ビジドラ起業家の経営をサポート

Powered by 三井住友カード

総務

すぐに使えて便利!レンタルオフィスのメリットと気になるデメリット

すぐに使えて便利!レンタルオフィスのメリットと気になるデメリット

起業にあたり、どこに事務所を構えるのか。つまり、オフィスをどうするのかは非常に悩ましい問題です。
「レンタルオフィスを借りる」「コワーキングスペース(シェアオフィス)を利用する」「バーチャルオフィスを登録して、実際の作業は自宅で行う」など、さまざまな手段があります。しかし、いまひとつそれらの違いが分からず、決めかねている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、レンタルオフィスを中心に、そのほかのオフィスサービスとの違いと、レンタルオフィスを利用する上でのメリット・デメリットについてご紹介します。

目次
レンタルオフィスとはすぐに使える専用スペース
レンタルオフィスのメリット
レンタルオフィスのデメリット
起業家にぴったりのレンタルオフィス
三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!
三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!

特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

レンタルオフィスとはすぐに使える専用スペース

レンタルオフィスとは、デスクや椅子、事務機器などがついた状態で借りられる、小さな個室のオフィスのことです。オフィス家具や機器だけでなく、インターネット環境や電話回線も備わり、すぐにオフィスとして使えることが特徴です。また、多くの場合、ほかの利用者との共有施設になりますが、ロビーラウンジや会議室、複合機、シュレッダーなども備えており、契約したその日から快適に利用することができます。
法人登記もでき、士業や宅地建物取引業など、自分専用のスペースを持つことが開業の条件である職種についても、開業の許認可を取ることができます。

コワーキングスペースとの違い

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いは、「自分専用の場所があるか否か」です。
コワーキングスペースにもさまざまなタイプがありますが、最も一般的なのは、広いオフィスを登録メンバーが共同で使う形式のものです。部屋にはデスクや椅子、事務機器などがそろっていますし、共有施設としてロビーラウンジや会議室が利用できるのはレンタルオフィスと同じですが、決まった自分専用のスペースはありません。
ただし、法人登記は可能な場合が多く、士業などのオフィスとしても利用できます。

バーチャルオフィスとの違い

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは、「実際にオフィスとして利用できるか否か」です。
バーチャルオフィスとは、実際にオフィス空間を賃貸するのではなく、事業者に必要な住所や電話番号だけを提供するサービスです。ですから、バーチャルオフィスを構えた場合、実際の業務は別の場所で行うことになります。
その分、都心の一等地でも安く借りることができますが、法人登記には使えない場合があります。

レンタルオフィスのメリット

起業にあたってオフィスを用意する方法としては、レンタルオフィスのほか、事務所を借りる、コワーキングスペースを利用する、バーチャルオフィスを利用して業務は自宅で行う、自宅の一部をオフィス化するといった方法があります。レンタルオフィスの利用には、ほかの方法に比べて次のようなメリットがあります。

・初期費用を抑えられる

自分で事務所を借りた場合、初期費用(保証金、前払い賃料、仲介手数料など)として、賃料の8倍前後のお金が必要になりますし、オフィス家具などもそろえなければなりません。レンタルオフィスは、初月の賃料と入会金程度で始められるところがほとんどですので、自社の専用スペースを確保しながら、初期費用を安く抑えられます。

・内装工事などの造作をする必要がなく、すぐに使い始められる

レンタルオフィスには、最初からオフィスに必要なものはすべてそろっていますので、内装を造作したり機器をそろえたりする必要がありません。入ったその日から、不自由なく使うことができます。

・立地条件がいい

企業の所在地は、時として会社の信用にも影響を与えますが、起業直後から一等地に自前のオフィスを構えるのは費用がかかりすぎます。レンタルオフィスであれば、都内の一等地でも月数万円からオフィスを持つことができるのです。

・会議室など共有施設やオプションサービスを利用できる

自宅オフィスの場合に困りがちなのは、会議や打ち合わせ、来客を迎えるための場所がないことです。レンタルオフィスを借りれば、共同部分である会議室や応接室を利用できますし、電話代行サービスなど便利なオプションサービスを利用できる場合もあります。

・事業規模に合わせて大きさを選べ、オフィスの変更も容易

会社が成長してオフィスが手狭になったとしても、自前のオフィスだと引越しがたいへんです。レンタルオフィスなら、その時々の事業規模や従業員の人数に合わせ、簡単にオフィスを移ることができます。

レンタルオフィスのデメリット

レンタルオフィスの利用は、ほかのオフィス調達方法に比べ、多くのメリットがありますが、残念ながら万能ではありません。レンタルオフィスのデメリットについても押さえておきましょう。

・長期利用では料金が割高になる場合がある

運営会社にもよりますが、レンタルオフィスの中には、会議室の利用や電話代行サービスなど、オプションメニューの利用は別料金になっているタイプもあります。
この場合、オプションを利用しすぎると毎月の出費がかさみ、結果として想定以上の額になる可能性があります。

・内装の変更ができない

レンタルオフィスですので、自宅や自前のオフィスのように内装を自由に変更することはできません。そのため、内装に強いこだわりがある人には不向きといえます。

起業家にぴったりのレンタルオフィス

初期費用を抑えつつ、必要な器材・設備がすべてそろった状態のオフィスを借りられるレンタルオフィスは、資金に余裕のない起業直後の事業家にとって、とても便利なものです。
駅から近いなど立地条件が良いものが多く、自分で事務所を構える場合に比べて初期費用を抑えられます。また、事業規模に合わせて最適な広さを選べますし、手狭になれば気軽に引越しもできます。内装が変更できないなどのデメリットはありますが、非常に便利なものですので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2019年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

監修:Gemstone税理士法人
監修:Gemstone税理士法人

港区の会社設立支援、税理士法人。Big4出身の公認会計士、税理士、元上場企業経理部長、大手ベンチャーキャピタル出身者などで構成され、スタートアップ支援に力を入れる。

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

お得なキャンペーン

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners 法人カード新規入会&ご利用キャンペーン 最大30,000円分プレゼント!

    新規ご入会&ご利用キャンペーン

    三井住友ビジネスカードfor Owners
    法人カード新規入会&ご利用キャンペーン
    最大30,000円分プレゼント!

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

音声をONにしてご視聴ください。

選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

音声をONにしてご視聴ください。

選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

  1. 法人カードをつくる トップ
  2. 法人カード活用ガイド
  3. ビジドラ~起業家の経営をサポート~
  4. 総務
  5. すぐに使えて便利!レンタルオフィスのメリットと気になるデメリット