法人カード活用ガイド
法人カードの活用術
法人カードでマイルを貯める!マイルが貯まるおすすめカードも紹介

法人カードの活用術

法人カードでマイルを貯める!マイルが貯まるおすすめカードも紹介

法人カードでマイルを貯める!マイルが貯まるおすすめカードも紹介

法人カードを利用する際、「ポイントだけではなく、できればマイルも貯めたい」と思う人もいるでしょう。特に、会社関連のさまざまな支払いに使える法人カードは利用金額も大きくなりやすいため、効率的にマイルを貯めて、出張時の航空券への交換や座席のアップグレードに活用したいところです。
ここでは、法人カードでマイルを貯める方法や、貯めたポイントをマイルに移行する際の注意点などをご紹介します。

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

法人カードのマイル・マイレージとは?

個人カードと比べると種類は多くないですが、マイルを貯められる法人カードはあります。そもそもマイルとは、航空会社が提供するマイレージプログラムによって獲得できるポイントのことです。

  • マイル:航空会社のマイレージプログラムで獲得できるポイント
  • マイレージ:航空会社のポイントプログラム ※マイレージプログラムとも呼ばれる

マイルは、実際に飛行機に乗ったり、航空会社の提携ショップを利用したりすることで獲得できます。一定のマイルが貯まると、航空券や商品と交換ができます。

法人カードでマイルを貯める方法

法人カードでマイルを貯めるには、大きく2つの方法があります。それぞれ具体的に確認していきましょう。

法人カードの支払いで貯めたポイントをマイルへ移行する

多くの法人カードは、直接マイルを貯めることはできないため、基本的には「クレジットカード利用で貯めたポイントを、マイルに移行する」ことになります。法人カードは、従業員が利用して貯まったポイントを、1つの法人カードに集約できます。
「三井住友ビジネスカード for Owners」であれば、貯めたポイントをマイルへ移行することができます。マイル移行したい航空会社のマイレージプログラムを選択してお申し込みをすることで、マイル移行が可能になります。

  • ※ポイントが還元されない法人カードがあります。
  • ※三井住友ビジネスカード for Ownersと三井住友コーポレートカード(個人システム型)を除く法人カードは、マイル移行できません。
  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。

航空会社と提携している法人カードを利用する

航空会社と提携している法人カードの場合、入会時や更新時にマイルをプレゼントするキャンペーンを行っているものがあります。
また、旅行や出張時に航空会社と提携している法人カードで航空券代を支払うことで、マイルを獲得できます。対象になるのは、マイレージプログラムを提供する航空会社になります。

法人カードのマイルは個人利用できる?

法人カードで貯めたマイルは、個人で利用できるのか気になる人もいるでしょう。
結論からいうと、会社から支給された法人カードで獲得したマイルは、個人利用を避けるべきです。
法人カードの年会費や利用額を支払っているのは会社です。つまり、会社のお金で支払って、マイルを得たことになります。「法人カードのマイルは自由に利用してもいい」といった社内ルールがない限り、勝手にマイルを利用しないようにしましょう。

マイルを貯めるための法人カードの選び方

マイルを貯めやすい法人カードを選ぶためには、次の4つのポイントに注目してみましょう。

1 年会費

年会費がいくらになるのか、把握しておきましょう。マイルを貯めることを考えると、年会費が高額だと、割高だと感じてしまう可能性があります。

2 追加発行枚数

法人カードには、追加カードを発行できる最大枚数が設定されている場合があります。企業規模やカードを持たせたい社員の人数に合わせて、法人カードを選びましょう。追加発行枚数が足りない場合、利用頻度が下がることになるため、ポイントおよびマイルを貯めにくくなります。

3 最大マイル還元率

マイル還元率とは、「法人カードの利用額100円につきいくらマイルが貯まるのか」を表しています。より効率的にマイルを貯められれば、おトクに飛行機を利用できるでしょう。

4 マイル移行手数料

法人カードによっては、ポイントのマイレージ移行に手数料がかかるものもあるためご注意ください。また、マイル移行には上限が設けられていることもあるため、移行手数料と併せて確認しておきましょう。

法人カードのポイントをマイルに移行する際の注意点

法人カードの支払いで貯めたポイントをマイルへ移行する際には、いくつか注意点があります。マイルを貯めやすい法人カードを選ぶポイントと、重複する内容もありますが、確認しておきましょう。

移行手数料や年会費がかかる場合がある

法人カードによっては、ポイントをマイルへ移行する際に、手数料がかかることがあります。また法人カードによっては、マイルへの移行にあたって年会費が必要なサービスへ加入しなくてはならないケースもあるため、注意しましょう。

移行可能なマイルの上限が定められている場合がある

法人カードの中には、マイルへの移行の上限を設定している場合があります。上限があるとなると、一度に大量のポイントを移行できず、効率良くマイルを貯めることができません。
また、上限の設定については、月間で定めている法人カードもあれば、年間で設定しているところもあるため、事前に移行の条件や上限を確認しておくことをおすすめします。

