法人カード・ビジネスカードにもゴールドカードやプラチナカードがある! それぞれのカードの違いとは?

法人カードの基礎知識

法人カード・ビジネスカードにもゴールドカードやプラチナカードがある! それぞれのカードの違いとは?

法人カード・ビジネスカードにもゴールドカードやプラチナカードがある! それぞれのカードの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人向けゴールドカード・プラチナカードとは?

一般的なクレジットカードを作る時、一般カードにするか、より高いステイタスを求めてゴールドカードにするか迷った経験がある方も多いのでは? 企業・法人、個人事業主向けのクレジットカード「法人カード」にも、カード会社によって「一般カード」だけでなく、「ゴールドカード」、「プラチナカード」があります。それぞれのカードは年会費や利用額、付帯サービスが異なり、利用目的によって選ぶことができます。

法人向けゴールドカードとは?

法人向けゴールドカードは、一般カードに比べるとステイタス性がより高くなると同時に、年会費が一般カードより高くなります。一方、カード利用枠、海外旅行損害保険補償額、ショッピング補償額が上がる場合もあり、さらに国内主要空港ラウンジを無料で利用できるなど、国内外の出張が多い企業・職種の場合は、ゴールドカードのメリットをより享受できそうです。また追加カードを多く作れる場合もあり、社員の経費精算業務の効率化を図れます。

法人向けプラチナカードとは?

法人向けプラチナカードは、法人向けゴールドカードのさらに上のステイタス・国際性・先進性を備えているのが特徴です。その分、年会費もさらに上がりますが、受けられる付帯サービスもトラベル、ビジネスサポート、ポイントなど多岐にわたります。プラチナカードは、海外の空港ラウンジを無料で利用できたり、有名レストランを予約すると1名分が無料になるなど、出張から接待まで幅広くサービスを受けられます。またコンシェルジュを利用できるカードもあるので、秘書のような役割を果たしてくれます。ただし、法人向けプラチナカードは数が少なく、扱っているカード会社は限られています。

法人向けゴールドカードのメリットや魅力

三井住友ビジネスカード

ビジネスユースにしっかり対応できるように、個人向けクレジットカードより、カード利用枠やビジネスに必要なサービスが優遇されている法人向けゴールドカード。そこで、法人向けゴールドカードのメリットをご紹介します。

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット1

“国内主要空港のラウンジが無料で利用できる”

フライト前の時間も忙しいビジネスパーソンは有効に使いたいもの。そんな時に強い味方になってくれるのがラウンジです。ラウンジ受付で法人向けゴールドカードと搭乗券を見せれば、国内主要空港のラウンジを無料で使うことができます。国内外に出張の多い企業・法人にオススメです。

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット2

“最高5,000万円の国内・海外旅行損害保険、最高300万円のショッピング補償が設定できる”

海外・国内旅行傷害保険で、利用付帯で最高5,000万円の補償を受けることができます。カード所有者はもちろん、追加カードを使用している従業員の出張にも安心です。さらに海外でカード購入した物品のショッピング補償も付帯。最高で年間300万円まで損害を補償してくれます。ビジネスで購入した物品の破損や盗難にも備えることができます。

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット3

“Visaビジネスオファー・Visaビジネスグルメオファーを使える”

三井住友ビジネスゴールドカードの国際ブランドを「Visa」に設定すると使える優待サービスです。「VISAビジネスオファー」は、出張・旅行サービス、消耗品の購入や会議室の利用などを割引料金で利用できます。「VISAビジネスグルメオファー」は、接待や社内懇親会などでも使える、国内の人気のレストランを優待価格で利用できます。

  • ※Visaビジネスオファー・VisaビジネスグルメオファーはVisaブランドに設定いただければクラシックカードでもご利用いただけます。

法人向けプラチナカードのメリットや魅力

三井住友ビジネスカード

現在利用している法人カードでは物足りない…、もっと海外向けのサービスを受けたい…と思っている方にオススメなのがプラチナランクの法人カードです。充実のサービスときめ細やかなホスピタリティでビジネスをサポートしてくれます。

三井住友ビジネスプラチナカードのメリット1

“「プライオリティパス」、「プラチナホテルズ」を利用できる”

「プライオリティパス」は、世界100か国600か所以上の空港ラウンジを利用できる会員証。トランジットなどの空き時間をラウンジで有効に使うことができます。さらに、国内の提携ホテル・旅館で優待料金やお部屋のアップグレードなど充実のサービスが魅力の「プラチナホテルズ」サービスも利用できます。

三井住友ビジネスプラチナカードのメリット2

“ゴールドランクより充実の保険サービス”

プラチナカードには、旅行傷害保険、航空便遅延保険など各種保険が付帯されています。海外・国内旅行傷害保険は、旅費をカードで支払わなくても自動付帯され、最高1億円の補償を受けられます。 お買物安心保険(動産総合保険)はカードで購入した商品について、年間最高500万円まで破損、盗難などによる損害が補償されます。

三井住友ビジネスプラチナカードのメリット3

“コンシェルジュサービスを利用できる”

航空券・ホテル・レストランの予約など、世界中どこにいても必要な情報とサポートを24時間・年中無休で受けられます。急な出張や来客などが多いビジネスパーソンにはうれしいサービスです。

法人向けゴールドカードとプラチナカードの違いは?

法人向けゴールドカードとプラチナカードの違いは?

法人向けゴールドカードとプラチナカードを検討する時、事前に確認しておきたい点は、年会費、利用枠、保険補償額の違いです。例えば海外出張が多い企業・法人の場合、保険補償額や安心感などを考慮すると、結果的にはプラチナカードを導入した方が良い場合もあります。

年会費の違い

法人向けカードの年会費は、三井住友ビジネスカードの場合、ゴールドカードは使用者1名税抜1万円+税、2名から1名につき税抜2,000円+税、プラチナカードは使用者1名税抜5万円+税、2名から1名につき税抜5,000円+税となっています。

(例)三井住友ビジネスカードの場合

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

年会費
1枚目 2枚目以降
一般カード 税抜1,250円+税/名 税抜400円+税/名
ゴールドカード 税抜10,000円+税/名 税抜2,000円+税/名
プラチナカード 税抜50,000円+税/名 税抜5,000円+税/名

利用枠の違い

カード利用枠はビジネスを運営していく上で重要になる場合もあります。三井住友ビジネスカードでは原則1回払いでの利用のみですが、ゴールドカードでは最高300万円、プラチナカードでは最高500万円です。月間に利用する予定額の2倍程度の金額を考えてカードランクを検討しましょう。

旅行傷害保険やショッピング補償の違い

出張が多い企業・法人にとって気になるのは、旅行傷害保険。ゴールドカードなら、利用付帯で最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険(傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などのクレジット決済有無により最高補償額が異なります)、ショッピング補償は海外での利用のみ対象で年間300万円まで補償されます。一方プラチナカードは、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険(傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などのクレジット決済有無により最高補償額が異なります)、ショッピング補償は国内・海外問わず年間500万円まで補償されます。

今回の記事のまとめ

一般、ゴールド、プラチナとランクが上がるに従って、法人向けのビジネスカードのサービス、年会費も大きく異なります。例えば、プラチナカードには、24時間365日利用できるコンシェルジュサービスがあったり、国内だけでなく海外の空港ラウンジが利用でき、旅行傷害補償も充実していたり、海外出張が多く忙しいビジネスパーソンや経営者には必須のサービスが付帯しています。年会費に加えて、自社で役立ちそうな付帯サービスを比較して検討してみましょう。

関連情報

三井住友VISAカード「カード一覧」

三井住友カードでは、中小規模の企業様/個人事業者様向け法人カードや大規模の企業様向け法人カードを豊富なラインナップでご用意しております。また、インターネットで法人カード(コーポレートカード・ビジネスカード)の申込が簡単にできます。貴社のニーズにあった法人カードをお選びください。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人カード活用ガイド トップへ戻る

おすすめの法人クレジットカード

中小規模企業の方・個人事業者の方に

大規模企業の方に

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

人気の記事ランキング