ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
クレジットカード決済のしくみとは?メリットや手数料についても解説

クレカの基礎知識

クレジットカード決済のしくみとは?メリットや手数料についても解説

こんな人に
おすすめ!

  • 初めての一枚をお探しの方

クレジットカード決済のしくみとは?メリットや手数料についても解説

現金を持たずに支払いができるクレジットカードですが、その「しくみ」がどうなっているか、いまいちピンときていない人もいるかと思います。そもそも、プラスチック製のカード一枚で、現金の代わりに決済ができると考えたら不思議ですよね。
ここでは、クレジットカードのしくみを解説しながら、クレジットカードを使用するメリットについてご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードで決済を行うしくみ

クレジットカードで決済を行うしくみ

クレジットカードを利用する際、カード利用者とカード加盟店のあいだで直接的な現金のやりとりはありません。それでも、商品を購入できるわけですが、どのようなしくみで成り立っているのでしょうか。
「カード利用者」「カード加盟店」「カード会社」の立場から、クレジットカードのしくみについて確認してみましょう。

カード利用者

カード利用者は、カード会社と契約することで、カード加盟店でのお買物の際にクレジットカード決済ができるようになります。カード利用額は、後日カード会社から請求されて支払うことになります。
カード利用者にとってのメリットは、クレジットカードを使用することで、現金を使わずスマートに買物ができたり、ポイントが付与されたりすることです。

カード加盟店

カード加盟店は、契約したカード会社のクレジットカードが使用できる店舗のことです。カード加盟店は、カード利用者の利用代金を後日カード会社から受け取り、その際、所定の手数料をカード会社に支払います。

カード加盟店になるメリットは、クレジットカード決済ができるようになることで集客につながったり、売上管理や精算業務が効率化できたりする点にあります。

カード会社

カード会社は、カード利用者とカード加盟店をつなぐ役割を果たします。カード加盟店でクレジットカードが利用された場合、カード会社は利用金額から手数料を引いた金額を、カード加盟店に支払います。その後、カード会社は、カード利用者に利用料金を請求します。

カード会社の代表例に、三井住友カードがあります。クレジットカードのしくみや三井住友カードの特徴を詳しく知りたい人は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

決済代行会社を通したクレジットカード決済のしくみ

店舗やネットショップがクレジットカード決済を導入するうえで、各カード会社と直接契約していると、申請時だけではなく運用面でもかなり手間がかかります。そのため、店舗やネットショップは決済代行会社と契約することで、複数のクレジットカード決済を導入しているケースが多くあります。各カード会社との契約や手続きを決済代行会社が代行してくれるため、店舗やネットショップ側の運用負担が軽減されるのです。

決済代行会社を通したクレジットカード決済のしくみを確認しておきましょう。
まずは、カード利用者がクレジットカード払いで店舗やネットショップから商品を購入します。カード会社は利用金額から手数料を差し引いた金額を、決済代行会社を通して店舗やネットショップへ支払います。その後、カード会社からカード利用者に、利用金額が請求されるという流れです。

なお、三井住友カードの場合、「ポイントUPモール」を経由して普段どおりにネットショップで買物をすると、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングはポイント+0.5%、ショップによっては最大+9.5%のポイントが還元されます。ポイントをお得に貯めることができますので、ぜひご利用ください。

  • ※ポイント還元率は予告なく変更になる場合があります。
  • ※ポイントUPモールご利用分として還元される上乗せポイントは、カードの商品性にかかわらず、ご利用金額200円(税込)につき1ポイントとして計算されます。
  • ※一部の提携カード、法人カードはご利用いただけません。

クレジットカードの「信用」によって商品を購入できる

クレジットカードのしくみの大前提として理解しておきたいのが、クレジットカードは「信用」によって成り立っているということ。クレジットカードは現金のやりとりをせずに商品が購入できます。これは、カード利用者に信用があることを、カード会社が証明しているためです。
そのため、カード利用者が利用料金を支払える能力があるのか、契約時にカード会社が審査を行ったうえで、クレジットカードが発行されます。カード利用者が、カード会社から信用してもらっているからこそ、クレジットカード決済のしくみが成り立っているのです。

カード利用者・カード加盟店のメリットとは?

