Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の使い方やおすすめの選び方

旅行の出発準備

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の使い方やおすすめの選び方

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の使い方やおすすめの選び方

海外旅行では、思いもよらないトラブルに見舞われることも少なくありません。そんなときに頼れるのが海外旅行傷害保険です。ご自身でご加入される保険会社の海外旅行保険を利用してもいいのですが、クレジットカードにも海外旅行傷害保険が付帯されていることをご存じでしょうか。
ここでは、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険について、押さえておきたいポイントをご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

海外旅行傷害保険に加入してトラブルに備えよう

まずは、海外旅行においてケガや携行品破損など、どのようなトラブルが想定されるのか知っておきましょう。

・ケガ、病気

海外旅行中に、ケガをしたり病気になったりすることが考えられます。受診した場合は治療費が発生するほか、状況によっては長期入院の可能性もあります。

・携行品破損
カメラやスーツケースなど、携行品が破損してしまうトラブルも考えられます。

・盗難
スリや強盗による被害が発生することがあります。

クレジットカード付帯の補償項目について

クレジットカードに付帯されている、海外旅行傷害保険が補償してくれる項目の一部をまとめました。カード会社によって補償項目に違いがありますので、確認しておくとよいでしょう。ここでは、三井住友カードの補償内容を例に、どのような補償が受けられるのかをご紹介します。

なお、最高補償額は、クレジットカードのステータスなどによって変わってきます。対象のカードはこちらをご参照ください。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード ゴールド

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード(一般)

・傷害死亡・後遺障害

傷害死亡は旅行中のケガによって死亡した場合、後遺障害は旅行中のケガにより後遺障害が発生した場合に、海外旅行傷害保険で補償されます。
例えば、「海外旅行先で同乗していた車が中央分離帯に激突して死亡した」といったケースです。
三井住友カードでは、自動付帯で最高1億円、当該クレジットカードで事前に旅費などの決済を行うカード利用条件付帯では、最高4,000万円まで補償します。

・傷害治療費用
旅行中の交通事故など、偶然な事故により身体にケガを負い治療を受けた場合の費用を補償します。
三井住友カードでは、ステータスに応じて1事故50万~500万円を限度に補償します。

・疾病治療費用
旅行中または旅行期間終了後48時間を経過するまでに発病した疾病が原因で医師の治療を受けられた場合の治療費を補償します。
三井住友カードでは、ステータスに応じて1疾病50万~500万円を限度に補償します。

・賠償責任
偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりすることで、法律上の賠償責任を負った場合の費用を補償します。
例えば、「ホテルの備品を壊してしまった」「ほかの旅行客の携帯品であるカメラを壊してしまった」といったケースが対象です。
三井住友カードでは、ステータスに応じて1事故2,000万~1億円を限度に補償します。

・携行品損害
スーツケースやカメラが盗まれたり破損したりするなどして、携行する身の回りの品が損害を受けた場合、購入額から減価償却した時価額(修理可能な物は時価を限度として修理費)を補償します。
三井住友カードでは、ステータスに応じて1回の旅行中かつ1年間で15万~100万円を限度に補償します。なお、1事故につき3,000円の自己負担が必要です。

・救援者費用
保険に加入している被保険者を捜索救援する費用や、親族が現地に行くための交通費である救援者費用を補償します。
三井住友カードでは、カードのステータスに応じて1年間で100万~1,000万円を限度に補償します。

詳細は以下ホームページをご確認ください。
海外旅行傷害保険
カード別保険金額一覧

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険との違い

海外旅行傷害保険には、加入方法による違いがあります。 保険会社の海外旅行保険に任意で加入する方法と、クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険を利用する方法です。
前者は、自分で保険会社を選ぶことができます。後者は、所持しているクレジットカードによってすでに保険会社が決まっており、いくつかの条件をクリアしていれば、特に加入手続きをしなくても、海外旅行傷害保険を利用することができます。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険は、あくまでもサービスの一環となります。任意加入の海外旅行傷害保険とは補償項目に違いがあるため、その違いを把握しておきましょう。ただ、近年のクレジットカードに付帯する旅行保険の内容は充実しており、旅行内容によっては、それだけで十分と感じることも多いでしょう。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を選ぶポイント

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険は、基本的には海外旅行前に特別な申し込みをしなくても利用することができます。ただし、カード会社によってサービスの内容や利用条件などはさまざまです。ここでは、サービス内容を重視してクレジットカードを選ぶ際のポイントをご紹介します。

海外旅行傷害保険が自動付帯か利用付帯か

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険には、カードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」と、一定の条件下で保険適用となる「利用付帯」があります。

