カードローン

LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

カードローン

Powered by 三井住友カード

カードローン入門

今すぐにお金が必要な場合どうする?緊急度別の調達方法を紹介します

今すぐにお金が必要な場合どうする?緊急度別の調達方法を紹介します

冠婚葬祭や急な引越しなど、どうしても急にお金が必要になることはあるもの。貯金がない場合は余計に、「どうしよう!」と焦ってしまいがち。そこでこの記事では、「緊急性が非常に高い場合」と「多少は時間に余裕がある場合」のそれぞれについて、臨時で現金を得る方法を紹介します。
そして、お借り入れに最もおすすめの方法である、カードローンについて解説しますので、参考にしてください。

目次

緊急度高め!今日中~2、3日以内に現金が必要な場合

「明日、お葬式に行かなければいけない」「支払い期限が迫っている」など、すぐにでもお金を用意しなければいけない場合、大きく分けて次の4つの資金調達方法があります。

■今すぐお金が必要な場合の資金調達方法

方法 メリット 注意点
持っている物を売る ・思い立ったらすぐ実行できる
・現金化まで時間がかからない
・良い条件で売ろうとすると、手間と時間がかかる
・ブランド品などでない限り、高値での買い取りは期待できない
・所持品を手放すことに抵抗を感じる場合がある
親族や友人から借りる ・書類準備など面倒な手続きもなく、すぐにお金を借りられる可能性がある
・利子ゼロなど、良い条件で借りられる可能性がある
・貸してくれる親族や友人がいなければ成立しない
・交友関係に悪影響が生じたり、信用をなくしたりする可能性がある
クレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用する ・すでに所有しているカードを利用できる
・コンビニのATMなどから、簡単に借入ができる
・所持品を手放す精神的負担や信用を失うリスクがない
・利用にはキャッシングの事前設定が必要(設定を行う場合は審査があるため、利用できない可能性がある)
・借入可能金額が小さめ
・カードローンと比べて金利が高め
総量規制の対象となる
カードローンを利用する ・現金調達までにかかる時間が短い
・所持品を手放す精神的負担や信用を失うリスクがない
・借入可能金額が大きい
・クレジットカードによるキャッシングに比べて、金利が低い傾向がある
・カード作成時に審査があるため、利用できない可能性がある
総量規制の対象となる

1 持っている物を売る

メリット ・思い立ったらすぐ実行できる
・現金化まで時間がかからない
注意点 ・良い条件で売ろうとすると、手間と時間がかかる
・ブランド品などでない限り、高値での買い取りは期待できない
・所持品を手放すことに抵抗を感じる場合がある

手持ちの物を売ってお金に換えるのは、最も手っ取り早くお金を作る方法です。
不要な衣服やアクセサリー、バッグ、家具、家電製品、本、趣味の品々、車、バイクなど、ほとんどの物は売ることができますし、リサイクルショップの出張買い取りサービスなどを利用すれば、手間も時間もさほどかかりません。
ただし、ブランド品などでない限り、希望価格や高値での買い取りは期待できません。フリーマーケットアプリなどを利用して、個人間の売買を行えば高値で売れる可能性はありますが、その分手間や時間がかかってしまいます。

2 親族や友人から借りる

メリット ・書類準備など面倒な手続きもなく、すぐにお金を借りられる可能性がある
・利子ゼロなど、良い条件で借りられる可能性がある
注意点 ・貸してくれる親族や友人がいなければ成立しない
・交友関係に悪影響が生じたり、信用をなくしたりする可能性がある

快く助けてくれる人がいるのであれば、親族や友人からお金を借りるのもひとつの方法です。
場合によっては、「利子はなし。返済はお金ができたときでいいよ」など、ほかの方法ではありえない好条件で借りられることもあります。
しかし、当たり前ながら、助けてくれる親族や友人がいなければこの方法は使えません。また、返済を滞らせたり頻繁に借りたりするなど、人間関係を悪くするような行いをすれば信用をなくし、交友関係に悪影響が及ぶリスクもあります。

3 クレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用する

メリット ・すでに所有しているカードを利用できる
・コンビニのATMなどから、簡単に借入ができる
・所持品を手放す精神的負担や信用を失うリスクがない
注意点 ・利用にはキャッシングの事前設定が必要(設定を行う場合は審査があるため、利用できない可能性がある)
・借入可能金額が小さめ
・カードローンと比べて金利が高め
総量規制の対象となる

