ゼロからはじめるクレジットカード
お得なポイント還元率・特典
クレジットカードの年会費とは?年会費無料のメリットを解説

お得なポイント還元率・特典

クレジットカードの年会費とは?年会費無料のメリットを解説

クレジットカードの年会費とは?年会費無料のメリットを解説

クレジットカードの年会費には、無料のものもあれば、条件付きで無料または割引となるもの、そして有料なものがあります。
今回は、クレジットカードの年会費に関する基礎知識を解説します。年会費無料のカード選びのコツ、割引や条件によって年会費を無料にする方法などについても見ていきましょう。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードの年会費とは?

クレジットカードの年会費とは、そのクレジットカードを1年間使うために、カード会社へ支払う利用料金といえます。年会費の金額は、カード会社やクレジットカードの種類によってさまざまです。

基本的には、「一般カード」と呼ばれるクレジットカードは年会費無料や条件付きで無料のものが多いです。ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとグレードが上がるにつれて、年会費も数千円~数十万円と高くなる傾向にあります。年会費は毎年発生するものですので、手軽に利用しやすいのは、年会費無料のクレジットカードになるでしょう。

年会費無料にも種類がある

年会費無料にも、次のようにいくつかの種類があります。初年度だけ無料だったり、条件付きだったりする場合もあるため、しっかり把握しておきましょう。

・年会費が永年無料

クレジットカードによって、一度申し込むと、年会費が永年無料になるものがあります。
「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料のクレジットカードです。券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードになります。気軽に入会できるので、三井住友カード(NL)のご利用をぜひ検討してみてください。

・初年度無料

初年度だけ年会費が無料になり、翌年度以降は年会費が発生するクレジットカードもあります。

・条件付きで年会費無料

年間利用金額が一定額以上だったり、カード会社の関連サービスに登録したりすることで、年会費が無料になるクレジットカードがあります。クレジットカードの利用回数や利用金額に条件が設けられているケースが多いです。
例えば、満18歳~25歳向けの「三井住友カード デビュープラス」の場合、初年度の年会費が無料。翌年度以降も年1回のご利用で、年会費1,375円(税込)が無料となるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。

年会費無料のクレジットカードのメリット

年会費無料のクレジットカードには、コスト面やポイント還元、付帯保険において、下記のようにさまざまなメリットがあります。

年会費のコストがかからない

年会費無料のクレジットカードであれば、年会費というコストをかけずにクレジットカードの恩恵を得ることができます。年会費が有料のクレジットカードの場合は、利用していない場合でも年会費の支払いが発生しますので、気軽にクレジットカードを作れるのは大きなメリットです。

ポイントが還元される

年会費無料のクレジットカードでも、クレジットカード決済をすればカード会社のポイントが貯まります。同じ金額を払う場合でも、現金決済よりお得といえるでしょう。

年会費が永年無料の「三井住友カード(NL)」は、ポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5%(※2)のポイント還元となります。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

旅行傷害保険、特典が付帯されている

年会費無料のクレジットカードの中には、旅行中の病気やケガなどに備えられる国内・海外旅行傷害保険が付帯するものもあります。旅行傷害保険が自動付帯されるクレジットカードであれば、クレジットカードを持っているだけで保険に加入でき、特別な手続きはいりません。
また、特定の提携店舗などで利用できる割引サービスや特典が付帯する年会費無料のクレジットカードもありますので、ぜひチェックしてみましょう。

年会費無料のクレジットカードの気になるところ

年会費無料のクレジットカードだと、少し不安になることもあるかもしれません。気になる点についてまとめました。

年会費無料だとサービスの質は低い?

年会費が無料だからといって、クレジットカードの基本的な機能が不足していることはありません。年会費の金額を問わず、支払いにクレジットカードを使うことができますし、各カード会社のポイントサービスも利用することができます。また、優待サービスや特典が付帯しているものがあり、現金払いよりもお得にお買物を楽しむことができます。
基本的な機能が使えれば十分という人や、ゴールドカード・プラチナカードならではのステータス性の高さを求めない人は、年会費無料のクレジットカードでも十分クレジットカードのメリットを実感できるでしょう。

年会費無料でも発行手数料はかかる?

年会費が無料でも、クレジットカードの発行手数料がかかるということは、原則ありません。ただし、クレジットカードによっては、まれに「解約手数料」が発生することがあります。また、もし盗難や紛失に遭った場合は、再発行の手数料が求められるケースもあるため事前に必ず確認しておきましょう。

セキュリティに問題はない?