  • 自動付帯…カード会員であれば誰でも保険が適用される
  • 利用付帯…旅行代金などのクレジット決済を行うことで保険が適用される

自動付帯か利用付帯かは、カード会社やクレジットカードのステータスによって異なります。利用付帯の場合、その旅行に行くための飛行機代や、空港までの電車・バス・タクシー料金などを、出国前にそのカードで支払っていることなどが条件になります。
三井住友カードでは、一般会員では利用付帯ですが、ゴールドは一部自動付帯となっています(利用条件有り)。

クレジットカードのステータスによる補償内容の違い

クレジットカードのステータスによって、海外旅行傷害保険の補償内容は異なります。ゴールドなどのステータスの高いクレジットカードは、傷害・疾病治療費用や携行品損害、賠償責任などの補償限度額が高額になります。

そのほか、ステータスの違いによって追加される補償項目があります。
例えば、三井住友カード ゴールドの場合、旅行先での緊急アシスタンスサービスや空港ラウンジサービスなどを利用することができます。

三井住友カード ゴールド

治療費の充実度

海外では、治療費が高額になりやすい傾向があります。そのため、補償の中でも利用する可能性が高い治療費や救援者費用などの補償額が、高めに設定されたクレジットカードを選ぶことが大切です。
また、ケガや病気に次いで多い携行品の破損に備え、携行品損害の補償も充実していると安心です。三井住友カードの場合、傷害や疾病の治療費は最高で500万円、携行品も最高100万円まで補償します。

家族特約

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険には、本会員の家族も補償の対象となる家族特約がついているものもあります。家族旅行の際は、対象範囲や年齢などの条件をクリアしていれば、家族分の海外旅行保険に別途加入する手間が省けます。
なお、家族特約がついていないクレジットカードでも、出国前に家族カードを作成することで保険が適用される場合もあります。

滞在が長期になる場合

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険には、旅行開始期間から3ヵ月間といった、補償の対象となる期間が設けられています。補償対象期間を超えての長期滞在となる場合は、保険会社の海外旅行保険も検討するなど、帰国まで期間が有効となる海外旅行保険を利用する工夫が必要です。

複数持ち

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険は、死亡・後遺障害などの高額な補償を除き、複数枚のカードの補償額を合算することができます(保険金を合算した範囲内で実際の損害額を限度とし、それぞれの保険から按分する)。主に利用するメインカードだけでは補償額が不安なときは、サブカードを何枚か準備しておき、補償額を手厚くしておきましょう。その場合、年会費が無料で、海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードを選ぶと、余分な手間やコストを抑えることができます。

あわせて読みたい
クレジットカードを複数枚持つメリットは?使い分けがおすすめな理由

キャッシュレスサービスに対応しているか?

海外旅行傷害保険を利用する場合、一般的には病院への支払いは一時立替払いとなり、利用者が全額を支払わなくてはなりません。しかし、海外での治療費は高額となる傾向があり、土日・夜間などは現金で用意することが難しくなります。
そのようなときに便利なのが、保険会社と病院が直接やりとりをしてくれる、「医療費キャッシュレスサービス」です。一時的な立替えは、海外での緊急時には負担がかかるため、治療を受ける際に現金で支払う必要がないキャッシュレスサービスに対応しているクレジットカードを選んでおきましょう。

なお、三井住友カードには、三井住友海上火災保険株式会社の緊急アシスタンスサービスがあります。医療費キャッシュレスサービスに対応していますので、もしもの時も安心です。

詳細は以下ホームページをご確認ください。
緊急アシスタンスサービス

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行中、クレジットカードは海外旅行傷害保険以外にもさまざまなシーンで役立ちます。そのため、カードの条件を総合的に判断して選ぶことで、より充実した海外旅行になります。
ここでは、三井住友カードのプロパーカードである「三井住友カード」「三井住友カード プライムゴールド」「三井住友カード ゴールド」「三井住友カード プラチナプリファード」「三井住友カード プラチナ」の中から、海外旅行におすすめのクレジットカードの選び方を見ていきましょう。

