法人カード活用ガイド
法人カードの基礎知識
法人カードの審査について解説!中小企業や個人事業主におすすめのカードは?

法人カードの基礎知識

法人カードの審査について解説!中小企業や個人事業主におすすめのカードは?

法人カードの審査について解説!中小企業や個人事業主におすすめのカードは?

「法人カード」というのは、その名のとおり企業などの「法人」を対象に発行されるクレジットカードのことです。法人カードは「ビジネスカード」「コーポレートカード」「パーチェシングカード」の3つに分類でき、個人カードと同様に、クレジットカード会社の審査を受ける必要があります。審査は「法人」が対象となるカードと、「法人代表者」が対象となるカードがあります。審査や必要書類など法人カードを申し込む前におさえておきたいポイントについて詳しくみていきましょう。

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

法人カードの種類は、大きく分けて「ビジネスカード」「コーポレートカード」「パーチェシングカード」の3つがあります。

一般的にビジネスカードは中小企業・個人事業主向け、コーポレートカードは大企業向けと分類されます。クレジットカードの機能に大きな違いはありませんが、コーポレートカードはカード利用枠がビジネスカードよりも大きい傾向があり、カード利用者ごとに利用枠を設定することもできます。お支払い口座は法人だけでなく個人口座を設定できる場合があります。キャッシング枠は多くの法人カードで設定できず、対象が個人事業主に限られている場合がほとんどです。

パーチェシングカードは、非対面決済専用の法人カードです。クラウド利用料・広告費や原材料費などのB to B決済時に便利な特徴があり、経費精算の効率化やDX推進をサポートします。また、プラスチックカード不発行で、盗難防止による不正利用のリスクが低減されます。

■こちらも合わせてご覧ください

法人カードを作るにも、必ずカードの審査が必要です。審査の内容は「審査の対象」によって異なりますが、カード会社独自の基準で行っているため詳しい内容は開示されていません。

法人カードの審査は「審査の対象」によって内容が異なります。「法人」を対象に発行されるクレジットカードは企業の経営状況や資本金などを基に審査されますが、「個人」を対象に発行される「法人代表者」や「個人事業主」のクレジットカードは個人の信用を基に審査されます。

起業してすぐの場合や個人事業主の場合は、個人与信のビジネスカードを選ぶといいでしょう。

では、実際に法人カードを作る場合、どのような書類が必要になるのでしょうか。カード会社によって異なりますが、主に以下のようなものが必要になります。詳しくみていきましょう。

法人の本人確認書類(「法人」を対象に審査・発行するクレジットカード)

6ヵ月以内に発行された登記事項証明書、登記簿謄本のコピー、または印鑑証明書など。取得場所は管轄の法務局(オンラインで請求できます)で、登記事項証明書は1通480円から、印鑑証明書は1通390円から取得することができます。

法人代表者の本人確認資料(「法人」「法人代表者」を対象に審査・発行するクレジットカード)

公的な証明書である免許証やパスポート、マイナンバーカードのコピーなど、法人カードの申請代表者(名義人)の本人確認ができるもの。

お支払い口座の確認書類(「法人」「法人代表者」「個人事業主」を対象に審査・発行するクレジットカード)

法人の場合は「会社型決済」となるため原則として法人口座、個人事業主の場合は「個人決済型」となるため個人口座を準備します。法人代表者の場合はカードの種類や利用目的によって、法人口座または法人代表者の個人口座を指定します。口座情報が確認できるものも忘れないようにしてください。

■こちらも合わせてご覧ください

三井住友カードおすすめの法人カード

三井住友カードは、個人事業主や中小企業、大企業向けのさまざまな法人カードを発行しています。法人カードを選ぶ際には、事業規模や利用目的を見極めることが重要です。
続いては、三井住友カードで人気の法人カードをご紹介しましょう。