航空会社との提携カードでは、ポイントをマイルに移行できない場合がある

移行できるマイレージプログラムの種類は、法人カードによって変わってきます。航空会社と提携した法人カードの場合、クレジットカード会社のポイントをマイルに移行できない場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

法人カードに付帯する保険の補償内容を把握しておこう

出張の際は、病気やケガなどのトラブルに備えたいところ。そのため、法人カードを選ぶ際には、ポイントの還元率やマイルへの移行条件だけでなく、付帯する保険の補償内容も確認すべきです。実際にトラブルが起こったとき、補償内容に満足できないとならないように、契約前には把握しておきましょう
出張時の備えとなる保険としては、旅行傷害保険が代表的です。出張先で病気となったりケガをしてしまったりした場合、その内容に応じた保険金を受け取ることができます。

三井住友カードの法人カードの付帯サービスには、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険があります。「三井住友ビジネスカード」「三井住友ビジネスカード for Owners」「ANAコーポレートカード」が対象で、カード発行日の翌日以降に出発される出張からが対象です。

ただし、クレジットカードの種類によっては、使用する法人カードで旅費を支払うなどの条件がありますので、必ず詳細を確認してからご利用ください。例えば、三井住友ビジネスカードや三井住友ビジネスカード for Ownersのクラシックカードでは、事前に旅費などの担保項目を当該カードでクレジット決済しなければいけません。

  • ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などのクレジット決済有無により最高補償額が異なります。
  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。
  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。

法人カードに付帯する保険の補償内容を把握しておこう

マイルが貯まる三井住友カードおすすめの法人カード

三井住友カードの法人カードのうち、マイルを貯めることができる三井住友ビジネスカード for Ownersをピックアップしてご紹介します。
三井住友ビジネスカード for Ownersには、クラシック(一般)、ゴールド、プラチナの3種類があります。カードの利用で貯めたVポイントを、マイルに移行できます。

■三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック/一般) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(クラシック/一般)
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(ゴールド)
三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ) 三井住友ビジネスカード
for Owners
(プラチナ)
初年度年会費 インターネット入会で無料 インターネット入会で無料 本会員55,000円(税込)
パートナー会員1名につき5,500円(税込)
翌年度以降年会費 本会員1,375円(税込)
パートナー会員440円(税込)
本会員11,000円(税込)
パートナー会員2,200円(税込)
本会員55,000円(税込)
パートナー会員5,500円(税込)
Vポイント 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方 満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方 満30歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方

三井住友ビジネスカード for Owners(※1)なら、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用で、Vポイントが5倍(※2)貯まります。さらに、対象の店舗からお好きなお店を最大3つまで登録してご利用いただくと、その店舗をご利用の際にVポイントが通常の2倍貯まります(※2)。

  • ※1 三井住友ビジネスカード for Owners以外の法人カード、提携カードなどは対象となりません。
  • ※2 一部、ポイント加算対象外となる店舗および指定のポイント倍率にならないご利用があります。

<三井住友ビジネスカード for Ownersの特典>

  • ANAマイレージ、ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブAvios、フライングブルーマイレージは、ポイントをマイルに変換可能
  • クラシックカードには海外旅行傷害保険が付帯
  • ゴールドカードまたはプラチナカードには、海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • ゴールドカードまたはプラチナカードは、空港のラウンジサービスが利用可能
  • ※ポイントが還元されない法人カードがあります。
  • ※三井住友ビジネスカード for Ownersと三井住友コーポレートカード(個人システム型)を除く法人カードは、マイル移行できません。
  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などのクレジット決済有無により最高補償額が異なります。
  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

法人カードでマイルを活用しよう

法人カードをうまく活用することで、マイルを効率よく貯められます。マイルを貯めるポイントや注意点だけではなく、ほかの付帯サービスなどを考慮して、ぜひ法人カードを選択してみてください。

  • ※2020年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

今回の記事のまとめ

法人カードのマイル・マイレージとは?

  • マイレージとは、航空会社のポイントプログラムで、マイレージプログラムとも呼ばれる
  • マイルとは、航空会社のマイレージプログラムで獲得できるポイントを指す
  • 法人カードによってはマイルを貯められるカードがある

法人カードでマイルを貯める方法

  • 法人カードの支払いで貯めたポイントをマイルへ移行する
  • 航空会社と提携している法人カードを利用する

法人カードのマイルは個人利用できる?

  • 法人カードで獲得したマイルの個人利用は避けるべき

マイルを貯めるための法人カードの選び方

  • 年会費、追加カードの最大発行枚数、最大マイル還元率、マイル移行手数料を確認する

法人カードで貯めたポイントをマイルに移行する際の注意点

  • 移行手数料や年会費がかかる場合がある
  • 移行可能なマイルの上限が定められている場合がある
  • 航空会社との提携カードでは、ポイントをマイルに移行できない場合もある

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング