法人カード活用ガイド
法人カードのメリット
法人カードのおすすめ人気ランキング!三井住友カードの一押しは?

法人カードのメリット

法人カードのおすすめ人気ランキング!三井住友カードの一押しは?

法人カードのおすすめ人気ランキング!三井住友カードの一押しは?

個人向けクレジットカードと同様に、法人カードにもさまざまな種類があります。また、法人カードの場合は、大企業向け、中小企業向け、個人事業主向けといったように、会社規模や用途に応じて、適したカードが変わってきます。
ここでは、法人カードのメリットを解説するほか、法人カードの選び方や、おすすめの三井住友カードの法人カードをランキングでご紹介します。

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

法人カードのメリットとは?

まずは、法人カードを導入するメリットについて確認していきましょう。法人カードを導入することで、会社の経費精算の簡略化やキャッシュフローの改善、さらにポイント還元や付帯サービスを受けられるようになります。

経費精算がシンプルになる

オフィス用品の購入はもちろん、出張時の旅費や接待費など、会社関連の支払いにはさまざまなものがあります。
こうした支払いを法人カードで一本化すれば、従業員による仮払いや立替払いが不要になるため、経費精算業務もスムーズになるでしょう。
また、法人カードで経費を決済できれば、毎月の経費を明細書でまとめて確認できるようになります。そのまま経費精算システムと法人カードを連携できれば、経費の計上漏れといったリスクを大幅に軽減できるでしょう。
個人事業主の場合も、法人カードで業務上の出費をまとめられれば、経費管理の手間を省けます。

三井住友コーポレートカードでは、経費精算システムの利用明細を取り込むことができます。三井住友カードの情報を経費精算システムに登録すると、三井住友カードよりクレジットカードの利用明細が経費精算システムへ送られ、そのデータを自動的に取り込むことが可能になります。

経費削減になる

法人カードの利用料金は、指定口座からまとめて自動引き落としされるため、経費の支払いを法人カードに一本化することで、振込手数料の削減につながります。
また、法人カードによっては、レジャー施設や宿泊施設の優待割引など、各カード会社が提供する福利厚生サービスがあります。低コストで、自社の福利厚生を充実させることもできます。

キャッシュフローにゆとりが生まれる

法人カードの利用料金は、毎月決まった日に指定口座から引き落とされますが、「支払いは2ヵ月後」といったように、支払い日を設定することができます。
引き落としまで支払い猶予を設けられるため、銀行口座にお金が残り、キャッシュフローにゆとりを持たせることができるでしょう。

なお、個人事業主・法人代表者向けの「三井住友ビジネスカード for Owners」は、リボ払いや分割払いなど、多様な支払い方法にも対応しています。1回払い以外の支払い方法を利用したい場合、ぜひ三井住友ビジネスカード for Ownersの利用をご検討ください。

ポイント還元・付帯サービスを受けられる

個人向けクレジットカードと同様に、法人カードにもポイント還元や付帯サービスなどの特典があります。ポイント還元とは、法人カードの利用額に応じたポイントを獲得できるというもの。貯めたポイントをオフィス用品などの消耗品と交換すれば、経費節約にもつながるでしょう。

また、法人カードの付帯サービスは、ビジネスシーンで使えるさまざまな内容が用意されています。
例えば、国内の空港ラウンジを利用できたり、海外旅行傷害保険が付帯したりと、出張時に役立つ付帯サービスがあります。
法人カードのランクによっては、コンシェルジュサービスやプライオリティパスといった、より便利な付帯サービスもあります。コンシェルジュサービスは、レストランの予約から旅行プランの相談まで、365日24時間さまざまな要望に応えてくれます。プライオリティパスは、世界各国の空港ラウンジを活用できるサービスです。

  • ※一部ポイントが還元されない法人カードがあります。

ガバナンスが強化される

法人カードがあれば、社員個人と会社の支払いを明確に分けられるため、法人カードの導入は会社のガバナンス強化にもつながります。
経費を誰が、いつ、どこで、いくら使ったのかをすべて利用履歴や明細から確認できるため、社員による経費の不適切な利用や、不必要な経費の利用防止にも効果が期待できるでしょう。

こちらもご参照ください。

法人カードを選ぶときの5つのポイント

法人カードは、カード会社やカードの種類によって、サービス内容やどの程度の規模の会社におすすめなのかが変わってきます。そのため、用途や自社の規模に合わせて、ぴったりの法人カードを選ぶ必要があります。
ここからは、法人カードを選ぶときに注目したい5つのポイントをご紹介します。

1 カード利用枠はどのくらいか

法人カードの利用枠は、カード会社やカードのランクによって変わってきます。会社のさまざまな経費を支払う法人カードは、個人向けのクレジットカードよりも利用額が大きくなりますので、自社の利用額を想定して、必要な利用枠のある法人カードを選びましょう。
また、会社の業績や法人カードの利用状況によっては、利用枠の引き上げができる法人カードもあります。利用枠の引き上げが可能かどうかと併せて、その手続き方法も確認することをおすすめします。

2 経費精算システムと連携できるか

法人カードと、会社で導入している経費精算システムが連携できるのかは、必ず確認したいポイントです。法人カードの利用データを、経費精算システムに手軽に移行できると経費精算業務がよりスムーズになります。

例えば、三井住友コーポレートカードでは、経費精算システムへの連携ができます。経費精算システムに法人カードを登録することで、三井住友カードよりクレジットカードの利用明細が経費精算システムへ送られ、そのデータを取り込むことができます。
なお、該当の法人カードが、会社で導入している経費精算システムに対応していない場合もありますので、事前にカード会社のサイトなどで確認しておきましょう。

3 付帯サービスはどのような内容か

法人カードの付帯サービスには、次のようなものがあります。

  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング補償
  • 空港ラウンジ利用サービス
  • レンタカーサービス など

法人カードによって付帯サービスや補償内容も異なるため、自社で役立ちそうなサービスや必要な補償をいくつか決めたうえで法人カードを検討するといいでしょう。

4 年会費はどのくらいか

法人カードは、個人向けクレジットカードと同様に、年会費がかかるものと、かからないものがあります。法人カードの種類によって、付帯サービスや補償内容も変わります。

法人カードで個人向けクレジットカードと異なるのは、年会費を会社の経費として計上できる点です。多少、年会費がかかるとしても、ポイント還元や付帯サービスによって、その出費をカバーできるかもしれません。

ですから、単に年会費の安い法人カードを選ぶのではなく、ポイント還元率や付帯サービスの内容も踏まえて、年会費がかかっても利用する価値があるかどうかで法人カードを決めることをおすすめします。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック、ゴールドであれば、インターネット入会で初年度の年会費が無料となります。ぜひご利用ください。

5 追加カードの発行枚数は何枚か

複数の社員に法人カードを持たせたい場合は、追加カードの発行枚数も必ず確認しましょう。追加カードの発行枚数に上限がある法人カードもあります。
また、追加カードは本カードとは異なり、利用シーンに制約があるケースもあります。そのため、追加カードを持つ社員の用途が、満たせるかどうかもチェックしましょう。

こちらもご参照ください。

三井住友カードの法人カードおすすめランキング

続いては、三井住友カードの法人カードの中から、個人事業主向け、中小企業向け、大企業向けのおすすめカードをご紹介します。

1 個人事業主におすすめ!三井住友ビジネスカード for Owners

「三井住友ビジネスカード for Owners」は、個人事業主および法人代表者向けの法人カードです。

<特徴>

  • 申し込みの際に登記簿謄本、決算書が不要で個人の与信をベースに審査するため、創業1年未満でも発行できる
  • キャッシング機能を利用できる
  • リボ払い・分割払いなどの多様な支払い方法ができる

2 中小企業におすすめ!三井住友ビジネスカード

「三井住友ビジネスカード」は、中小企業向けの法人カードです。

<特徴>

  • 経費管理と資産運用の効率化に貢献できる
  • カード返済なら指定口座から自動引き落としされるため、複数の支払いがある場合、手数料および支払いの手間を削減できる

3 大企業向け!三井住友コーポレートカード

「三井住友コーポレートカード」は、大企業向けの法人カードです。

<特徴>

  • 法人カードでの支払いを「会社全体」「部事業所別」「個人別」の3つに分類することができるため、経費予算管理の簡素化に貢献できる
  • 利用額の決済は、翌月または翌々月の1回払いが可能な「マンスリークリア方式」を利用できる
  • カード使用者ごとに利用枠設定ができる

横にスライドの上ご参照ください

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード ゴールド

三井住友ビジネスカード

三井住友コーポレートカード

三井住友コーポレートカード

対象 個人事業主、法人代表者向け 中小企業向け 大企業向け
クラシック(一般)カード ゴールドカード プラチナカード ビジネスクラシック(一般)カード ビジネスゴールドカード ビジネスプラチナカード クラシック(一般)カード ゴールドカード
年会費 本会員1,375円(税込)
インターネット入会で初年度無料
本会員11,000円(税込)
インターネット入会で初年度無料
本会員55,000円(税込) 使用者1名1,375円(税込) 使用者1名11,000円(税込) 使用者1名55,000円(税込) 1会員目 1,375円(税込) 1会員目 11,000円(税込)
  • ※追加会員のカードの年会費については商品ページをご確認ください
  • ※追加会員のカードの年会費については商品ページをご確認ください
  • ※追加会員のカードの年会費、ゴールドカードの個別決済方式については商品ページをご確認ください
カード限度額 ~150万円 ~300万円 原則200万円~ 原則20万~150万円 原則20万~300万円 原則150万~500万円 貴社全体の総限度額に加え、カード利用者ごとに利用枠を設定することができます
  • ※本会員(個人事業主、法人代表者)が弊社発行の個人カード利用枠を合算
  • ※1回払いでのご利用となります
入会資格 満20歳以上の個人事業主、法人代表者の方
  • ※プラチナカードは満30歳以上の個人事業主、法人代表者の方
法人のみを対象
  • ※カード使用者は20名以下が目安となります
法人のみを対象
  • ※カード使用者は20名以下が目安となります

こちらもご参照ください。

よくある質問

Q1:法人カードのメリットとは?

法人カードを導入することで、会社の経費精算の簡略化やキャッシュフローの改善、さらにポイント還元や付帯サービスを受けられるようになります。

Q2:法人カードを選ぶときポイントは?

カード利用枠はどのくらいか、経費精算システムと連携できるか、付帯サービスはどのような内容か、年会費はどのくらいか、追加カードの発行枚数は何枚かといった点をチェックしておきましょう。

Q3:企業規模によって選ぶ法人カードは変わる?

法人カードは用途だけではなく、企業規模によっても適したカードが変わります。自社の企業規模と、おすすめの法人カードを照らし合わせながら、法人カードを選んでください。

自社の企業規模とマッチした法人カードを選ぼう

法人カードは用途だけではなく、企業規模によっても適したカードが変わります。自社の企業規模と、おすすめの法人カードを照らし合わせながら、法人カードを選んでいきましょう。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2021年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

今回の記事のまとめ

法人カードのメリット

  • 経費精算がシンプルになる
  • 経費削減になる
  • キャッシュフローにゆとりが生まれる
  • ポイント還元・付帯サービスを受けられる
  • ガバナンスが強化される

法人カードを選ぶときの5つのポイント

  • カード利用枠はどのくらいか
  • 経費精算システムと連携できるか
  • 付帯サービスはどのような内容か
  • 年会費はどのくらいか
  • 追加カードの発行枚数は何枚か

三井住友カードの法人カードおすすめランキング

  • 個人事業主におすすめ!三井住友ビジネスカード for Owners
  • 中小企業におすすめ!三井住友ビジネスカード
  • 大企業におすすめ!三井住友コーポレートカード

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング