法人カードの詳細を見る
法人カード活用ガイド
法人カードのメリット
3分でわかる!個人事業主が法人カードを持つべき理由と選び方
  • 法人カードのメリット

2023.11.30

3分でわかる!個人事業主が法人カードを持つべき理由と選び方

3分でわかる!個人事業主が法人カードを持つべき理由と選び方

ビジネスの出費とプライベートの出費が曖昧になりがちな個人事業主。しっかりと支出を区分して正しく管理を行うためには、法人カードの活用が必要不可欠です。法人カードはビジネスとプライベートの区別がつけられるだけでなく、急な出費にも対応できるなど多くのメリットがあります。

ここでは、個人事業主が法人カードを持つべき理由と選び方について解説していきます。

三井住友カード ビジネスオーナーズ 新規入会&条件達成でVポイントプレゼント! 三井住友カード ビジネスオーナーズ 新規入会&条件達成でVポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

個人事業主でも法人カードは作れる

法人カードは、企業・法人だけでなく個人事業主でも作成することが可能です。ビジネス用の銀行口座を開設する際は、併せてビジネス用のクレジットカードのお申し込みも検討してみましょう。

個人事業主向けの法人カードと個人用クレジットカードの違い

個人用のクレジットカードは、個人的なショッピングや支払いに利用するクレジットカードである一方、個人事業主向けの法人カードは事業に関する支払い・決済に特化したクレジットカードです。そのため、法人カードの利用限度額は個人用クレジットカードに比べて大きい傾向にあり、まとまった支払いを行うときもスムーズに決済できます。

また、法人カードはビジネスシーンに利用しやすい特典が付帯されていることも特徴です。内容はカード会社によってさまざまですが、空港ラウンジやレンタカーサービス、福利厚生に関するサービスなど、幅広いビジネスシーンで活用できます。

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、法人代表者や個人事業主を対象に発行している法人カードです。一般カードは、年会費永年無料でお持ちいただけるので、初めての法人カードにおすすめです。

個人事業主こそ法人カードを持つべき理由は?4つのメリット

経費をプライベート用の資金で立て替えると、ビジネス用のお金の出入りが可視化できなくなってしまいます。個人事業主でも法人カードを使う習慣をつけると、経費処理がスムーズになるのでおすすめです。

以下では個人事業主が法人カードを持つメリットを紹介していきます。

個人事業主が法人カードを持つメリット

メリット1 プライベート、ビジネスの区別をつけることができる

個人用のカードでプライベートの出費とビジネスの出費を決済していると、仕訳作業や経費の管理に手間がかかります。しかし、法人カードがあれば、消耗品、交際費などのこまごまとした経費でもプライベート用かビジネス用かを明確に分けることができます。

メリット2 ビジネスに使ったお金の流れを可視化することができる

法人カードで決済した内容は、利用明細でまとめて確認できます。毎月のカードの明細書で、いつ、どこで、どれくらい経費を使用したのかが分かるため、月ごとの支出の変化や傾向を把握するときにも便利です。

また、法人カードの利用明細は確定申告の際の経費の証明にも使えます。

メリット3 急な出費にも備えられる

法人カードは急な出費が発生したときの資金繰りにも役立ちます。事業を営んでいると、「まとまった発注が入り、大量の材料を仕入れなければならない」など、想定外の支出に対応することもあるでしょう。法人カードは個人カードより限度額が高く設定されている場合が多いので、急な出費にも備えられます。

メリット4 キャッシュフローが把握できる

取引先への支払いを現金や振り込みで対応する場合、支払い先によって期日が異なるため、なかなかキャッシュフローが安定しないことがあります。しかし、法人カードで決済すれば、支払いのタイミングがまとめられるうえ、カード使用日から支払いまでに1~2ヵ月の猶予ができるため、キャッシュフローも把握しやすくなります。

■関連記事

個人事業主が法人カードを選ぶポイント

近年、さまざまなカード会社から法人カードが発行されているため、どれを選ぶべきかわからないという方も多いはず。個人事業主が法人カードを選ぶ際には、それぞれのカードで異なるポイント還元と付帯サービスを参考にしましょう。

個人事業主が法人カードを選ぶポイント

付帯サービス

クレジットカードに付帯されているサービスは、カード会社によってさまざまです。法人カードを選ぶときは、ビジネスシーンで活用しやすい付帯特典があるものを選ぶとよいでしょう。

