Vポイント残高とは?賢い使い方から確認方法までわかりやすく解説

  • Vポイント残高とは?賢い使い方から確認方法までわかりやすく解説

    2023.11.15

Vポイント残高とは?賢い使い方から確認方法までわかりやすく解説

クレジットカードのポイントプログラムを上手に活用して、通常よりも多くのポイントを獲得すれば、よりお得にショッピングができます。三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」も同様です。

ここでは、店頭やネットショッピングのお支払いでもご利用いただけるスマートフォンアプリ「Vポイント」(以下、「Vポイント」アプリという)の「Vポイント残高」の使い方から確認方法まで、わかりやすく解説します。
他社ポイントへの変換早見表なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

その他おすすめコンテンツ

その他おすすめコンテンツ


三井住友カードの利用やSMBCグループ各社の取引で貯まるポイントプログラムのことです。貯まったポイントは、「Vポイント」アプリに移行(チャージ)して買い物に使ったり、カードのお支払い金額に充当したり、景品交換や他社ポイントへの移行にも利用できるサービスです。また、SMBCグループ各社のお取引で貯まるVポイントを合算して利用することもできます。

Vポイントは通常、三井住友カードの毎月のご利用金額合計200円(税込)につき1ポイント(0.5%)がポイントとして還元され、デビットカードとして利用する際も同様にご利用金額200円(税込)につき1ポイント(0.5%)のポイントが還元されます。

例えば、ポイント還元率0.5%のカードで1万円の買い物をした場合、還元されるVポイントは50ポイントとなります。

Vポイントの対象とならないカードがあります。

Vポイントのご利用には諸条件・利用店舗の制限があります。

Vポイントの交換については、Vポイントサイトをご確認ください。

カードのご利用などで貯まったVポイントを「Vポイント」アプリ内で移行・チャージ(1ポイント=1円)したあとの金額のことで、「Vポイント」アプリ内ホーム画面の残高欄に表示された金額を指します。

Vポイント残高は、Apple Payや Google Pay™ に設定のうえ、Visaのタッチ決済またはiDで決済可能です。店頭での買い物やVisa加盟店のネットショッピングなどのお支払いに利用できます。

「Vポイント」アプリの残高額

また、Vポイント残高はクレジットカードや銀行口座からのチャージにも対応しているため、さまざまな決済をVポイントアプリに一本化できて便利です。

VポイントをVポイント残高へ移行する方法

先述しましたが、「Vポイント」アプリでは、貯まったVポイントを残高に移行することができます。ここでは残高に移行する手順をご紹介します。

 

1.Vポイントを連携する

「Vポイントを連携して使いましょう」をタップ

ホーム画面の「Vポイントを連携して使いましょう」をタップします(すでに連携済みの方は「2. Vポイントを移行する」へお進みください)。

「三井住友カード」か「三井住友銀行」のどちらかを選択し、ポイント連携 「三井住友カード」か「三井住友銀行」のどちらかを選択し、ポイント連携

「三井住友カード」か「三井住友銀行」のどちらかを選択し、ポイント連携を行います。

両方お持ちの方は、三井住友カードとの連携の方が、お手続きがスムーズです。画面の案内に沿って手続きしてください。

プロミスで貯まったVポイントを交換する方法は以下よりご確認ください。

2.Vポイントを移行する

「チャージする」をタップ

 

連携後「チャージ」をタップして「ポイント移行」を選択し、移行したいポイント数を入力後、「チャージする」をタップすると移行が完了します。

「Vポイント」アプリのVポイント残高を確認する方法

「Vポイント」アプリを起動すると、トップ画面に「残高」と表示されます。これがVポイント残高であり、店舗やネットショッピングで即時利用可能な金額です。

 

 「Vポイント」アプリのVポイント残高を確認する方法  「Vポイント」アプリのVポイント残高を確認する方法

「Vポイント」アプリに移行したVポイント残高の使い方は3通りあります。それぞれの使い方をご紹介します。

店舗での支払い(iD・Visaのタッチ決済)に利用する

Vポイントを「Vポイント」アプリの残高へ移行したら、使用しているスマートフォンに応じてApple Payまたは Google Pay の設定をします。

iPhoneでApple Payを設定する場合

  1. 「Vポイント」アプリのホーム画面上の「Apple Payで払う」をタップする
  2. 「Apple Payを設定」をタップする
  3. 表示されたクレジットカードの情報を確認のうえ、「次へ」をタップする
  4. Apple Pay特約を確認して「同意する」をタップする
  5. 「メインカードとして使用」をタップする
  6. カードの登録が完了し、利用できるようになります