個人事業主におすすめ!三井住友カード ビジネスオーナーズ

法人代表者、個人事業主(副業・フリーランスを含む)の方向けの法人カードです。カードランク別に一般カード・ゴールドカードの2種類があります。
ベンチャーやスモールビジネスシーンに必要な経費管理の一元化といった法人カード機能とともに、ビジネスユースでのご利用もお得になるポイント還元や年会費無料(ゴールドは条件あり)などの特典も付帯します。
スタートアップ企業やフリーランス、副業で活躍される方のビジネスを後押しする、利便性とメリットを兼ね備えています。

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

おすすめポイント
年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:永年無料
パートナー会員:永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査が
あります。
カードの特徴
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 利用枠が大きめ(最大500万円)
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

おすすめポイント
条件を満たすと翌年以降年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:5,500円
(条件を満たすと
翌年以降永年無料
パートナー会員:永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査が
あります。
カードの特徴
  • 年間100万円利用で毎年1万ポイント還元!
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外・国内の旅行傷害保険(※)空港ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

おすすめポイント
年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
本会員:
永年無料
パートナー会員:
永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査があります。
カードの特徴
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 利用枠が大きめ(最大500万円)
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

おすすめポイント
条件を満たすと翌年以降年会費が
永年無料
のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント
還元率
限度額
本会員:
5,500円
(条件を満たすと
翌年以降
永年無料
パートナー会員:
永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査があります。
カードの特徴
  • 年間100万円利用で毎年1万ポイント還元!
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外・国内の旅行傷害保険(※)空港ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

中小企業におすすめ!三井住友ビジネスカード

中小企業向けの法人カードで、経費管理と資産運用の効率化を目的としています。今まで以上に、経理事務・経費を合理化できます。またカード決済なら指定口座から自動引き落としされるので、支払い手数料を削減できます。カード使用者が20名以下であることが目安になります。

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元
(ワールドプレゼント)
限度額
使用者1名:1,375円
パートナー会員:
2名から1名につき 440円
1,000円につき
1ポイント
原則20~150万円
(1回払いでのご利用となります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間100万円までのショッピング補償(海外のみ)などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスゴールドカード

三井住友ビジネスゴールドカード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元
(ワールドプレゼント)
限度額
使用者1名:11,000円
パートナー会員:
2名から1名につき 2,200円
1,000円につき
1ポイント
原則20~300万円
(1回払いでのご利用となります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間300万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスプラチナカード

三井住友ビジネスプラチナカード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元
(ワールドプレゼント)
限度額
使用者1名:55,000円
パートナー会員:
2名から1名につき 5,500円
1,000円につき
1ポイント
原則150~500万円
(1回払いでのご利用となります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間500万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元
(ワールド
プレゼント)
限度額
使用者
1名
1,375円
パートナー会員:
2名から1名につき440円
1,000円
につき
1ポイント
原則20~150万円
(1回払い
での
ご利用と
なります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間100万円までのショッピング補償(海外のみ)などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスゴールドカード

三井住友ビジネスゴールドカード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元
(ワールド
プレゼント)
限度額
使用者
1名
11,000円
パートナー会員:
2名から1名につき2,200円
1,000円
につき
1ポイント
原則20~300万円
(1回払い
での
ご利用と
なります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間300万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスプラチナカード

三井住友ビジネスプラチナカード

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元
(ワールド
プレゼント)
限度額
使用者
1名
55,000円
パートナー会員:
2名から1名につき5,500円
1,000円
につき
1ポイント
原則150~500万円
(1回払い
での
ご利用と
なります)
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間500万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

年会費無料!三井住友ビジネスパーチェシングカード

中小企業向けの、原板不発行型の法人カードです。広告費・システム利用料への支払いにご活用いただくことで、精算業務の効率化にお役立ていただけます。
なお、三井住友ビジネスパーチェシングカードは、プラスチックカードが発行されないため、紛失・盗難のリスクもありません。

三井住友パーチェシングカード

三井住友ビジネスパーチェシングカード

詳細を見る

大企業におすすめ!三井住友コーポレートカード

カード使用者が20名以上の場合に選びたい大企業向けの法人カードです。出張費や交際費などを「会社全体」「部事業所別」「個人別」の3段階に分類し、経費予算管理を簡素化できます。

三井住友コーポレートカード(一般)

三井住友コーポレートカード(一般)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:1,375円
以降1会員につき:440円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:11,000円
以降1会員につき:2,200円
(上限:33,000円)
〈個別決済方式の場合〉
1社あたり 33,000円
61名以上追加会員ごと 550円
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
  • 旅行傷害保険や買い物保険、ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(一般)

三井住友コーポレートカード(一般)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:1,375円
以降1会員につき:440円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:11,000円
以降1会員につき:2,200円
(上限:33,000円)
〈個別決済方式の場合〉
1社あたり 33,000円
61名以上追加会員ごと 550円
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
  • 旅行傷害保険や買い物保険、ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

DX・リモートワークの推進におすすめ!三井住友パーチェシングカード

企業における仕入れやシステム利用料の支払いなど、企業の購買活動専用の法人カードで、特定の加盟店での決済に限定した利用ができます。
なお、三井住友パーチェシングカードは、プラスチックカードが発行されないため、紛失・盗難のリスクもありません。

三井住友パーチェシングカード

三井住友パーチェシングカード

おすすめポイント
DX・リモートワークの推進に最適!
年会費(税込) 限度額
本会員:1,375円
以降1会員につき:440円
(上限:33,000円)
カードごとに
設定
カードの特徴
  • 大企業・中堅企業向け(購買活動専用の法人カード)
  • カード利用データの活用で、経理業務を合理化
  • プラスチックカード不発行
  • カード単位や契約単位で、利用先を限定可能
  • 部署名・科費目名など、任意の名義で設定可能
  • カード毎に利用可能な限度額を設定可能
詳細を見る

法人カードのメリットを活かしてビジネスを飛躍させよう

いかがでしたでしょうか。法人カードは経理業務を効率化できるなど多くのメリットがあるカードです。企業規模や利用目的に合ったカードを選んで、審査のポイントをおさえたうえで申し込み、定められた条件をクリアできれば法人カードを作ることはできます。ぜひこの記事を参考に法人カードを作ることをご検討ください。

よくある質問

Q1.ビジネスカードとコーポレートカードの違いは?

一般的にビジネスカードは中小企業・個人事業主向け、コーポレートカードは大企業向けと分類されます。クレジットカードの機能に大きな違いはありませんが、コーポレートカードはカード利用枠がビジネスカードよりも大きい傾向があり、カード利用者ごとに利用枠を設定することもできます。お支払い口座は法人だけでなく個人口座を設定できる場合があります。キャッシング枠は多くの法人カードで設定できず、対象が個人事業主に限られている場合がほとんどです。

詳しくは以下をご覧ください。

Q2.法人カードの種類によって審査内容は変わる?

法人カードのカード審査は「審査の対象」によって内容が異なります。「法人」を対象に発行されるクレジットカードは企業の経営状況や資本金などを基に審査されますが、「法人代表者」や「個人事業主」を対象に発行されるクレジットカードは個人の信用を基に審査されます。

詳しくは以下をご覧ください。

Q3.法人カードを作るときに必要な書類は?

必要な書類は、カード審査の対象によって異なります。「法人」を対象に審査・発行するクレジットカードの場合は、法人の本人確認書類と法人代表者の本人確認資料、お支払い口座の確認書類、入会申込書が必要です。「法人代表者」を対象に審査・発行するクレジットカードの場合は、法人の本人確認書類が不要となります。

詳しくは以下をご覧ください。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。
    また、詳細につきましては、各商品ページをご確認お願いいたします。
  • ※2023年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング