレジットカードで支払いができるのでしょうか。まずは、結婚式の費用の「支払いタイミング」と「支払い方法」についてみていきます。

結婚式の費用の支払いタイミング

結婚式場によって、結婚式にかかる費用の全額を支払うタイミングは異なります。以下の4パターンのうち、いずれかの支払い方法から選択するのが一般的です。

  • 前払い
  • 一部を前払い
  • 当日払い
  • 後払い

前払い

前払いの場合、結婚式当日の1週間から1ヵ月前までに支払いを完了させるのが一般的です。事前に支払いが完了するので、安心して結婚式に臨めます。ただし、ご祝儀を支払いに充てられない点がデメリットです。

一部を前払い

総費用の一部だけを、内金として前払いするパターンもあります。前払いの有無や金額は式場ごとに異なるため、事前に確認が必要です。

当日払い

当日払いは結婚式(披露宴)が終わった後に支払いを済ませる方法です。ご祝儀を支払いに充てることができるため、自己資金が少なくても挙式ができます。
ただし、ご祝儀が想定よりも少なかった場合に追加の自己負担が発生したり、現金をすぐに工面したりする必要があるなど、余分な手間や気苦労が生じるケースもあります。当日にご祝儀袋を開封しながら、誰からいくら入っていたかを記入する作業は、想像以上に時間がかかり、2~3時間かかる方も多いです。結婚式の余韻を楽しむ間もなく、現実に戻るような時間でもあり、あまりおすすめできることではありません。

後払い

後払いは結婚式後に全額を支払う方法です。支払いまでの期間にゆとりがあり、ご祝儀を支払いに充てることができますよ。

結婚式の費用の支払い方法

結婚式の費用を支払うために選択できる方法は、おもに以下の3つです。

  • 現金払い
  • ブライダルローン
  • クレジットカード払い

現金払い

現金払いには、式場に持参して手渡しで支払う方法のほかに、振り込みで支払うケースもあります。振り込みであれば、大金を持ち歩くリスクがなく安心です。しかし、金融機関で振り込みをする場合、金融機関の振込限度額によって、日付を変えて何度も手続きが必要となることもあります。その都度、手数料がかかる点は理解しておく必要があります。

ブライダルローン

ブライダルローンは結婚式にかかるお金に対して組むローンのことです。「目的別ローン」に分類されており、カードローンやフリーローンよりも低金利で借りられるメリットがあります。一方、ローンの支払い金額によっては、結婚後の家計を圧迫してしまったり、別のローンを組みたいときに影響が出たりする可能性があることがデメリットです。

クレジットカード払い

式場によっては、クレジットカード払いも可能です。クレジットカードの場合、カード会社への支払いは後払いになるため、支払いまでの期間に余裕ができます。カード決済後からお支払い前までの期間に結婚式を挙げることで、ご祝儀をお支払いに充てることもできますよ。

結婚式の費用をクレジットカードで払うメリット

結婚式の費用をクレジットカード払いにすることで、得られるメリットがあります。

後払いにできる

クレジットカード払いは、カード会社への支払いが後払いになるので、支払いまでの期間にゆとりが持てるメリットがあります。
先述したとおり、結婚式費用を式場に支払うタイミングは「前払い」「一部前払い」「当日払い」「後払い」の4つですが、多くの結婚式場で採用されているのは「前払い」「一部前払い」です。結婚式の前後は、引越しや新婚旅行など、さまざまなお金を支払うタイミング。先払いに負担を感じる方も多いでしょう。

クレジットカード払いであれば、結婚式場への支払いはカード会社が代行します。登録したお支払い口座からの引き落としに、ご祝儀を充てることができれば、負担を軽減することができますね。さらに、分割払いやリボ払いと、後から支払い方法を選ぶことができます。

ポイントが貯まる

結婚式や関連イベントは、合計すると大きな出費となります。カード払いにすると、カードの利用ごとにポイントを貯めることができるのでお得です。
例えば、ポイント還元率0.5%のカードで結婚式の費用200万円を支払った場合、1万円分のポイントを獲得することができます。貯まったポイントは、新生活用の家電を購入したり、マイルに交換して新婚旅行に使ったりするなど、カードによってさまざまな使い道があります。

結婚式の費用をクレジットカードで払うデメリット

支払いを後払いにできたり、ポイントが貯まったりするなど、メリットの多いカード払いですが、デメリットもあります。以下の点に注意しましょう。

利用限度額を超える支払いはできない

クレジットカードはご契約者ごとに利用可能な金額の上限が設定されています。この利用限度額を超えての支払いはできません。結婚式に関する費用は高額なことが多いので、短期間に支払いが集中して利用限度額を超える可能性もあります。
結婚式の費用を支払うカードと同じもので、新婚旅行や引越しの費用も支払いたい場合には、とくに注意が必要です。

