法人カード活用ガイド
法人カードのメリット
法人カードのメリットとは?経費精算やキャッシュフローが改善

法人カードのメリット

法人カードのメリットとは?経費精算やキャッシュフローが改善

法人カードのメリットとは?経費精算やキャッシュフローが改善

企業や個人事業主が発行できる法人カードは、経費精算の簡略化やキャッシュフローの改善効果が期待できます。さらに、クレジットカードならではのポイント還元や付帯サービスも活用すれば、経費削減にもつながるでしょう。
ここでは、法人カードの特徴や、法人カードのメリットについて詳しく解説していきます。

法人カードは法人格を問わず申し込める

法人カードとは、企業や個人事業主に対して発行されるクレジットカードで、法人格を問わず申し込みができます。「株式会社」「有限会社」「合同会社」「合資会社」などの会社はもちろん、個人商店経営者やフリーランスなどの個人事業主の方でも、法人カードを作ることができます。

法人カードは、「ビジネスカード」や「コーポレートカード」など、企業規模によって呼び名が異なるケースがあります。一般的には、中小企業や個人事業主など、20名以下向けの法人カードは「ビジネスカード」、20名を超える大手企業向けの法人カードは「コーポレートカード」と呼ばれています。

また、三井住友カードの場合、大企業・中堅企業向けの法人カードとして、プラスチックカードが発行されない「パーチェシングカード」という法人カードも提供しています。三井住友カードの場合は、企業規模や用途に応じて、以下のようにおすすめの法人カードを分類しています。

法人カードは法人格を問わず申し込める

法人カードの5つのメリット

法人カードの導入することでのメリットは、経費精算の簡略化、キャッシュフロー改善、ポイント還元や付帯サービスになります。具体的にどのようなメリットがあるのか、確認していきましょう。

法人カードの5つのメリット

メリット1 経費精算がシンプルになる

法人カードを使うことで、経費精算がシンプルになります。例えば、出張旅費・接待費などの会社関連の支払いを法人カードで一本化すれば、従業員による仮払いや立替払いの必要がなくなります。従業員と経費精算業務の負担も大幅に軽減されます。個人事業主の場合も、法人カードであれば、業務上の出費をまとめることができます。
また、法人カードで経費の決済を行えば、毎月の経費を明細書でまとめて確認できるようになり、そのまま経費精算システムに取り込めるため、経費の計上漏れをなくせます。領収書を紛失してしまうことで請求できなかったり、請求を忘れてしまったりといった請求漏れのリスクも大きく軽減できるでしょう。

メリット2 経費削減になる

法人カードをうまく活用すれば、経費削減につながります。オフィス用品や公共料金といった経費の支払いを法人カードに一本化すれば、指定口座からまとめて自動引き落としされるため、振込手数料の削減になります。
法人カードによっては、各カード会社で提供している福利厚生サービスを利用することができます。福利厚生サービスでは、レジャー施設や宿泊施設などの優待割引を受けられます。
中小企業や個人事業主など、自社単独では難しい場合でも、低コストで福利厚生を充実させることができるでしょう。

メリット3 キャッシュフローにゆとりが生まれる

法人カードで経費などを決済すれば、毎月決まった日に銀行から引き落とされることになります。支払いを2ヵ月後といったように設定できますので、引き落としまで支払い猶予が発生し、企業・法人名義の銀行口座にお金が残り、キャッシュフローが安定します。

メリット4 付帯サービスを受けられる

個人向けクレジットカードと同じように、法人カードにもポイント還元や付帯サービスといった特典があります。法人カードを使って支払いをすると、水道光熱費などの公共料金や通信費などの固定費にポイントがつきます。事務用品などの備品・設備費や出張費といった高額の支払いが継続的にある場合も、それに応じたポイントを得ることができます。獲得したポイントをオフィス用品などの消耗品と交換すれば、経費の節約となるでしょう。

  • ※一部ポイントが還元されない法人カードもあります。

さらに法人カードには、ビジネスシーンで役立つさまざまな付帯サービスがあります。国内の空港ラウンジを利用できたり、海外旅行傷害保険がついていたりします。カードのランクによっては、コンシェルジュサービスやプライオリティパスを利用できます。
コンシェルジュサービスは、レストランの予約から旅行プランの相談まで、365日24時間さまざまな要望に応えてくれます。プライオリティパスは、世界各国の空港ラウンジを活用できるサービスです。

