クレジットカードを解約・退会するデメリットや注意すべきことを解説

  • クレジットカードを退会・解約するタイミングと注意すること

    2023.07.12

クレジットカードを解約・退会するデメリットや注意すべきことを解説

使わなくなったクレジットカードを解約・退会する前に、デメリットを把握して、本当にやめるべきか考えてみましょう。ここでは、クレジットカードを解約・退会するデメリットや、チェックすべきポイントをご紹介します。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを解約したときに想定されるデメリット

クレジットカードを解約する前に、本当にカードを利用するシーンがないかを、よく確認しておく必要があります。クレジットカードを解約すると想定されるデメリットをチェックしましょう。

クレジットカードを解約したときに想定されるデメリット

いつものお買い物が不便になる

お買い物の支払いにクレジットカードを利用している場合、お手持ちのクレジットカードが1枚もないと、毎回現金やほかの手段で支払うことになり、不便になったと感じるでしょう。

また、いつも利用していたクレジットカードを解約し、ほかのカードに切替えることで、ポイント還元率が下がる場合もあります。よく利用するコンビニなど、特定の店舗でポイント還元率がアップするようなクレジットカードであれば、解約せずに継続利用するほうがお得です。

付帯サービスが利用できなくなる

クレジットカードには、旅行やショッピングに対する補償など、さまざまなサービスが付帯されています。カードの解約によって、付帯サービスが利用できなくなる点も大きなデメリットです。

例えば、近々旅行の予定がある方にとっては、カード付帯の国内・海外旅行傷害保険がお守り代わりとなるでしょう。なかには、空港ラウンジを利用できるなど、旅先で便利なサービスを付帯したカードもあります。クレジットカードを解約する際は、「付帯サービスを利用するシーンがないか」ということをよく検討してみましょう。

貯まっているポイントが使えなくなる

これまでの利用で貯めたポイントは、クレジットカードの解約と同時に失効してしまいます。

「このカードはあまり使っていないから、ポイントは貯まっていないだろう」と思っていても、長期にわたって保有していたカードであれば、思いのほかポイントが貯まっていることがあります。カードを解約する前は、必ず保有ポイントをチェックしておきましょう。

クレジットカードの解約方法は?

解約する際は、カード裏面に記載されているクレジットカード会社へ連絡、もしくはウェブサイトにて解約手続きを行います。

解約手続きには、解約するカード番号が必要になりますので、あらかじめ手元に準備してから手続きを進めましょう。そのほか、本人確認のために氏名や生年月日、住所などをたずねられる場合もあります。

また、カードの解約後は、当然ながら解約を取り消すことはできないため、「支払い方法の変更手続きが終わっているか」、「ポイントを使い切っているか」といった点を事前に確認しておくことが大切です。

解約・退会する前に対応すべき6つのポイント

ここでは、クレジットカードを解約・退会する前に、ご対応・ご確認いただきたいポイントを、詳しくご紹介します。

クレジットカードの解約・退会前にすべきこと

支払い方法の変更手続き

解約するつもりのクレジットカードで以下のような支払いをしている場合、あらかじめ別のクレジットカードに変更をしておく必要があります。

  • 電気、ガス、水道などの公共料金
  • 携帯電話料金
  • インターネットプロバイダー料金
  • 家賃、管理費、共益費、住宅ローンの引き落とし
  • 新聞・雑誌の定期購読、学校・保育園などの定期的なお支払い
  • サブスクリプションサービス(サブスク)

クレジットカードを解約したという情報は、支払い契約を結んでいる企業には通知されないため、支払い方法の変更手続きを忘れたままクレジットカードの解約をしてしまうと、公共料金や携帯電話料金の支払いを延滞してしまうことになりますので注意が必要です。

ポイントを使い切る

クレジットカードを解約してしまうと、これまで貯めたポイントはすべて使用できなくなってしまいます。解約するつもりのカードにポイントが貯まっている場合は、忘れずにポイントを使い切りましょう。
カード会社によっては、解約前にポイント交換の手続きをしていても、解約と同時に申請そのものが無効になってしまう場合もありますので、念のため交換した景品が手元に届いてから解約手続きをするのがおすすめです。

