クレジットカードのポイントの使い方は?お得な利用方法と注意点を解説

  • クレジットカードのポイントの使い方は?お得な利用方法と注意点を解説

    2023.12.11

クレジットカードのポイントの使い方は?お得な使い方と注意点を解説

クレジットカードの利用金額に応じて貯まるポイント。貯まったポイントは、お買い物に利用できるだけでなく、キャッシュバックや商品券との交換などさまざまな使い道があります。ここではクレジットカードのポイントの主な使い方や注意点を紹介します。自分のライフスタイルに合った使い方をみつけ、お得にポイントを活用しましょう。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


クレジットカードのポイントとは?

クレジットカードのポイントとは、カードの利用金額に応じて付与されるものです。付与されるポイントはカード会社ごとに異なります。まずは、クレジットカードのポイントが貯まるしくみや還元率について解説します。

クレジットカードのポイントのしくみ

クレジットカードのポイントは、カードを利用した金額に応じて付与されます。例えば、200円(税込)の利用につき1ポイントが付与されるクレジットカードを月に5万円(税込)利用した場合、250ポイントが貯まるしくみです。

クレジットカードのポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率は、カードによって異なります。

同じカード会社のものでも、カードの種類やグレードによって還元率が異なることがあるためポイント重視でカードを選ぶなら事前に還元率を確認しておきましょう。

また、カードによってポイント優待店やキャンペーンを利用することで還元率がアップする場合があります。普段よく利用するお店がポイント優待店となっている場合、日々のショッピングでお得にポイントが貯められるでしょう。

三井住友カードでは最大20%のポイントが還元されるプログラムがあります。

貯まったポイントは景品との交換やキャッシュバックなどさまざまな方法に利用できますが、利用先によってポイントの交換レートが異なります。プリペイドへのチャージの場合は1ポイント=1円換算、ほかのポイントに交換する場合は1ポイント=0.5ポイント換算というように、利用方法によって1ポイントの価値が変わるということです。よりお得にポイントを活用するためには、交換レートが高い利用先を選ぶことも大切です。

クレジットカードのポイントの主な使い方10選

ここからは、クレジットカードのポイントの主な使い方を10個紹介します。日常生活で使いやすい方法や交換レートが高い方法など、自分に合った使い道を考えてみましょう。

カード会社によって対応していない使い道もあるため、事前にカード会社のホームページを確認しておくと安心です。

クレジットカードのポイントの使い道

01お買い物の支払いに利用できる

01お買い物の支払いに利用できる

クレジットカードのポイントは、一般的に電子マネーへのチャージができます。貯まったポイントを電子マネーに交換することで、コンビニや飲食店など普段のお買い物や支払いにも使えるようになります。

02キャッシュバックに使う

02キャッシュバックに使う

クレジットカードのポイントは、カードの利用代金の支払いに充当できます。例えば1ポイント=0.8円(※)でキャッシュバックできるケースでは、1,000ポイントをキャッシュバックに利用すると、カードの利用代金から800円が差し引かれるしくみです。

カード会社やクレジットカードの種類によってキャッシュバックされる金額は異なります。

03カタログギフトと交換する

03カタログギフトと交換する

クレジットカードのポイントをカタログギフトと交換できます。カタログギフトはオンライン上の会員ページで確認できるほか、冊子で提供しているカード会社もあります。

04商品券やギフトカードと交換する

04商品券やギフトカードと交換する

カタログギフトとは別に、クレジットカードのポイントをデパートの商品券やギフトカードに交換することもできます。電子マネーを利用していない人や交換先に困っている人にはおすすめの使い方です。

05共通ポイントに移行する

05共通ポイントに移行する

クレジットカードのポイントを共通ポイントに移行できる場合があります。共通ポイントとは、複数の企業・店舗が加盟できるポイントプログラムです。より多くのお店やサービスで使える共通ポイントに移行することで、ポイントの活用方法や利用シーンが広げられます。

06航空会社のマイルに交換する

06航空会社のマイルに交換する

出張や旅行などで飛行機に乗る機会が多い人には、航空会社のマイルへの交換がおすすめです。なかには、航空会社との提携カードでなくてもマイルへ移行できるものもあるため、近々旅行の予定がある場合にマイルに交換するなど、タイミングに合わせてポイントを使い分けることもできます。

07つみたて投資に使う

07つみたて投資に使う

クレジットカードによっては、貯まったポイントを投資信託などの金融商品の購入代金へ充当できるものもあります。毎月のつみたて投資にポイントを自動で充当するサービスを利用すれば、ポイントを移行する手間もかかりません。

Vポイントは「つみたて投資」にはご利用いただけません。

三井住友カードの「Vポイント投資」では、1ポイント=1円分としてSBI証券の投資信託を購入できます。投資信託は100円から購入でき、購入手数料もかからないため、現金を使わずにポイントだけで投資を始めることも可能です。

