悪用を防ぐには?クレジットカード番号・セキュリティコードの意味とは

安心のセキュリティ対策

悪用を防ぐには?クレジットカード番号・セキュリティコードの意味とは

悪用を防ぐには?クレジットカード番号・セキュリティコードの意味とは

クレジットカードの表面と裏面には、さまざまな情報が記載されています。
中でも重要なのが、表面にある14~16桁のクレジットカード番号です。クレジットカードごとに異なるカード番号の意味と重要性を理解して、カードの不正利用を防ぎましょう。

クレジットカード番号の意味

まずは、クレジットカード番号がどんな意味を持っているのか、細かく見ていきましょう。

クレジットカード番号は、発行されるクレジットカードごとに付与されるもので、クレジットカード発行会社が会員を識別し、管理するために振り分けています。クレジットカード番号は、1つ数字を打ち間違えたとしても、他人の数字になる可能性は極めて低いと言われています。何らかの方法でクレジットカード番号をスキミングされたり、クレジットカードその物を盗まれたりしない限り、不正利用はされにくいでしょう。

発行者識別番号

クレジットカード番号の最初6桁の数字を「発行者識別番号」といい、クレジットカード会社を識別するものになります。発行者識別番号のうち、最初の1桁の数字は「主要産業識別子」といい、JCBやDiners Club、American Expressなら「3」、Visaなら「4」、Mastercardは「5」といった具合に割り振られています。

会員口座番号

7桁目から最後の1つ手前の数字までは「会員口座番号」といい、個人を識別するためのオリジナルの数字です。

チェックデジット

最後の数字は「チェックデジット」といい、クレジットカード番号が正しい数字か、特殊なアルゴリズムによって確認するための番号となります。

チェックデジット イメージ

カード裏面のセキュリティコードの違い

ネットショッピングをする際など、「クレジットカード番号」と「セキュリティコード」の入力を求められる場合があります。初めてクレジットカードを持った方は、この2種類の番号を混同しがちですが、クレジットカード番号は表面に、セキュリティコードは裏面(American Expressは表面)に記載されており、クレジットカードが14~16桁であるのに対してセキュリティコードは3桁または4桁です。

セキュリティコードは、磁気情報ではなくカードそのものに割り振られていますので、カードが手元になければ知ることができません。クレジットカードの磁気情報がスキミングされたとしても、セキュリティコードの入力というステップを設定しておけば第三者の不正利用を未然に防ぐことができるのです。

ただし、クレジットカード番号と同様、セキュリティコードを安易に他人に教えたり、SNSに画像を上げたりすると、簡単に不正利用されてしまいます。忘れたら困るからと、メモや画像で保存しておくことも避けましょう。

セキュリティコードの印刷が薄くなって見えにくい場合は、カード裏面に記載されている発行会社に問い合わせましょう。

クレジットカード番号を他人に知られたかも?という場合の対処法

ひょっとしたらクレジットカード番号を他人に知られたかもしれない…という場合や、紛失や盗難による流出が疑われる場合には、クレジットカード会社に連絡をして、クレジットカード番号を変えてもらうことができます。

状況を確認して、落ち着いて連絡をしましょう。カード会社によって手続きは異なりますが、ほとんどの場合は問題なく変更してもらえるはずです。 公共料金や携帯電話の通料金など、毎月定期的に支払う費用の支払いに使っているカードの番号を変更したときは、それぞれの支払い先にクレジットカード番号の変更に伴う支払い方法の変更手続きをすることも忘れないようにしましょう。

クレジットカード番号の不正利用や流出が明らかな場合の対処法

明らかにクレジットカードの情報が不正利用されていることが分かったら、すみやかにカード会社に連絡をして使用をストップしてもらい、クレジットカード番号変更の手続きをしましょう。クレジットカードを新規に申し込み、手元に届いた時点で古いカードを解約するのもひとつの手です。

不正利用に気付くまでのあいだに使用された分の金額は、カードに付帯している盗難保険によってカバーしてもらえるので、焦ることはございません。一般的には不正利用に気付いた時点から60日前までの利用分は補償してもらうことができます。

悪用を防ぐためにクレジットカード番号は厳重に管理を!

店頭でクレジットカードを使って買物をする際には、クレジットカード番号の入力が求められることはございません。クレジットカード番号が必要になるのは、おもにオンラインショッピングをするときです。オンラインショッピングができるショップでも厳重なセキュリティ管理をしていますが、クレジットカード番号と会員の氏名、有効期限が分かれば、自由に買物ができてしまうこともあります。
クレジットカード番号は流出することがないよう、厳重に管理をしましょう。

不正利用にいち早く気付けるよう、日頃からクレジットカードの利用明細書を細部までしっかり確認することも大切です。

今回の記事のまとめ

クレジットカードの番号

  • 14桁のものから16桁のものまであり、しばらくは重複のおそれがない
  • スキミングされたり、クレジットカードその物を盗まれたりしない限り、不正利用されにくい
  • 裏面のセキュリティコードによって、安全性はより高められている

クレジットカード番号流出が疑われる、または明らかに流出した場合の対処法

  • カードには盗難保険がついているので、落ち着いて状況を確認し、カード会社に連絡
  • 多くの場合、気付いた時点から60日前までの不正利用分は補償される
  • 60日を超えると補償対象外となることも多いので、普段から利用明細を小まめにチェック

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。