ゼロからはじめるクレジットカード
お得なポイント還元率・特典
コンビニではクレジットカード払いがおすすめ!お得な使い方を解説

お得なポイント還元率・特典

コンビニではクレジットカード払いがおすすめ!お得な使い方を解説

コンビニではクレジットカード払いがおすすめ!お得な使い方を解説

ほとんどのコンビニではクレジットカード払いに対応し、より便利になりました。まだまだ現金で支払う人が多いかと思いますが、実際にコンビニでクレジットカード払いにするとさまざまなメリットがあります。クレジットカード払いの注意点も含めて、コンビニでのクレジットカード払いについて解説します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

コンビニの支払いは現金派が多数である理由

最近では、ほとんどのコンビニでクレジットカード決済ができるとはいえ、コンビニでの支払いはまだまだ現金派が多いようです。「クレジットカードだと手間や時間がかかりそう」「少額の買物だから、クレジットカードを使うまでもない」といった理由が考えられるでしょう。

しかし、実際には多くのコンビニでは、少額の支払いならサインも暗証番号も不要ですから、現金払いよりも簡単でスピーディーな決済ができます。
コンビニでのクレジットカード払いは、店舗側にもメリットがあります。まず、現金管理の手間が簡易化されます。現金の受け渡しがなくなるので、釣り銭の間違いもなく、感染症対策にもなります。コンビニの支払いだからこそ、クレジットカードを活用するメリットは多いのです。

さらに、大手コンビニでは、「Visaのタッチ決済」が使えるところも増えています。これはクレジットカードを、決済端末に軽くタッチするだけで支払いができるというもの。スピーディーに決済できますから、毎日の買物でも便利に使えます。大手コンビニだけではなく、Visaのタッチ決済対応マークのある店舗は拡大中ですから、ぜひチェックしておきましょう。

<Visaのタッチ決済の使い方>

  • 支払いの際に店員に「Visaのタッチ決済で」と伝える
  • 決済端末に、カードを軽くタッチさせる
  • 店員からレシートを受け取って完了

コンビニでクレジットカード払いをするメリット

それでは、具体的にコンビニでクレジットカード払いを使うメリットについて確認していきましょう。

支払った金額に応じてポイントやマイルが貯まる

クレジットカード払いなら、利用額に応じてポイントやマイルが貯まります。
コンビニでは1回当たりの支払い額は少ないものの、1日数回、毎日使う人も多いことでしょう。となると、1年間ではかなりの金額になるはず。現金よりもクレジットカード払いのほうがお得だといえるでしょう。
なお、対象の三井住友カード(※1)なら、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用で、今後いつでも通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき2%(※2)ポイントが還元されます。

  • ※1 プラチナプリファード、法人カード(一部除く)、提携カードなどは対象となりません。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および+2%還元にならない場合があります。
      詳細はホームページをご確認ください。

現金よりも支払いがスピーディー

クレジットカード決済なら、レジの前で財布を探って小銭を数える、という手間がかかりません。コンビニによって条件は異なりますが、少額での決済ならば、サインも暗証番号の入力も不要です。現金払いよりもはるかにスピーディーに決済が完了します。

支払いの記録が残るので支出を確認しやすい

クレジットカード払いなら、利用履歴が残りますから、どこでいくら使ったのかがはっきり分かります。定期的にチェックすることで無駄使いを防ぐことにも役立ちます。

三井住友カードが提供しているスマホアプリ「Vpass」ならば、利用額やポイント残高をスマホで確認でき、さらに銀行口座や電子マネーも管理できます。キャッシュレスでの支払いを一括管理することで、家計簿代わりに使うことができるのです。この便利さは、一度使うと手放せなくなるはずです。

ATMで手数料をかけて現金を引き出さなくて済む

現金払いでは、ATMで引き出すことが多くなると思いますが、手数料がかかるケースがあります。1回あたり100円、200円程度と少額でも、年間を通じたらいくらになるでしょうか?しかし、クレジットカード払いならば、ATMで現金を引き出す手数料は発生しません。

コンビニでクレジットカードを使う際の注意点

コンビニでクレジットカード決済を利用するには多くのメリットがありますが、押さえておきたい注意点もありますので、しっかり把握しておきましょう。

支払い回数は「1回払い」のみ

分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いなど、多彩な支払い方法を選べるのがクレジットカードの利点です。しかしほとんどのコンビニでは「1回払い」にしか対応していません。

クレジットカードを使えない商品もある

コンビニで取り扱っている商品やサービスのすべてに対して、クレジットカード払いができるわけではありません。具体的には後述しますが、一部の支払いについては、クレジットカード払いに対応していません。

高額な決済ではサインが必要

コンビニでの買物額は、たいてい数百円から千円ちょっとと、いずれにしても少額なことが多いでしょう。しかし場合によっては、まとめ買いで高額の買物になることもありえます。
コンビニ各社によって基準は異なりますが、一定額以上のカード払いでは、カード名義人本人のサインが必要になります。

コンビニでクレジットカード払いができないもの

コンビニの商品には、クレジットカード払いができないものもあります。

クレジットカード払いができないものは、基本的に「換金できるもの」と「他機関の支払い代行」が該当します。例えば、各種のプリペイドカードといった換金できる商品は、クレジットカード払いができません。また、切手代やハガキ代、宅配便の送料などは、それぞれ日本郵便、宅配業者の支払い業務を代行することになるため、クレジットカード決済はNGです。

<コンビニでカード払いができないおもなコンビニ商品>

  • 払込票を使って支払うもの(各種税金、健康保険料、電気料金・水道料金など)
  • 切手、はがき、年賀状、収入印紙
  • 宅配便の送料
  • プリペイドカード
  • ごみ処理券
  • コピーやFAXの利用料金

コンビニで「使える」クレジットカードとは?

さて、コンビニで日常的にクレジットカードを利用するとなると、考えておきたいのは「コンビニとクレジットカードとの相性」です。コンビニに強いクレジットカードを見分けるポイントについて、解説していきましょう。

コンビニ利用による特典があるか

日本の大手コンビニ3社は、それぞれにカード会社と提携したクレジットカードを発行しています。これらは自社系列のコンビニでの利用についてポイントを2倍から5倍と優遇したり、特定の日に5%オフの割引サービスを行ったりと、さまざまな特典が付いています。

ポイントの貯まりやすさはどうか

日常的に使うコンビニは、利用額は小さなもの。ですが年間を通して考えれば、貯まるポイントは大きなものです。であれば、少しでもポイント優遇を受けられるカードを使いたいところです。
コンビニ各社の提携カードはもちろん、その他のクレジットカードでも、特定のコンビニでポイントが優遇されるカードがあります。ただし数は少なく、すべてのコンビニで優遇されるわけではない、という点には注意が必要です。それを踏まえてカードを選ぶといいでしょう。

三井住友カード

「三井住友カード」は、最もスタンダードなクレジットカードです。旅行傷害保険やショッピング補償、ポイントプログラムなど、クレジットカードに求められる要素を一とおり備えていて、初めてクレジットカードを持つという人にもおすすめです。年会費は通常、1,375円(税込)ですが、インターネット入会で初年度年会費無料となります。

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、満18歳~25歳限定のフレッシャーズ向けクレジットカードで、初年度は年会費無料でカードを作ることができます。翌年度以降も年1回ご利用で、年会費1,375円(税込)が無料になります。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。
さらに入会3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどおトクなクレジットカードです。

  • ※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、三井住友カードをワンランクアップさせたゴールドカードです。インターネットからの入会で初年度は年会費が無料、翌年度以降11,000円(税込)となっています。ただし、条件付きで年会費が割引となることがありますので、必ずご確認のうえお申し込みください。

コンビニでのクレジットカードの使い方

コンビニでクレジットカードを利用することで、さまざまなメリットがあることを紹介してきましたが、コンビニのレジでどのようにクレジットカードを使えばいいのか、簡単に説明しておきましょう。

まずは、店員に「クレジットカード払いで」と伝えます。コンビニによって、店員あるいは自分自身で、決済端末にクレジットカードを挿し込み、処理を待ちます。決済処理が済んだらカードを抜き取り、レシートを受け取って決済完了です。