Vポイントを貯める・使うためには、SBI証券Vポイントサービスへの登録が必要です。

「投資に興味はあるけど、なかなかチャレンジできない」という方は、まずポイント投資から初めてみるのはいかがでしょうか。

08ふるさと納税に使う

08ふるさと納税に使う

クレジットカードのポイントは、ふるさと納税の支払いにも利用できる場合があります。手続きについても、通常のお買い物にポイントを利用する場合と変わらないため、特別な手間をかけずにふるさと納税を行うことができます。

ふるさと納税での節税効果に加えて、ポイントの利用で支払い額もおさえられるため、より家計の節約につながるでしょう。

Vポイントはふるさと納税の支払いには利用できません。

09銀行の振込手数料に使う

09銀行の振込手数料に使う

銀行の振込手数料にポイントを充当できる場合もあります。充当できる銀行はポイントによって異なるので、手数料のかかる振り込みをするときは貯まっているポイントを使えるか確認してみるとよいでしょう。

三井住友カードのVポイントの場合は、三井住友銀行の振込手数料に充当できます。1ポイント=1円で、「3割引」「5割引」「全額割引」のいずれかから選択して利用可能です。三井住友銀行から他行あてに振り込む機会がある方は、最大330円の手数料が節約できるサービスとなっています。

なお、手数料割引は、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)もしくは三井住友銀行アプリの利用が対象となっており、三井住友銀行窓口やATMでは利用できないためご注意ください。

10寄付をする

10寄付をする

クレジットカードのポイントは、環境保護や医療支援など社会貢献を行っている団体への寄付に活用できたりもします。カードの会員ページから寄付を行う先が選べるなど、手続きも簡単なことが多いので、手軽に社会貢献を行うことができます。

Vポイントでの寄付は交換廃止の予定です。

ポイントを使う際の注意点

クレジットカードのポイントを使う際は、いくつか気を付けたい注意点があります。

ポイントの有効期限に注意

クレジットカードのポイントには、有効期限が設けられていることがあります。有効期限が切れてしまうと、せっかく貯めたポイントも使えなくなってしまうため、ポイントは必ず期限内に使い切ることを心がけましょう。

また、キャンペーンなどで得たポイントは、通常ポイントよりも有効期限が短い場合があります。「いつの間にかポイントが失効していた」ということがないように、ポイント付与のタイミングで有効期限をチェックしておくのがおすすめです。

ポイントの交換レートに注意

クレジットカードのポイントは、共通ポイントやマイルなどさまざまなものへ交換できますが、利用先によって交換レートが異なります。よりお得にポイントを活用するためには、ポイントを等価交換もしくはそれ以上で交換できるサービスを利用しましょう。

各ポイントの交換レートについては、カードの会員ページなどで確認できるため、ポイント利用の際は事前に比較して検討することをおすすめします。

三井住友カードのVポイントは貯めやすく・使いやすいポイントサービス

三井住友カードでは、ご利用金額に応じてVポイントが貯められます。ここからはVポイントの貯め方や使い方について解説します。

Vポイントとは

三井住友カードのご利用などで貯まる、SMBCグループ共通のポイントサービスです。

Vポイントは貯めやすく、使いやすい

クレジットカードのお支払い金額への充当や景品交換で使えるほか、スマートフォンアプリ「Vポイント」(以下「Vポイント」アプリという)を使えば1ポイント=1円として、ネットショップ、または店頭でも、VisaもしくはiDが使えるお店であればお買い物ができます。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

Vポイントの貯まりやすさ

三井住友カードのVポイントの魅力は、ポイントの貯めやすさにあります。ポイントが貯まりやすいお得なサービスをご紹介します。

三井住友カード(NL)・三井住友カード ゴールド(NL)なら、ポイント還元率が最大7%!

通常、毎月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント付与(0.5%還元)されますが、対象のコンビニ・飲食店で三井住友カード(NL)・三井住友カード ゴールド(NL)をスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うと、ポイント還元率が通常のポイント分を含んだ7%になります。

例えば、対象店舗で月5,300円分を利用した場合、対象となる金額は5,200円なので、Vポイントは364ポイント貯まります!

ポイントの計算方法

通常のポイント
 5,200円×0.5%=26ポイント
タッチ決済利用
 5,200円×6.5%=338ポイント

              合計364ポイント

ポイントエリア ポイントエリア

ポイント還元率はご利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

一部、ポイント加算対象とならない店舗、および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済がご利用いただけない店舗があります。

お店側で高額のご利用を制限されている場合があります。

iD、カードの挿し込み、磁気取引は最大7%還元の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

「家族ポイント」は、三井住友カードの対象のクレジットカードを持っている家族を登録して、対象のコンビニ・飲食店で利用すると、登録した家族の人数分×1%のポイント還元率がアップするサービスです。登録できる家族は2親等までで、最大+5%のポイントが還元されます。

さらに、対象の三井住友カードなら、通常のポイント200円(税込)につき1ポイント(0.5%)に加えて、対象のコンビニ・飲食店でスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済で支払うと+6.5%が還元されるので、家族ポイントと合わせれば、最大で12%のポイント還元!