 Android™ で Google Pay を設定する場合

<Visaのタッチ決済の設定方法>

  1. 「Vポイント」アプリのホーム画面上の「 Google Pay を設定・確認」をタップする
  2. 画面をスワイプせずに「 Google Pay に追加」をタップする
  3. 「続行」をタップする
  4. 表示内容を確認のうえ、「次へ」をタップする
  5. Google Pay 特約を確認して「同意して続行」をタップする
  6. 「OK」をタップする
  7. 利用方法を確認のうえ、「ホームへ」をタップする
  8. 「メインカードに設定」をタップすることで利用できるようになります

<iDの設定方法>

  1. 「Vポイント」アプリのホーム画面上の「 Google Pay を設定・確認」をタップする
  2. 画面を右にスワイプし Google Pay ボタンをタップする( Google ウォレット アプリに遷移します)(※1)
  3. ウォレットから「ウォレットに追加」をタップする
  4. 「クレジットカードやデビットカード」をタップする
  5. 「新しいクレジットカードかデビットカード」をタップする
  6. 「カード情報を手動で入力する」をタップする
  7. カード番号、セキュリティコード、カード所有者情報(氏名、住所など)を入力し保存をタップする(※2)
  8. 「続行」をタップする
  9.  Google Pay 特約などを確認し「同意」をタップする
  10. 確認方法として、テキストメッセージを選択し、「続行」をタップする(※3)
  11. 届いた6桁の確認コードを入力
  12. カードの登録が完了し、利用できるようになります

※1  Google ウォレット アプリをインストールされていない場合は、インストールが必要です。

※2 本アプリの「メニュー>カード情報」にて必要情報を確認できます。

※3 「その他のオプション」をタップすることで、確認方法として「カード会社に電話する」を選択することも可能です。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


ネットショップでの決済に利用する

Vポイント残高をネットショップで利用する際も、まずは先述したようなApple Payまたは Google Pay の設定をして、以下の手順で決済をします。

ネットショップでの決済

  1. ネットショップでクレジットカード決済を選択する
  2. 「Vポイント」アプリ上部の「カード情報はこちら(カードマーク)」をタップし、カード番号、有効期限、セキュリティコードなど、お支払いに必要な情報を確認する
  3. ネットショップの決済画面に必要情報を入力して購入手続きをする
  4. お支払い回数を選択する(「1回払い」をお選びください)
  5. 本人認証を行う(アプリ内で事前設定したパスワードをご入力ください)
  6. お支払い完了

Amazonギフト券にチャージすれば端数まで使い切ることができる

Vポイントをお得に利用するには、「Vポイント残高からAmazonギフト券に交換する」という方法があります。ここでは、VポイントとVポイント残高をそれぞれAmazonギフト券に交換した場合を比較します。

■Amazonギフト券に交換した場合の比較表

チャージ方法 交換レート 交換単位 特徴
Vポイント 1ポイント=0.8円 500ポイントごと 交換レートが1ポイント=0.8円になってしまう
Vポイント残高 1ポイント=1.0円 1ポイントから 1ポイント単位の交換で端数を使い切れる

このように、VポイントをAmazonギフト券にチャージすると、500ポイント単位で交換するため端数を使い切れなかったり、交換レートが1ポイント=0.8円になったりするデメリットがあります。
貯まったVポイントをAmazonギフト券に交換したい場合は、「Vポイント」アプリに移行したうえで、Vポイント残高をAmazonギフト券にチャージする方法がおすすめです。

貯まったVポイントの使い方

貯まったVポイントを何に使うか悩む方も多いでしょう。Vポイントの使い道は、「Vポイント」アプリに移行(チャージ)して店舗やネットショッピングの決済で利用できるだけではありません。キャッシュバックやプリペイドカード、振込手数料への充当など、さまざまな用途があります。
ここでは、貯まったVポイントの使い方をご紹介します。

Vポイントの使い方

毎月のクレジットカードの支払いに充てる

キャッシュバック(充当)とは、三井住友カードの月々のお支払い金額に充当できるサービスです。交換したVポイントがお支払い金額を超過した場合は、キャッシュバック繰越残高として翌月に繰り越されるため、月々のクレジットカード利用がお得になります。