また、支払い総額が高額になる場合は、サインや暗証番号の入力が必要になりますが、店員の案内に従って対応しましょう。

コンビニのクレジットカード利用で貯まる、ポイントのシミュレーション

コンビニでクレジットカード決済を活用することで、実際にどれくらいお得になるのでしょうか?
そこで、毎日コンビニを使うとして、1年間でどれくらいポイントが貯まるのかをシミュレーションしてみました。一般的なカードの還元率である0.5%と1%、さらに三井住友カードの「ポイント5倍」を適用した2.5%。それぞれの違いをご覧ください。

■ポイントのシミュレーション

1日あたりの利用額 年間利用額 還元率
0.50% 1.00% 2.50%
500円 18万2,500円 912円分 1,825円分 4,562円分
750円 27万3,750円 1,368円分 2,737円分 6,843円分
1,000円 36万5,000円 1,825円分 3,650円分 9,125円分

このように、1日1,000円ずつ毎日コンビニを利用すると、還元率が2.5%になる三井住友カードでは、1万円近いポイントが獲得できる、というわけです。

よくある質問

Q1:コンビニでクレジットカード払いをするメリットは?

コンビニでクレジットカード払いをするメリットは、まずは支払った金額に応じてポイントやマイルが貯まることがあるでしょう。また、現金よりもスピーディーに支払うことができる、支払いの記録が残るので支出を確認しやすいといった点もメリットです。

Q2:コンビニでクレジットカードを使う際の注意点は?

コンビニでクレジットカードを使う際の注意点は、「支払い回数は1回払いのみである」「クレジットカードを使えない商品もある」「高額な決済だとサインを求められることがある」といった点になります。

Q3:コンビニでお得にクレジットカードを使うには?

コンビニでは、少額でもクレジットカードを利用することで、結果的にお得につながります。コンビニは身近な存在で毎日のように利用しますので、少額でも積み重ねていくと、大きなポイント還元につながるでしょう。なお、三井住友カード(NL)はカード番号などが印字されていないナンバーレスとなっており、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスをセブン‐イレブン・ローソン・マクドナルドでご利用いただくと、最大5%のポイント(※)が還元されます。

クレジットカード払いは難しくない!

コンビニは身近な存在ですし、毎日のように使うものでもあります。ですからクレジットカードを利用するには最適でしょう。しかし、クレジットカードの扱いに慣れていないと「失敗したら恥ずかしい」「ぐずぐずしていたら、ほかのお客さんにも迷惑だろうな」などと、不安が先立つかもしれません。
でも、そんな心配はいりません。わからないことは店員にたずねれば、対応してくれます。コンビニでもクレジットカードを活用することで、スピーディーな決済やポイント還元といったメリットを享受してください。

  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

コンビニの支払いは現金派が多数である理由

  • クレジットカードだと手間や時間がかかりそう
  • 少額の買物だから、クレジットカードを使うまでもない
  • 実際には多くのコンビニでは、少額の支払いならサインも暗証番号も不要
  • クレジットカード決済なら現金払いよりも簡単でスピーディーな決済ができる

コンビニでクレジットカード払いをするメリット

  • 支払った金額に応じてポイントやマイルが貯まる
  • 現金よりも支払いがスピーディー
  • 支払いの記録が残るので支出を確認しやすい
  • ATMで手数料をかけて現金を引き出さなくて済む

コンビニでクレジットカードを使う際の注意点

  • 支払い回数は「1回払い」のみ
  • クレジットカードを使えない商品もある
  • 高額な決済ではサインが必要

コンビニでクレジットカード払いができないもの

  • 払込票を使って支払うもの(各種税金、健康保険料、電気料金・水道料金など)
  • 切手、はがき、年賀状、収入印紙
  • 宅配便の送料
  • プリペイドカード
  • ごみ処理券
  • コピーやFAXの利用料金

コンビニで「使える」クレジットカードとは?

  • コンビニ利用による特典があるか
  • ポイントの貯まりやすさはどうか

コンビニでのクレジットカードの使い方

  • 店員に「クレジットカード払いで」と伝えて利用する
  • 決済端末にクレジットカードを挿し込み、決済処理を行う

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!