例えば、出張が多い方には、旅行傷害保険や空港ラウンジサービスが付帯されている法人カードが便利です。そのほかにも、福利厚生に関するサービスやレンタカーの優待利用などビジネスをサポートするサービスもありますので、複数のカードを比較したうえで検討してみましょう。

年会費

法人カードを選ぶ際は、年会費についても必ず確認しておきたいポイントです。年会費はカードを保有する限りかかり続けるコストであるため、軽視できるものではありません。

年会費はカード会社やカードのランクによって異なっており、一般的に年会費が高いほど付帯特典や優待サービスが充実する傾向にあります。

法人カードの年会費は事業の経費として計上することが可能ですが、「年会費の支払いが負担にならないか」、「コストに見合うサービスを受けられるか」をよく確認しておきましょう。

ポイント還元率

法人カードでも、個人のカードと同様に利用代金に応じてポイントが還元されます。貯まったポイントは利用代金への充当や、マイル・景品への交換などさまざまな使い道があり、経費の削減にもつながるメリットがあります。

ポイント還元率はカードの種類によって異なるため、利用見込み金額からどれくらいのポイントが貯められるか試算しておきましょう。

利用可能枠

法人カードは、個人のカードに比べて利用可能枠が大きい傾向にあります。大きな支払いの予定がある場合は、より限度額が大きい法人カードを選んでおくと決済がスムーズに進められるでしょう。

ただし、利用可能枠は入会審査の結果に応じて決定されます。法人カードに申し込む際は、「必ずしも最大限の利用可能枠を付与されるわけではない」ということを留意しておきましょう。

個人事業主におすすめ!三井住友カード ビジネスオーナーズ

法人代表者、個人事業主(副業・フリーランスを含む)の方向けの法人カードです。カードランク別に一般カード、ゴールドカードの2種類があります。
ベンチャーやスモールビジネスシーンに必要な経費管理の一元化といった法人カード機能とともに、ビジネスユースでのご利用もお得になるポイント還元や年会費無料(ゴールドは条件あり)などの特典も付帯します。
スタートアップ企業やフリーランス、副業で活躍される方のビジネスを後押しする、利便性とメリットを兼ね備えています。

副業用クレジットカードにおすすめ!

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード
ビジネスオーナーズ(一般)

年会費:永年無料

限度額:~500万円

※所定の審査有り

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~1.5%

三井住友カード
ビジネス
オーナーズ(一般)

副業用クレジットカードにおすすめ!

三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費
国際ブランド
限度額
ポイント還元率
永年無料
visa/masterロゴ
~500万円
※所定の審査有り
0.5%~1.5%

新規入会&条件達成で※

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で※

10,000円相当プレゼント!

10,000相当
プレゼント!

実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

登記簿謄本・決算書

提出不要

個人カードと2枚持ちで

ポイント
最大

1.5%還元※1

発行まで

最短3営業日※2

※1

ポイント付与対象となるご利用の条件など、詳細・最新情報はホームページでご確認ください。

※2

金融機関サイトで口座振替設定が完了した場合に限ります。

あらゆるビジネスシーンでサポート!

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

三井住友カード
ビジネスオーナーズ ゴールド

年会費:5,500円

※条件達成で翌年以降永年無料

限度額:~500万円

※所定の審査有り

国際ブランド:visa/masterロゴ

ポイント還元率:0.5%~1.5%

三井住友カード
ビジネス
オーナーズ ゴールド

あらゆるビジネスシーンでサポート!

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
年会費
国際ブランド
限度額
ポイント還元率
5,500円
※条件達成で翌年以降永年無料
visa/masterロゴ
~500万円
※所定の審査有り
0.5%~1.5%

新規入会&条件達成で※

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で※

25,000円相当プレゼント!

25,000相当
プレゼント!

実施期間、条件などについては必ずホームページをご確認ください。

チェックマーク

おすすめポイント

年間100万円のご利用※1

毎年10,000ポイント還元

翌年以降年会費永年無料

個人カードと2枚持ちで

ポイント
最大

1.5%還元※1

発行まで

最短3営業日※2

※1

ポイント付与対象となるご利用の条件など、詳細・最新情報はホームページでご確認ください。

※2

金融機関サイトで口座振替設定が完了した場合に限ります。

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友カード(NL)」の2枚持ちがお得で便利!

2枚持ちがお得で便利!

三井住友カードが発行する「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友カード(NL)」の2枚持ちがお得で便利です。2枚持ちなら大手航空会社の航空券や、ETCなどでの対象の支払いで最大1.5%(通常のポイント分を含む)のポイント還元が受けられます。

また、2枚でポイントを合算できることもメリットです。カードを複数持つ場合、ポイントがバラバラで貯めにくいことが気になる方も多いのではないでしょうか。三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友カード(NL)ではVポイントを合算できるため、ポイントが貯めやすく、使いやすいです。

ポイントは合算ですが、利用明細は別々に管理できます。「プライベートでの利用は三井住友カード(NL)、ビジネスでの利用は三井住友カード ビジネスオーナーズ」と分けて利用することで、経費精算も簡単・正確に行うことができます。利用明細は「Vpassアプリ」をワンタップですぐに切替え、確認しやすいのも便利です。

  • ※一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定の還元率にならない場合があります。対象となるご利用については、三井住友カードのホームページをご確認ください。

個人事業主が法人カードの審査を通過するポイント

個人事業主は会社員に比べて、収入が不安定であることから、月収が高くてもクレジットカードの審査にとおりづらいという現実があります。一方、法人カードは個人の属性ではなく、行っている事業の信頼性に重点が置かれるため、事業の状態によっては審査を通過できる可能性が高くなります。

法人カードの審査基準のポイント

法人カードの審査基準は公開されていませんが、重視されるのは、設立年数と業績と言われています。個人事業主は大手企業に比べ資本力が乏しく、貸し倒れのリスクが大きくなるため、カード会社も慎重に審査を行います。

個人事業主の法人カードの審査には時間がかかることが多いので、申し込みから完了まで1ヵ月程度は余裕を見て申し込みをすることも大切です。

法人カードのお申し込み手順

インターネットで法人カードの申込書を請求して申込書が届いたら、必要書類とともに返送し、入会審査が通るのを待ちます。無事、入会審査に通れば、法人カードが発行されます。

個人事業主・フリーランスの税金と節税対策

個人事業主・フリーランスは、税金に関する知識を身につけておくことも大切です。ここからは、個人事業主が納める税金の種類や、税負担を軽減する方法について紹介していきます。

■関連記事

個人事業主が支払う税金

個人事業主が納める税金は、所得税、住民税、消費税、個人事業税の4種類です。このうち、所得税と住民税はすべての個人事業主に納税義務がありますが、消費税と個人事業税については条件に該当する人のみが納めます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
税金の種類 概要
所得税 1年間(1月1日から12月31日)で得た所得に対して課される税金。翌年の確定申告によって所得金額を申告する。
住民税 居住する自治体に納付する税金。確定申告の内容に基づいて税額が決定され、毎年6月頃に「住民税決定通知書」が送付される。
消費税 基準期間である前々年の課税売上高が、1,000万円を超えた場合に課される税金。基準期間の課税売上高が1,000万円以下の場合は「免税事業者」となり、納税義務が免除される。
個人事業税 個人事業のうち、法律で定められた業種に対して課される税金。年間290万円の控除があるため、事業所得が290万円以下の場合は課税されない。

特に、所得税については所得が大きくなるほど税率が高くなる「累進課税制度」が採用されており、大きな税負担となることがあります。事業に取り組む際は、どのような税金をどれくらい納めるのかしっかりと理解しておきましょう。

個人事業主ができる節税対策

個人事業主は、下記のような対策に取り組むことで税負担を軽減することができます。

  • 経費と控除を見直す
  • 青色申告をする
  • 減価償却の特例を活用する
  • 短期前払費用の特例を活用する

個人事業主にとって大きな負担となる所得税は、正しい経費処理を身につけることで税負担を軽減できることがあります。

例えば、個人事業主には「旅費交通費」や「消耗品費」、「接待交際費」など経費に計上できる支出が多くあります。もし経費の処理が誤っていたり、計上漏れがあったりすれば、正しい税額が算出できず、納税額に過不足が生じてしまうこともあるかもしれません。

正しく経費を計上するためには、法人カードの活用が便利です。法人カードには利用明細と会計ソフトを連携する機能があり、自動で仕訳作業や経費処理を行ってくれるメリットがあります。

法人カードを活用してビジネスを成長させよう

個人事業主の経費処理では、プライベートの出費とビジネスの出費をきちんと区分することが大切です。事業のお金の流れを正しく把握し、経費処理の事務をスムーズに進めるためには、法人カードの活用がおすすめです。

法人カードにはビジネスシーンで利用できるサービスや旅行傷害保険なども付帯されていますので、ぜひ事業に有効活用してみましょう。

よくある質問

Q1.個人事業主向けの法人カードと個人用クレジットカードの違いは?

個人用のクレジットカードは、個人的なショッピングや支払いに利用するクレジットカードである一方、個人事業主向けの法人カードは事業に関する支払い・決済に特化しています。そのため、法人カードは個人のカードに比べて利用可能枠が大きい傾向にあります。また、ビジネスシーンに役立つ付帯特典があるのも法人カードの特徴です。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.個人事業主は法人カードを持つべき?

事業の支払いを手元の現金で対応していると、お金の流れを可視化できないデメリットがあります。事業用の支払いを法人カードで決済することでお金の流れを把握できるようになり、経費処理もスムーズに進められます。また、法人カードの年会費は経費として計上することが可能です。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.個人事業主の法人カードの審査のポイントは?

法人カードの審査基準は公開されていませんが、一般的には設立年数や業績が重視されると言われています。個人事業主の場合は法人に比べて貸し倒れのリスクが高くなるため、カード会社も慎重に審査を行う傾向にあります。カードの発行までに時間がかかることも多いので、申し込み手続きは余裕を持って行いましょう。

詳しくは以下をご覧ください。


  • 2023年11月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

この記事をシェアする

  • はてなブログ
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン

三井住友カードの法人カード

個人事業者・法人代表者の方

中小規模企業の方

大規模企業の方

経営者の皆さまを
あらゆるビジネスシーンで
サポート

  • 登記簿謄本・決算書
    提出不要!

  • ポイント
    最大1.5%還元!※1

  • 条件付きで
    年会費永年無料!※2

  • ※1対象の三井住友カードと2枚持ちした場合
  • ※2一般カードは条件無し

キャンペーン情報

三井住友カード ビジネスオーナーズ 新規入会&条件達成でVポイントプレゼント!

経費管理と資金運用を効率化!
中小企業向けのビジネスカード

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 充実の付帯サービスで、
    国内外の出張を
    サポート

  • 経費の見える化で
    ガバナンス強化!

キャンペーン情報

三井住友ビジネスカード 新規入会限定プラン 新規入会&条件達成でワールドプレゼント最大8,000ポイントプレゼント!
  • ※三井住友ビジネスパーチェシングカードは、キャンペーンの対象外です。

ガバナンス強化で
管理業務の効率化と経費削減を実現!

  • 利用額限度額を適切に
    管理・設定が可能な
    マンスリークリア方式

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 各種手続きが
    Web上で完結

その他
おすすめコンテンツ

ビジドラ

担当者が知っておきたい
バックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

三井住友カードの法人カード

個人事業者・法人代表者の方

中小規模企業の方

大規模企業の方

経営者の皆さまを
あらゆるビジネスシーンで
サポート

  • 登記簿謄本・決算書
    提出不要!

  • ポイント
    最大1.5%還元!※1

  • 条件付きで
    年会費永年無料!※2

  • ※1対象の三井住友カードと2枚持ちした場合
  • ※2一般カードは条件無し

キャンペーン情報

三井住友カード ビジネスオーナーズ 新規入会&条件達成でVポイントプレゼント!

経費管理と資金運用を効率化!
中小企業向けのビジネスカード

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 充実の付帯サービスで、
    国内外の出張を
    サポート

  • 経費の見える化で
    ガバナンス強化!

キャンペーン情報

三井住友ビジネスカード 新規入会限定プラン 新規入会&条件達成でワールドプレゼント最大8,000ポイントプレゼント!
  • ※三井住友ビジネスパーチェシングカードは、キャンペーンの対象外です。

ガバナンス強化で
管理業務の効率化と経費削減を実現!

  • 利用額限度額を適切に
    管理・設定が可能な
    マンスリークリア方式

  • 経費精算システムへの
    利用明細
    データ連携が可能!

  • 各種手続きが
    Web上で完結

その他
おすすめコンテンツ

ビジドラ

担当者が知っておきたい
バックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識を
ご紹介します。

人気の記事ランキング

Loading...

新着記事

Loading...
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。
1分で簡単に 法人カード診断
1分で簡単に 法人カード診断