クレジットカードを解約・退会する前に確認すべきこと・デメリット

クレジットカードの裏話

クレジットカードを解約・退会する前に確認すべきこと・デメリット

クレジットカードを解約・退会する前に確認すべきこと・デメリット

ご利用の必要がなくなったクレジットカードは、クレジットカードの解約・退会手続きを行う必要があります。クレジットカードを解約・退会する際は、事前に確認すべきことがいくつかありますので、今回はそのポイントについて詳しく解説していきます。

解約・退会前に事前に確認すべき6つのポイント

クレジットカードの解約・退会の際、事前にご確認いただきたいポイントは6つあります。

1.支払方法の変更は終わっているか

解約するつもりのクレジットカードで以下のお支払いをしている場合、すべての変更をしておく必要があります。

  • 電気、ガス、水道などの公共料金
  • 携帯電話料金
  • インターネットプロバイダ料金
  • 家賃、管理費、共益費、住宅ローンの引き落とし
  • 新聞・雑誌の定期購読、学校・保育園などの定期的なお支払い

上記をクレジットカードでお支払いされている場合、あらかじめ別のクレジットカードに変更する手続きを忘れずにしましょう。

クレジットカードを解約したという情報は、支払契約を結んでいる企業には通知されないため、支払方法の変更手続きを忘れたままクレジットカードの解約をしてしまうと、公共料金や携帯電話料金の支払を延滞してしまうことになりますので注意が必要です。

2.ポイントがどれくらい貯まっているか

クレジットカードを解約してしまうと、当然のことながらこれまで貯めたポイントもすべて使用できなくなります。解約するつもりのクレジットカードにポイントが貯まっている場合は、解約前に欲しい景品やポイント移行サービスで他社ポイントに交換するなど、忘れずにポイントを使用しましょう。

クレジットカード会社によっては、解約前にポイント交換の手続きをしていても、解約と同時に申請そのものが無効になってしまう場合もありますので、念のため交換した景品が手元に届いてから解約手続きをするのがおすすめです。

ちなみに、三井住友カードでは「ポイントUPモール」というポイント優遇サイトを運営しています。ポイントUPモールにアクセスしてネットショッピングすれば、ポイントがいつもよりお得に貯まります。楽天市場やAmazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、旅行予約のエクスペディアなど、いつものショップでのお買物や予約でも、ポイントが最大20倍獲得できますので、ポイント還元率の高いカードをお考えの方はぜひご利用ください。

  • ※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • ※別ウィンドウでポイントUPモールのウェブサイトへリンクします。

3.未払い額がいくらか(解約後の引き落としの注意)

クレジットカード会社によっては、解約をする時点で残債(支払いがすんでいないお金)があった場合、一括返金請求を求めてくる場合があるので注意が必要です。通常のクレジット利用分はもちろん、リボ払い、分割払い、ボーナス払い、キャッシング(借入)などすべてがその対象ですので、解約を検討するときは、まずこれらの未払い額をしっかりと確認しておきましょう。

未払い額が大きいと、一度に高額の請求がくる場合がありますから、充分な現金が手元にない場合は、これらの返済がすんでから解約をするほうがよいでしょう。

  • ※弊社の場合はカード退会後もご契約内容に従い、残高がなくなるまで引き続きリボ払い・分割払いとしてお支払いいただけます。ご解約時の1回払いもできます。

4.ETCカードや家族カードが利用できなくても大丈夫か

「ETCカード」はクレジットカードのサービスのひとつですから、クレジットカードを解約してしまえば、同時にETCカードも使用できなくなってしまいます。家族が通勤などで日常的にETCカードを使っている場合は、別途ETCカードを準備するようにしましょう。また、ETCカードと同様に「家族カード」も本会員のクレジットカードを解約すると使用できなくなりますので、注意してください。

5.年会費が発生してしまっていないか

解約するつもりのクレジットカードが年会費をすでにお支払いの場合、年会費は戻らない場合が多いです。弊社に関しても、お戻しすることはできませんのでご注意ください。

しかし、年会費の支払いさえしておけば、カードの利用はもちろん、付帯サービスが無料もしくは割引で利用できます。例えば、三井住友カードの会員にご利用いただける付帯サービスとしては、以下があります。

  • 空港ラウンジ利用、パッケージツアーの割引などのトラベルサービス
  • グルメ&ショッピング加盟店の優待サービス
  • チケット&エンターテインメントの優待サービス
  • 保険サービス

など

上記のとおり年会費以上のお得なサービスを受けることができますので、年会費発生の分、カードを活用してもよいかもしれませんね。

  • ※ご利用のカードによってご利用いただけない場合がございます。

6.海外に行く際、使えるクレジットカードはあるか

海外に行く機会がある方は、クレジットカードを持っておくと非常に便利なことはご存知でしょうか。例えば、以下のようなメリットがあります。

  • 現金を持ち歩く必要がなく盗難のリスクが無い
  • 必要な時に現金がおろせる「海外キャッシュサービス」が利用できる
  • ホテルやレンタカーのチェックインの際、デポジットがかからない

海外で使えるVisaやMasterCardなどのカードブランドのクレジットカードを1枚持っておくだけで、海外に行くときに心強い味方になってくれることでしょう。

海外旅行での便利なクレジットカードの使い方をご紹介する「タビサポ」はこちらから。

最後に:そのクレジットカードは本当に不要ですか?

最後に、いま一度、解約をご検討されているクレジットカードが本当に不要かのご確認をしてみてください。

  • 日ごろご利用になる店舗やサービスで、切替え後のクレジットカードがご利用できるのか
  • 上記のとおり、解約前に実施すべきことはすんでいるか
  • 本当にそのクレジットカードは利用するシーンはないのか

1枚はポイント還元率が高いカード、2枚目は海外で利用しやすいカードなど、クレジットカードを複数枚持っておくことで利便性が高まるケースもあります。

また、クレジットカードの解約、切替えを繰り返すとクレジットカード会社からの信用を失う恐れがあります。クレジットカードを解約した後に後悔しても遅いので、解約する前にいま一度確認することをおすすめします。

今回の記事のまとめ

クレジットカードを解約・退会する前に確認すべきこと

  • 支払契約先へ支払方法変更の手続きはすんでいるか
  • ポイントがどれくらい貯まっているか
  • 未払い額がいくらか(解約後の引き落としの注意)
  • ETCカードや家族カードが利用できなくても大丈夫か
  • 年会費が発生してしまっていないか
  • 海外に行く際、使えるクレジットカードはあるか
  • そのクレジットカードは本当に解約するべきか

人気ランキング

注目!ピックアップ記事