ゼロからはじめるクレジットカード
お得なポイント還元率・特典
スマホ決済とは?クレジットカード登録でお得になる方法を解説

お得なポイント還元率・特典

スマホ決済とは?クレジットカード登録でお得になる方法を解説

スマホ決済とは?クレジットカード登録でお得になる方法を解説

スマホ決済とは、スマートフォンを通した決済サービスのこと。スマホ決済にクレジットカードを登録すれば、ポイントが貯まりやすくなるといったメリットがあります。
ここでは、キャッシュレス化を加速させるスマホ決済について解説するほか、クレジットカードを登録する方法をご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

スマホ決済とはスマートフォンのアプリを使った決済手段

スマホ決済は、キャッシュレス決済のうちのひとつで、スマートフォンにインストールした専用アプリを使って決済を行います。スマートフォンだけで決済が完了するため、財布を取り出す、現金を探す、お釣りをもらうといった一連の動作が発生せずに、スムーズな会計ができます。
スマホ決済は大きく分けると、「コード決済」「非接触IC決済」の2つがあります。まずは、それぞれの決済方法について解説しましょう。

コード決済

コード決済とは、QRコードあるいはバーコードを利用した決済方法です。コードに、店舗側の情報や、利用者側の支払い情報などを紐付けて、利用金額とともにコードを通して読み込むことで、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされるしくみです。LINE Pay、PayPay、メルペイ、d払い、楽天ペイなどが、コード決済に該当します。

決済方法は、ストアスキャン方式とユーザースキャン方式があります。ストアスキャン方式は、利用者のアプリに表示されるコードを、店舗側のバーコードリーダーで読み込んで決済する方法です。ユーザースキャン方式は、店舗の端末画面あるいは紙に表示されているコードを、利用者のアプリから読み込んで決済する方法です。

非接触IC決済

非接触IC決済とは、ICカードやICチップ内臓のスマートフォンによる無線通信を利用した決済方法です。専用端末にスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。
SuicaやQUICPay、iDといった電子マネーや、これら電子マネーをアプリ上で使用できるおサイフケータイ、Apple Pay、 Google Pay™ などが、非接触IC決済に該当します。

クレジットカードとスマホ決済を組み合わせるメリットは?

スマホ決済の大きなメリットのひとつが、クレジットカードと連携できる点です。スマホ決済とクレジットカードを連携することで、手軽にクレジットカード決済を利用することができ、ポイントが貯まりやすくなります。

スマホ決済とクレジットカードを連携する場合は、三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)をぜひご利用ください。「三井住友カード(NL)」は、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードで、しかも年会費が永年無料です。
三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)の特典として、ポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5%(※2)のポイント還元となります。
例えば、三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)のVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで、月5,000円分を対象のコンビニで利用した場合、250ポイントが付与されることになります。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

実際に、スマホ決済とクレジットカードを連携することにメリットを感じている人は多く、株式会社GVが運営する、お金の情報サイト「まねーぶ」の利用動向調査では、「41.3%がクレジットカードとスマホ決済の組み合わせ利用をしている」と回答しています。
また、スマホ決済とクレジットカードを連携する理由として最も多いのが、「ポイント還元率が高いため」でした。回答者の約7割が連携によるポイント還元率アップを目的に、スマホ決済とクレジットカードを連携していることがわかります。

■クレジットカードとスマホ決済を組み合わせる理由

クレジットカードとスマホ決済を組み合わせる理由

  • ※株式会社GV「まねーぶ」調べ(2020年4月2日(木)~4月8日(水))
  • ※別ウインドウでまねーぶのウェブサイトへ遷移します。

調査を監修した一般社団法人クレジットカードアドバイザー協会によれば、「クレジットカード払いによる恩恵と〇〇Payのポイントバックの恩恵の2つを同時に取得するという現象(ポイントの二重取り)が起き、クレジットカードとスマホ決済の組み合わせの方法が広く知られることとなりました」と、その背景を分析しています。

スマホ決済にクレジットカードを登録する方法

スマホ決済は、支払いが発生するタイミングによって、「前払い式(プリペイド)」「即時払い式(リアルタイムペイ)」「後払い式(ポストペイ)」に分かれます。
コード決済とクレジットカードを連携させる場合、クレジットカード同様に後払い式(ポストペイ)となります。

スマホ決済とクレジットカードを連携させるには、まずは利用するコード決済サービスのアプリ画面で、クレジットカード追加を選んでください。その後、クレジットカードの会員番号やセキュリティコードを入力し、利用規定に同意することで、スマホ決済とクレジットカードが連携されます。

スマホ決済の種類およびクレジットカードの登録可否

スマホ決済にはさまざまな種類がありますので、利用者多いサービスをご紹介します。また、スマホ決済にはどのクレジットカードが連携できるのか、それぞれ確認していきましょう。

LINE Pay

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」が提供するモバイル送金・決済サービスです。アカウントで設定した銀行口座やコンビニなどから残高にチャージしてお支払いができるほか、年会費、手数料無料のバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を発行し、Apple Payや Google Pay に設定すればかざすだけの非接触決済でお支払いができます。

クレジットカードとの連携は、「Visa LINE Payクレジットカード」をアカウントに設定することで、事前チャージ不要の「チャージ&ペイ」で後払いが可能になります。「チャージ&ペイ」のご利用では、LINEポイントクラブのマイランクに応じて、1%~最大3%のLINEポイントの還元を受けることができます。
また、「Visa LINE Payクレジットカード」をカードショッピングでご利用の際は、サービス初年度(2021年4月30日(金)まで)一律で3%のLINEポイント還元となります。