横にスライドしてください

カード名 三井住友カード

お申し込みはこちら


学生の方はコチラ

三井住友カード
プライムゴールド

お申し込みはこちら

三井住友カード
ゴールド

お申し込みはこちら

三井住友カード
プラチナプリファード

お申し込みはこちら

三井住友カード
プラチナ

お申し込みはこちら

初年度年会費 インターネット入会で無料 無料 インターネット入会で無料 33,000円(税込) 55,000円(税込)
翌年度以降
年会費
1,375円(税込)
※割引特典あり
5,500円(税込)
条件により1,650円(税込)まで割引
11,000円(税込)
条件により4,400円(税込)まで割引
33,000円(税込) 項目55,000円(税込)
条件により53,900円(税込)まで割引
旅行傷害保険 最高2,000万円(海外)
※旅行代金などを当該カードで支払った場合のみ
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高1億円
(海外・国内)
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 100円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満20歳以上30歳未満
安定継続収入のある方
原則満30歳以上
安定継続収入のある方
原則満20歳以上
安定継続収入のある方
原則満30歳以上
安定継続収入のある方

・旅行保険の補償を手厚くしたい場合

国内、海外問わず旅行に行く頻度が高い場合は、「旅行傷害保険」の補償額が手厚いカードを選ぶと安心です。
「三井住友カード プライムゴールド」や「三井住友カード ゴールド」「三井住友カード プラチナプリファード」であれば、最高で5,000万円、「三井住友カード プラチナ」であれば最高1億円の補償が受けられます。

・学生の場合

安定した収入がない学生でも、高校生を除く満18歳以上が入会できるクレジットカードなら持つことができます。
「三井住友カード(学生)」なら、利用付帯で海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償され、在学中は入会翌年度以降の年会費も無料になります。

三井住友カード(学生)

・年会費をお得に利用したい場合

三井住友カードのプロパーカードは、インターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料になる場合もあります。2年目以降も年会費を抑えたい場合は、WEB明細や「マイ・ペイすリボ」のご利用など年会費が割引となる条件を確認しておきましょう。

マイ・ペイすリボ

・ポイントを効率良く貯めたい場合

クレジットカードの利用金額によって付与されるポイントをお得に貯めたい場合は、ポイント還元率の高いカードを選びましょう。

・将来的にステータスの高いカードを持ちたい場合
クレジットカードの種類によっては、入会には年齢などの条件があります。機能性が高いゴールドカードなど、将来的にステータスの高いクレジットカードを持ちたい場合、自動的にランクアップができるカードがあります。「三井住友カード プライムゴールド」は満20歳以上30歳未満で安定・継続した収入のある方が対象のカードです。満30歳以降、最初のカード更新時にゴールドカードへとランクアップができます。

あわせて読みたい
プロパーカードと提携カードの違いやメリット、おすすめカードを紹介

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の使い方

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を比較・検討する際には、補償内容や利用条件のほか、保険金の受け取りやすさも大切な要素のひとつです。海外旅行傷害保険の補償を受けるための申請方法は、各自の状況によって異なるため、事前に理解しておけば、もしものときも落ち着いて対応できるでしょう。
続いては、三井住友カードを例に、保険金の請求方法について見ていきましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の使い方

1 費用は保険金の範囲内であれば保険金としてお支払いいたします。

2 会員資格の確認が必要となるため、通院の場合などは一時的に費用のお立替えをお願いする場合があります。

帰国後、VJ保険デスク(三井住友海上)までご連絡ください。

保険金請求の場合、事故日より30日以内にご連絡ください。

詳細は以下ホームページをご確認ください。
保険金申請手順、保険金申請に必要な書類

・病気やケガのとき

病気やケガの治療費用の立替えが必要な場合は、領収書や診断書をもらい、帰国後に保険金の請求手続きを行います。医療費キャッシュレスサービスや緊急のアシスタンスを依頼したい場合は、現地で緊急アシスタンスサービスセンターへ連絡を行います。自己負担金が発生した場合は、帰国後に精算となります。

・救援者、賠償責任のとき
現地で医療施設への緊急移送が必要な場合や、救援者の渡航・宿泊手配を依頼したい場合は、緊急アシスタンスサービスセンターへ連絡します。アシスタンスサービスの費用は保険金の範囲内であれば保険金として支払われます。緊急アシスタンス以外の場合は、保険金の請求手続きは帰国後に行います。

・携行品損害のとき
携行品の損害は、帰国後に保険金請求手続きを行います。ただし、盗難被害の場合は現地で警察署へ連絡し、事故証明などの必要書類を取得しておく必要があります。

高額治療費の事例と海外の医療事情

海外におけるケガや病気の治療費は、高額といわれています。虫垂炎を例にとると、アメリカ・ニューヨークでは、手術費だけで200万円を超え、そのほかに部屋代が20万円かかったという事例があります。中国・上海では、10万円前後の手術費に加えて入院保証金が求められ、公立病院の部屋代で約1万円、私立病院の個室なら13万円ほどかかります。
加えて、緊急時に病院に搬送してもらえる救急車も、アメリカなど多くの国で有料化されています。高度な医療を受けられる都市部ではない場合、その土地の病院で治療ができないと判断されれば、ほかの都市に移動することもあり、その際の移動費用を請求されることがあります。

