クレジットカードを比較する際のポイント。年会費で選ぶ?還元率で選ぶ?

おすすめのカードと作り方

クレジットカードを比較する際のポイント。年会費で選ぶ?還元率で選ぶ?

クレジットカードを比較する際のポイント。年会費で選ぶ?還元率で選ぶ?

クレジットカードを選ぶとなると多種多様なカードがあり、どれを選んだらよいか迷ってしまう方も多いでしょう。
クレジットカードには還元率や手数料など、カードによってそれぞれ違いがあるため、自分に合ったカードを選ぶことで、生活をよりお得に過ごすことができるかもしれません。
この記事では、基礎知識をメインにクレジットカードを比較する際のポイントについて解説していきます。
クレジットカードを比較して選ぶ際にぜひご参考にしてください。

クレジットカードを比較する9の基準

クレジットカード選びで重要な比較ポイントは9つあります。

これらの9つの項目について詳しく見ていきましょう。

年会費で比較

年会費は、クレジットカードを利用する際に、年に1度支払う費用です。
現在では、年会費の料金はカードごとにさまざまで、年会費が無料のクレジットカードも非常に多く発行されています。
年会費は毎年支払わなければならず、ランニングコストとなりますので、月収や生活スタイルを考えて選ばなければなりません。
金額にもよりますが、年会費のかかるクレジットカードは特典や付帯サービス内容が手厚いといったメリットがあります。
また、初年度年会費無料や、1年間に1回以上利用、○円以上利用で年会費無料といったカードも多いため、その点もよく確認することをおすすめします。

手数料で比較

クレジットカードを利用する際に、1回払い、2回分割払い以外の支払い方法を選択した場合、分割手数料やリボ払い手数料がかかります。
分割手数料やリボ払い手数料は、分割した回数だけでなく、選んだカード会社によっても実質年率は変わりますので、1回払いだけではなく、分割払いやリボ払いを使っていく予定の方は、分割手数料も加味してクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

金利で比較

クレジットカードにはキャッシング機能を付帯させることが可能で、クレジットカードを用いてATMなどから現金を借りることができます。
借りたお金は返さなければならないのですが、借りた金額に対して多めに払わなければならない金額の割合が金利です。
この金利の利率は、クレジットカードごとに設定されているので、キャッシング機能をよく利用される方は低金利のクレジットカードを選ぶのがオススメでしょう。

還元率で比較

クレジットカードの特徴が最も出やすく、よく比較対象になるのが還元率です。
還元率とは、クレジットカードの利用金額に応じて、どの程度ポイントが戻ってくるかを示す指標です。
そう考えると還元率が高いクレジットカードが1番いいと思いますが、還元率が高いものの付帯保険や保証サービスが不十分といったケースもあります。
なので還元率はもちろんのこと、その他の項目の確認をしておく必要性があるでしょう。
また、特定のお店によってポイント還元率が変わるクレジットカードもあるため、普段よく利用する店舗が対象となっているカードを選ぶようにしましょう。

保険自動付帯で比較

クレジットカードに自動的に付帯されているサービスで、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険などがあります。
自動付帯保険とはクレジットカードを持っているだけで、アクシデントの際に補償してくれる保険です。
クレジットカードの付帯保険は見逃しがちですが非常に便利なものが多いため、新たにクレジットカードを発行するのであれば、ぜひ確認していただきたい項目となっています。

ちなみに、利用付帯というものも存在し、これは利用付帯クレジットカードで決済した場合に補償してくれるサービスであり、自動で付帯されているわけではないので注意しましょう。

特典・付帯サービスで比較

クレジットカードに付帯されているのは各種保険サービスだけではありません。
還元率と同様によく比較対象になるのが、特典・付帯サービスがあげられます。
カード会社やカードの種類によって多種多様な恩恵を受けられる優待特典やサービスがあります。
会員になりクレジットカードを持つ優待特典として、提携している加盟店でカードを利用すると、通常よりお得にショッピングができたり、映画を安く見られたりとカード会社ごとに大きく異なります。

国際ブランドの違いで比較

クレジットカードには国際ブランドによってもいくつか種類があります。
VisaやMastercardといった国際ブランドによって、カード決済を利用できる店舗や地域によって差が出ます。
広く普及している国際ブランドの方が利便性がいいといえ、海外旅行や海外出張で積極的にクレジットカードを利用する方などは確認しておくとよいでしょう。

