LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

Powered by 三井住友カード

融資の基礎知識

消費者金融とは?メリット・デメリットとサラ金や闇金との違いも解説

消費者金融とは?メリット・デメリットとサラ金や闇金との違いも解説

カードローンと聞いて、思い浮かべる言葉としてよく挙げられるのが「消費者金融」ではないでしょうか。と同時に、消費者金融業者に対して怖いイメージを持っている人も少なくありません。また、いわゆる闇金業者(ヤミ金)と混同している人もいるようです。そのため、カードローンそのものにも、あまり良くない印象を持っている人もいます。

しかし、現在の消費者金融業者は、法律にもとづいて融資を行っており、借りすぎや多重債務が起こらないようなしくみができており、混同されがちな闇金業者とも異なります。
この記事では、消費者金融系カードローンの特徴や銀行系や信販・クレジット系との違い、そして消費者金融系の賢い利用方法についても紹介します。

目次

そもそも消費者金融業者とは?

消費者金融業者とは、一般の個人に対して融資を行っている業者を指します。代表的なところでは、プロミス、アコム、アイフルなどが挙げられます。テレビCMや電車広告などで目にする機会も多いでしょう。

現在の消費者金融は、「貸金業法」という法律に則って融資を行っています。従って、法外な金利で貸し付けたり、過酷な取り立てをしたりすることはありません。また、多くの消費者金融は、自動契約機の設置など、カードローンに特化したサービスを提供しています。

サラ金、闇金との違いは?

かつてサラ金(サラリーマン金融)といわれていた会社が、現在の消費者金融です。サラ金という言葉に対して、「高い金利で貸し付ける」「取り立てが怖い」といったマイナスイメージを持っている人は多いでしょう。確かにかつてのサラ金は、過剰な貸し付け、高金利、厳しい取り立てなど、消費者にとって使い勝手が悪いサービスを提供している時代がありました。
しかし、現在の消費者金融は、貸金業法という法律によって厳しく規制されています。金利や融資額の上限が定められており、消費者が安心して使えるサービスとなったのです。

一方、闇金(ヤミ金)という名前もよく聞きます。これは、貸金業法に基づく業者登録をせず、無登録で違法に貸金業務を行っている業者のことを指します。正式な認可を受けていないため、法外な金利で貸し付けたり、利用者を精神的に追い込むような、厳しい取り立てをしたりする闇金業者も存在するようです。
貸金業者として正式に認可を受けていない闇金業者からは、絶対にお金を借りてはいけません。

消費者金融系と銀行系、信販・クレジット系との違いは?

個人向け融資のサービスを提供しているカードローンは、大きく次の3つに分けられます。

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン
  • 信販・クレジット系カードローン

■3つの個人向け融資のサービスの違い

横にスライドしてください

消費者金融系 銀行系 信販・クレジット系
融資までの
スピード
金利の低さ
特徴 無利息期間を設けている場合がある
短期借入向き
運営元がメガバンクの場合、安心感がある
長期借入向き
金利は低めで高額融資にも対応
長期借入向き

消費者金融系カードローン

消費者金融系のカードローンは、借入までのスピードが早いことが特徴として挙げられます。しかし、銀行系や信販・クレジット系と比較すると、金利がやや高めに設定されているケースもあります。
代わりに、最近では「最初の30日間は利息ゼロ」など、無利息期間を設けている会社も多くなっています。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、大手銀行や地方銀行などの金融機関が提供しているサービスです。
消費者金融系と比較すると、金利はやや低めに設定されていますが、審査および借入までに時間がかかる場合があります。メガバンクが運営しているカードローンであれば、安心感は高いといえるでしょう。

信販・クレジット系カードローン

信販・クレジット系のカードローンは、銀行系とほぼ同じような特徴と考えて問題ありません。最高金利も銀行系と同じくらいのレベルで、消費者金融系よりも金利はやや低めに設定されています。
長期の借入を考えている人にとっては、金利の総額を低く抑えることができるため、おすすめです。借入までのスピードは、最短で翌営業日、手元にカードが届く前に借入可能なものもあり、利便性が高くなっています。