年会費無料だからといって、同じカード会社のほかのクレジットカードよりセキュリティが低いということはありません。
ただし、カード会社ごとにセキュリティ面の充実度やサービスは異なるため、クレジットカード選びでは年会費だけでなく、安全に利用できそうかという点も重視することが大切です。

年会費無料のクレジットカードを作る際の注意点

年会費無料のクレジットカードであっても、思わぬところで費用が発生するケースがあります。年会費無料のクレジットカードを作る際は、次のような点に注意しましょう。

年会費有料のクレジットカードへ切替わる場合がある

学生向けクレジットカードや、若者向けのクレジットカードは、特に年会費無料のものが多くなっています。しかし、卒業や一定の年齢を超えてクレジットカードが自動的に切替わると、年会費が発生するケースがあるため注意しましょう。

家族カードを作ると発行手数料や年会費が発生する場合がある

クレジットカード本体(本カード)の年会費が無料だとしても、家族カードやETCカードを追加発行する場合、発行手数料や年会費がかかることがあります。家族カードやETCカードを別途発行する際は、手数料や年会費についても確認しておきましょう。

年会費無料のクレジットカードの選び方

年会費無料のクレジットカードを選ぶ際は、利用したい特典やサービスが付帯するかをチェックしてみることをおすすめします。また、お得かどうかだけでなく、セキュリティサービスの充実度や不正利用発生時の損害補償などを重視することも大切です。
年会費無料のクレジットカードを選ぶ場合に限らず、クレジットカードを選ぶ際は、クレジットカードの用途やライフスタイル、よく使うお店・サービスなどをもとに決めるといいでしょう。例えば、どれだけ特定の店舗の特典や旅行傷害保険が充実したクレジットカードでも、その特典を利用できるお店をまったく利用しなかったり、旅行しなかったりした場合は、そのクレジットカードのメリットを活かすことはできません。
クレジットカードを作る目的や優先したい条件を明確にしたうえで、ご自身にぴったりのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

三井住友カードでおすすめしたい!年会費無料のクレジットカード

ここで、三井住友カードが提供する数多くのクレジットカードの中から、無条件あるいは条件付きで年会費無料となるクレジットカードをご紹介しましょう。いずれもバランスのとれた機能とサービスを備えていますので、個別のページで詳細を確認し、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのクレジットカードです。三井住友カード(NL)の特典として、ポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5%(※2)のポイント還元となります。

例えば、三井住友カード(NL)のVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで、月5,000円分を対象のコンビニで利用した場合、250ポイントが付与されることになります。さらに、クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズに。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、ポイントを貯めるにはおすすめのカードです。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるのでおすすめです。加えて、入会後3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどおトクなクレジットカードです。
年会費は、満18歳~25歳であれば初年度は無料。翌年度以降も年1回のご利用で、年会費1,375円(税込)が無料となるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。

  • ※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード RevoStyle

三井住友カード RevoStyle

リボ払いを多く利用される方には、年会費永年無料のリボ専用カード「三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)」がおすすめです。
「三井住友カード RevoStyle」のリボ払い手数料率は、なんと一桁台の9.8%です。
さらに、リボ払い手数料のご請求がある月は、通常ポイントに加えてご利用金額200円(税込)につき+0.5%ポイント還元されるため、Vポイントが貯まりやすく大変お得です。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カードデビュープラス
三井住友カード
デビュープラス
三井住友カードRevoStyle(リボスタイル)
三井住友カード
RevoStyle
(リボスタイル)
初年度年会費 無料 無料 無料
翌年度以降
年会費
永年無料 1,375円(税込)
条件により無料

  • ※前年1回以上の利用で無料

永年無料
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=2~5ポイント貯まる

  • ※5ポイント貯まるのは入会後3ヵ月間です。

200円(税込)=1ポイント貯まる
リボ払い手数料請求月は200円(税込)=2ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満18歳~25歳の方
(高校生は除く)
満18歳以上の方
(高校生は除く)

年会費を割引または条件によって無料にする4つの方法

クレジットカードの年会費については、割引特典を用意しているカード会社も多いです。せっかくクレジットカードを作るのならば、こうした割引サービスもきちんと活用していきたいところ。
ここからは、三井住友カードの年会費を、割引や条件によって無料にできる方法についてご紹介します。

1 インターネット入会で初年度年会費が無料になるクレジットカード

インターネットから三井住友カードへの入会手続きをすると、初年度の年会費が無料になるクレジットカードがあります。ただし、三井住友カード プラチナやプラチナプリファード、提携カードは対象とはなりません。また、新規入会キャンペーンを実施している場合は、新規入会後のクレジットカードのご利用で特典があるケースもあります。

2 WEB明細の利用で翌年度年会費が最大1,100円(税込)割引

「WEB明細」は、紙の利用代金明細書に代えて、次回お支払い金額の確定をメールでお知らせし、WEBで明細を確認いただくサービスです。
このサービスを利用し、一定の条件を満たすことで、年会費割引特典が受けられます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
三井住友カード プラチナ
三井住友カード ゴールド
三井住友カード プライムゴールド
1,100円(税込)
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード ゴールド(NL)
割引対象になりません
その他カード 550円(税込)
  • ※一部の提携カード・法人カード会員の方はお申し込みいただけません。
  • ※一部のカードは年会費割引対象となりません。
  • ※本会員の方のみお申し込みになれます(家族カード、リボ専用カード、ETC専用カードなどは対象となりません)。
  • ※年会費請求前月を含む過去1年間のカードご利用代金請求(最大12回)のうち、6回以上請求のある方が対象となります。
  • ※お支払い日が10日のカードは年会費請求前月17日の2営業日前、お支払い日が26日のカードは年会費請求当月2日の2営業日前が対象となります。