電子マネー決済機能で比較

電子マネー決済とは、オンラインで利用が可能な決済サービスで、キャッシュレス推進政策で徐々に利用者を増やしている決済方法です。 電子マネー決済ではアプリやICカードをクレジットカードと紐づけることで手軽に利用できるメリットがあります。
利便性はもちろんですが、電子マネーで決済することでポイントの還元や特典も用意されています。

ETCカードの機能で比較

高速道路など有料道路を利用する人にとって非常に利便性の高いのがETCカード機能です。
ETCカードは有料ゲートを通る際にETCシステムを使うことでスムーズに料金の支払いが可能で、小銭を準備する必要もなく非常に便利です。
ETCカード機能で比較しておきたいのが、発行手数料と年会費です。
年会費は1度も利用しない場合でも支払う必要があるので注意しましょう。
また、ガソリン代の割引や、高速道路料金のキャッシュバックといった特典も用意されている場合もあります。

三井住友カードの比較

三井住友カードが提供・発行するクレジットカードのなかでも人気のものを比較していきましょう。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード種類 年会費(税込) 旅行傷害保険 最短発行日 ポイントサービス 特典・付帯サービス
三井住友カード

三井住友カード

1,375円 海外:最大2,000万円
国内:付帯なし
翌営業日 Vポイント 最大ポイント5倍
三井住友カード
デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

1,375円 付帯なし 翌営業日 Vポイント2倍 ポイント優遇
三井住友カード
エグゼクティブ

三井住友カード エグゼクティブ

3,300円 海外:最大4,000万円
国内:最大3,000万円
翌営業日 Vポイント 最大ポイント5倍
三井住友カード
アミティエ

三井住友カード アミティエ

1,375円 海外:最大2,500万円
国内:最大2,000万円
翌営業日 Vポイント 最大ポイント5倍
三井住友カード
ゴールド

三井住友カード ゴールド

11,000円 海外:最大5,000万円
国内:最大5,000万円
翌営業日 Vポイント 最大ポイント5倍
三井住友カード
プラチナ

三井住友カード プラチナ

55,000円 海外:最大1億円
国内:最大1億円
3営業日 Vポイント 最大ポイント5倍

三井住友カードのクレジットカードだけでも、非常に多く、多種多様な機能を持っているので、どのカードが自分に適しているか参考にしてみてください。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードの特徴として、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのクレジットカードの利用で獲得ポイントが5倍(※)になります。さらに「ココイコ!」と三井住友カードのサービスでは、対象の店舗を最大3店舗まで登録すると、通常の2倍(※)ポイントが付与されます。
このようなカードは、電子マネーに紐づけて利用することで、日常使いのクレジットカードにオススメです。

  • ※法人カード(一部除く)、提携カードなどは対象となりません。
     一部ポイント付与対象外の店舗および指定のポイント倍数にならない場合があります。
     詳細はホームページをご確認ください。
下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
インターネット入会で
初年度年会費無料
通常 1,375円(税込)
  • ココイコ!事前エントリーで
    Vポイントやキャッシュバック特典
  • 年会費割引特典
など
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • 三井住友カードiD(一体型カード)
  • 三井住友カードiD(携帯型)
  • Apple Pay
  •  Google Pay™
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • 海外旅行傷害保険
  • お買物安心保険

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)ですが、インターネット経由で入会することで、初年度年会費無料になります。

また、「マイペイす・リボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度以降の年会費が無料になります。ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。

三井住友カードは海外旅行傷害保険とショッピング補償が付帯されています。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、満18歳~25歳限定のフレッシャーズ向けクレジットカードです。
ポイントに関しては、三井住友カードと比べ2倍のポイントが付与されますし、入会後3ヵ月間はポイントが5倍付与されるので、比較的ポイントもたまりやすい特徴があります。
年会費に関しては、初年度は年会費無料で、さらに前年度に1回でもカードを利用することで、年会費無料になるので、年会費無料といってもいいでしょう。
利用者が満26歳になった時点で、三井住友カードが発行している「三井住友カード プライムゴールド」への乗り換えも可能になるので、将来ゴールドカードを持ちたいと思っている18~25歳の方は、三井住友カード デビュープラスを利用してみてはいかがでしょうか。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
初年度年会費無料
通常 1,375円(税込)
翌年度以降も年1回ご利用で無料
  • ココイコ!事前エントリーで
    Vポイントやキャッシュバック特典
  • 年会費割引特典
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • 三井住友カードiD(携帯型)
  • Apple Pay
  •  Google Pay 
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • お買物安心保険