返済実績に応じて金利が下がるサービスもあります。三井住友カードの「ゴールドローン」「ゴールドローンカードレス」とは?
年会費無料のカードローン・ローンカードは三井住友カードのゴールドローン

消費者金融は危ないサービスではなくなった

消費者金融は、かつてサラ金と呼ばれていた時代に比べ、安心して利用できるようになりました。では、消費者金融はどのような点が変わったのか確認しておきましょう。

グレーゾーン金利問題が解決した

金利を制限する法律は、「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。利息制限法で定められた金利の上限は、15.0~20.0%。一方、出資法に関しては、2010年の法改正までは、金利の上限が29.2%となっていたのです。

当時は、利息制限法の上限金利(20.0%)を超える金利で融資をしても、出資法の上限金利(29.2%)を超えなければ、刑事罰の対象とはなりませんでした。そのため、多くの貸金業者が29.2%に近い金利で貸し付けを行っていたのです。これがいわゆる、「グレーゾーン金利問題」です。

しかしその後、貸金業法の改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。現在の金利は、最大でも20.0%となっています。また、「融資金額は最大でも年収の3分の1まで」という総量規制もあり、過剰な貸し付けができないルールとなっています。

このように、現在は貸金業法により、消費者金融の運営が透明化されています。返済能力を超える悪質な貸し付けや、厳しい督促がされることはありませんので、安心してご利用ください。

大手銀行グループの傘下に入った

現在、大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融がいくつかあります。例えばプロミスは、SMBC(三井住友銀行)グループの傘下に入っています。銀行といえば、普段から預貯金口座で利用するなど、身近な存在でしょう。銀行グループの傘下に入ることで安心感が生まれ、イメージアップにつながっている面もあるかもしれません。

消費者金融系カードローンの賢い利用方法

消費者金融系カードローンは、必要なときに必要な分だけ借入ができる便利なサービスです。しかし、借りたお金は、いずれ返済しなければいけません。下記の点も踏まえて賢く計画的に利用することが大切です。

  • お金を借入れる目的が、本当に必要なことなのか改めて考える
  • 収入のタイミングおよび金額を考慮し、返済の目処をしっかり立ててから借入れる
  • 「初回無利息サービス」を利用するなど、なるべく金利を抑える

消費者金融系カードローンは、決して危ないサービスではありませんが、あくまで利用者自身の「使い方次第」ともいえるでしょう。

消費者金融系カードローンの2つの特徴

銀行系などにはない、消費者金融系カードローンならではの特徴は、主に下記の2つがあります。

融資のスピード

消費者金融系のカードローンは、銀行系や信販・クレジット系のカードローンに比べて、申し込み~審査~借入までにかかる時間が短い傾向があります。「すぐにお金が必要」という場面において、消費者金融は強い味方となってくれます。

返済の自由度

銀行系や信販・クレジット系のカードローンの多くは、指定された返済日しか選ぶことができません。一方、消費者金融系のカードローンの中には、返済日の候補が多いものや、返済サイクルを自由に選択できるものもあります。
返済方法については各社で異なりますので、ウェブサイトなどで事前に確認しておきましょう。

消費者金融系カードローンは安心して利用できる

消費者金融に対してあまり良くないイメージを持っている人は、まだまだ多いかもしれません。しかし、ここまでご説明してきたとおり、現在は安心かつ安全に利用できるサービスとなっています。
ただし、借入をする際には、収支のバランスを考えた上で、計画的な利用を心掛けるようにしてください。

また、カードローンには銀行系や信販・クレジット系のサービスもあります。自分に合ったカードローンを選んで、賢く利用しましょう。

よくある質問

Q1:消費者金融系カードローンとは?

