不正利用や不正使用などの身に覚えのない請求があったときの対処法は?

安心のセキュリティ対策

不正利用や不正使用などの身に覚えのない請求があったときの対処法は?

不正利用や不正使用などの身に覚えのない請求があったときの対処法は?

クレジットカードの利用明細に目を通していて覚えのない請求を発見したら、犯罪被害に遭ったのではと頭を抱えてしまう方は多いはず。そんなときには、慌てずに落ち着いて対応することが大切です。そこで今回は、身に覚えのない請求があった場合や、不正利用が疑われる際の対処法について、具体的に詳しくご説明していきます。

身に覚えのない請求があった際、最初に確認すべきこと

クレジットカードの利用明細のなかに、身に覚えのない請求が含まれていた場合、その金額が大きければ大きいほど慌ててしまうもの。しかし、多くのクレジットカードには「盗難保険」と呼ばれる保険が付帯されていて、不正に利用された分に対しては保険が適用されるケースがほとんどですから、まずは落ち着いて、以下の点について確認をするようにしましょう。そのうえで、いずれのケースにも該当しない場合は、残念ながら不正利用された可能性が高くなります。

1. ご利用明細書に書いてある日付

クレジットカードを利用した店舗によっては、実際にクレジットカード決済をした日からかなり遅れたタイミングで請求が来るケースもめずらしくありません。ほとんどの店舗では、クレジットカードが利用されると、その売上げがすぐに計上されるのが一般的ですが、経理手続きに時間がかかる会社では、クレジットカード会社の締日に間に合わないことも。

クレジットカード会社は原則として、店舗からの請求がなければクレジットカード所有者に請求をすることができないため、請求が翌月、ときには翌々月に持ち込まれてしまうことがあるのです。ご利用明細書に書いてある日付が古いものだった場合にはこうしたケースが考えられますので、自分の記憶をたどって本当に利用していないかを思い出してみましょう。

2. 身内が使ったかどうか

家族カードなどを利用していると、家族カード分の利用明細も本カードの請求に含まれます。自分が購入した記憶がないものでも、実際には家族が家族カードを利用して購入していたというケースは少なくありません。身に覚えのない請求については、まずは家族に確認するようにしましょう。

3.実際に利用した店舗名と支払い先名の表記違い

利用明細書に行ったこともない店舗名が書かれていた場合、多くの方が不正利用を疑うところですが、店舗によってはクレジットカード会社に登録されている名前が実際の店舗名ではなく、その店舗を経営している店舗名であることがよくありますので、確認してみるとよいでしょう。

不正利用されたと気が付いたら

自分のクレジットカードが不正利用されていることが疑われる場合は、一刻も早く対処することが大切です。具体的な手順をみていきましょう。

1. クレジットカード会社に連絡

不正利用が疑われる場合には、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡を入れましょう。クレジットカード会社側で、現在使用中のクレジットカードを停止して利用できないようにしたうえで、本当に不正利用なのかを調査してくれるからです。その結果、やはり不正利用だと判明した場合には、盗難保険の申請へと移ります。

2.クレジットカードの再発行

クレジットカードの不正利用が疑われた場合には、被害拡大を防ぐためにそのカードの利用停止手続きが行われます。調査の結果不正利用が確定した場合には、そのクレジットカードは無効となり、新しいクレジットカードが発行されます。クレジットカードの利用停止中や新しいクレジットカードの発行手続き中は、当然のことながらクレジットカードを利用することができません。

実際に身に覚えのない請求があった場合には、そのまま放置をせず上記の内容を参考にしてできるだけ迅速に対応することが大切です。

今回の記事のまとめ

身に覚えのない請求があった際、最初に確認すべきこと

  • ご利用明細書に書いてある日付
  • 身内が使ったかどうか
  • 実際に利用した店舗名と支払い先名の表記違い

不正利用されたと気が付いたらすべきこと

  • クレジットカード会社に連絡
  • クレジットカードの再発行

人気ランキング

注目!ピックアップ記事