クレジットカードを利用することで、カード利用者とカード加盟店はどのようなメリットがあるのか、それぞれ確認しておきましょう。

カード利用者のメリット

カード利用者のメリットとしては、海外旅行傷害保険やショッピング保険といった付帯サービスがあることが挙げられます。また、多額の現金を持ち歩かずに、スマートに買物できるのはクレジットカードのメリットと言えるでしょう。

三井住友カードでVisaのタッチ決済をご利用いただければ、レジにあるリーダーにタッチするだけで、
サインも暗証番号も不要(※1)で、スピーディーかつ安全(※2)にお支払いが完了します。
Visaカードだから国内だけでなく、海外(※3)でもタッチ決済対応マークのあるVisa加盟店でご利用いただけます(※4)。

  • ※1 一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。
  • ※2 世界基準のセキュリティ技術で安全性が確保されています。
  • ※3 国内はもちろん、世界200ヵ国以上の国と地域でご利用できます。
  • ※4 お支払いの際「Visaのタッチ決済で」とお伝えください。

クレジットカードの利用においてポイントが貯まるのは、カード利用者によって大きな魅力でしょう。
カード会社は、カード加盟店から手数料を得ることができるため、カード利用者にポイント還元ができるのです。貯めたポイントは、カード会社が用意した商品との交換のほか、他社のポイントやマイルとの交換といったことに利用できます。

・三井住友カードはポイントが最大5%還元と貯まりやすくお得!

三井住友カードの場合は、利用金額の合計200円(税込)ごとに「Vポイント」が1ポイント貯まります。Vポイントとは、カードのご利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、景品との交換や他社のポイントプログラムに移行することができるサービスです。

  • ※一部、Vポイント対象とならないカードがあります。

対象の三井住友カード(※1)なら、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用で、今後いつでも通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき+2%(※2)ポイントが還元されます。また、対象の店舗の中から最大3つまでご登録していただくと、その店舗をご利用の際に、通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき0.5%(※2)のポイントが還元されます。

  • ※1 プラチナプリファード、法人カード(一部除く)、提携カードなどは対象となりません。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
    ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

さらに「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、特典としてポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5%(※2)のポイント還元となります。
例えば、三井住友カード(NL)のVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで、月5,000円分を対象のコンビニで利用した場合、250ポイントが付与されることになります。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

カード加盟店のメリット

カード加盟店のメリットは、現金を扱わなくて済むので、お釣りの渡し間違いが減ったり、売上管理の負担が減ったりすることが挙げられます。

また、カード利用者は、手持ちの現金にかかわらず購入できるため、購入単価が高くなる傾向があります。1回払い、分割払い、リボ払いなど、支払いのタイミングも利用者が自由に選べるため、販売機会のロスを防ぐことにもつながるでしょう。

カード利用者・カード加盟店のデメリットと注意点とは?

多くのメリットがあるクレジットカードですが、カード利用者、カード加盟店にとって、デメリットや注意点も存在します。それぞれ確認しておきましょう。

カード利用者のデメリットと注意点

クレジットカードを使っても、その時点ではまだ手持ちのお金には動きがありません。カード利用者にとっては、現金払いよりもお金の出入りのイメージがしにくいため、想像以上にお金を使いすぎていたということもあるでしょう。

ほとんどのカード会社では、オンライン上でいつでも明細を確認できるサービスが用意されていますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

三井住友カードではVpassに登録することで、オンライン上でカード利用明細を確認することができます。さらに「WEB明細」にご登録いただくと次回お支払い金額の確定をメールで受け取ることもできるので便利です。
また、スマートフォンアプリの「Vpassアプリ」をインストールすることをおすすめします。Vpassの主な機能が使えるうえ「Moneytree」と連携することで、当月の収支や支出の内訳を確認できる「家計管理機能」をご利用いただけます。クレジットカード、銀行、ポイント、電子マネーを、すべてVpassアプリだけで管理することができます。

  • ※家計管理機能は、Moneytreeのアカウントと連携することでご利用いただけます。

また、クレジットカードを利用することで、紛失や盗難、スキミングなどによる不正利用が起こる可能性もあります。カード利用者が、紛失や盗難に気を付けることはもちろん、不正利用対策が充実しているカード会社のクレジットカードを選ぶことも大切です。
三井住友カードには、不正利用された際にご連絡をいただくと特別なケースを除き、60日前までさかのぼり損害額を補償する、「会員保障制度」があります。

カード加盟店のデメリットと注意点

カード加盟店のデメリットとしては、カード会社への決済手数料の支払いがあります。また、現金払いと比べると、入金までに時間がかかることも注意しておきたい点です。
カード会社からの支払いサイクルについてしっかり把握して、資金繰りで困らないようにしましょう。

カード利用者・カード加盟店が支払う手数料とは?

クレジットカードのデメリットと注意点でも少しふれましたが、クレジットカード決済を行うことで、手数料が発生することがあります。カード利用者、カード加盟店にとって、どのような場面で手数料が発生するのか、確認しておきましょう。

カード利用者が支払う手数料

クレジットカードの利用者が手数料を支払う機会は、分割払いもしくはリボ払いを選択したときになります。1回払いや2回払いなら、手数料がかかりません。三井住友カードの場合は、1回払いや2回払いに加えて、ボーナス払いも手数料が必要ありません。
分割払いやリボ払いの手数料は、カード会社やカードの種類によって異なります。利用しているカードの手数料を、あらかじめ確認しておきましょう。

カード加盟店が支払う手数料

カード加盟店は、カード利用者の支払い回数にかかわらず、カード会社に手数料を支払うことになります。手数料は、店舗の業種や規模、カード会社などによって異なります、一律に割合が決まっているわけではありません。

店舗やネットショップでは、クレジットカード決済を導入する際に、決済代行会社を通すことが多いのですが、その場合は決済代行会社に手数料を支払うことになります。手数料はおもに、加盟店手数料(決済手数料)や月額固定費用、トランザクション費用があります。

加盟店手数料は1件の決済ごとに発生する決済手数料、月額固定費用は決済代行システムなどを利用するために毎月支払う費用です。トランザクション費用は、ネットショップと決済代行会社のデータ通信・処理にかかる手数料になります。

海外でクレジットカードが使えるのは国際ブランドのおかげ

クレジットカードは国内のみならず、なぜ海外でも利用できるのでしょうか?クレジットカードには、VisaやMastercardといった国際ブランドがついています。これら国際ブランドを取り扱っている店舗では、国を問わず、どこでも使えるようになっているのです。
つまり、国が違っても、言葉が通じなくても、クレジットカードの信用によって、カード利用者は商品を購入できるのです。

三井住友カードおすすめのクレジットカード

三井住友カードは、1人ひとりのニーズに応えるクレジットカードを多数展開しています。続いては、三井住友カードおすすめのクレジットカードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードです。セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5%(※2)のポイント還元となります。
例えば、三井住友カード(NL)のVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで、月5,000円分を対象のコンビニで利用した場合、250ポイントが付与されることになります。
さらに、クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズに。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
    ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

「三井住友カード デビュープラス」は、ポイントを貯めるにはおすすめのカードです。常にご利用金額200円(税込)につき1%(※)ポイントが還元されるのでおすすめです。加えて、入会後3ヵ月間はご利用金額200円(税込)につき+1.5%(※)ポイントが還元されるなど、使えば使うほどおトクなクレジットカードです。
年会費は、満18歳~25歳であれば初年度は無料。翌年度以降も年1回のご利用で、年会費1,375円(税込)が無料となるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。

  • ※一部、指定のポイント還元率にならない場合があります。

コンビニ3社とマクドナルドでいつでもポイント+2%還元

対象の三井住友カード(※1)なら、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用で、今後いつでも通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき2%(※2)ポイントが還元されます。

また、対象の店舗の中から最大3つまでご登録していただくと、その店舗をご利用の際に、通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき0.5%(※2)のポイントが還元されます。

  • ※1 プラチナプリファード、法人カード(一部除く)、提携カードなどは対象となりません。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。

さらに「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、特典としてポイント還元率が最大5%!セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※1)を利用することで、+2.5%(※2)のポイントが還元されますので、合計で5.0%(※2)のポイント還元となります。
例えば、三井住友カード(NL)のVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで、月5,000円分を対象のコンビニで利用した場合、250ポイントが付与されることになります。

  • ※1 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。
下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カード
デビュープラス
三井住友カードデビュープラス
初年度年会費 無料 無料
翌年度以降
年会費
永年無料 1,375円(税込)
条件により無料
※前年1回以上の利用で無料
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=2~5ポイント貯まる
※5ポイント貯まるのは入会後3ヵ月間です。
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満18歳~25歳の方
(高校生は除く)

よくある質問

Q1:クレジットカードはどんなしくみ?

カード利用者が、後払いで利用代金をカード会社に支払い、カード会社は手数料を差し引いた金額をカード加盟店に支払います。カード利用者の「信用」を基に、クレジットカードのしくみは成り立っています。

Q2:クレジットカードのメリットとは?

カード利用者にとっては、手持ちの現金を気にせず買物を楽しむことができ、ポイント付与されることがメリットになるでしょう。カード加盟店は、クレジットカード決済を導入することで、顧客満足度を向上させ、販売機会を拡大することができます。

Q3:クレジットカードのデメリットとは?

カード利用者は、お金を使いすぎてしまいやすいというデメリットがあります。また、盗難・紛失・スキミングなどにより不正利用されるリスクもあるため、対策が必要です。カード加盟店にとっては、カード会社に決済手数料を支払わなければならないことがデメリットになります。

クレジットカードのしくみを把握して上手に活用しよう

当たり前のようにクレジットカードを利用していると、「どのようなしくみで、商品をクレジットカードで購入できるのか」ということを、知らないままのこともあります。
クレジットカードのしくみを理解することで、クレジットカードのメリットやデメリットが理解しやすくなります。自分にぴったりのクレジットカードを選んで、上手に利用していきましょう。

  • ※2021年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードで決済を行うしくみ

  • カード利用者はカード会社と契約することで、カード加盟店でクレジットカードを利用できるようになる
  • カード加盟店は、利用代金から手数料を差し引いた金額を、カード会社から支払ってもらう
  • カード会社は、カード利用者にカード加盟店をつなぐ役割を担う

決済代行会社を通したクレジットカード決済のしくみ

  • 店舗やネットショップの多くは、決済代行会社を経由して各カード会社と契約することが多い
  • カード利用者がネットショップの商品をクレジットカードで購入したら、カード会社が決済代行会社を通して、利用金額から手数料を差し引いた金額をネットショップへ支払う

クレジットカードの「信用」によって商品を購入できる

  • カード利用者に「信用」があることをカード会社が証明していることで、クレジットカード決済が成り立っている
  • 契約時にカード会社がカード利用者の審査を行ったうえで、クレジットカードが発行される

カード利用者・カード加盟店のメリットとは?

  • カード利用者にとって、多額の現金を持ち歩かなくていいこと、ポイントが貯まることがメリット
  • カード加盟店にとって、売上処理の負担が減ること、購入単価が高くなりやすいことがメリット

カード利用者・カード加盟店のデメリットと注意点とは?

  • カード利用者は、使いすぎや不正利用のリスクに注意する必要がある
  • カード加盟店は、カード会社への決済手数料の支払いがあること、入金までに時間がかかることに注意する必要がある

カード利用者・カード加盟店が支払う手数料とは?

  • カード利用者は1回払いや2回払いなら、手数料がかからない
  • カード利用者がクレジットカード決済をしたら、カード加盟店はカード会社に手数料を支払う
  • 決済代行会社を利用している場合、カード利用者がクレジットカード決済したら、カード加盟店は決済代行会社に手数料を支払う

海外でクレジットカードが使えるのは国際ブランドのおかげ

  • 国際ブランドであるVisaやMastercardを取り扱っている店舗では、海外でもクレジットカードが使える

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!