クレジットカードのサインレス決済ができるできないの違いって何?

クレカの基礎知識

クレジットカードのサインレス決済ができるできないの違いって何?

クレジットカードのサインレス決済ができるできないの違いって何?

クレジットカードを使用する際は通常、ご本人であるかを確認するために、ご本人のサインをするか4桁の暗証番号の入力が必要になります。しかし、コンビニやスーパーなどで買物をする際、サインも求められないし、暗証番号も入力しないことがありますよね。なぜ、本人確認のサインや暗証番号の入力を求められないか、その理由をご存知でしょうか。今回はクレジットカードのサインや暗証番号の入力が必要とされる場合とされない場合の違いについてお話します。

サインの必要がない決済「サインレス決済」という

本人確認のサインなしにクレジットカードで支払うことをサインレス決済と言います。コンビニやスーパーなどの会計に行列ができやすい場所に、できるだけお客さまを待たせないためのひとつの手段として、クレジットカードの処理にかかる時間を短縮するサインレス決済や電子マネーが導入されているのです。お店の店員、利用者の双方の手間が省けて、とても便利ですね。

サインが必要ない!サインレス決済ができる条件

利用できるのは契約を結んだお店だけ

サインレス決済ができるお店は、事前にクレジットカード会社とサインレス決済の契約を結んでいるところだけです。現在では、デパートやスーパー、ショッピングセンターの食料品売場、高速道路料金所など、スムーズな支払い処理が求められる場所で利用されることが多いようです。

三井住友VISAカードでのサインレス決済ができる百貨店、スーパー、ショッピングセンター・駅ビルでの取り扱い店舗の一例を次のページでご案内しています。参考までに確認ください。

少額決済に限られる

お店ごとにサインレス決済を行える上限金額が設定されています。その上限金額を超えると、サインが必要になります。サインレス決済はスムーズに買物ができるので非常に便利ですが、不正利用の可能性もゼロではございません。そのリスクヘッジとして、サインレス決済で利用できるのは少額の決済に限られているのです。

ちなみに三井住友カードは不正利用対策として、「カード不正使用検知システム」という業界最高水準の不正使用検知システムを導入しており、365日24時間不正利用がないか、お客さまのカードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っています。万が一、不審な動きがあった際は、その取引を一旦保留にしたり、直接連絡して本人確認を行ったりと、不正利用の可能性のある事態を事前に発見できる体制を整えていますので、ご安心ください。

サインレス決済をする際に確認すべきポイント

分割払いやリボ払いはできる?

サインレス決済でできるのは一回払いのみで、分割払いやリボ払いはできません。

利用金額を定期的に確認しよう

サインレス決済の利用時に限らずですが、利用金額を定期的に確認すると良いでしょう。簡単で楽だからといってサインレス決済を多用してしまうと、いつの間にか利用金額がかなりの金額になっていたなんてこともあります。クレジットカードを利用するにあたって、利用金額を把握するのは基本中の基本です。毎月の利用明細書はもちろん、日々、使用した金額はメモをとるなど、確認する癖をつけましょう。「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用すれば、パソコンや携帯電話から、ご自分の利用金額を確認することができるのでとっても便利です。

  • ※障害やシステムメンテナンスなどで参照できない場合もございますのでご了承ください。

今回の記事のまとめ

サインの必要がない決済「サインレス決済」という

本人確認のサインなしにクレジットカードで支払うことをサインレス決済と言います。

サインが必要ない!サインレス決済ができる条件

  • 利用できるのは契約を結んだお店だけ
  • 少額決済に限られる

サインレス決済をする際に確認すべきポイント

  • 分割払いやリボ払いはできる?
  • 「カードご利用代金WEB明細書サービス」などを活用して利用金額を定期的に確認しよう

人気ランキング

注目!ピックアップ記事