Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

始める前に知っておきたい1人暮らしのメリット・デメリット

始める前に知っておきたい1人暮らしのメリット・デメリット

通勤しやすいエリアに住んだり、自由なライフスタイルを実現させたりと、1人暮らしをする理由はさまざま。初めて1人暮らしをするのであれば、1人暮らしのメリットだけではなくデメリットも踏まえ、快適な暮らしを送れるようしっかり準備をしておきたいところです。

そこで今回は、1人暮らしを検討中の人へ向けて、そのメリット・デメリットをご紹介します。何かと金銭的負担がかかりがちな1人暮らしで、金銭管理を楽にするためのコツについても見ていきましょう。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

    1人暮らしで期待できる6つのメリット

    漠然と「社会人になったら1人暮らしをするもの」と考えたり、1人暮らしに憧れを持っていたりする人も多いでしょう。確かに、1人暮らしには実家暮らしにはない魅力があります。まずは、実家暮らしと比較して、1人暮らしをする場合の6つのメリットについてまとめました。

    1 自分のライフスタイルで生活できる

    実家暮らしの場合、自分の生活リズムで暮らすことは難しいもの。家族の就寝中は物音を立てないように気を遣わなくてはなりませんし、反対に自分の就寝中に物音がして寝ていられないということもあるでしょう。
    1人暮らしなら、好きなときに家事や入浴をすることもできますし、帰宅時間を気にする必要もありません。誰にも干渉されないプライベートな空間で、同居人の存在を気にせずに趣味や仕事に集中できるでしょう。

    2 住みたい街に住める

    通勤に便利な場所や、憧れの街に住めるのも1人暮らしならでは。勤務先にアクセスのいい街に住めば日々の通勤にかける時間を大きく短縮できますし、雰囲気や街並みが好きな街に住むことで楽しく日々が送れそうです。生活が充実していれば、仕事のモチベーションアップにもつながるでしょう。

    3 部屋のコーディネートが自由

    実家暮らしの場合、自室だけなら自分の趣味でコーディネートができますが、家全体を自分好みの空間にすることはできません。家具や家電、インテリアなどは家族と相談して決める必要があります。その点、1人暮らしであれば、部屋全体の自由なコーディネートを楽しめます。自分が快適に暮らせる空間づくりができるでしょう。

    4 自由に外泊したり人を招いたりできる

    好きに外泊したり、自宅に人を呼んだりしやすいのも、1人暮らしのメリットです。特に女性の場合、実家暮らしでは門限があることもありますが、1人暮らしなら自分次第です。友人や恋人を招く場合も家族へ許可をとる必要がないため、気を遣うことがありません。ただし、1人暮らしでも騒音など近隣に配慮する必要はあるでしょう。

    5 家事能力が身に付きやすい

    1人暮らしでは、掃除や洗濯、食事の用意などの家事全般を自分でこなす必要があります。毎日家事をこなすうちに、自然と家事能力も身に付き、生活能力も大きくアップするはず。将来、家庭を持つことになったときにも役立つでしょう。
    また、仕事や趣味と家事を両立させるよう工夫するうちに、時間管理スキルや計画性が養われることも期待できます。

    6 金銭管理能力が身に付きやすい

    家賃をはじめ、水道光熱費や食費、通信料金に各種税金など、1人暮らしはさまざまな生活費を自分で管理し、支払っていかなくてはなりません。予算立てや貯金を続けるうちに、自然に金銭管理スキルがアップするでしょう。日用品や食材などを日頃から買いそろえていれば、節約しながら買物したり、必要な物を買うタイミングをつかめたりもできるはず。1人暮らしは、経済感覚や節約スキルを磨くことにも役立つでしょう。

    1人暮らしで注意したい6つのデメリット

    メリットの多い1人暮らしですが、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。1人暮らしを始める前には、デメリットをしっかり把握しておかなければなりません。また、デメリットをカバーするために、何をすべきかも考えておきましょう。

    1 生活リズムが乱れやすい

    自由なライフスタイルを送れる点が魅力の1人暮らしですが、人によっては生活リズムが乱れる原因になってしまいます。食生活や睡眠時間などの生活習慣が乱れると、心身の健康トラブルを招く可能性もあるため、規則正しい暮らしができるよう心掛けましょう。

    2 家事を誰にも任せられない

    家事が苦手な人や仕事が忙しい人にとっては、日々仕事をしながら家事全般を行うことは難しいかもしれません。自分以外に家事を任せられない状況が、ストレスになってしまう可能性もあります。
    趣味や休養のための時間を確保するためにも、計画性を持って家事をこなす必要があるでしょう。

    3 生活費を自分で負担するためお金がかかる

    生活全般の費用を自分で支払わなければならない1人暮らしは、実家暮らしよりもお金がかかるものです。初めての引越しとなると、家具や家電類も一通り買いそろえる必要があり、まとまった引越し資金が必要となるでしょう。
    安定した収入が続き、1人暮らしの金銭管理に慣れるまでは、好きに使えるお金は限られてくるかもしれません。

    4 防犯対策が必要

    実家暮らしの場合、家に誰もいない時間は1人暮らしより少ない可能性が高いですし、家族がいるだけで安心感があります。1人暮らしの場合は家族に頼ることなく、自分でしっかり防犯対策をしなければいけません。防犯カメラやオートロックなどのセキュリティ設備が充実している1人暮らし用物件は多いですが、そういった物件は家賃も高くなりがちです。予算との兼ね合いで選べる物件に限りがあるなら、「家に入ったらすぐ施錠する」「来客があっても簡単にドアを開けない」など、自分でも防犯対策をすることが大切です。
    部屋選びの際には、物件周辺の治安の良さや、交番などが近くにあるかといった立地条件を検討することも、防犯対策のひとつでしょう。

    5 病気やケガなどの対処が難しい

    1人暮らしで苦労したケースとして、病気やケガで自由に動けなかったという声は多く聞かれます。体調が悪いときでも、1人暮らしなら家事を代わってくれる人はいませんし、病院に連れていってくれる人もいません。
    普段から健康管理を徹底することはもちろん、常備薬や体温計、長期保存ができる食材などをそろえておくといいでしょう。物件近くの病院を調べておくこともお忘れなく。

    6 孤独感がある

    特に初めての1人暮らしとなると、始めて間もなくはさみしさを感じやすいものです。実家暮らしで家族との交流が多くなかった人でも、近くに誰の気配も感じられないことでさみしいと感じることもあるでしょう。1人暮らしに慣れていても、帰宅したときに家に誰もいないと、孤独感を覚える人もいるようです。
    意識的に離れた家族や友人と連絡を取ったり、趣味に打ち込んだり、孤独感を解消させる方法やひとりでも楽しめることを見つけておきましょう。

    1人暮らしを始めるときは何かとお金がかかる

    1人暮らしをスタートするときは、引越し資金や部屋の初期費用が必要となるほか、家具・家電類をそろえるなど、まとまったお金が必要です。賃貸契約の初期費用には敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料といった費用も含まれるため、家賃の3ヵ月~半年分は用意しておかなくてはいけません。

    そこで活用したいのがクレジットカードです。クレジットカードに支払いを集約すれば、支払い履歴が明細にまとめられ、家計管理がしやすくなります。また、家電や家具など高額な商品を購入する際に分割払いが選べたり、ポイント還元を受けられたりするのも魅力でしょう。

    「三井住友カード デビュープラス」は、18~25歳限定でお申し込みができる、新社会人にぴったりのクレジットカードです。通常200円(税込)で1ポイントのところ、デビュープラスならいつでも2ポイント獲得でき、入会後3ヵ月間はポイントが5倍になります。さらに、指定店舗での利用の場合はポイントが5倍(※)となり、効率的にポイントが貯められます。また、「Vpassアプリ」を利用すれば、スマートフォン上で簡単に家計管理ができます。

    • 一部、ポイント付与対象とならない店舗、およびポイント5倍にならない場合があります。
      詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。

    1人暮らしはメリットがいっぱい!快適に始められるよう準備しよう

    1人暮らしを始めてから後悔しないためにも、あらかじめメリットだけでなく、デメリットや注意点を把握しておくことが重要です。引越し後も余裕を持って暮らせるように貯金をしたり、特に優先したい条件をもとに物件選びをしたりして、快適な1人暮らしとなるようにしましょう。
    また、金銭管理の負担を軽減したり、ポイント還元を活用したりするためにも、クレジットカードを持っておくこともおすすめします。

    • 2020年6月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

    この記事を見た人におすすめの記事

    人気ランキング

    人気ランキング

    キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

    詳細を見る

    • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
    • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
    • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

    新社会人・20代の社員におすすめ!

    新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。