なお、三井住友カードの場合、スマートフォンアプリ「Vポイント」(以下、「Vポイント」アプリという)で保有しているVポイントの残高が簡単に確認できます。

VisaもしくはiDが使えるネットショップや店頭であれば、カードのご利用に応じて貯まったVポイントを1ポイント=1円として、「Vポイント」アプリでお買い物ができます。購入したいものに対して、残高が不足している場合は、クレジットカード、または三井住友銀行から残高をチャージして使用できます。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

未払い額を支払う

クレジットカード会社によっては、解約をする時点で残債(支払いが済んでいないお金)があった場合、一括返金請求を求めてくる場合があるので注意が必要です。通常のクレジット利用分はもちろん、リボ払い、分割払い、ボーナス払い、キャッシング(借入)などすべてがその対象ですので、解約を検討するときは、まずこれらの未払い額をしっかりと確認しておきましょう。

未払い額が大きいと、一度に高額の請求がくることも想定されます。手元に十分な現金がない場合は、返済が済んでから解約をするほうがよいでしょう。

三井住友カードの場合、カード退会後もご契約内容に従い、残高がなくなるまで引き続きリボ払い・分割払いとしてお支払いいただけます。また、お申し出いただければ、残高全額を一括で返済することもできます。

ETCカードや家族カードの有無を確認

本カードであるクレジットカードを解約すると、そのカードに紐づけされている「ETCカード」や「家族カード」も利用できなくなります。家族が通勤などでETCカードを利用している場合は、別途ETCカードを準備する必要があります。また、家族カードを日常的に利用している場合、解約後にカードを利用できないことで、お買い物に困らないかを確認することも必要です。

年会費発生を確認

クレジットカードのなかには、カード会社に「年会費」を年に1回支払うカードがあります。年会費が発生する時期は、カードによって異なるので注意が必要です。解約を検討している方は、いつまでに手続きをすれば年会費の支払いが不要なのか、必ず確認しましょう。

また、クレジットカードの年会費をすでにお支払いの場合、支払った年会費は戻らない場合が多いです。三井住友カードに関しても、お戻しすることはできませんのでご注意ください。

年会費を支払った直後にカードを解約するのは、もったいないので避けたいところです。でも、年会費を支払えば、カードの継続利用はもちろん、付帯サービスが利用できてお得です。

例えば、三井住友カードの会員にご利用いただける付帯サービスとしては、以下があります。

三井住友カードの付帯サービス一例

  • 空港ラウンジ利用、パッケージツアーの割引などのトラベルサービス
  • グルメ&ショッピング加盟店の優待サービス
  • チケット&エンターテインメントの優待サービス
  • 保険サービス

上記のとおり年会費以上のお得なサービスを受けることができますので、年会費発生の分、無駄にならないようカードを活用してもよいかもしれません。

一部、カードによってはご利用いただけない場合があります。

年会費無料のカードなら、更新料金を気にせず利用できる

クレジットカードのなかには、年会費が無料のカードもあります。もともと年会費無料のクレジットカードを選べば、更新料金を気にせずに利用することが可能です。

三井住友カードが発行する「三井住友カード(NL)」は年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。

海外に行く予定の確認

海外に行くときは、クレジットカードがあると便利です。例えば、以下のようなメリットがあります。

  • 現金を持ち歩く必要がなく盗難のリスクが減る
  • 必要なときに現金がおろせる「海外キャッシュサービス」が利用できる
  • ホテルやレンタカーのチェックインの際、デポジットがかからない場合がある
  • 海外旅行傷害保険や空港ラウンジが無料で使えるサービスが付帯されたものもある

海外で使いやすい、VisaやMastercardなどの国際ブランドのクレジットカードを持っておくと、心強い味方になってくれることでしょう。なお、国や地域によって国際ブランドの加盟店数が異なります。異なる国際ブランドのカードを併せ持つと、より安心です。

■こちらも合わせてご覧ください

三井住友カードの「選べる無料保険」は補償プランの変更ができる

三井住友カードは、「旅行傷害保険」をカード会員様のライフスタイルに合わせて、別の補償プランに変更することができる、「選べる無料保険」をご用意しています。変更できるプランは、以下6つです。

  • ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)
  • 弁護士安心プラン(弁護士保険)
  • スマホ安心プラン(動産総合保険)
  • 日常生活安心プラン(個人賠償責任保険)
  • ケガ安心プラン(入院保険(交通事故限定)
  • 持ち物安心プラン(携行品損害保険)

「旅行の機会が少なく旅行傷害保険があまり必要ではない」という方も、ほかの補償内容を充実させることができるのでおすすめです。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づきます。

三井住友カードのおすすめのクレジットカード

クレジットカードは、日ごろのお買い物だけでなく、公共料金やサブスクの支払い、海外旅行など、さまざまなシーンで役立ちます。ここでは、三井住友カードの、便利でお得なクレジットカードをご紹介します。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)

年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでのお買い物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

年会費永年無料のナンバーレスカード!


三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL)

三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 1・2・3

ポイント

最大7%還元

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短104

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※3 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※4 即時発行ができない場合があります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード(CL/カードレス)

お申し込みから決済、利用状況の管理まで、すべてをスマートフォンからの操作で完結できるのが大きな特徴。カード番号・有効期限といったカード情報の確認や利用状況の管理は、Vpassアプリから可能です。Vpassアプリは生体認証ログインにも対応しているため、なりすましや不正利用を防ぎ、安心・安全にご利用いただけます。

スマホ一台で身軽にお買い物

スマホ一台で身軽にお買い物


三井住友カード

(CL/カードレス) 

三井住友カード(CL) 三井住友カード(CL)

三井住友カード

(CL/カードレス) 

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短101

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 即時発行ができない場合があります。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズにお買い物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

20歳から持てるおトクなゴールドカード

20歳から持てるおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード(NL)・三井住友カード(CL)・三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大7%!

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード(NL)・三井住友カード(CL)・三井住友カード ゴールド(NL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつ。従来の三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)に加え、三井住友カード プラチナプリファードでもナンバーレスカードをご選択いただけます。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレスのカードです。
ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。

ポイント特化型のプラチナカード

ポイント特化型のプラチナカード


三井住友カード

プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード

プラチナプリファード

年会費

33,000円(税込)

ポイント還元率

1%~15%

限度額

~500万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

三井住友カードつみたて投資でVポイントが貯まるイメージ

三井住友カードつみたて

投資でVポイントが貯まる

積立額の5.0%

ポイントイメージ

毎年、継続利用で 1

最大40,000

ポイント

特約店の利用イメージ

特約店の利用で

獲得ポイント 2

最大+14%

※1 毎年、前年100万円ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

クレジットカードを利用する機会がないか再度確認しよう

クレジットカードには、ポイント還元や付帯サービスなど、多くのメリットがあります。カードを解約すると、これらのサービスも利用できなくなるため、解約前に再度「貯まっているポイントはないか」、「付帯サービスを利用する機会がないか」などを確認しておくことが大切です。
カードの解約後は取り消しができないため、「やっぱり解約しなければよかった」と後悔することのないように、改めて利用の機会がないか振り返っておきましょう。

よくある質問

Q1.クレジットカードを解約・退会するデメリットは?

クレジットカードの解約によって、現金やそのほかの手段で支払わなければならない場合、いつものお買い物が不便に感じるでしょう。ほかのカードに切替えることで、ポイント還元率が下がることもあるので、よく確認しましょう。
そのほかにも、「付帯サービスが利用できなくなる」、「貯まっているポイントが使えなくなる」といったデメリットが挙げられます。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.クレジットカードを解約・退会する方法は?

クレジットカードを解約する際は、カード裏面の電話番号へ連絡、もしくはウェブサイトで解約手続きを行います。解約手続きの際は、カード番号が必要となるため、あらかじめカードを準備してから解約手続きを進めましょう。そのほか、本人確認のために氏名や生年月日、住所などをたずねられる場合もあります。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.クレジットカードを解約・退会する前に確認すべきことは?

解約・退会するつもりのクレジットカードで、公共料金や携帯料金など、毎月のお支払いをしている場合、すべて変更しておく必要があります。また、ポイントが貯まっていた場合、そのまま解約してしまうと、ポイントが無駄になってしまいます。分割払いやリボ払いでの未払い額がいくらかあるのかなどといった点も、確認しておきましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

2023年7月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!三井住友カードがおすすめ!

毎日の出費を賢くお得に!

毎日の出費を賢くお得に!

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

新規入会者限定プレゼント実施中!

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。

詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。