Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

新入社員が用意すべきスーツとは?選び方のポイントと費用の目安

新入社員が用意すべきスーツとは?選び方のポイントと費用の目安

ビジネスでは、スーツの着用が基本になります。スーツの着こなしで相手に与える印象が大きく左右されるため、ポイントを押さえたスーツ選びが重要になります。
特に、新入社員は清潔感を意識したスーツの着こなしが、好感度アップになります。ここでは、新入社員が用意すべきスーツや選び方のポイント、購入費用の目安について紹介します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

リクルートスーツはいつまで着るもの?

就活では、ブラックスーツに白のワイシャツというリクルートスタイルで活動していた人が多いでしょう。新入社員の最初の時期は、リクルートスーツを着用しても問題ありません。若手らしいフレッシュな印象を与えることができます。しかし本来、ブラックスーツはビジネスシーンでは着用しないというルールがあります。ブラックスーツは冠婚葬祭など、フォーマルな場面で着用する服装であるため、日常的に着るものではないのです。
そのため、新入社員研修の期間はリクルートスーツを着用し、その後はビジネススーツに切替えていくことをおすすめします。また、入社初期でも営業や接客などでお客さまと接する際には、リクルートスーツは避けたほうがいいでしょう。

新入社員がスーツを購入するタイミング

新入社員がスーツを購入するタイミングとしては、入社前の2月から3月上旬頃がおすすめです。3月下旬から4月にかけては入社準備のピークシーズンとなるため、人気の商品が品薄状態になってしまう可能性があります。
ピークより少し早めに購入すれば、豊富な品揃えの中からお気に入りのアイテムを選ぶことができます。

男性用スーツを選ぶ際のポイント

では、新社会人の男性は、どのようなスーツを選ぶといいのでしょうか。具体的なポイントをご紹介します。

スーツは1~3着用意する

スーツの着用が求められる会社の場合、スーツは3着程度用意しておくと安心です。スーツを長持ちさせると同時に、毎日同じ服を着ているという印象を与えないためにも、着回しができる枚数を準備しておくことが望ましいのです。
服装自由の会社であっても、式典に参加する際や重要な商談ではスーツの着用が必要になる可能性があるため、最低1着は用意しておきましょう。

男性用スーツでおすすめの色

男性用スーツでおすすめの色は、ネイビーとチャコールグレーです。ネイビーとは濃紺のことで、誠実さや真面目さ、清潔感といった印象を与える色です。ビジネスシーンでも特に人気の高い色で、どんな場面にもなじみます。ネイビーの中でも明るめのものから暗めのものまであるため、試着して自分の顔色や雰囲気に似合ったスーツを選ぶようにしましょう。
チャコールグレーとは濃いグレーのことで、ネイビーよりも柔らかく落ち着いた印象を与えられます。ネイビーのスーツばかりそろえるのではなく、チャコールグレーを入れるといつも同じような服を着ている印象を避けられます。

ネクタイは3~5本用意する

ネクタイを変えるだけで、同じスーツやワイシャツであっても異なる印象を与えられます。質が良く爽やかな印象のネクタイを3~5本用意すると、バリエーション豊かな組み合わせができます。
ブルーやえんじ色、黄色などが合わせやすい色ですが、あまりに派手な色味や柄は避けたほうが無難です。柄はストライプやドット、小紋柄などがどんなシーンにも合わせやすく便利です。

ワイシャツは1週間分用意する

ワイシャツはシンプルなデザインの物を5枚以上用意すると、余裕を持って洗濯できるので便利です。白だけでなく、ライトブルーやピンクなど、爽やかな色味のワイシャツもおすすめです。素材によって着心地や見た目の印象が変わりますので、好みの物を選びましょう。
形状記憶型のワイシャツであれば、洗濯をしてもシワになりづらく、アイロンが楽になるのでおすすめです。

体型にフィットするスーツを選ぶ

スーツ選びで最も重要なのが、体型にフィットした物を選ぶということです。大きめのサイズだと野暮ったくだらしない印象になってしまうため、程良くスリムに見えるスーツを選びましょう。
ただし、あまりにスリムだと動きづらくなってしまうので、試着して自分にぴったりのスーツを見つけてください。自分に合うサイズの選び方が分からないときは、ショップのスタッフに相談してアドバイスをもらってください。