こういった海外でのトラブルや高額請求をサポートしてくれる海外旅行保険への加入は、万が一のためにも検討し、出国前に備えておくと安心です。

海外旅行前に緊急連絡先と補償項目を把握する

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を利用して海外旅行へ出掛ける際、事前にチェックしておきたいポイントがあります。
まずは、トラブル時に電話で相談できるカード会社のアシスタンスサービスを活用できるように、滞在地での連絡先を把握しておきましょう。トラブル時の頼れる味方となります。
アシスタンスサービスは、通常はカード付帯海外旅行傷害保険の引受保険会社が対応してくれます。

例えば、三井住友カードの場合は、三井住友海上火災保険株式会社が引き受けています。

また、旅行前に、海外旅行傷害保険の補償項目が記載された該当ページや、資料を用意しておくといいでしょう。トラブルが起こった場合に、補償の範囲なのかどうかが明確になります。

三井住友カード
緊急アシスタンスサービスご連絡先
電話によるご案内「海外でのカードサービスのご案内」

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険で安全に海外旅行を楽しもう

旅行をする前に、病気やケガ、盗難といったトラブルについて意識することが大切です。申し込みも不要なクレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険は、持っているだけで安心できるお守り代わりのようなものといえるでしょう。

例えば、「三井住友カード ゴールド」では、海外旅行傷害保険が付帯されているだけではなく(一部利用条件有り)、旅行先での緊急アシスタンスサービスや空港ラウンジサービスを利用することができます。ほかにも、最寄りのATMから手軽に現地通貨の引き出しや、日本語で対応してくれるクレジットカード会員専用の窓口が利用できます。クレジット決済で購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときのお買物安心保険も付帯していますので、海外旅行をより安全で快適に過ごすことができます。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

三井住友カード ゴールド

あわせて読みたい
海外旅行前にクレジットカードを作るべき10の理由

備えあれば憂いなし。充実した海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを選び、賢く海外旅行を楽しみましょう。

2020年11月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

三井住友カードなら最短5分(※)で即時発行!
カードの到着を待たずにすぐ使える!

  • ※各カード詳細ページからは即時発行でのお申し込みはできません。即時発行をご希望の方は、こちらのページの「即時発行お申し込み」のボタンからお申し込みください。
  • ※即時発行お申し込みの際は、お申し込み前に必ず「即時発行に関する注意事項」をご確認ください。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

即時発行について

≪受付・審査時間について≫
  • ・即時発行は9:00~19:30までにお申し込みされたものが対象となります。
  • ・上記時間外にお申し込みされた場合は、翌日9時以降に審査を開始します。優先的に審査が行われるわけではございませんのでご注意ください。
≪お申し込みついて≫
  • ・追加カードはiDの一体型のみ同時申込できます。(ETC・PiTaPa・家族・iD(専用・携帯型)は対象となりません)
  • ・即時発行をすでにご利用いただいたことのある方は2枚目のお申し込みはできません。
  • ・ご入会には、通話可能な電話番号をご用意ください。
  • ・IP電話ではカード番号表示に必要な電話認証はできません。
≪カード情報のご確認について≫
  • ・Web上でカード番号を確認できる期間は1ヵ月間となっております。終了後につきましては、お申し込みから1週間程度で送付されるカードをご利用ください。
≪送付するカードについて≫
  • ・ご入会後、カードをお届けしますが、お受け取りにならず弊社に返送された場合は、一定期間経過後にご解約となりカードがご利用いただけなくなりますので、必ずお受け取りいただきますようお願いいたします。
※以下に該当する場合は即時発行することはできません。
  • ・お客さまがカード引落口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
    インターネットで引落し口座の設定可能な金融機関
  • ・各金融機関にて口座設定をする際に、通信トラブルなどによって設定が完了できなかった場合
  • ・各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合
  • ・キャッシングのご利用枠をご希望の方で、お申し込みの際にキャッシングのご契約内容をインターネット上で確認・保存されない場合
  • ・お客さまのお申し込みに不備などがあった場合
  • ・お客さまが19:30以降にカード発行のお申し込みを弊社に行った場合
  • ・カードのお申し込みが集中した場合
  • 外国の政府などにおいて、重要な地位を占める方
  • ・事業でお使いになることを目的とした方
  • ・ご職業が複数ある方
  • ・個人事業主の方

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP