これで安心・安全!ワンタイムパスワードについて

安心のセキュリティ対策これで安心・安全!ワンタイムパスワードについて

インターネット上でクレジットカードを使う場合は、安全性や信頼性は誰もが気になるところです。利用したネットショップのセキュリティ対策が万全でなかった場合は、最悪の場合、情報漏洩やクレジットカードの不正利用などの被害に遭う可能性はゼロではございません。

こうした危険に対する救世主として登場したのが「ワンタイムパスワード」という安全性の高い認証方式です。今回は、このワンタイムパスワードについて、詳しく解説していきます。

Topics
1ワンタイムパスワードとは
2ワンタイムパスワードの必要性
3ワンタイムパスワードを提供する方法
4ワンタイムパスワードで安心・安全なインターネットライフを!

ワンタイムパスワードとは

「ワンタイムパスワード(one time password)」はその名の通り、一度限りしか使えない使い捨てパスワードのことです。

これまで主流だった毎回同じパスワードを入力する「固定パスワード(静的認証)」は、パスワードの使い回しや情報漏洩などによって第三者に不正利用されてしまうリスクがありましたが、動的認証のワンタイムパスワードであれば、60秒ごとに使い捨ての新しいパスワードが生成されるため、万が一漏洩してしまっても第三者に不正利用される心配はございません。

さらに、固定パスワードは、

  • パスワードそのものを記憶しておく必要がある
  • それらパスワードをサイトごとに使い分ける必要がある
  • 定期的に変更する必要がある

など安全性を確保するために必要なことがありますが、ワンタイムパスワードはその必要がなく大変利便性の高い認証システムとなっています。

Topicsへ戻る

ワンタイムパスワードの必要性

ネットショッピングをはじめとするインターネット上でのクレジットカード決済ではクレジットカードを提示する必要がございません。いわゆる非対面取引「CNP(Card Not Present)」とよばれるもので、クレジットカード番号と有効期限を入力するだけで手軽に決済ができるのが魅力の取引形式です。

その一方で、決済の際にクレジットカードを提示する必要がない非対面取引は、なりすましによる不正取引増加の一因にもなっています。こうした不正利用対策の1つとして導入されるようになったのが「3Dセキュア」とよばれる本人認証です。

カード番号や有効期限などのほかに、事前にカード会社へ登録して取得したパスワードを決済時に入力することで、本人であることを確認します。

クレジットカード業界では、これまでも3Dセキュアを導入していましたが、それでもフィッシング詐欺や不正アクセスなどによるパスワードの漏洩により、不正にカード情報が使用される事案が多発したこともあり、これまでの3Dセキュアにワンタイムパスワードを導入することでセキュリティの強化が図れます。

Topicsへ戻る

ワンタイムパスワードを提供する方法

ここで、ワンタイムパスワードのしくみを確認しましょう。ワンタイムパスワードを提供するためのデバイスは大きくわけて「(1)ハードトークン」、「(2)ソフトトークン(スマートフォン)」の2種類があります。「(3)メール送信」で提供することもできます。以下で詳しく説明します。

(1)ハードトークン

キーホルダーサイズやカード型の装置で、ディスプレイ部分にワンタイムパスワードが表示されます。お申し込みをした方ひとりずつに配布されますが、外で利用する場合は持ち運びする必要があるため、利便性の低下や紛失のリスクがあるというデメリットもあります。

(2)ソフトトークン(スマートフォン)

スマートフォン端末(ソフトトークン)のアプリを利用してワンタイムパスワードを表示します。ハードトークンを持ち運びしなくてもスマートフォンを持っていればどこでもワンタイムパスワードを利用できるのがメリットです。

(3)メール送信

事前に登録したアドレスにワンタイムパスワードを送信してもらうこともできます。アプリのダウンロードやトークンの持ち運びは不要ですが、ウィルス感染による漏えいのリスクがあります。

三井住友カードでは、利便性とセキュリティの高さから、(2)ソフトトークン(スマホアプリ)を採用しています。

Topicsへ戻る

ワンタイムパスワードで安心・安全なインターネットライフを!

ワンタイムパスワード イメージ

上記のとおり、ワンタイムパスワードを使えば安心・安全な環境の中でインターネットショッピングをすることができます。

三井住友カードでは、クレジットカード決済におけるスマホアプリを用いたワンタイムパスワードの導入を国内で初めて導入しております。

弊社会員のみなさんで、スマートフォンを持ってさえいれば登録料も利用料も無料ですので、ぜひワンタイムパスワードをご利用ください。

ご利用の場合は、インターネットサービス「Vpass」の専用ページよりお申し込みいただく必要があります。

ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」アプリ

Topicsへ戻る

今回の記事のまとめ

ワンタイムパスワードとは
  • 安心・安全で利便性の高い認証システム
ワンタイムパスワードを提供する方法
  • ハードトークンを利用
  • ソフトトークン(スマートフォン)を利用
  • メールでパスワードを受信

三井住友カードではソフトトークン(スマートフォン)を利用

ワンタイムパスワードを利用する方法
  • Vpass会員登録後、専用ページよりお申し込み

インターネットからのクレジットカードお申し込みは、最短3営業日で発行!

インターネットでクレジットカードをお申し込みいただくと、最短3営業日でカードを発行し、約1週間で到着いたします。お引き落し口座の設定もインターネット上でご設定いただけますので、署名・捺印の手間もなく簡単です。

お申し込みの内容やカードによって、3営業日で発行できない場合もございます。

三井住友カードおすすめクレジットカード

この記事を共有する

合わせて読みたいおすすめのクレジットカード記事

  • 盗難紛失にあっても安心!クレジットカードの最強防衛術で不正使用を防ごう

    クレジットカードのセキュリティ対策を知れば意外と不安がなくなり、もっとカードライフを楽しむことが出来るかもしれません。今回は、クレジットカードを使う時に知っておきたい、三井住友カードのセキュリティ対策をご紹介します。

    安心のセキュリティ対策
    盗難紛失にあっても安心!クレジットカードの最強防衛術で不正使用を防ごう
    盗難紛失にあっても安心!クレジットカードの最強防衛術で不正使用を防ごう

安心のセキュリティ対策の
他の記事を見る

お得なクレジットカード入会キャンペーン