女性用スーツを選ぶ際のポイント

女性は、スーツ着用が義務付けられていない企業も多くありますが、用意しておくのが無難です。女性用スーツを選ぶポイントを具体的に見ていきましょう。

オフィスカジュアルの企業でもスーツを1着は用意する

オフィスカジュアルOKの企業であっても、重要な商談や式典ではスーツの着用が求められる場合があります。そのため、最低でも1着はビジネススーツを用意するようにしましょう。
女性はスーツの上下をそろえず、好きな物を組み合わせて着用しても問題ありません。着回しやすいベーシックなデザインの物を選ぶことで、コーディネートの幅が広がります。

女性用スーツでおすすめの色

女性用スーツでおすすめの色は、ネイビーとグレーです。ネイビーは誠実で信頼できる印象を与え、グレーは爽やかで落ち着いた印象になります。グレーといってもチャコールグレーからライトグレーまで、色味によって印象が変わりますから、実際に試着して顔映りの良い色を選ぶといいでしょう。なお、ダークトーンのスーツのほうが、よりフォーマルな印象になります。

シャツやブラウスで胸元が開きすぎはNG

シャツやブラウスは、胸元が開いているデザインの物や、透けやすい素材の物は避けましょう。ビジネスシーンでこのようなシャツやブラウスを着用すると、清潔感が感じられなくなってしまいます。
また、新入社員のうちは、襟付きのシャツのほうがフレッシュな印象になります。購入する際は試着をするなど、デザインや体へのフィット感もチェックするようにしてください。

スーツの購入費用は1着あたり3万円が目安

スーツの値段は、安いものから高いものまでさまざまですが、新入社員は1着あたり3万円程度を目安にするといいでしょう。あまりに安いスーツだと質が悪く、すぐに傷んでしまう可能性があります。一方、あまりに高価なスーツだと、新人としては貫禄が出すぎてしまいます。質が良く丈夫な、自分に似合うスーツを選ぶようにしてください。

新入社員は一度に2、3着のスーツや必要なアイテムをそろえなくてはならないため、一度に購入するのが難しい人もいるかもしれません。そんなときは、クレジットカードで支払うことをおすすめします。クレジットカードなら欲しいときに購入して、支払い日までにお金を用意すれば問題ありません。また、購入金額に対してポイントが付与されるため、おトクに買物を楽しむことができます。

スーツを買うなら「ココイコ!」参加加盟店でのショッピングがおすすめ

いざスーツを買おうと決めても、どこに行けばいいのか迷ってしまうときには、「ココイコ!」参加加盟店でのお買物がおすすめです。「ココイコ!」とは、特定の実店舗でクレジットカードを利用すると、おトクな特典が受けられるサービスのことです。
「ココイコ!」であらかじめ行きたいお店にエントリーしておき、お会計時にエントリーいただいた三井住友カード発行のクレジットカードをご利用いただくだけで、キャッシュバックもしくはポイントが受け取れます。
「洋服の青山」「AOKI」「コナカ」といった有名店も多数ありますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

  • 別ウィンドウでココイコ!のサイトへリンクします。

新入社員は清潔感のあるスーツをそろえよう

新入社員はネイビーやチャコールグレーのスーツがおすすめです。若手らしいフレッシュさや誠実さのあるスーツを、入社までのあいだにそろえておきましょう。購入の際はクレジットカードを活用して、ポイントを効率的に貯めると節約にもつながります。
新社会人に一押しのクレジットカードは、「三井住友カード デビュープラス」です。18~25歳までの人限定のこのクレジットカードは、初年度の年会費が無料。翌年からは、前年に1回でも利用すれば年会費が無料になるので、実質年会費は無料です。リボ払いやボーナス一括払いも選択できますので、スーツをまとめて購入する際にも便利でしょう。

  • 2020年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

この記事を見た人におすすめの記事

人気ランキング

人気ランキング

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

新社会人・20代の社員におすすめ!

新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。