三井住友カードのゴールドカードのポイント還元率は?おすすめカードを詳しく紹介

  • Young woman using gold card and smiling

    三井住友カードのゴールドカードのポイント還元率は?おすすめカードを詳しく紹介

    2023.12.20

人気のゴールドカードを徹底比較!おすすめポイントについても解説

ステータス性が高く、旅行やショッピングに関する保険や特典も充実している「ゴールドカード」。しかし、クレジットカード会社によってさまざまなゴールドカードの種類があり、どれを選べばいいか迷う方も多いですよね。自分に合ったゴールドカードを見つけるには、それぞれのカードがどのような特徴を持っているのかを比較・検討するのがおすすめです。

ここでは、ゴールドカードの年会費や還元率といった基礎知識やメリット、三井住友カードのゴールドカードについて徹底解説します。 

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


三井住友カードのゴールドカードのメリット

三井住友カードのゴールドカードにはいくつかの種類があります。自分の目的に合ったカードを選ぶために、まずは、ゴールドカードの定義やメリットといった、基本情報からおさえていきましょう。

ゴールドカードの位置づけ

ゴールドカードとは、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できるクレジットカードです。すでに一般カードを所持している利用者へ招待制でゴールドカード発行としているカード会社もあり、ゴールドカードを持てること自体にプレミアム感があります。

また、買い物などの日常のカード利用以外で特別な優待を受けられるのもゴールドカードの魅力です。例えば、グルメや国内・海外旅行のサービスが充実しています。旅行に関するサービスでは、空港ラウンジの利用、充実した旅行傷害保険、宿泊予約のサポートなどが付帯されていることが多いです。

かつては、ゴールドカードは会員になるハードルが高いイメージがありました。しかし近年は、ゴールドカードをより多くの人に利用してもらうことを目的にしており、条件をクリアすれば翌年の年会費が無料になるゴールドカードもあり、持ちやすくなっています。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


ゴールドカードのメリットは?

ゴールドカードはサービスや利用条件が充実していて、その内容も一般カードとはあきらかに異なります。ゴールドカードの大きなメリットは、以下4つです。

ゴールドカードのメリット

インフォメーションデスクなど、サポートの充実

ゴールドカードには、会員専用のインフォメーションデスクが用意されていることが多いです。カードやサービスに関して不明点があれば、電話で質問することができます。

三井住友カードもゴールドカード会員専用のフリーダイヤルをご用意しており、専任の担当者が対応しています。ゴールドデスクという名称で、カードやサービスに関する問い合わせが、通話無料で行うことができます。

特典や旅行傷害保険・ショッピング保険の充実

ゴールドカードには、さまざまな特典やサービスが付帯しています。例えば、特定のお店でゴールドカードを利用すると割引が受けられたり、飛行機に搭乗する際に空港ラウンジが無料で使えたりします。また、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されているものも少なくありません。

三井住友カードのゴールドカードにも、空港ラウンジサービスが利用できる特典が付帯されています。

また、国内・海外旅行傷害保険の補償は、三井住友カード ゴールド(NL)は最高2,000万円、三井住友カード ゴールドは最高5,000万円です。これなら旅行も安心ですね。

三井住友カード ゴールド(NL)の海外旅行傷害保険には、家族特約は付帯しておりません。

事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

ステータス性が高い

一般カードよりもランクが高いゴールドカードは、お店やホテルなどで支払いをするときに、ステータス性を示すことができるでしょう。

さらに、三井住友カード ゴールド(NL)は、券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレスですセキュリティ性が高く、スタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴です。

利用限度額が高めに設定されている

クレジットカードは、設定された月々の利用限度額を上回る金額を利用することはできません。ゴールドカードは、この利用限度額が一般カードよりも高めです。

三井住友カードのゴールドカードの場合、利用限度額は最高200万円まで設定できます。ショッピング好きで日々の買い物にクレジットカードをよく利用する方も安心です。

ゴールドカード 4つの比較ポイント

せっかくゴールドカードを所持するのですから、自分に合ったカードを選びたいもの。ここからは、ゴールドカードを比較するときに注目したい、4つのポイントを紹介します。それぞれを詳しく説明しましょう。