ただし、繰越残高の有効期限は3ヵ月です。3ヵ月繰越後の残高は失効し、現金が口座に振り込まれることはありません。失効しないよう、期限に注意しましょう。

こちらもあわせてご覧ください

こちらもあわせてご覧ください


「Vポイント」アプリに移行(チャージ)して買い物に利用する

三井住友カードの利用で貯まったVポイントを、「Vポイント」アプリ内でVポイント残高に移行すれば、普段の買い物に利用できます。 Apple Payや Google Pay に設定のうえ、Visaのタッチ決済またはiDで決済可能です。

Visaプリペ、かぞくのおさいふへチャージする

Vポイントは、三井住友カードのプリペイドカードである「Visaプリペ」や「かぞくのおさいふ」にチャージできます。 プリペイドカードとは、利用者があらかじめカードに現金をチャージし、その範囲内でクレジットカードと同じように加盟店で利用できるカードです。

Visaプリペは、審査不要で申し込みできて、店舗でもインターネットでも世界中のVisaおよびVisaのタッチ決済加盟店で利用できます。

かぞくのおさいふは、アプリやメールで利用通知が届くので、家族の利用をいつでも見守ることができます。

このようにVポイントは、Visaプリペや、かぞくのおさいふにチャージして利用もできるため「クレジットカードの使い過ぎを防ぎたい」という方や、「家族の利用を見守りたい」という方にもおすすめです。

銀行・証券のサービスで利用する

Vポイントは、三井住友銀行やSMBCダイレクト、SBI証券の各種サービスでも利用できます。

振込手数料の割引に利用する

Vポイントは、SMBCダイレクト、または三井住友銀行アプリを使って振り込む際の振込手数料の割引として利用可能です。1ポイント=1円分として換算し、3割引・5割引・全割引のいずれかから選択できます。

投資信託の購入に利用する

Vポイントは、投資信託の購入にも利用できます。1ポイント=1円分に換算し、Vポイントを投資に利用できるサービスとして人気です。
なお、Vポイントで投資信託を購入するには、三井住友カードを介した口座開設と、SBI証券Vポイントサービスへの登録が必要です。

景品や他社のポイントに交換する

貯まったVポイントを景品や他社のポイントに交換することも可能です。ただし、他社のポイントプログラムによっては、移行の上限や所要時間が異なるので注意してください。

 VポイントアッププログラムでさらにVポイントが貯まる

ここでは、手軽で効率的にVポイントを貯められる「Vポイントアッププログラム」についてご紹介します。

対象のコンビニ・飲食店で最大20%ポイント還元の「Vポイントアッププログラム」

「Vポイントアッププログラム」は対象サービスを利用すればするほど、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率がアップするサービスです。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

通常、毎月のご利用金額合計200円(税込)ごとに、Vポイントが1ポイント(0.5%)貯まるカードを対象のコンビニ・飲食店で利用した場合、Vポイントアッププログラム(最大+8%)とスマホでのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でのお支払い(+6.5%)、家族ポイント(最大+5%)を組み合わせることで、通常のポイントを含んだ最大20%のポイントが還元されます!

商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを差しお支払いいただく場合があります。その場合のお支払い分は、当サービスポイント加算の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。

 Google Pay™ で、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

最大20%ポイント還元を受けるには取引条件があります。

一部、カード種別や入会時期・Vポイントアッププログラムのお取引状況などにより、Vポイントアッププログラムの還元率が最大+8%を超える場合があります。

ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

Vポイントアッププログラムのサービス

Vポイントアッププログラムの対象サービスは7種類。そのうち5つのサービスがOlive独自の特典です。三井住友カード(NL)の場合、対象サービスの条件を満たせば、最大16%、Oliveの場合は条件を満たせば最大20%のポイントが還元されます。

対象のコンビニ・飲食店で最大18%ポイント還元

ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がありますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

Vポイントアッププログラムを利用するには、SMBC IDにご登録のうえ、Vpass連携が必要となります。

Oliveフレキシブルペイについては、クレジットモードでのご利用のみ対象です。また、クレジットモードに設定していたとしても、iD決済は一律デビットモード払いとなるため対象となりません。

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の両カードをお持ちのうえ、同一のSMBC IDで管理いただいた場合は、三井住友カード(NL)の対象コンビニ・飲食店でのご利用も最大20%のポイント還元率となります。

OliveフレキシブルペイはVisaブランドのみの発行となるため、Mastercardタッチ決済はご利用いただけません。

別ウィンドウで「三井住友銀行」のウェブサイトに遷移します。

詳しくはご利用前に以下をご覧ください。

Vポイント残高を使う際の注意点

Vポイント残高を利用するにあたっての注意点は、「有効期限」と「払い戻し不可」の2点です。それぞれ詳しく解説していきます。

Vポイント残高には有効期限がある

VポイントをVポイント残高に移行(チャージ)した場合、カードの有効期限に注意しましょう。
ただし「有効期限月を含む、12ヵ月前〜有効期限前月の25日までに利用もしくはチャージしている」という条件を満たせば、有効期限を過ぎてもカードは自動更新され、Vポイント残高も引き継がれます。

ちなみに、Vポイント残高の有効期限は、発行から5年間です。有効期限はカードの表面または裏面に年/月の順で記載されているので、持っているカードをご確認ください。

例)有効期限が2023年12月の場合

2022年11月1日(火)〜2023年11月25日(土)までの間に、カードを利用もしくはチャージしていれば、更新カードが発行されるので、Vポイント残高も引き継がれます。

有効期限前月の25日を過ぎた、2023年11月26日(日)〜11月30日(木)の間にカードを利用もしくはチャージしたとしても、条件に当てはまらず更新カードは発行されないので注意しましょう。

Vポイント残高の払い戻しはできない

VポイントをVポイント残高に移行(チャージ)した場合、払い戻しはできないので注意しましょう。

ただし、Vポイントには三井住友カードの券種に応じて有効期限が設定されています。有効期限の自動更新ができるVポイント残高への移行をおすすめします。

券種

Vポイントの有効期限

Vポイントの

有効期限

三井住友カード(NL) ポイント獲得月から2年間
三井住友カード ゴールド(NL) ポイント獲得月から3年間
三井住友カード プラチナプリファード ポイント獲得月から4年間

Vポイントが貯まりやすい!三井住友カードのおすすめのクレジットカード

買い物や公共料金の支払いなどでVポイントが貯まる三井住友カードの中には、Vポイントが貯まりやすい(ポイント還元率が高い)カードがあります。高還元率のカードを利用することで通常よりも多くのポイントを獲得できるので、カード発行の申し込み前に確認しておきましょう。

ここでは、Vポイント高還元率のおすすめカードをご紹介します。

三井住友カード(NL/ナンバーレス)

年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでのお買い物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

年会費永年無料のナンバーレスカード!

年会費永年無料のナンバーレスカード!


三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL)

三井住友カード

(NL/ナンバーレス)

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~100万円

国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 1・2・3

ポイント

最大7%還元

即時発行可能イメージ

即時発行可能!

 

最短104

海外旅行損害保険イメージ

海外旅行傷害保険 5

最高

2,000万円

※1 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※3 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※4 即時発行ができない場合があります。

※5 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード ゴールド(NL/ナンバーレス)

高校生を除く満18歳以上の方が利用できるゴールドカードです。三井住友カード(NL)同様、券面には、カード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。

また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や条件付きで年会費が永年無料になる特典があります。

使うほどおトクなゴールドカード

使うほどおトクなゴールドカード


三井住友カード

ゴールド

(NL/ナンバーレス)

三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

(NL/ナンバーレス)

年会費

5,500円(税込)

条件付きで永年無料

ポイント還元率

0.5%~7%

限度額

~200万円 国際ブランド : visamasterロゴ

おすすめポイント

年会費永年無料イメージ

年間100万円のご利用で

翌年以降 1

 

年会費永年無料

対象のコンビニ・飲食店のご利用イメージ

対象のコンビニ・

飲食店でスマホの

タッチ決済ご利用で 2・3・4

ポイント

最大7%還元

ポイントイメージ

年間100万円のご利用で

毎年プレゼント 1

 

10,000ポイント

※1 対象取引や算定期間などの実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

※2 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

※3 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

※4 通常のポイント分を含んだ還元率となります。

※  本カードのご利用には、スマートフォンでのVpassアプリのダウンロードが必要です。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。従来の三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)に加え、三井住友カード プラチナプリファードでもナンバーレスカードをご選択いただけます

ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。

ポイント特化型のプラチナカード

ポイント特化型のプラチナカード


三井住友カード

プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード

プラチナプリファード

年会費

33,000円(税込)

ポイント還元率

1%~15%

限度額

~500万円

国際ブランド : visaロゴ

おすすめポイント

三井住友カードつみたて投資でVポイントが貯まるイメージ

三井住友カードつみたて

投資でVポイントが貯まる

積立額の5.0%

ポイントイメージ

毎年、継続利用で 1

最大40,000

ポイント

特約店の利用イメージ

特約店の利用で

獲得ポイント 2

最大+14%

※1 毎年、前年100万円ご利用ごとに10,000ポイントプレゼント。

※2 特典付与の条件は、必ず三井住友カードのホームページをご確認ください。

 Visaで世界初!(※)フレキシブルペイ機能搭載のカード「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveアカウントを作成すると、クレジット・デビット・ポイント払いを切替えできる「Oliveフレキシブルペイ」が発行されます。後払いの「クレジットモード」、カード支払いと同時に口座から即時引き落とされる「デビットモード」、貯まったVポイントで支払う「ポイント払いモード」の3つの支払い機能が一体となり、三井住友銀行のキャッシュカードとしても機能するオールインワンカードです。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

1枚4役「Oliveフレキシブルペイ」

3つの支払い機能(クレジット・デビット・ポイント払い)の切替えは、アプリ上でボタンをスライドするだけ。持ち歩くカードも1枚にまとまるのでお財布がかさばりません。

スライドで簡単に機能の切り替えができる「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveフレキシブルペイは券面にカード番号・有効期限・セキュリティコード、そして口座番号が表記されていないナンバーレスカード。セキュリティ面がより強固になり、安心・安全です。カード情報はアプリから簡単に確認できます。

Oliveアカウントは一般・ゴールド・プラチナプリファードの3つのランクからお選びいただけます。

Oliveフレキシブルペイの詳細については、以下をご参照ください。

貯まったVポイントはお得に使おう

Vポイントは、三井住友カードの利用などで貯めることができます。貯まったVポイントは、素敵な景品や他社のポイントプログラムに交換できるなど、魅力的な使い道がたくさんあります。

また、「Vポイント」アプリでVポイント残高に移行することで、店舗やネットでのお買い物に利用できたり、Amazonギフト券へのチャージがお得になったりするなど、メリットも豊富です。

普段の買い物を三井住友カードのクレジットカードで支払い、効率よくVポイントを貯めてみましょう。

よくある質問

Q1.Vポイントとは?

Vポイントとは、三井住友カードの利用やSMBCグループ各社の取引で貯まるポイントプログラムのことです。貯まったVポイントは、買い物やカードのお支払い金額への充当のほか、景品交換や他社ポイントへの移行などに利用できるサービスです。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.Vポイントの残高とは?

Vポイント残高とは、貯まったVポイントを「Vポイント」アプリに移行・チャージしたあとの金額のことです。Vポイントを移行すると「1ポイント=1円」としてVポイント残高に反映されます。Vポイント残高は、「Vポイント」アプリでApple Payや Google Pay に設定いただくと、Visaのタッチ決済またはiDにて店舗やネットショッピングの決済に利用できます。

 

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.Vポイント残高の使い道・使い切り方は?

Vポイント残高の主な使い道は、店舗またはネットショップでの買い物で、1円単位で利用できます。また、1ポイント=1円で移行したVポイント残高は、Amazonギフト券へチャージすることもできます。Vポイントから直接Amazonギフト券へチャージするよりもお得です。

詳しくは以下をご覧ください。

Visaが開発した新機能(複数の支払い方法を1つのカードに集約・決済方法選択)を使用することについて世界初(2023年1月時点/Visa調べ)

TM and © 2023 Apple Inc.All rights reserved. 

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。

iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

 Android 、 Google Pay 、 Google ウォレット は Google LLC の商標です。

Amazon、Amazon.co.jpはAmazon.com, lnc.またはその関連会社の商標です。

「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

MastercardはMastercard International Incorporated の登録商標であり、2つ連なる円のデザインは同社の商標です。

2023年11月時点の情報のため、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!三井住友カードがおすすめ!

毎日の出費を賢くお得に!

毎日の出費を賢くお得に!

三井住友カードがおすすめ!

三井住友カードがおすすめ!