3 「マイ・ペイすリボ」のお申し込みと前年のリボ払い手数料の支払いで年会費が無料または半額・割引

「マイ・ぺイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば翌年度年会費が無料または半額・割引になります。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
三井住友カード(一般)
三井住友VISAバーチャルカード
無料
三井住友カード ゴールド
三井住友カード プライムゴールド
半額
一部の提携カード 割引
  • ※三井住友カード プラチナ、プラチナプリファード、三井住友カード ゴールド(NL)は対象となりません。
  • ※各種年会費、弊社情報誌定期購読料、一部の保険料およびリボ払い・分割払い・キャッシングリボのお支払い分、PiTaPaのご利用分などは、本サービスにおけるカードご利用条件の対象とはなりません。

「マイ・ペイすリボ」とは、毎月の支払金額を自分で設定する、いわゆる「リボ払い」サービスのことです。買物をする際にリボ払いと店員に伝えなくても、支払いがすべてリボ払いになります。
リボ払いになると手数料が発生しますが、手数料が発生したご請求月のクレジットカードご利用代金については、Vポイントが+0.5%還元となります。
毎月の最低支払金額は5,000円(税込)から、三井住友カード プラチナ、ゴールド、ゴールド(NL)、プライムゴールド会員は1万円(税込)から設定でき、利用分の「全額でも一部でも」、都合に合わせて支払いができます。

4 前年度のクレジットカードご利用金額に応じて翌年度の年会費が無料・半額

前年度のクレジットカードご利用金額および、クレジットカードの種類に応じて、翌年度の年会費の割引特典を受けられます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
対象カード 前年度(前年2月~当年1月)
お支払いのお買物累計金額
100万円以上
300万円未満
300万円以上
三井住友カード ゴールド
三井住友カード プライムゴールド
次回年会費が20%引 次回年会費が半額
三井住友カード ゴールド(NL) 次回より年会費永年無料 次回より年会費永年無料
それ以外のカード 次回年会費が半額 次回年会費が無料
  • ※三井住友カード プラチナ、プラチナプリファード、法人カード、提携カードなどは対象となりません。
  • ※各種年会費、弊社情報誌定期購読料、一部の保険料およびリボ払い・分割払い・キャッシングリボのお支払い分などは、本サービスにおけるクレジットカードご利用条件の対象となりません。

クレジットカード選びに迷ったら、年会費無料のものがおすすめ

年会費無料のクレジットカードは、コストをかけずにクレジットカードの基本的な機能を利用することができるため、初めてクレジットカードを持つ人に向いています。クレジットカード選びに迷ったら、まずは年会費無料のクレジットカードを選んでみるといいでしょう。
年会費がかかるクレジットカードにする場合も、割引や無料サービスを受けるための条件がないか確認してみることをおすすめします。

よくある質問

Q1:クレジットカードの年会費とは?

クレジットカードの年会費とは、そのクレジットカードを1年間使うために、カード会社へ支払う利用料金といえます。年会費の金額は、カード会社やクレジットカードの種類によってさまざまです。

Q2:年会費無料のクレジットカードのメリットは?

年会費というコストをかけずに、クレジットカードを作ることができます。また、同じ金額を払う場合でも、現金決済よりお得といえるでしょう。

Q3:年会費無料だとサービスの質は低い?

年会費が無料だからといって、クレジットカードの基本的な機能が不足していることはありません。年会費の金額を問わず、支払いにクレジットカードを使うことができますし、各カード会社のポイントサービスも利用することができます。

  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードの年会費とは?

  • クレジットカードを1年間使うためにカード会社へ支払う利用料金
  • カード会社やクレジットカードの種類によって年会費の金額はさまざま

年会費無料にも種類がある

  • 年会費が永年無料
  • 初年度無料、翌年度以降は年会費が発生
  • 条件付きで年会費無料

年会費無料のクレジットカードのメリット

  • コストをかけずにクレジットカードを利用できる
  • ポイント還元を受けることができる
  • 旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードがある

年会費無料のクレジットカードの気になるところ

  • 年会費無料だとサービスの質は低い?
  • 年会費無料でも発行手数料はかかる?
  • セキュリティに問題はない?

年会費無料のクレジットカードを作る際の注意点

  • 学生カードなどの場合、年会費が有料のクレジットカードへ切替わる場合がある
  • 家族カードやETCカードを作ると発行手数料や年会費が発生する場合がある

年会費無料のクレジットカードの選び方

  • 利用したい特典やサービスが付帯するものがあるかをチェック
  • セキュリティも重視する

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!