ゴールドカード 4つの比較ポイント

 1.国際ブランド

クレジットカードには、国際ブランドの違いがあります。VisaやMastercard®といった国際ブランドによって、使える店舗や地域にも差が出てきます。当然のことながら、広く普及している国際ブランドのほうが利便性は高くなります。

特に、Visa、Mastercardは、世界中で利用されている国際ブランドになりますので、海外旅行や海外出張で積極的にクレジットカードを使用したいと思っている人におすすめです。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


2.年会費

ゴールドカードは、一般カードよりも特典や付帯サービスの内容が手厚い分、年会費がかかり、サービスの質が高いほどその金額も高くなります。そのため、ゴールドカードを比較する際には、どのくらいの年会費がかかるのかも把握しておきたいところです。

年会費のことを考えずにゴールドカードを所有してしまうと、いたずらに支出が増えてしまうケースもあります。年会費はランニングコストとなりますので、比較材料として考えておかなければなりません。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


3.特典やサービス内容

クレジットカードの特徴が最も出やすいのが、特典やサービス内容です。自分が頻繁に利用できそうな特典やサービスは何かを想定すれば、選択肢を絞ることができるはずです。

例えば、空港ラウンジを利用する場合、A社のゴールドカードでは本人のみ無料なのに対し、B社のゴールドカードは同伴者も無料になるケースがあります。

ほかにも、カード会社によって提携している飲食店や宿泊施設が異なっており、利用できる割引サービスも違うことがあります。海外旅行や出張で飛行機をよく利用する人は、サービスだけでなく、マイルを貯めやすいかどうかがゴールドカード選びのポイントになるでしょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


4.ポイント還元率

クレジットカードの特徴として差が出やすいものに、ポイント還元率も挙げられます。ゴールドカードでは、一般カードよりも還元率が高いものが多いです。お得なポイントサービスを提供している場合もありますので、還元率だけでなくポイントプログラムやサービスも忘れずにチェックしましょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


三井住友カードのおすすめのゴールドカードを比較

三井住友カードが提供するゴールドカードは、三井住友カード ゴールド(NL)、三井住友カード ゴールド、そしてOliveフレキシブルペイ ゴールドです。それぞれの特徴を比較してみましょう。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はVpassアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買い物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

20歳から持てるおトクなゴールドカード

20歳から持てるおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大7%!

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード ゴールド(NL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

毎月の支払いを三井住友カード ゴールド(NL)にまとめてみよう!

暮らしの中で毎月かかる生活費には、家賃や食費のほか、公共料金、携帯電話料金などがあります。こうした生活費の支払いを、現金払いや口座引き落としにしている場合、三井住友カード ゴールド(NL)のクレジットカード払いに切替えれば、毎月の支出が1枚のクレジットカードで管理できるうえ、年間の利用額に応じたポイントがもらえます。

年間でかかる生活費ともらえるポイントについて、20代で1人暮らしの人を例に見てみましょう。

■年間でかかる生活費の例(20代・1人暮らしの場合)

支出項目 毎月の支払額例 年間(12ヵ月分)の支払額例
食費 4万円 48万円
水道・電気・ガス代などの公共料金 1万5,000円 18万円
携帯電話料金 5,000円 6万円
交際費 3万円 36万円
交通費 2万5,000円 30万円
上記の支出合計額 11万5,000円 138万円
年間100万円以上の支払いに!

例えば、年間138万円を三井住友カード ゴールド(NL)で利用した場合
下記のように、付与されるポイントは計約16,900ポイントとなります!

arrow arrow
通常ポイント(ご利用金額200円(税込)につき1ポイント) 約6,900ポイント
年間100万円利用(※1)の条件達成で付与されるポイント 10,000ポイント

一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。

※1 対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

三井住友カードで、公共料金やサブスクリプションサービスなどの定期払いをご利用いただくとサービスサイト内で利用明細が一覧表示され、金額の推移や前月比も確認できます。

