ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

クレジットカードの裏話

家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

こんな人に
おすすめ!

  • ポイントや還元率を重視する方

家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

毎月の支出の中でも大きな割合を占めるものとして、家賃が挙げられるでしょう。賃貸物件の家賃の支払い方法といえば、振込みや銀行口座からの引き落としが一般的です。しかし最近では、家賃や賃貸契約関連の諸費用のクレジットカード払いに対応する物件や不動産会社が増えつつあります。
ここでは、家賃をクレジットカード払いにするメリットと注意点について解説します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

家賃のクレジットカード払いは増えつつある

これまで、家賃のクレジットカード払いに対応している不動産会社の数は、それほど多くありませんでした。
家賃のクレジットカード払いが普及していなかった背景には、クレジットカード決済の際に発生する手数料の問題があります。家賃をクレジットカードで支払う場合、カード会社は決済手数料を差し引いた金額を、貸主である不動産会社に振込みます。すると、必然的に不動産会社の収入も減るため、積極的に導入しようという不動産会社が少なかったのです。
例えば、決済金額が8万円だとしても、そこからクレジットカードの決済手数料が差し引かれます。仮に5%の決済手数料がかかった場合、4,000円が引かれてしまうため、貸主側の実際の収入は7万6,000円になってしまうのです。

ただし最近では、家賃のクレジットカード払いに対応している不動産会社は増えつつあります。 これは、キャッシュレス決済の普及に伴い、少額の買物から高額な買物まで、日常のさまざまなシーンでクレジットカードが利用されるようになったためです。入居者の利便性向上や他物件との差別化を目的に、家賃のクレジットカード払いへの対応を検討する不動産会社も増えてきています。

また、不動産会社側にとっては、カード会社を経由することで毎月確実に家賃が入金されますから、未払い防止になるというメリットがあります。クレジットカード払いならば、毎月決められた日に必ずカード会社から不動産会社へ家賃が支払われ、その翌請求月に、カード会社が借主(カード利用者)へ請求をします。つまり、借主の支払い能力を問わず必ず家賃が入金されるようになり、家賃滞納のリスクがなくなります。

さらに、家賃のクレジットカード払いに対応していない不動産会社がまだ多い一方で、賃貸契約の「初期費用」だけはクレジットカード払い可としている不動産会社もあります。初期費用だけでもそれなりの金額となるため、毎月の家賃をクレジットカード払いにできないとしても、初期費用は可能か一度確認してみることをおすすめします。

クレジットカード以外で家賃の支払いをする方法

そもそも家賃の支払い方法には、どのようなものがあるのでしょうか。自分の銀行口座から不動産会社や大家さんの指定口座へ家賃を振り込んだり、毎月決まった日に自動引き落としにしてもらったりする方法が一般的でしょう。
この場合、通常は金融機関の利用手数料がかかります。手数料は借主負担となるケースが多いため、できる限り節約していきたいところ。不動産会社や大家さんの指定した振込先金融機関と同じ金融機関の口座を持っている場合、その口座から家賃を入金することで、手数料を無料にできたり、安くしたりすることができます。

家賃を毎月振り込んでいる場合、もうひとつ注意したいのは振込みをうっかり忘れてしまうこと。不動産会社や大家さんから督促を受けたり、場合によっては遅延金が発生したりする可能性もあります。家賃滞納を避けるためにも、毎月の入金期日をスケジュール帳などに書き込んで、きちんと管理するようにしましょう。
また、自動引き落としの場合は残高不足に注意してください。なお、引き落としに利用する金融機関が指定されるケースもあり、その金融機関の口座を持っていなければ、新規開設が必要となります。

家賃をクレジットカード払いにすることのメリット

家賃のクレジットカード払いは、入居者にとってさまざまなメリットがあります。それぞれ確認していきましょう。

支払いのタイミングをずらすことができる

クレジットカードは、利用者の信用にもとづき、カード会社が利用料金を立て替える後払いのシステムです。
そのため、家賃の支払い日に手持ちの現金が不足している場合でも、慌てずに済みます。特に、敷金や礼金などが上乗せされて支出がかさむ契約当初や契約更新の時期は、支払いのタイミングをずらすことで余裕を持った資金繰りができるでしょう。

ポイントやマイルが貯まる

現金払いでは出ていくだけの家賃も、クレジットカードで支払えばポイントやマイルとして還元されます。毎月の支払額が大きい家賃ですから、ポイントを貯めやすいでしょう。

振込みなどの手間がかからない

口座引き落としや指定口座への振込みの場合、支払い日までに必ず銀行やATMで手続きをしなくてはなりません。クレジットカード払いであれば、支払い日を管理する手間を省くことができます。

家計管理がしやすくなる

月々の家賃も含めて、クレジットカード払いをメインの決済方法に統一することで、家計管理も楽になります。
日常のさまざまな買物だけでなく、家賃、電気代、ガス代、水道代、携帯電話料金などの生活費もクレジットカードで支払えば、月々の固定費の支払いがまとめられるため、家計管理の手間を大きく省くことができるのです。家賃などの固定費は決済日も決まっていますから、毎月の家計のシミュレーションにも役立ちます。

家賃をクレジットカード払いにするときの注意点

家賃のクレジットカード払いには、メリットがある一方で、いくつかの注意点もあります。

指定されたクレジットカードでしか支払えない場合がある

家賃のクレジットカード払いに対応していても、支払いに利用できるクレジットカードが限定されている場合があります。所有しているクレジットカードが利用できるかどうか、あらかじめ不動産会社に問い合わせておきましょう。

家賃がポイント対象外の場合がある

家賃がポイントの対象になるかどうかは、カード会社やクレジットカードの種類によって異なります。家賃だけでなく共益費や管理費といった毎月の支払い分がすべてポイントの対象になる場合もあれば、家賃のみが対象となる場合もありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

残高が足りなくなる場合がある

家賃の支払い日を後ろ倒しできるのは、クレジットカード払いのメリットです。
注意しなければならないのは、支払い口座の残高です。家賃のクレジットカード払いを選択した場合は、決済日と支払い日のタイムラグに注意しながら、支払い口座の残高を管理することが大切です。

クレジットカード払い対応の物件は増える傾向に

家賃の支払いは今も現金振込みや引き落としが主流で、クレジットカード払いに対応している不動産会社や物件は、現状それほど多くありません。
しかし、キャッシュレス化が進むことから、家賃のクレジットカード払いはこれからどんどん増加していくことでしょう。

  • ※2020年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

家賃のクレジットカード払いは普及しつつある

  • キャッシュレス化により普及が予想される

クレジットカード払い以外で家賃を支払う方法

  • 口座振込:振込み忘れに注意
  • 自動引き落とし:残高不足に注意

家賃をクレジットカード払いにするメリット

  • 手元に現金がないときも家賃を支払うことができる
  • ポイントやマイルを貯めやすい
  • 振込みに行く手間がかからない
  • 家計管理に役立つ

家賃をクレジットカード払いにする際の注意点

  • 特定のクレジットカードしか使えない可能性がある
  • ポイントやマイルの対象とならない場合がある
  • 引き落とし日を忘れてしまう可能性がある

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】