クレジットカードの利用限度額を一時的に引き上げるには

結婚式などの高額な支払いに備えて、一時的に利用限度額を引き上げることもできます。利用限度額の引き上げは、継続的な引き上げと一時的な引き上げの2種類です。

利用限度額の引き上げの方法

日常生活でクレジットカードの利用が増え、長期的にクレジットカードの利用頻度が多くなる場合は、継続的な引き上げを選ぶと良いでしょう。一方、結婚式や新婚旅行など、短期的に大きい金額を支払うことが目的なら、一時的な引き上げを選ぶのがおすすめです。

利用限度額の引き上げの申し込み方法は、カード会社によっても異なりますが、多くは電話やインターネットでのお申し込みです。また、利用限度額の引き上げにはカード会社によって審査があり、審査には一定の時間がかかることもあるので、注意しましょう。利用限度額を引き上げておくことを忘れてしまい、振り込みで支払うことになった方もいます。

三井住友カードの「カード利用枠の引き上げ」の、「一時的な引き上げ」では、利用する予定日の1ヵ月前から、1万円単位で申し込むことができます。三井住友カードにおける一時的な引き上げ可能額は、現在の利用額の2倍程度、かつ引き上げ後の利用枠が300万円までです。

  • ※事前にご自身の現在のご利用枠とご利用可能額をご確認ください。
  • ※勤務先などに変更がある場合には、変更手続きをしてください。
  • ※引き上げ申請は、必ずしも審査が通るというわけではありません。

結婚式でクレジットカードを利用する際の注意点

結婚式の費用をクレジットカードで支払う場合には、以下の3点に注意が必要です。

結婚式でクレジットカードを利用する際確認すべきこと

  • そもそもクレジットカードで支払える式場か
  • カード決済のタイミングはいつか
  • 結婚式費用を支払う同月に大きい支払いがないか

クレジットカードで支払える式場かを確認する

カード払いに対応しているかどうかは、結婚式場によっても異なります。式場によっては現金払いのみ受け付けていることもあるため、事前に確認が必要です。会場見学の際や本契約前に必ず確認しましょう。

式場にカード決済のタイミングを確認する

結婚式費用をカード決済するタイミングは、式場によって異なります。式場への支払いタイミングのおもなパターンは「先払い」「一部先払い」「当日払い」「後払い」の4つですが、カード決済をする時期がいつなのかを事前に確認しておきましょう。

カード決済日に間に合うように、利用限度額の一時引き上げの手続きも必要となります。もし、利用限度額を引き上げることができなかったり、引き上げても不足したりする場合は、複数枚クレジットカードを利用するなどの対策が必要です。

結婚式の費用を支払う同月に、ほかの支払いがないかを確認する

結婚式の費用を支払う同月に、新婚旅行や引越しの代金もクレジットカード払いにしている場合、支払い金額が高額になってしまいます。利用限度額を超えてしまうこともあるので、必ず事前に確認をしましょう。利用限度額の一時的な引き上げを検討するのもひとつの方法です。

また、リボ払いや分割払いなど、複数回に分けて支払う方法もありますよ。

結婚で想定される、そのほかの出費

いざ結婚となると、結婚式の費用のことを中心に考えてしまいがちですが、実際には結婚式以外にもさまざまな場面でお金がかかります。

婚約指輪・結婚指輪の購入/平均60万4,000円

プロポーズで婚約指輪を渡したり、夫婦でペアリングとして結婚指輪を購入したり。そんな大切な買物である婚約指輪は、全国平均35万円、結婚指輪(2人分)は全国平均25万4,000円です。

結婚式前の両親との食事会/平均6万4,000円

結婚前に、両家の顔合わせのための食事会を開きます。この食事会の費用は、全国平均6万4,000円です。開催時期は各ご家庭によって異なりますが、挙式の約10ヵ月前に行うことが多いようです。

ブライダルエステ/平均8万9,000円

一生の思い出になる大切な結婚式。お気に入りのドレスを着るために、エステサロンで、フェイシャルトリートメントやボディケアのコースを契約する方も多いでしょう。このブライダルエステにかかる費用は、全国平均8万9,000円です。

結婚式の二次会/平均20万4,000円

結婚式の二次会費用は、会場や規模によっても変わりますが、全国平均20万4,000円です。ただし、一般的には参加者からの会費を受け取るため、新郎新婦の衣装代やゲストへのギフト代のみを負担するというのが一般的です。

新婚旅行(お土産代を含む)/平均34万6,000円

夫婦の大切な思い出となる新婚旅行の費用は、全国平均29万9,000円。お土産代は全国平均4万7,000円です、新婚旅行とお土産の費用を合わせると、全国平均34万6,000円になります。
近年、新型コロナウイルスの影響もあり、新婚旅行にかける費用は例年よりも下がっていました。今後の収束状況により、海外旅行に行く方が増えれば、平均費用も増えるでしょう。

上記すべての全国平均金額を合わせると、130万7,000円の費用がかかることになります。また、先述しましたが、挙式、披露宴・ウエディングパーティを合わせた金額は、全国平均292万3,000円です。これらをすべて合計すると、全国平均423万円になります。
423万円をクレジットカードで支払うと、ポイントの還元率が0.5%のカードの場合、2万1,150円分のポイントを貯めることができる計算です。現金で支払うよりもお得ですね。

そのほか、結婚式では、遠方から列席する人の交通費や宿泊費である「車代」がかかる方もいます。
車代は、ほとんどのカップルに1名以上の該当者がおり、交通費の場合は片道分の代金を支払うというのが一般的です。ただし、ご両親の意向によっては、遠方からの親族分は宿泊もすべて手配する方も珍しくありません。さらに新婦のネイル代、主賓や受付者へのお礼、心付けなども出費がかさむポイントです。
このように、ご家庭によっては、さらにさまざまな出費が想定されます。クレジットカードで支払えるものに関しては、カード払いにしておくのがおすすめですよ。

  • ※別ウインドウで「ブライダル総研」のウェブサイトへ遷移します。

結婚後にもクレジットカードは便利

結婚費用だけでなく、日常の買物、ネットショッピング、公共料金もクレジットカードで支払うことができます。さまざまな支払いを、現金や口座引き落としからクレジットカード払いに変更すれば、カード会社のポイントも貯まります。

また、大きな病院でもクレジットカード払いを選択できるところが増えてきています。人間ドックや出産費用などもクレジットカードで支払えばポイントが貯まってお得です。
そのほか、定期代などの交通費のお支払いや、家賃もクレジットカード払いができるところがあります。日常のお支払いをクレジットカードにすることで「ご利用代金明細書」が家計簿代わりになり、出費が分かるため便利です。

三井住友カードでは、次回のお支払い金額の確定内容をメールでお知らせし、ウェブで明細をご確認いただけるサービスを提供しています。ウェブ上で明細の管理ができ、いつでもどこでも確認することができとても便利です。

  • ※システム障害・メンテナンスなどによりご利用できない場合もあります。

クレジットカードを選ぶポイント

日常のさまざまな費用をクレジットカードで支払うと、さまざまなメリットがあることがわかりました。ここではクレジットカードの選び方として「ポイント還元率」「旅行に関するサポート」「年会費」の3つをご紹介します。

クレジットカードを選ぶ3つのポイント

ポイント還元率

カード会社独自のポイントを獲得できる点は、クレジットカード払いにすることの大きなメリットです。せっかくクレジットカードを作るなら、できるだけポイント還元率が高いクレジットカードを選びましょう。ポイント還元率は「利用金額に対して、何%のポイントを獲得できるか」を示した数値です。

例えば、結婚式の費用で100万円を支払ったとしましょう。還元率が0.5%の場合、現金5,000円分に相当するポイントが受け取れます。一方、還元率が1%であれば1万円相当のポイントが貯まる計算です。

旅行に関するサポート

結婚式後に新婚旅行を検討しているなら、旅行に関するサポートが充実したクレジットカードがおすすめです。カードによっては海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯しているので、安心して旅行に行くことができますよ。

ただし、カードを保有しているだけで補償されるとは限りません。「自動付帯」のカードであれば、保有しているだけで補償されますが、「利用付帯」の場合は海外旅行の航空チケットやツアー代金などを、該当のクレジットカードで支払う必要があります。

年会費

毎年の支払いが必要になる年会費は、クレジットカードごとに設定が異なります。同じサービスを受けられるなら、できるだけ年会費が安いクレジットカードがおすすめです。なかには年会費が無料のクレジットカードもあり、維持費を大きく削減できてお得です。

無条件で年会費が永年無料のカードのほかに、「年間〇万円以上の支払い」といった条件をクリアすれば無料になるタイプもありますよ。

結婚費用の支払いにおすすめの三井住友カード

ここでは、カードで買物をする機会が多い方におすすめの三井住友カードを、3つご紹介します。年間のカード払いの合計金額に応じて、お得な特典のあるカードもありますよ。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があります。

20歳から持てるおトクなゴールドカード

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド
(NL/ナンバーレス)

年会費:5,500円(税込)

条件付きで永年無料

限度額:~200万円

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~5%

三井住友カード ゴールド
(NL/ナンバーレス)

20歳から持てるおトクなゴールドカード

三井住友カード ゴールド(NL)
年会費
限度額
国際ブランド
ポイント還元率
5,500円(税込)
条件付きで永年無料
~200万円
visa/masterロゴ
0.5%~5%

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で
最大26,000円相当プレゼント!

新規入会&条件達成で
最大26,000相当
プレゼント!

すべての条件達成でVポイントとVポイントギフトを合算した最大26,000円相当をプレゼントします。実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

年間100万円のご利用で
翌年以降※1

年会費永年無料

対象のコンビニ・
飲食店のご利用で※2

最大5還元

年間100万円のご利用で
毎年プレゼント※1

10,000ポイント

※1

対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。三井住友カード プラチナプリファードも、券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレスカードです。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。
ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する方におすすめです

ポイント特化型のプラチナカード

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード
プラチナプリファード

年会費:33,000円(税込)

限度額:~500万円

国際ブランド:visaロゴ

ポイント還元率:1%~10%

三井住友カード
プラチナプリファード

ポイント特化型のプラチナカード

三井住友カード プラチナプリファード
年会費
限度額
国際ブランド
ポイント還元率
33,000円(税込)
~500万円
visaロゴ
1%~10%

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で
最大71,000円相当プレゼント!

新規入会&条件達成で
最大71,000相当
プレゼント!

すべての条件達成でVポイントとVポイントギフトを合算した最大71,000円相当をプレゼントします。実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

三井住友カードつみたて
投資で
Vポイントが貯まる

積立額の5.0

毎年、継続利用で※1

最大40,000ポイント

特約店の利用で
獲得ポイント※2

最大+9%

※1

毎年、前年100万円(税込)ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2

特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)

「三井住友カード(NL)」は年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでの買物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

三井住友カード(NL)

三井住友カード
(NL/ナンバーレス)

年会費:永年無料

限度額:~100万円

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~5%

三井住友カード
(NL/ナンバーレス)

年会費永年無料のナンバーレスカード!

三井住友カード(NL)
年会費
限度額
国際ブランド
ポイント還元率
永年無料
~100万円
visa/masterロゴ
0.5%~5%

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で
最大23,000円相当プレゼント!

新規入会&条件達成で
最大23,000相当

プレゼント!

すべての条件達成でVポイントとVポイントギフトを合算した最大23,000円相当をプレゼントします。実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

対象のコンビニ・
飲食店のご利用で※1

最大5還元

即時発行可能!

最短5

海外旅行傷害保険※2

最高

2,000万円

海外旅行傷害保険※2

最高2,000万円

※1

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2

事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

クレジットカードを活用して結婚費用を節約しよう

結婚式にかかる費用をクレジットカード払いにすると、支払いを実質的に後払いにすることができます。ご祝儀を支払いに回して費用負担を抑えることも可能です。
さらにカード会社のポイントを貯めることができるのも大きなメリットです。新婚旅行や結婚指輪などの費用もカードで支払えば、たくさんポイントが貯まり、結果的に家計の節約にもつながりますよ。支払い方法を現金や振り込みからクレジットカード払いに切替えて、結婚費用を効率良く節約しましょう。

よくある質問

Q1.結婚式の費用はクレジットカードで支払える?

結婚式の費用は式場によってはクレジットカード払いも可能です。クレジットカードの場合、カード会社への支払いは後払いになるため、支払いまでの期間に余裕ができます。カード決済後からお支払い前までの期間に結婚式を挙げることで、ご祝儀をお支払いに充てることもできます。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.結婚式の費用をクレジットカード払いにするメリットは何ですか?

クレジットカード払いは、カード会社への支払いが後払いになるので、支払いまでの期間にゆとりが持てるメリットがあります。また、カード会社のポイントを貯めることもできて、お得ですよ。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.結婚式の費用をクレジットカード払いにする際の注意点は?

クレジットカード払いができるかは、式場によっても異なります。ご希望の式場でクレジットカード払いができるかを、事前に確認することが必要です。また、支払いのタイミングも「先払い」「一部先払い」「当日払い」「後払い」のいずれにあたるか確認しましょう。
結婚式の費用を支払う同月に、新婚旅行や引越しの代金もクレジットカード払いにしている場合、支払い金額が高額になります。このような場合、利用限度額の一時的な引き上げを検討するのも手です。

詳しくは以下をご覧ください。

  • ※2022年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。
買物マーク
スラッシュ スラッシュ

お買物や旅行でのご利用には
三井住友カードがおすすめ!

スラッシュ スラッシュ

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事

    • あなたのタビをサポートします。海外旅行準備・持ち物ガイド【タビサポ】

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • あなたのタビをサポートします。海外旅行準備・持ち物ガイド【タビサポ】

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。