さらに、定期払いのご利用数に応じて毎月抽選券が付与され、最大1万円分のVポイントギフトが当たるなど、お得かつ便利なサービスとなっています。

Vポイントギフトとはスマートフォンアプリ「Vポイント」にチャージしてご利用いただけるデジタルギフトコードです。

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、三井住友カードをワンランクアップさせたゴールドカードです。旅行傷害保険は国内・海外ともに最高5,000万円(※)、総利用枠は50万~200万円となります。インターネットからの入会で初年度は年会費が無料、翌年度以降1万1,000円(税込)となっています。ただし、条件付きで年会費が割引となることがありますので、必ずご確認のうえお申し込みください。

事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款および特約などに基づきます。

年会費の割引特典がある

三井住友カード ゴールドは「WEB明細」の利用で、翌年以降の年会費が最大1,100円(税込)割引され、「マイ・ペイすリボ」に登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば、翌年度の年会費が無料または半額・割引になります。

■三井住友カード おすすめゴールドカード比較

カード名

三井住友カード ゴールド(NL)

 

三井住友カード ゴールド(NL)

 

詳細を見る

三井住友カード ゴールド

 

三井住友カード ゴールド

 

詳細を見る

初年度年会費 5,500円(税込) インターネット入会で無料

翌年度以降

年会費

5,500円(税込)
年間100万円のご利用で翌年以降永年無料
対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
1万1,000円(税込)
条件により4,400円(税込)まで割引
ショッピング保険 年間300万円まで
旅行傷害保険 最高2,000万円
(海外・国内)
事前に旅費などを該当カードでクレジット決済いただくことが前提です
最高5,000万円
(海外・国内)
事前に旅費などを該当カードでクレジット決済いただくことが前提です
選べる無料保険

対象

ご希望に応じて、旅行傷害保険を
お好きな保険に変更いただけます

空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能
ポイント還元 ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)
対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
入会資格 原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
原則満30歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)

ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

Oliveフレキシブルペイ ゴールド

Oliveフレキシブルペイ ゴールド
Oliveフレキシブルペイ ゴールド

Oliveは三井住友フィナンシャルグループが提供するモバイル総合金融サービスです。専用アカウント(Oliveアカウント)を作成することで、1つのアプリで口座・決済・証券・保険・ローンなどをまとめて管理できます。

1つのアプリでまとめて管理できるOlive

Olive にはOlive 専用アプリが特にないため、「三井住友銀行アプリ」または三井住友カードの「Vpassアプリ」のどちらからもアクセスが可能です。

アプリやカード、サービスが増えて把握が難しくなったキャッシュレスを1つにまとめ、管理や適切な使い分けを助けてくれます。以下がOliveでご利用いただけるサービスです。

Oliveで利用できるサービス

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

Visaで世界初!(※)フレキシブルペイ機能搭載のカード「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveアカウントを作成すると、クレジット・デビット・ポイント払いを切替えできる「Oliveフレキシブルペイ」が発行されます。後払いの「クレジットモード」、カード支払いと同時に口座から即時引き落とされる「デビットモード」、貯まったVポイントで支払う「ポイント払いモード」の3つの支払い機能が一体となり、三井住友銀行のキャッシュカードとしても機能するオールインワンカードです。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

1枚4役「Oliveフレキシブルペイ」

3つの支払い機能(クレジット・デビット・ポイント払い)の切替えは、アプリ上でボタンをスライドするだけ。持ち歩くカードも1枚にまとまるのでお財布がかさばりません。

スライドで簡単に機能の切り替えができる「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveフレキシブルペイは券面にカード番号・有効期限・セキュリティコード、そして口座番号が表記されていないナンバーレスカード。セキュリティ面がより強固になり、安心・安全です。カード情報はアプリから簡単に確認できます。

なお、Oliveアカウントは一般・ゴールド・プラチナプリファードの3つのランクからお選びいただけます。Oliveフレキシブルペイ ゴールドには、空港ラウンジが利用可能になるなどの特典があります。

  一般 ゴールド プラチナプリファード

デザイン

一般 一般 一般

(全3色)

(全2色) (全2色)

初年度年会費

無料 今なら無料

翌年度以降

年会費

永年無料

5,500円(税込)

※年間100万円以上の利用で

翌年以降永年無料

33,000円(税込)
継続特典 -

年間100万円利用で

10,000ポイント付与

※1

年間100万円利用ごとに

10,000ポイント付与※1

(最大40,000ポイント)