手持ちのクレジットカードがあり、「キャッシング利用枠」が設定されているなら、カード付帯のキャッシングサービスを利用することができます。キャッシュカードを使う感覚で、コンビニのATMでお借り入れができるので、特に急いでいるときに便利です。

注意点は、便利な分、金利が高めに設定されていることと、キャッシング利用枠は設定時に審査があるため、審査結果によっては、希望の金額を借りられない場合があることです。また、キャッシングを行うと、クレジットカードの「ショッピング利用枠」に影響が出ます。例えば、クレジットカードの総利用枠が50万円の場合、キャッシングを利用しなければ50万円までショッピングができますが、10万円キャッシングした場合、ショッピングで利用できるのは50万円-10万円=40万円になります。

なお、カード付帯のキャッシングサービスは「総量規制」の対象となりますので、借りられる金額は最大で年収の3分の1までとなります。

4 カードローンを利用する

メリット ・現金調達までにかかる時間が短い
・所持品を手放す精神的負担や信用を失うリスクがない
・借入可能金額が大きい
・クレジットカードによるキャッシングに比べて、金利が低い傾向がある
注意点 ・カード作成時に審査があるため、利用できない可能性がある
総量規制の対象となる

カードローンとは、現金のお借り入れに特化した、キャッシング専用サービスのことです。この方法であれば、これまで説明した注意点を一部カバーしながら、お金を借りることができます。
カードローンは、カードローンを提供する会社と契約をすることで、利用可能な枠内でいつでもお借り入れができます。サービスを提供する会社によって多少の違いはありますが、金利はカード付帯のキャッシングサービスより低いことが多く、申し込みをしたその日や翌営業日には融資が受けられるなど、便利に利用できます。

注意点としては、カード付帯のキャッシングサービスと同様に、お申し込み時に審査があるため、審査結果によっては、希望の金額を借りられない場合があることです。また、信販・クレジット系や消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となるため、借りられる金額は最大で、年収の3分の1までとなります。銀行系のカードローンは総量規制の対象にはなりませんが、各銀行で独自の自主規制ルールがありますので、支払い能力を超えるような金額を借りることは難しいでしょう。

緊急度低め!1週間~1ヵ月以内に現金が必要な場合

臨時でお金が必要になるものの、時間に多少の余裕がある場合は、先に紹介した4つに加えて次のような資金調達方法も考えられます。

1 アルバイトで稼ぐ

日払いのアルバイトやクラウドソーシングで仕事をすることで、短期間で収入を得ることができます。

2 公的機関の融資を利用する

利用条件にあてはまるなら、厚生労働省の総合支援資金や緊急小口資金などの融資制度を利用することができます。

3 銀行や信用金庫から融資を受ける

銀行や信用金庫が提供する、個人向けフリーローンなどが利用できます。

4 カードローンを契約しておく

上記3つの方法は、緊急度高めで紹介した4つの方法に比べて金利が低かったり、そもそもお借り入れの必要がなかったりすることがメリットですが、時間や手間がかかってしまいます。
お金が必要になるまで比較的時間に余裕がある場合でも、万一の事態に備える意味で、入会金や維持費がかからないカードローンを作っておくと安心です。

お借り入れならカードローンの利用がおすすめ

借入ならカードローンの利用がおすすめ

できる限り低金利で早急にお金を借りたいなら、使い勝手が良く、金利設定は低めのカードローンがおすすめです。カードローンは、発行元によって「銀行系」「信販・クレジット系」「消費者金融系」の3種類があり、次のような違いがあります。

銀行系カードローン

メガバンクや地方銀行が提供するカードローンは、消費者金融系と比べて最高金利が低めに設定されており、安心感があります。一方で、お申し込みから融資までに、数日~1週間程度かかるものもあります。

信販・クレジット系カードローン

信販会社やクレジットカード会社が提供するカードローンは、最高金利の設定や融資までにかかる時間は、ほぼ銀行系と同じです。しかし中には、即日や翌営業日に融資可能な会社もあります。また、返済実績に応じて金利が低くなるサービスを提供しているカードローンもあります。
例えば、三井住友カードのカードローンは、カードのお申し込み時に「即時発行」を選ぶことによって、最短5分で審査が完了。審査完了後はVpassに登録することで、原則24時間振込対応という高い利便性があります。さらに、金利は「カードローン」が1.5%~15.0%、「カードローン(振込専用)」が1.5%~14.4%と、銀行系と同じくらい低めに設定されており、返済実績に応じて最大1.2%まで金利が下がる「金利引き下げサービス」があるのも特徴です。

即時発行受付時間:9:00~19:30

カードタイプ:即時発行お申し込み時間外は通常発行でのお申し込みとなります。

振込専用タイプ:即時発行お申し込み時間外はお申し込みできません。

お申込みの時間帯や審査の状況により、発行までにお時間がかかる場合があります(ご希望に沿えない場合がございます)。

借入金の24時間お振込みのご利用は年末年始・システムメンテナンス時は対象となりません。

カードローンのネットでのお申し込み

消費者金融系カードローン

消費者金融業者が提供するカードローンは、お申し込みから融資まで最短1時間など、融資までにかかる時間が非常に短いのが特徴です。一方で、銀行系や信販・クレジット系に比べると、最高金利は17.0%~18.0%と高めに設定されています。
1時間単位ですぐにお金が必要な場合は、融資までのスピードを優先して消費者金融系が向いているでしょう。ただし、そこまで緊急性が高くない場合は、比較的早めにお借り入れができて、銀行系と同じくらい金利が低い信販・クレジット系を選ぶのがおすすめです。先程ご紹介したように、三井住友カードのカードローンであれば、即時発行によって最短5分でお借り入れが可能であり、低金利とスピードを兼ね備えています。

即時発行受付時間:9:00~19:30

お金が必要ならカードローンがおすすめ!特徴を知った上で活用しよう

臨時でお金を得る方法はさまざまありますが、便利さ、融資までのスピード、金利などを考えると、カードローンがおすすめです。
カードローンにも種類があり、選ぶ際にはつい金利にばかり目が行きがちですが、返済方法や各社独自のサービスにも注目しましょう。

例えば、申し込み後、最短当日に融資が受けられる三井住友カードの「カードローン」や「カードローン(振込専用)」は、返済実績に応じて金利が下がる「金利引き下げサービス」があり、最大1.2%利率が下がります。
緊急でお金を借りる場合でも利用できますし、今後、万一の際にも安心してお借り入れができるサービスとして契約しておくと安心です。

カードローンのネットでのお申し込み

よくある質問

Q1:今すぐお金を借りたいのですが…?

すぐに現金が必要な場合、カードローンであればお申し込みをしたその日や翌営業日には融資が受けられるなど、便利に利用できます。ただし、申し込み時の審査結果によっては、希望額を借りられない場合があります。

Q2:お金がなくて慌てないようにするにはどうしたらいい?

急にお金が必要になる場合に備えて、入会金や維持費がかからないカードローンを契約しておくと安心です。カードローンの契約をしておけば、お金が必要になったときにすぐ利用できます。

Q3:どんなカードローンを選べばいいですか?

カードローンは発行元によって「銀行系」「信販・クレジット系」「消費者金融系」の3つに分けられます。中でも信販会社やクレジットカード会社が提供するカードローンは融資までにかかる時間は短めで、金利も銀行系とほぼ同じで低めに設定されています。

カードローンのネットでのお申し込み

三井住友カード カードローン・カードローン(振込専用)貸付条件

カード名

三井住友カード
カードローン

三井住友カード
カードローン(振込専用)

利率(実質年率) 1.5%~15.0% 1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

カード名

三井住友カード カードローン
三井住友カード カードローン

利率
(実質年率)

カードローン

1.5%~15.0%

カードローン(振込専用)

1.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 900万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 元金定額返済
ご返済期間・回数 最長15年1ヵ月・181回(新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

キャンペーンはこちら!
5月31日まで!

キャンペーン実施中!

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

カードローン
三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい金利
引き下げサービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディな融資

選べるご返済日

申込WEB完結

カードローン

三井住友カードの
カードローンが
おすすめな理由

うれしい金利引き下げサービス

うれしい
金利引き下げ
サービス

最短当日!スピーディな融資※

最短即日!
スピーディ
な融資

選べるご返済日

申込
WEB完結

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. カードローン入門
  4. 今すぐにお金が必要な場合どうする?緊急度別の調達方法を紹介します