消費者金融業者とは、一般の個人に対して融資を行っている業者を指します。かつてサラ金(サラリーマン金融)といわれていた会社が、現在の消費者金融です。
サラ金という言葉に対して、「高い金利で貸し付ける」「取り立てが怖い」といったマイナスイメージを持っている人は多いでしょう。
現在の消費者金融業者は、貸金業法という法律によって厳しく規制されています。金利や融資額の上限が定められており、消費者が安心して使えるサービスとなっています。

サラ金のほか、「闇金(ヤミ金)」という名前もよく聞きます。
これは、消費者金融とはまったく異なり、貸金業法に基づく業者登録をせず、無登録で違法に貸金業務を行っている業者のことを指します。正式な認可を受けていないため、法外な金利で貸し付けたり、利用者を精神的に追い込むような、厳しい取り立てをしたりする闇金業者も存在するようです。
貸金業者として正式に認可を受けていない闇金業者からは、絶対にお金を借りてはいけません。

Q2:消費者金融業者は危なくない?

危ないというイメージは、グレーゾーン金利問題がもたらしていた部分が大きいようです。しかし、現在はグレーゾーン金利問題が解決し、安心して利用できるようになりました。

グレーゾーン金利問題とは、法律で曖昧(グレー)な部分を利用して高い金利が設定されていた問題です。
以前、利息制限法の上限金利(20.0%)を超える金利で融資をしても、出資法の上限金利(29.2%)を超えなければ、刑事罰の対象とはなりませんでした。そのため、多くの貸金業者が29.2%に近い金利で貸し付けを行っていたのです。しかしその後、貸金業法の改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。
現在の金利は、最大でも20.0%となっています。また、「融資金額は最大でも年収の3分の1まで」という総量規制もあり、過剰な貸し付けができないルールとなっています。

このほか、消費者金融業者の中には大手銀行グループの傘下に入ったものもあり、「銀行の傘下」というネームバリューから安心感が生まれ、消費者金融業者に対するイメージアップにつながっています。

Q3:おすすめのカードローンは?

まず、消費者金融系カードローンの特徴は、融資のスピードと返済の自由度が挙げられます。
申し込み~審査~借入までにかかる時間が短い傾向があり、最短で30分という消費者金融系カードローンもあります。「今すぐにお金が必要」という場面において、消費者金融系カードローンは強い味方となってくれるでしょう。また、返済の候補日が多いものや、返済サイクルを自由に選べるものもあります。
しかし、金利が比較的高めという面があります。

その点、信販・クレジット系のカードローンは、金利が銀行系カードローンに匹敵するほど低めに設定されています。しかも、融資スピードは最短で翌営業日というものも存在します。
借入金のご返済額をなるべく低めに抑え、借入までのスピードを考慮した場合、おすすめのカードローンは信販・クレジット系のカードローンといえるでしょう。

最短で翌営業日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMが利用できる三井住友カードの「ゴールドローン」とは?
年会費無料のカードローン・ローンカードは三井住友カードのゴールドローン

三井住友カード ゴールドローン・ゴールドローンカードレス貸付条件

横にスライドしてください

カード名

三井住友カード
ゴールドローン

三井住友カード
ゴールドローンカードレス

利率(実質年率) 3.5%~15.0% 3.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 700万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 毎月元金定額返済
ご返済期間・回数 最長11年9ヵ月・141回(新規ご契約ご利用枠700万円、実質年率3.5%、毎月ご返済額5万円、700万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

LOAN NOTEとは?

LoanNote(ローンノート)では、融資やカードローンをはじめる方に向けた、知っておきたい基礎知識や利用ノウハウなどをご紹介していきます。

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

三井住友カードの
ゴールドローンとは?

ご利用スタイルや目的に合わせて選べる2つのカードローンです。
お借り入れ後、ご返済の遅延がない場合は、ご返済実績に応じて翌年度のご利用残高分より適用利率が0.3%ずつ、最大1.2%引き下がります。計画的にご利用・ご返済いただくことでご利用しやすいカードローンになります。

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. 融資の基礎知識
  4. 消費者金融とは?メリット・デメリットとサラ金や闇金との違いも解説