三井住友カード プラチナプリファードなら、通常のポイント還元率1%に加えて、対象のコンビニ・飲食店での利用で+6%還元されるので、同じく家族ポイントと合わせて最大12%のポイント還元率となります。

家族ポイントと既存サービスを併せたポイント還元率 家族ポイントと既存サービスを併せたポイント還元率

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

最大12%ポイント還元を受けるには取引条件があります。

対象カードを登録したバーコードなどのスマホ決済アプリのご利用分は、ポイント加算の対象となりません。

対象店舗のネットショッピング、配達サービスなどのご利用は、ポイント加算の対象となりません。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

対象のコンビニ・飲食店で最大20%ポイント還元の「Vポイントアッププログラム」

「Vポイントアッププログラム」は対象サービスを利用すればするほど、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率がアップするサービスです。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

通常、毎月のご利用金額合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント(0.5%)貯まるカードを対象のコンビニ・飲食店で利用した場合、Vポイントアッププログラム(最大+8%)とスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でのお支払い(+6.5%)、家族ポイント(最大+5%)を組み合わせることで、通常のポイントを含んだ最大20%のポイントが還元されます!

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを差しお支払いいただく場合があります。その場合のお支払い分は、当サービスポイント加算の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。

 Google Pay™ で、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

最大20%ポイント還元を受けるには取引条件があります。

一部、カード種別や入会時期・Vポイントアッププログラムのお取引状況などにより、Vポイントアッププログラムの還元率が最大+8%を超える場合があります。

ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

Vポイントアッププログラムのサービス

Vポイントアッププログラムの対象サービスは7種類。そのうち5つのサービスがOlive独自の特典です。三井住友カード(NL)の場合、対象サービスの条件を満たせば、最大16%、Oliveの場合は条件を満たせば最大20%のポイントが還元されます。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

Vポイントアッププログラムを利用するには、SMBC IDにご登録のうえ、Vpass連携が必要となります。

Oliveフレキシブルペイについては、クレジットモードでのご利用のみ対象です。また、クレジットモードに設定していたとしても、iD決済は一律デビットモード払いとなるため対象となりません。

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の両カードをお持ちのうえ、同一のSMBC IDで管理いただいた場合は、三井住友カード(NL)の対象コンビニ・飲食店でのご利用も最大20%のポイント還元率となります。

OliveフレキシブルペイはVisaブランドのみの発行となるため、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

詳しくはご利用前に以下をご覧ください。

ポイントUPモールを利用すればネットショッピングも獲得ポイントがアップ!

ポイントUPモール

三井住友カードの場合、「ポイントUPモール」を経由して楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネットショップでお買い物をするだけで、+0.5%~9.5%のポイントが還元されます。ポイントをお得に貯めることができますので、ぜひご利用ください。

ポイント還元率は予告なく変更になる場合があります。

商品代金のご請求時に通常の0.5%分が付与されますが、上乗せとなる+0.5%~9.5%分のポイント、または表示ポイント数の付与につきましては、ご請求月と異なる場合があります。

ご利用の際は、各ショップのポイント付与条件とご利用上の注意を必ずご確認ください。

ポイントUPモールご利用分として還元される上乗せポイントは、カードの商品性にかかわらず、ご利用金額200円につき1ポイントとして計算されます。なお、ポイントUPモールご利用分によるポイント付与の対象は、商品代金のみ(税・送料などを除く)となります。

一部の提携カード、法人カードはご利用いただけません。

別ウィンドウで「ポイントUPモール」のウェブサイトへ遷移します。

「ココイコ!」でポイントもしくはキャッシュバックの特典がもらえる

ココイコ!の利用方法

「ココイコ!」とは事前にショップにエントリーし、街でお買い物をするとポイント増量またはキャッシュバックの特典がもらえるサービスです。

「ココイコ!」サイトでショップにエントリーしたうえ、エントリーしたクレジットカードでお支払いするだけで簡単に特典を受け取れます。

ココイコ!ご利用分として還元される特典は、表示還元率・表示キャッシュバック率に応じて付与いたします。

一部の提携カード、法人カードはご利用いただけません。

Vポイントの使いやすさ

Vポイントは使い道の豊富さ、「Vポイント」アプリの使いやすさも特徴です。

Vポイントの使い方

Vポイントの5つの使い道

Vポイントは、1ポイント=1円で専用アプリでのお買い物やクレジットカードのお支払い金額に充当できるほか、景品との交換、他社ポイントへの移行、SBI証券の投資信託をポイントで購入するポイント投資も可能です。また、三井住友銀行をご利用ならお振込み時の振込手数料へ充当もできます。

ご自身に合ったポイントの使い方を検討してみましょう。

Vポイントの対象とならないカードがあります。

Vポイントのご利用には諸条件・利用店舗の制限があります。

Vポイントはスマホアプリと連携すると使いやすい!

