家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

クレジットカードの裏話

家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

こんな人に
おすすめ!

  • ポイントや還元率を重視する方

家賃はクレジットカードで支払える?メリットと注意点

多くの方にとって、毎月の支出の中でも大きな割合を占めるものとして「家賃」が挙げられるでしょう。賃貸物件の家賃の支払い方法といえば、お振込みや銀行口座からの引き落としが一般的です。しかし、最近では、家賃や諸費用のクレジットカード払いに対応する物件や不動産会社が増えています。
新たな家賃の支払い方法として注目されるクレジットカード払いの現状をご紹介しつつ、借り手のメリットと注意点についてまとめました。

家賃のクレジットカード払いは普及しつつある

これまで、家賃のクレジットカード払いが普及しなかった背景には、クレジットカード決済の際に発生する手数料の問題がありました。家賃をクレジットカードで支払うと、カード会社は決済手数料を差し引いた金額を不動産会社に振り込みます。すると、必然的にオーナーの収入も減るため、積極的に導入しようというオーナーが少なかったのです。

しかし、日常のちょっとした買物から高価な家具や家電まで、さまざまな決済シーンでクレジットカードが使われるようになったことを受け、入居者の利便性向上や他物件との差別化を目的として、導入を検討するオーナーが増えました。近年は、大手不動産会社をはじめとする不動産業界でもクレジットカード決済の導入が相次いでいます。

代表的なのは、2013年10月からクレジットカード決済を導入し、2015年10月には賃貸住宅に特化した決済サービスを提供する子会社の設立に至った大東建託株式会社。そして、2014年より敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、債務保証料といった初期費用のクレジットカード決済に対応するようになった住友林業レジデンシャル株式会社です。さらに、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営する株式会社LIFULLも、HOME'Sに加盟する賃貸不動産会社向けに家賃クレジットカード決済サービスを提供しています。

家賃をクレジットカード払いにすることのメリット

家賃のクレジットカード払いは、入居者にさまざまなメリットがあります。

メリット1 支払いのタイミングをずらすことができる

クレジットカードは、利用者の信用に基づき、クレジットカード会社が利用料金を立て替える後払いのシステムです。そのため、家賃の支払い日に手持ちの現金が不足している場合でも、慌てずに済みます。特に、敷金や礼金などが上乗せされて支出がかさむ契約当初や契約更新の時期は、支払いのタイミングをずらすことによって余裕を持った資金繰りができるでしょう。なお、入居時にかかる初期費用は、分割払いやリボ払いができる場合もあります。

メリット2 ポイントやマイルが貯まる

現金払いでは出ていくだけの家賃も、クレジットカードで支払えばポイントやマイルとして還元されます。毎月の支払額が大きい家賃ですから、スピーディーにポイントを貯めることができるでしょう。

メリット3  お振込みなどの手間がかからない

口座引き落としや指定口座へのお振込みの場合、支払い日までに必ず銀行やATMで手続きをしなくてはなりません。クレジットカード払いであれば、支払い日管理の手間を省くことができます。決済日も決まっているので、家計の管理もしやすくなります。

家賃をクレジットカード払いにするときの注意点

家賃のクレジットカード払いには、メリットがある一方で注意したほうが良いこともあります。

指定されたクレジットカードでしか支払えない場合がある

家賃のクレジットカード払いに対応していても、支払いに利用できるクレジットカードが限定されている場合があります。所有しているクレジットカードが使用できるかどうか、あらかじめ不動産会社に問い合わせておきましょう。

家賃がポイント対象外の場合がある

家賃がポイントの対象になるかどうかは、クレジットカードによって異なります。家賃だけでなく共益費や管理費といった毎月の支払い分がすべてポイントの対象になる場合もあれば、家賃のみが対象となる場合もありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

後払いになるため、引き落としの日を忘れてしまう可能性がある

家賃の支払い日を後ろ倒しできるのがクレジットカード払いのメリットですが、後払いになったからといって安心していると、うっかり支払い日を忘れてしまう可能性があります。決済日と支払い日のタイムラグに注意しながら家計(お支払い口座の残高)を管理することが大切です。

家賃のクレジットカード払いは増加傾向

家賃の支払いは今も現金が主流で、クレジットカード払いに対応している不動産会社や物件はそれほど多くありません。しかし、スマホの普及が追い風になってキャッシュレス化が進むことから、家賃のクレジットカード払いはこれからどんどん普及していくでしょう。
便利なクレジットカード払いですが、利用する際には手数料などをしっかり確認したうえで契約することをおすすめします。

今回の記事のまとめ

家賃のクレジットカード払いは次第に普及しつつある

  • 最大手の賃貸物件管理会社を含めて増加傾向
  • 家賃だけでなく諸経費を支払うこともできる
  • キャッシュレス化により普及が予想される

家賃をクレジットカード払いにする3つのメリット

  • 手元に現金がないときも家賃を支払うことができる
  • ポイントやマイルを貯めやすい
  • お振込みに行く手間がかからない

家賃をクレジットカード払いにする際の注意点

  • 特定のクレジットカードしか使えない可能性がある
  • ポイントやマイルの対象とならない場合がある
  • 現金で払う場合より家賃が高く設定されていることがある
  • 現金を用意しないため、引き落とし日を忘れてしまう可能性がある

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】