おすすめのカードと作り方

ETCカードのメリットと作り方

ETCカードのメリットと作り方

ETCを利用すると複数のメリットがあることをご存知でしょうか。今回は、ETCとETCカードについて詳しく説明し、ETCを利用するメリットとETCカードの作り方についてご紹介します。

ETCとは

ETCとは「Electronic Toll Collection System」の略で、有料道路の渋滞を防止するために開発された料金の支払いを自動化するためのシステムを指します。このシステムを利用するために必要なものは2つあります。ひとつは自動車に設置し、ETCカードを差し込む機械である「ETC車載器」もうひとつが「ETCカード」です。ETCは自動車にETC車載器を設置して、そこにETCカードを挿入することで利用できます。

ETCのメリット

ETCの一番のメリットはなんといっても、料金所をスムーズに通過できること。ETCカードを設置した自動車でETCに対応している料金所を通ると、料金所にあるアンテナが自動車に設置されたETC車載器からの電波を受信して、自動的に料金が支払われます。従来のように1回1回料金所で止まって料金所を支払うことなく、ノンストップで通過できます。

金銭的なメリットもいろいろあります。それが「ETCマイレージサービス」です。事前に登録しておけば、ETCカードによるお支払い額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントを還元額(無料通行分)に交換できます。利用する時間帯によって通行料金が割引になるサービスもあります。利用する区間によって、時間帯、割引率は異なります。この2つは、ETCカード共通で受けられるサービスです。

またガソリンの節約にもなります。料金所を通過する際に一時停止するよりスピードを落としての通過のほうがガソリンの消費量は少なく抑えられます。

ETC導入の方法

初めてETCを導入する方は、まず初めに「ETC車載器」と「ETCカード」を用意しましょう。ETC車載器はネットやカー用品取り扱い店舗で買うことができ、ETCカードはクレジットカード会社へのお申し込みが必要です。この2つが揃ったら、セットアップ店に行きETC車載器に車両情報を登録して、実際にETC車載器をご自身の自動車に取り付ければ完了です。

ETCカードとは

ETCカードは、クレジットカード会社が発行するカードと高速道路6会社が合同で発行するカードの2種類あります。クレジットカード会社が発行するETCカードはETCカードを発行するためにクレジットカードのお申し込みが必要で、お申し込みの際には、所定の審査があります。
それでは、クレジットカードを持っていない人はETCカードを持てないの?と思ってしまうかもしれませんが、心配いりません。
そのような方は、高速道路6会社が合同で発行しているETCパーソナルカードにお申し込みいただけます。ただETCパーソナルカードのデメリットは、お申し込み後に、有料道路の平均利用月額の4倍の額をデポジット(保証金)として預託する必要があります。(最低2万円、2万円単位)
ETCカードを発行する際には、クレジットカード会社が発行するカードとETCパーソナルカードとどちらがご自身に適しているのかを考えて申し込みましょう。

クレジットカード会社が発行するETCカードについて

クレジットカード会社が発行するカードは、さらに「ETC専用カード」、「クレジットカード一体型ETCカード」の2種類があります。ETC専用カードは、ETCシステムだけを利用できるカードで、クレジットカード一体型ETCカードは言葉のとおり、クレジットカードとETCカードが一体になったもので両方の機能を持ち合わせています。
ETC専用カードはクレジット機能がないので、盗難、紛失した際に悪用される可能性が低いという特徴があります。すでにクレジットカードを持っており、新たにクレジット機能のあるカードは必要ないと感じる方はこちらのカードがおすすめです。
三井住友カードではクレジットカード一体型ETCカードは現在ございませんが、クレジットカードと同時にお申し込みができるため、お支払い口座やクレジットカードの設定の手間が省け便利です。ぜひご利用ください。

クレジットカード会社が発行するETCカード選びのポイント

次に、ETCカードの選び方についてお話しましょう。

  • 年会費がかかるかどうか

    ETCカードの年会費については発行するクレジットカード会社によって異なります。年会費が無料のもの、条件付きで年会費が無料のもの、年会費がかかるもの。年会費については、この3つのタイプに分かれます。自動車を利用する機会が多い人、ほとんど利用することがない人で、どのタイプが良いかはわかれます。条件を確認して、自分にあったものを選びましょう。
    ただ、あまり利用することがない人であれば、無条件で年会費が無料のもの、条件付きで年会費が無料のものがおすすめです。条件付きといっても、年に1回使用するなど、難しい条件ではないことがほとんどでしょう。

  • ポイント還元率から選ぶ

    ETCカードに関しては、「ETCマイレージサービス」だけでなく、クレジットカード会社が各社提供しているポイントがもらえます。ポイントの最小交換単位、還元率を調べて、お得なクレジットカードを選びましょう。

  • さまざまな特典から選ぶ

    ガソリン代の割引、旅行保険など、カードによっては、さまざまな特典を受けられます。ご自身のライフスタイルから必要が特典を精査して、ご自身に合ったETCカードを選びましょう。

ETCカードの作り方

最後に、ETCカードの作り方についてお話します。ETCパーソナルカードと、ほかの2つのETCカードの発行方法は異なるので、それぞれご紹介します。

  • ETCカード(ETC専用カード、クレジットカード一体型ETCカード)

    ETCカードを受け取るためにはまず、クレジットカード自体に申し込まなければなりません。利用すると決めたクレジットカード会社のサイトより申し込みを行います。申し込んだらクレジットカード会社側で審査が行われ、問題がない場合はETCカードが発行され、郵送で送られてきます。郵送の期間は、発行するクレジットカード会社によって異なりますが、3日〜2週間前後が一般的です。

  • ETCパーソナルカード

    まず申込書を用意しましょう。有料道路のサービスエリアから直接入手するか、ETCパーソナルカードの事務局に問い合わせて郵送で送ってもらいましょう。本人確認書類を用意し、申込書の必要項目を記入したら、ETCパーソナルカード事務局あてに郵送します。
    そうすると、ETCパーソナルカード事務局から、デポジット振込みの依頼が郵送をもってくるので、郵便局やコンビニで振込を行います。ETCパーソナルカード事務局が入金確認をした後にETCパーソナルカードが郵送させます。入金からETCパーソナルカードが届くまでの期間はだいたい2週間ほどです。届いたその日からETCパーソナルカードを使うことができます。

今回の記事のまとめ

ETCとは

有料道路の渋滞を防止するために開発された料金の支払いを自動化するためのシステム。

ETCのメリット

料金所をスムーズに通過できる、ガソリン代を節約できる、ETCマイレージサービスなどを利用することで金銭的なメリットがある。

ETC導入方法

ETC車載器とETCカードを準備して、セットアップしてもらい、自動車にETC車載器を取り付けましょう。

ETCカードとは

ETCカードは、クレジットカード会社が発行するカードと高速道路6会社が合同で発行するカードの2種類があります。

クレジットカード会社が発行するETCカードについて

ETC専用カード、クレジットカード一体型ETCカードの2種類があります。

クレジットカード会社が発行するETCカード選びのポイント

以下のポイントからETCカードを選ぶ。

  • 年会費がかかるかどうか
  • ポイント還元率から選ぶ
  • さまざまな特典から選ぶ

ETCカードの作り方

ETCカードの作り方は以下の2つがある。

  • ETCカード(ETC専用カード、クレジットカード一体型ETCカード)の作り方
  • ETCパーソナルカード

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。