スマートフォンアプリ「Vポイント」が使いやすい

「Vポイント」アプリなら、カードのご利用に応じて貯まったVポイントをお支払いに使えます。

1ポイント=1円として、ネットショップ、または店頭でも、VisaもしくはiDが使えるお店であれば「Vポイント」アプリでお買い物ができます。

購入したいものに対して、残高が不足している場合は、クレジットカード、または三井住友銀行から残高をチャージして使用できます。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

ポイント払いも!オールインワンカード「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveは三井住友フィナンシャルグループが提供するモバイル総合金融サービスです。専用アカウント(Oliveアカウント)を作成することで、1つのアプリで口座・決済・証券・保険・ローンなどをまとめて管理できます。

Oliveアカウントを作成すると、クレジット・デビット・ポイント払いを切替えできる「Oliveフレキシブルペイ」が発行されます。後払いの「クレジットモード」、カード支払いと同時に口座から即時引き落とされる「デビットモード」、貯まったVポイントで支払う「ポイント払いモード」の3つの支払い機能が一体となり、三井住友銀行のキャッシュカードとしても機能するオールインワンカードです。

1枚4役「Oliveフレキシブルペイ」

3つの支払い機能(クレジット・デビット・ポイント払い)の切替えは、アプリ上でボタンをスライドするだけ。持ち歩くカードも1枚にまとまるのでお財布がかさばりません。

スライドで簡単に機能の切り替えができる「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveフレキシブルペイは券面にカード番号・有効期限・セキュリティコード、そして口座番号が表記されていないナンバーレスカード。セキュリティ面がより強固になり、安心・安全です。カード情報はアプリから簡単に確認できます。

ポイントが貯まりやすい!高還元率のおすすめカード

ここではポイントが貯まりやすい高還元率の三井住友カードを紹介します。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)

年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでのお買い物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

年会費永年無料のナンバーレスカード!


三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL)

三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 1・2・3

ポイント

最大7%還元

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短104

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※3 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※4 即時発行ができない場合があります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

高校生を除く満18歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。

また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

使うほどおトクなゴールドカード

使うほどおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。従来の三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)に加え、三井住友カード プラチナプリファードでもナンバーレスカードをご選択いただけます。

ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。

ポイント特化型のプラチナカード

ポイント特化型のプラチナカード


三井住友カード

プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード

プラチナプリファード

年会費

33,000円(税込)

ポイント還元率

1%~15%

限度額

~500万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

三井住友カードつみたて投資でVポイントが貯まるイメージ

三井住友カードつみたて

投資でVポイントが貯まる

積立額の5.0%

ポイントイメージ

毎年、継続利用で 1

最大40,000

ポイント

特約店の利用イメージ

特約店の利用で

獲得ポイント 2

最大+14%

※1 毎年、前年100万円ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

自分に合ったポイントの使い方をみつけよう

クレジットカードのポイントはお買い物やキャッシュバックなど、さまざまな使い道があります。日常生活での使いやすさを考えて、自分に合った使い方をみつけましょう。三井住友カードの利用で貯まるVポイントは貯めやすく・使いやすいポイントサービスです。振込手数料割引や景品交換のほか、「Vポイント」アプリを使って店頭やネットショップでのお買い物にも利用できます。使いやすいポイントをお探しの方はぜひ、この機会にチェックしてみてください。

よくある質問

Q1.クレジットカードのポイントの主な使い方は?

クレジットカードのポイントは、お買い物への利用やキャッシュバック、景品への交換などさまざまな使い道があります。カードによって使い方も異なるため、より自分が使いやすい特典があるカードを選ぶとよいでしょう。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.ポイントを使う際の注意点は?

クレジットカードのポイントには、有効期限が設けられていることがあるため、必ず期限内に使い切ることを心がけましょう。また、利用先によって交換レートが異なるので、等価交換もしくはそれ以上で交換できるサービスを利用しましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.三井住友カードのVポイントとは?

Vポイントとは、三井住友カードのご利用や三井住友銀行の各種サービスなどで貯まる、SMBCグループ共通のポイントです。振込手数料割引や景品交換で使えるほか、「Vポイント」アプリを使えば店頭やネットショップのお買い物で便利に使うことができます。

詳しくは以下をご覧ください。

 Google Pay は、 Google LLC の商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

2023年12月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!三井住友カードがおすすめ!

毎日の出費を賢くお得に!

毎日の出費を賢くお得に!

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!