PayPay

PayPayは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が出資したPayPay株式会社が提供する決済サービスです。各種還元キャンペーンをする機会が多く、還元面に優れています。280万ヵ所以上の加盟店でご利用いただけます。
クレジットカードとの連携は、Visa、Mastercardといった国際ブランドのクレジットカードのほか、Yahoo! JAPANカード(Visa、Mastercard、JCB)が対応しています。

メルペイ

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」のコード決済サービスです。メルカリの売上金をそのまま実店舗で使用することができます。電子マネー「iD」が利用できる全国の店舗で使えます。また、後払いができるメルペイスマート払いが搭載されており、チャージレスで使った分だけ翌月に、まとめて支払うことができます。なお、連携できるクレジットカードはありません。

d払い

d払いは、株式会社NTTドコモによるスマホ決済サービスです。ドコモユーザーでなくても、dアカウントを登録することで、d払いを利用することができます。
支払い方法は、クレジットカード、携帯料金との合算払い、dポイントといった方法から選べます。
d払いには、国際ブランドのVisa、Mastercard、JCB、American Expressのクレジットカード、あるいはdカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)が登録できます。

楽天ペイ

楽天ペイ(アプリ決済)は、楽天会員が利用できるスマホアプリ決済サービスです。楽天ペイを使うと、決済に使ったクレジットカードのポイントに加え、楽天ポイントも加算されます。「楽天カード」で「楽天キャッシュ」にチャージ(0.5%)のうえ、お支払いの際に「楽天キャッシュ」を利用(1%)すれば、いつでも合計1.5%の還元が受けられます。貯まった楽天ポイントは、楽天ペイで使うことができるのもうれしい点です。
楽天ペイには、国際ブランドのVisa、Mastercard、JCB、American Expressのクレジットカード、あるいは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)が登録できます。

おサイフケータイ、Apple Pay、 Google Pay

非接触IC決済である、おサイフケータイ、Apple Pay、 Google Pay は、複数の電子マネーを一括管理して、チャージや支払いができるのが特徴です。
おサイフケータイ、Apple Pay、 Google Pay とクレジットカードを組み合わせる場合、対応しているクレジットカードを所有していることが条件となります。アプリ上でクレジットカード情報を登録するだけで、使用できます。

スマホ決済に登録するクレジットカードでおすすめの三井住友カードは?

スマホ決済に登録するのにおすすめしたい三井住友カードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードです。クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズに。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、ポイントを貯めるにはおすすめのカードです。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるのでおすすめです。加えて、入会後3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどお得なクレジットカードです。

年会費は満18歳~25歳であれば初年度は無料。翌年度以降も年1回のご利用で、年会費1,375円(税込)が無料となるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。

  • ※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつとして、新たに登場した「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。
また、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

  • 新規入会&利用特典40,000ポイント

ご入会月(切替え月)の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

  • 継続特典最大40,000ポイント

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント(最大40,000ポイント)

  • 外貨ショッピング利用特典+2%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント

  • ※海外でのご利用のみ対象

  • プリファードストア(特約店)+1~9%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント

  • ※これらの特典を受けるには一定の条件があります。詳細は以下ホームページをご確認ください。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カード デビュープラス
三井住友カード
デビュープラス
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード
プラチナプリファード
初年度年会費 無料 無料 33,000円(税込)
翌年度以降
年会費
永年無料 1,375円(税込)
条件により無料

  • ※前年1回以上の利用で無料

33,000円(税込)
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=2~5ポイント貯まる

  • ※5ポイント貯まるのは入会後3ヵ月間です

100円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満18歳~25歳の方
(高校生は除く)
原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)

よくある質問

Q1:スマホ決済とは?

スマホ決済とは、スマホを通して決済をすること。現金やクレジットカードを持たなくても、普段使っているスマホを使って商品を購入することができます。大きく分けると、コード決済、非接触IC決済の2つがあります。

Q2:スマホ決済にはどんな種類がある?

コード決済は、LINE Pay、PayPay、メルペイ、d払い、楽天ペイなどのサービスがあり、非接触IC決済は、おサイフケータイ、Apple Pay、 Google Pay などがあります。

Q3:スマホ決済にクレジットカードを登録するメリットは?

クレジットカードのポイントと、スマホ決済のポイント、ダブルで還元されるケースがあり得ます。また、少額決済でもスマートフォンを介したクレジットカード払いができ、手軽に利用できるのがメリットです。

スマホ決済で手軽にポイントを貯めよう

スマホ決済には、コード決済、非接触IC決済の2種類がありますが、どちらの方法もクレジットカードと組み合わせることができます。スマホ決済にクレジットカードを登録することで、ポイントが貯まりやすくなりますので、ぜひ活用してみてください。

  • ※Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
  • ※ Google Pay はGoogle LLCの商標です。
  • ※「iD」「dアカウント」「d払い」「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの商標です。
  • ※「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ※PayPayは、ヤフー株式会社の登録商標です。
  • ※「メルカリ」「メルペイ」は株式会社メルカリの登録商標です。
  • ※「楽天ペイ(アプリ決済)」は、楽天株式会社の登録商標です。
  • ※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

スマホ決済とは?

  • スマホ決済とは、スマートフォンを通して決済をすること
  • コード決済と非接触IC決済がある
  • コード決済とは、QRコードあるいはバーコードを利用した決済方法
  • 非接触IC決済とは、ICカードやICチップ内臓のスマートフォンによる無線通信を利用した決済方法

クレジットカードとスマホ決済を組み合わせるメリットは?

  • スマホ決済はクレジットカードと連携できる
  • ダブルでポイントが貯まるなどお得感が高い

スマホ決済にクレジットカードを登録する方法

  • 利用するコード決済サービスのアプリ画面で、「クレジットカード追加」を選ぶ
  • クレジットカードの情報として会員番号やセキュリティコードを入力する
  • 利用規定に同意したら、スマホ決済とクレジットカードが連携される

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!