LOAN NOTE賢いお金のやり繰りサポート

Powered by 三井住友カード

融資の基礎知識

借入残高とは?借入残高を確認する方法と管理のポイント

借入残高とは?借入残高を確認する方法と管理のポイント

単に「残高」という言葉だけ聞くと、一般的には銀行に預けているお金(預金残高)を想像する人が多いでしょう。では、カードローンにおける「借入残高」とは、どういう意味なのでしょうか。
借入残高をきちんと把握しておかないと、後でトラブルになってしまう可能性があります。この記事では、借入残高の確認方法や、きちんと確認をすることの必要性を解説します。カードローンなどでお金を借りることを検討している人は、どのように借入残高を把握し、管理していけばいいのかを事前に理解しておきましょう。

目次

そもそも借入残高とは?

借入残高とは、簡単にいうと「現時点でまだ返済していない借入金額」のことです。貸付している会社によっては「利用残高」などと呼ばれているケースもあります。なお、利息は借入残高に含まれません。例えば、利息を考慮せず簡単に説明すると「30万円を借入れし、10万円を返済した」状態であれば、借入残高は20万円ということになります。

借入残高は信用情報機関に登録される

借入残高のデータは、「信用情報機関」に登録されます。信用情報機関とは、クレジットカードの使用履歴やカードローンで借入れした際の情報などを各会社から集め、管理している組織です。

その情報は、信用情報機関に加盟している会社が新たな申込者の審査をする際にも提供されます。例えば、A社に新規申し込みする際、もしすでにB社からも借入れしていれば、その借入残高の情報がA社にも共有されます。これは、申込者の返済能力を超えるような、過剰な貸付を防ぐためのしくみです。

クレジットカードのショッピングは借入残高に含まれない

クレジットカードを利用してショッピングをした場合も、借入残高に含まれるのでしょうか?
結論からいうと、ショッピング取引は借入残高にカウントされません。なぜなら、クレジットカードのショッピングは、お金を借りているわけではなく、買物の代金を立て替えてもらっているものだからです。

一方、多くのクレジットカードには、「キャッシング枠」が存在します。こちらは、現金を借入れる形になるため、借入残高に含まれます。貸金業法のもと、カードローンと同じ「総量規制」が適用されるので、ご注意ください。

総量規制については、こちらをご参照ください。
総量規制とは?カードローン利用者を保護するしくみと対象外の条件

借入残高の申告は正確に

新規でクレジットカードやカードローンに申し込みをする場合、基本的には「他社からの借入件数」および「借入残高」を申告する必要があります。その際、「審査に通るかどうか不安」などの理由で虚偽の申告をすることはやめておいたほうがいいでしょう。
すでにご説明したとおり、借入残高の情報は信用情報機関に記録されていますので、申込者の利用状況は分かるしくみになっています。うっかり忘れている場合もあると思いますが、故意に借入残高を少なく申告しても意味がありません。

借入残高を確認する方法は?

借入残高を確認するための方法は、会社によって異なります。代表的な確認方法は、下記の3つとなります。

・会員専用ページや専用アプリ 一番手軽に確認できるのは、インターネットを使って会員専用ページにログインする方法でしょう。最近では、専用のスマートフォン用アプリを提供している会社も増えています。

・電話(コールセンター) 電話で確認する場合は、本人確認が必須となります。申し込み時に発行された契約書やローンカードなど、利用者本人であることが証明できる物をあらかじめ用意しておきましょう。

・ATM コンビニのATMを利用して、借入残高を確認することもできます。ATMによっては24時間営業ではない場合もありますので、利用可能な時間を事前に確認しておきましょう。

取引明細書(利用明細書)は捨てずに保管を

ほとんどのATMでは、借入れや返済をすると「取引明細書(利用明細書)」が発行されます。記載される項目名は会社によって異なりますが、明細書で借入残高を確認することができます。

利用者の中には、利用明細書の記載内容を確認せず、借入れや返済が終わったらすぐに捨ててしまう人もいるかもしれません。しかし、その時点での借入残高を把握しておくことは、返済を考える上でも非常に重要です。明細書は捨てずにきちんと確認し、なるべく保管するようにしましょう。

最近では、ウェブ上で取引明細を確認できるサービスも増えています。借入残高はもちろん、借入れ・返済の履歴を確認できますので、自身の状況を把握し、カードローンを上手に利用しましょう。

借入残高を把握しておくことの必要性

借入れにはさまざまな方法がありますが、特にカードローンは繰り返し自由に借入れができるため、「現在の借入残高がいくらなのかわからない」となる人も少なからずいるようです。しかし、借入れたお金は必ず返済しなければなりません。もし、借入残高を把握せずに借入れを繰り返すと、後々「返せなくなってしまった」という事態にもなりかねません。借入残高を把握しておくことで、おおよその返済期間や利息が把握できます。カードローンの計画的な利用のために、残高の把握は絶対に必要です。借入残高はこまめに確認するようにしましょう。

カードローンなどの利用には借入残高の把握が大切

借入残高を確認する方法やメリットについて説明してきました。クレジットカードやカードローンに申し込む際は、必ず他社からの借入残高を申告する必要があります。また、借入残高は、その後の返済スケジュールにも影響します。従って、今自分の借入残高がいくらなのか、把握しておくことはとても大切です。
借入残高は、インターネットやATMなどで簡単に確認することができます。借入残高を管理しつつ、上手な借入れ&返済プランを立てましょう。

三井住友カード ゴールドローン・ゴールドローンカードレス貸付条件

横にスライドしてください

カード名

三井住友カード
ゴールドローン

三井住友カード
ゴールドローンカードレス

利率(実質年率) 3.5%~15.0% 3.5%~14.4%
資金使途 自由
ご利用枠 700万円まで
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
ご返済方法 毎月元金定額返済
ご返済期間・回数 最長11年9ヵ月・141回(新規ご契約ご利用枠700万円、実質年率3.5%、毎月ご返済額5万円、700万円をご利用の場合)

ご返済期間・回数はご利用内容によって異なります。

関連記事

LOAN NOTEとは?

LoanNote(ローンノート)では、融資やカードローンをはじめる方に向けた、知っておきたい基礎知識や利用ノウハウなどをご紹介していきます。

ピックアップ記事

カテゴリ別記事

三井住友カードの
ゴールドローンとは?

ご利用スタイルや目的に合わせて選べる2つのカードローンです。
お借り入れ後、ご返済の遅延がない場合は、ご返済実績に応じて翌年度のご利用残高分より適用利率が0.3%ずつ、最大1.2%引き下がります。計画的にご利用・ご返済いただくことでご利用しやすいカードローンになります。

三井住友カードのその他コンテンツ

お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう

返済などでお悩みの方は、弊社の契約する貸金業務に関する指定紛争解決機関へご相談ください。

日本貸金業協会

貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く)

所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15

三井住友カード株式会社<近畿財務局長(13)第00209号 日本貸金業協会会員第001377号> 〒541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

  1. 三井住友カード
  2. LOAN NOTEトップ
  3. 融資の基礎知識
  4. 借入残高とは?借入残高を確認する方法と管理のポイント