メリット5 ガバナンスが強化される

法人カードの導入は、企業のガバナンス強化にも効果的です。社員個人と企業の支払いを、法人カードによって明確に分けられるのがポイントです。「誰が、いつ、どこで、いくら」経費を使ったのか、経費利用をすべて可視化できるため、社員の不適切な利用や不必要な経費の利用防止にもつながります。
法人カードの引き落としを法人名義の銀行口座にすることで、企業・法人の経理がより透明化されるでしょう。

法人カードは追加カードも発行できる

法人カードの特徴のひとつに、追加カードを発行できることが挙げられます。追加カードを発行して社員に渡しておけば、オフィス用品の購入時や出張時などで支払った経費も、法人カードの支払いとして一括管理できます。

ただし、法人カードの種類によっては、追加カードの発行枚数に上限が設けられています。複数の社員に法人カードを所持させたい場合は、あらかじめ発行できる追加カードの枚数を確認しておきましょう。追加カードには使用に関して制約があるものが多いため、目的の使い方ができるかどうかも確認することをおすすめします。

法人カードのデメリットは?

法人カードは、個人向けクレジットカードのような分割払いやリボ払いが選択できず、キャッシング機能もないというデメリットがありました。しかし、現在は法人カードでも分割払いやリボ払いができるもの、キャッシング機能を備えたものも多く登場し、法人カードの弱みは大きく改善されています。

三井住友カードの法人カードの特徴

ここからは、三井住友カードの法人カードを4種類ご紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners(個人事業主・法人代表者向け)

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主・法人代表者向けの法人カードです。

特徴

  • 申し込みの際に登記簿謄本、決算書が不要で個人の与信をベースに審査するため、創業1年未満でも発行できる
  • キャッシング機能を利用できる
  • リボ払い・分割払いなどの多様な支払い方法ができる

三井住友ビジネスカード(中小企業向け)

三井住友ビジネスカードは、中小企業向けの法人カードです。カード使用者が20名以下であることがひとつの目安となっています。

特徴

  • 経費管理と資産運用の効率化に貢献できる
  • カード返済なら指定口座から自動引き落としされるため、複数の支払いがある場合、手数料および支払いの手間を削減できる

三井住友コーポレートカード(大企業向け)

三井住友コーポレートカードは大企業向けの法人カードです。

特徴

  • 法人カードでの支払いを「会社全体」「部事業所別」「個人別」の3つに分類することが可能。経費予算管理の簡素化に貢献できる
  • 利用額の決済は、翌月または翌々月の1回払いが可能な「マンスリークリア方式」を利用できる
  • カード使用者ごとに利用枠設定ができる

三井住友パーチェシングカード

三井住友パーチェシングカードは、企業の仕入れやシステム利用料の支払いなど、企業間取引における決済に活用しやすい法人カードです。利用可能な店舗を限定できたり、法人・部署単位で発行ができたりします。
なお、三井住友パーチェシングカードは、プラスチックカードが発行されないため、紛失・盗難のリスクもありません。

特徴

  • 出張費や交際費などを「会社全体」「部事業所別」「カード別」の3つに分類することで、経費予算管理の簡素化に貢献できる
  • 利用額の決済は翌月または翌々月の1回払いが可能な「マンスリークリア方式」を利用できる
  • カード別に利用枠設定ができる
  • カード別に利用先店舗を限定することができる
  • カード名義を部署名や会社名で設定可能なので、担当者が代わっても使える
  • 1回あたりの利用額を設定できる

法人カードの活用で円滑にビジネスを進められる

法人カードは、企業・法人の大小にかかわらず、ビジネスに役立つさまざまなメリットを受けられます。経費の可視化や経理システムへの取り込みなど、経費精算業務の軽減による生産性の向上にも期待できるでしょう。
さらに、営業や配送などで車を多く使う場合はETCカードを発行したり、出張が多い場合は出張費をカード払いにして旅行傷害保険を利用したりと、企業・法人に合った法人カードを選ぶことで、おトクに利用することができます。法人カードの利用をぜひ検討してみてください。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2020年8月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

今回の記事のまとめ

法人カードは法人格を問わず申し込める

  • 法人カードとは、企業や個人事業主に対して発行されるクレジットカード
  • 法人格を問わず申し込みが可能

法人カードの5つのメリット

  • メリット1 経費精算がシンプルになる
  • メリット2 経費削減になる
  • メリット3 キャッシュフローにゆとりが生まれる
  • メリット4 付帯サービスを受けられる
  • メリット5 ガバナンスが強化される

法人カードは追加カードも発行できる

  • 複数枚の法人カードを発行することで社員1人に1枚を支給できる
  • 追加カードの発行枚数の上限や用途を確認しておく

法人カードのデメリットは?

  • 分割払いやリボ払いが選択できず、キャッシング機能もないというデメリットがあったが、現在は改善されている

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング