【法人カードを導入するメリット】法人カード・ビジネスカードが経費精算やキャッシュフローを改善する理由とは?

法人カードのメリット

【法人カードを導入するメリット】法人カード・ビジネスカードが経費精算やキャッシュフローを改善する理由とは?

【法人カードを導入するメリット】法人カード・ビジネスカードが経費精算やキャッシュフローを改善する理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人カードのメリットとは?

企業・法人、個人事業主が「法人カード」の導入を検討するポイントは、主に「経費精算」、「キャッシュフロー」、「ポイントや付帯サービス」の3点です。そこで、法人カードを導入した場合のそれぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

法人カードのメリットその1 経費精算

法人カードのメリットその1 経費精算

企業・法人の代表者やその従業員が法人カードを使う側として大きなメリットとなる経費精算。経費精算書に入力をして、領収書を添付して提出し、現金が返ってくる、という従来のルーティーンが大幅に減ります。

経費精算が楽になる

従業員が使った経費は、通常、エクセルなどで作られた経費精算書に入力され、領収書とともに経理担当者に提出されます。経理は精算書と領収書をひとつひとつ目視で確認しながら、経理ソフトに入力する必要がありました。法人カードで経費を決済すれば、従業員それぞれがいつ・どこで・いくら使ったか可視化できるだけでなく、経理システムに取り込むことができ、経理精算業務が楽になります。

経費の仮払いや立て替えが必要ない

今まで、出張費や消耗品などの経費は、従業員が立て替えて後日精算するか、金額が大きい場合は先に仮払いをする必要がありました。しかし、従業員に法人カードを持たせることによって、これらの現金出納が必要なくなります。

経費の計上漏れや請求漏れがなくなる

経費をカード決済にすることで、毎月の経費を明細書で確認でき、さらにそのままシステムに取り込めるため、計上漏れがなくなります。また、領収書を紛失してしまうことで請求できなかったり、請求を忘れてしまったりすることがなくなります。

個人と会社の支払いをわかりやすく分けられる

法人カードを使うことで、ビジネス用の経費とプライベートで使用した分を明確に分けられるようになります。また、法人カードの引き落としを法人名義の銀行口座にすることで、企業・法人の経理がより透明化されます。

法人カードのメリットその2 キャッシュフロー

法人カードのメリットその2 キャッシュフロー

法人カードを使って支払うことで、資金繰りやキャッシュフローを安定させることができます。法人カードによっては、支払いを最長3ヵ月後にできる場合もあり、支払いサイクルを遅らせることができます。

キャッシュフローにゆとりが生まれる

経費を法人カードで決済することで、毎月決まった日に銀行から引き落とされます。カードを使用してから引き落としまで支払い猶予が発生し、企業・法人名義の銀行口座に残るお金が増え、キャッシュフローが安定します。

振込手数料の削減が可能

決済を法人カードに一本化することで、今までかかっていた多岐にわたる支払い先への振込手数料の削減につながります。

法人カードのメリットその3 ポイントや付帯サービス

法人カードのメリットその3 ポイントや付帯サービス

法人カードにも個人向けクレジットカードと同じように、ポイントや付帯サービスなどの特典が豊富にあります。これらの特典をうまく使うことで、経費削減にもつながります。

ポイント還元のメリット

ポイントはカード利用額に応じて付与されます。例えば、ポイント還元率0.5%の法人カードを使って支払いをした場合、割引が受けられない水道光熱費などの公共料金や通信費などの固定費にもポイントがつきます。また、事務用品などの備品・設備費や出張費などの高額の支払いが継続的にある場合も、それに応じたポイントを得ることができます。

付帯サービスを利用できる

法人カードの付帯サービスには、国内の空港ラウンジを利用できたり、海外旅行傷害保険がついていたり、カードのランクによってはコンシェルジュサービスやプライオリティパスの利用などがあり、ビジネスパーソンにとってさらに便利なサービスを利用できます。

福利厚生サービスも利用できる

法人カードによっては、各カード会社で提供している福利厚生サービスを利用できます。中小企業や個人事業主など、自社単独では難しい場合でも、低コストで福利厚生を充実させることができます。サービスを利用することで、レジャー施設や宿泊施設などの優待割引を受けられます。

今回の記事のまとめ

法人カードは企業・法人の大小にかかわらず、ビジネスに役立つさまざまなメリットを受けられます。また、経費の可視化、経理システムへの取り込みなど、経費精算業務の軽減による生産性の向上も期待できます。さらに、営業や配送などで車を多く使う場合はETCカードを発行したり、出張が多い場合は出張費をカード払いにして旅行傷害保険を利用したり、企業・法人に合った法人カードを選ぶことでさらにお得に利用できます。

関連情報

ビジネスカードご利用のメリット

中小規模の企業様/個人事業者様向けの法人クレジットカード「ビジネスカード」利用メリットのご案内です。三井住友カードでは、インターネットで法人カード(コーポレートカード・ビジネスカード)の申込が簡単にできます。法人向けサービスで貴社のビジネスを強力にサポート。貴社のニーズにあった法人カードをお選びください。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人カード活用ガイド トップへ戻る

おすすめの法人クレジットカード

中小規模企業の方・個人事業者の方に

大規模企業の方に

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

人気の記事ランキング