三井住友カード デビュープラスでは、初年度年会費無料で、翌年の年会費の支払い時期までに1回でもクレジットカード決済することで、通常1,375円(税込)の年会費が翌年度無料になります。
特典としては、三井住友カードが展開しているココイコ!のポイントサービスの利用、およびエントリーを行いエントリーしたカードで支払うと、ポイントが最大18倍とキャッシュバックも最大8.5%の獲得も可能です。
電子マネーに関しても、ほとんどの電子マネーサービスが利用可能です。

三井住友カード エグゼクティブ

三井住友カード エグゼクティブ

三井住友カード エグゼクティブの特徴として、ドクターコール24というサービスがあります。
日本国内での急病やけがはもちろん、毎日の生活で生じる医療や健康不安についての相談を医師・保健師・看護師といった専門のスタッフに無料で相談できてしまいます。
さらに24時間365日年中無休と非常に手厚いサービスが受けられます。
その他にも、最高4,000万円の海外・国内旅行傷害保険がついています。出張や旅行の多いビジネスパーソンには嬉しいサービスです。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
インターネット入会で
初年度年会費無料
通常 3,300円(税込)
  • ココイコ!事前エントリーで
    Vポイントやキャッシュバック特典
  • 年会費割引特典
  • ドクターコール24
など
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • 三井住友カードiD(一体型カード)
  • 三井住友カードiD(携帯型)
  • Apple Pay
  •  Google Pay 
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • お買物安心保険

三井住友カード エグゼクティブの年会費は通常3,300円(税込)ですが、インターネット入会で初年度年会費が無料になります。
また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度以降の年会費が半額になります。ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。

そのほか、前年のクレジットカード支払金額によって年会費が変動するシステムもあります。
保険ではお買物安心保険(動産総合保険)と国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。
海外旅行傷害保険は最高4,000万円まで付帯され、会社での出張や海外旅行によく行く方なら非常に心強いカードとなっています。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、一流のサービス、そしてステータス性が伴ったゴールドカードです。新デザインは2種類あり、1種類はゴールドを基調にした高級感のあるカードデザインとなっています。
また、インビテーション制(招待制)ではなく申し込み制ですので、所定の審査に通ることができれば、三井住友カードを所有していない人や初めてゴールドカードを所有したいという人でも所有することができます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
インターネット入会で
初年度年会費無料
通常 11,000円(税込)
  • 空港ラウンジサービス
  • 年会費割引特典
など
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • 三井住友カードiD(一体型カード)
  • 三井住友カードiD(携帯型)
  • Apple Pay
  •  Google Pay 
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • お買物安心保険

年会費は1万1,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度年会費が無料になります。
「WEB明細」のご利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引となります。また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度の年会費が半額になります。ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が半額になるサービスもあります。

国内主要空港ラウンジサービスを無料でご利用いただけますし、最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険、最高300万円までのショッピング補償などが付帯されています。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナは、三井住友カードが発行する最高のステータスを持ったクレジットカードです。
カードデザインは、「ブラック×プラチナ」「ブラック×ゴールド」の2種類から選べます。
国内主要空港ラウンジが無料でご利用いただけ、年1回送付される「メンバーズセレクション」の商品の中には、世界1,300か所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスもあり、飛行機を利用する機会の多い方には魅力的でしょう。

また、ショッピングやディナー、旅行先での対応までワンランク上のサポートを受けることができます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
本会員 55,000円(税込)
家族会員
無料
  • レジャー・イベントサービス
  • グルメサービス
  • ショッピングサービス
  • トラベルサービス
など
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • 三井住友カードiD(一体型カード)
  • 三井住友カードiD(携帯型)
  • Apple Pay
  •  Google Pay 
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • お買物安心保険
  • 航空便遅延保険

三井住友カード プラチナでは付帯保険も最高ランクの保証を受けることができます。
国内・海外の旅行傷害保険の死亡後遺傷害、および海外旅行保険の賠償責任の上限保証額は1億円と非常に手厚い内容になっています。
旅行の場合、予約はもちろん優待割引価格で宿泊でき、宿泊施設の部屋や料理のアップグレードも可能です。また、空港まで優待価格ハイヤーで送ってくれたりと(Visaカード限定サービス)最高のサービスが受けられます。
チケットや予約が取れないイベントやレストランなども、三井住友カード プラチナを持っていれば、チケットや予約はもちろん、2人以上の食事で会員1人分が無料、イベントの際には特別な席を用意してくれるサービスもあります。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

ホスピタリティと旅行、エンタメを重視する通常のプラチナカードと比べて、本カードはキャッシュレスとリワードに特化したプラチナカードとなっています。
日常のお買物でも、非日常の旅行や百貨店でもポイントをザクザク貯めることがプラチナプリファードカードの特徴です。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
年会費 特典 追加カード・電子マネー 保険
本会員 33,000円(税込)
家族会員
無料
  • 新規入会&利用特典40,000ポイント
    ※ご入会月の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント。
  • 継続特典最大40,000ポイント
    毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント
  • 外貨ショッピング利用特典
    ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント
    ※海外でのご利用のみ対象
  • プリファードストア(特約店)
    特約店でのご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント。
    ※上記の特典を受けるには一定の条件がございますのでご注意ください。
  • 三井住友カードiD(専用カード)
  • Apple Pay
  •  Google Pay 
  • PiTaPa
  • WAON
  • ETC
  • 家族カード
  • バーチャルカード
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • お買物安心保険

プラチナプリファードの大きな特徴は4つあります。

  • 入会特典4万円相当のポイントプレゼント
  • 継続時に最大4万円相当のポイントプレゼント
  • 外貨ショッピング利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント
  • ※海外でのご利用のみ対象
  • プリファードストア(特約店)でのご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント
  • ※上記の特典を受けるには一定の条件がございますのでご注意ください。

プラチナプリファードは、入会月の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用で、4万円相当のポイントを受け取ることができます。
また、翌年以降は毎年、前年の利用額100万円(税込)ごとに10,000ポイント(最大40,000ポイントまで)が付与されるので、使えば使うほどお得にポイントを貯めることができます。
通常ポイント1%還元とは別にファーストフード店、スーパー、コンビニなどの日常利用ではもちろん、百貨店や、ETC、宿泊予約サイトでのご利用プラス1~9%のポイントが付与されます。

ハワイと国内30以上の空港ラウンジの利用が可能なことや、最大5,000万円旅行傷害保険も付帯されるため旅行にも最適なカードです。

  • ※クレジットカードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。
     また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。

カードの比較基準は人それぞれ。自分に合ったカードを見つけよう

クレジットカードの比較の基準は人それぞれです。年会費、手数料、金利、還元率、保険自動付帯、特典付帯サービスなどさまざまです。 まずは、自分が求めるサービスがなにかを決める必要があります。三井住友カードはさまざまな種類のクレジットカードがあり、多種多様な機能を持っています。
カードに求めるものは人によってさまざまです。カード選びの軸を定めて比較して自分にぴったりのカードをお選びください。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査がございます。
  • ※TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
  • ※ Android、 Google Pay は Google LLC の商標です。
  • ※「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。
  • ※Apple、Apple Pay、Apple Inc.の商標です。
  • ※Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。Apple Payに対応しているデバイスについてはAppleサポートをご覧ください。
  • ※別ウィンドウでAppleのサイトへリンクします。
  • ※2020年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

ハイステータスな一枚を求めるあなたに。
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント 新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

三井住友カード プラチナプリファードは「キャッシュレスプラン」および「本キャンペーン」の対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

1 2020年5月1日(金)時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日(金)時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日(金)以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む

2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

今回の記事のまとめ

クレジットカードを比較する9の基準

  • 年会費
  • リボ払い・分割払い手数料率
  • キャッシングの金利
  • 還元率
  • 自動付帯の保険内容特典・付帯サービス内容
  • 国際ブランド
  • 電子マネー決済の可否
  • ETCカードの機能

おすすめの三井住友クレジットカード

  • 三井住友カード:日常使いのクレジットカードにおすすめ
  • 三井住友カード デビュープラス:学生~フレッシャーズにおすすめ
  • 三井住友カード エグゼクティブ:出張・旅行が多いビジネスパーソンにおすすめ
  • 三井住友カード アミティエ:出張・旅行の多い女性向けクレジットカード
  • 三井住友カード ゴールド:一流のサービス・ステータス性を持ったクレジットカード
  • 三井住友カード プラチナ:最高ステータスを持ったスペシャルなクレジットカード

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • クレジットカードとは?仕組みから選び方までクレカの基礎知識を徹底解説!

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!