ポイント還元・キャッシュバック率

クレジット

モード

0.5% 0.5% 1%

デビット

モード

0.5% 0.5% 1%

ポイント払い

モード

0.25% 0.25% 0.25%
付帯保険 ランクに応じた選べる無料保険
その他 - 空港ラウンジ

空港ラウンジ、

特約店ポイントアップなど

※1: 対象取引や適用条件などは、ホームページをご確認ください。

上記は、各サービスの一部を抜粋したものです。Oliveフレキシブルペイの詳細については、以下をご参照ください。

対象のコンビニ・飲食店で最大20%ポイント還元の「Vポイントアッププログラム」

「Vポイントアッププログラム」は対象サービスを利用すればするほど、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率がアップするサービスです。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

通常、毎月のご利用金額合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント(0.5%)貯まるカードを対象のコンビニ・飲食店で利用した場合、Vポイントアッププログラム(最大+8%)とスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でのお支払い(+6.5%)、家族ポイント(最大+5%)を組み合わせることで、通常のポイントを含んだ最大20%のポイントが還元されます!

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを差しお支払いいただく場合があります。その場合のお支払い分は、当サービスポイント加算の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。

 Google Pay™ で、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

最大20%ポイント還元を受けるには取引条件があります。

一部、カード種別や入会時期・Vポイントアッププログラムのお取引状況などにより、Vポイントアッププログラムの還元率が最大+8%を超える場合があります。

ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

Vポイントアッププログラムのサービス

Vポイントアッププログラムの対象サービスは7種類。そのうち5つのサービスがOlive独自の特典です。三井住友カード(NL)の場合、対象サービスの条件を満たせば、最大16%、Oliveの場合は条件を満たせば最大20%のポイントが還元されます。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

Vポイントアッププログラムを利用するには、SMBC IDにご登録のうえ、Vpass連携が必要となります。

Oliveフレキシブルペイについては、クレジットモードでのご利用のみ対象です。また、クレジットモードに設定していたとしても、iD決済は一律デビットモード払いとなるため対象となりません。

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の両カードをお持ちのうえ、同一のSMBC IDで管理いただいた場合は、三井住友カード(NL)の対象コンビニ・飲食店でのご利用も最大20%のポイント還元率となります。

OliveフレキシブルペイはVisaブランドのみの発行となるため、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

詳しくはご利用前に以下をご覧ください。

自分に合ったゴールドカードを比較しよう

ゴールドカードは、各社さまざまな特典やサービスを用意しています。入会するゴールドカードを選ぶ際には、自分のライフスタイルに合ったものかどうかを比較・検討することが重要になります。比較するポイントは、年会費や特典、付帯サービスがどのようなものか、という点です。自分が最もよく利用するサービス・特典が付いているものを選びましょう。

よくある質問

ゴールドカードは、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できます。買い物などの日常のカード利用以外でも、特別な優待が受けられるのが魅力。グルメや国内・海外旅行のサービスが充実しており、例えば旅行関連では、空港ラウンジの利用、充実した旅行傷害保険、宿泊予約のサポートなどが付帯されることが多いです。

詳しくは以下をご覧ください。

ゴールドカードを比較するときは、「国際ブランド」「年会費」「特典やサービス内容」「ポイント還元率」という4つのポイントを押さえて、各カードを比較検討しましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

三井住友カードのゴールドカードには、「三井住友カード ゴールド」と「三井住友カード ゴールド(NL)」、「Oliveフレキシブルペイ ゴールド」があります。3種に共通の特徴は、利用限度額が一般カードよりも高く、空港ラウンジ利用などの会員限定特典が充実していることです。

違いは申し込みできる年齢で、三井住友カード ゴールドは30歳以上、三井住友カード ゴールド(NL)は学生以外で20歳以上の人が申し込めます。Oliveフレィシブルペイゴールドの場合、Oliveアカウントのゴールドランクの申し込みは18歳以上で可能ですが、クレジットモードは20歳以上が可能となります。

詳しくは以下をご覧ください。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

 Google Pay は、 Google LLC の商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

2023年12月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。 

ハイステータスな1枚を求めるあなたに。三井住友カードがおすすめ!

ハイステータスな1枚を求めるあなたに

ハイステータスな1枚を求めるあなたに

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!